オシャレなLPデザイン例

インターネット広告業界ではチラシのような存在になっているランディングページ(LP)ですが、従来のキャッチコピーや口説き文句にあふれたものから変化の兆しが見えます。
より洗練されたデザインになり、中にはイメージ画像だけで商品の写真すら未掲載というのも登場しています。ここでは、そんな次世代のLPをご紹介しましょう。

こんな依頼ならかっこいいデザインに

ここ1、2年で、LPは爆発的に数を増やしました。このような状態だと、今までと同様のLPを新たに作っても、すぐに埋没してしまうでしょう。

依頼主の中にも、それを敏感に感じ取って、違う方向に差別化したいと考えている人がいます。型通りではないLPの登場で、ようやくデザイナーの本来の力が発揮できると言えます。

そんな最新のLPに合う依頼は、やはり、最先端の技術や流行に乗った商品などを扱うものでしょう。そんな依頼が来たら、まったく新しい提案を行うのも良いかもしれません。

クールなデザインで気を付けたい点は?

とは言え、商品やサービスを紹介するLPの役目は変わりませんので、デザインを追求し過ぎて、何が言いたいのか分からなくなっては元も子もありません。

芸術ではなく、あくまでも広告の一部だという事を認識しておきましょう。センスの良いデザインで注意を引き付け、宣伝する商品やサービスに興味を持ってもらったら大成功です。
現在の売り込みが激しいキャッチコピーや口説き文句がなくても、ターゲットに受け入れられる可能性が高いでしょう。

かっこいいデザインのLP例

次世代のLPと言うべきLPの好例を挙げておきましょう。

かっこいいLPデザイン例1

Adobeの画像編集ソフト、Photoshopで使うプラグインのLPです。このプラグインは、パノラマ写真の歪みを簡単に修正できる機能が強化されています。

Photoshop用だけあって、買い求めるのはデザインに詳しい人がばかりだと思いますが、そんな人でも納得できるLPになっています。

かっこいいLPデザイン例2

高校生とその家族写真を募集するプロのカメラマンのLPです。素敵なポートレートを撮ってもらえそうな感じが、全体のレイアウトから伝わってきます。

かっこいいLPデザイン例3

香りを効かせたボディケア製品のLPです。季節に合った製品のセットを発売していて、これは秋用の宣伝のために作りました。見るからに芳しい香りが漂ってきそうです。

かっこいいLPデザイン例4

ソフトウェア開発と開発者の育成をする会社のLPですが、かなり特殊なデザインで、ミステリアスな雰囲気を出しています。

と言うのも、一つ目のイラストをロゴマークにしている事から分かるように、フリーメーソン的な感じで仕上げてほしいという要望があったからです。

かっこいいLPデザイン例5

最先端を行く大学生によるカンファレンスのLPです。さすが流行の先頭に立っているとしているだけあって、エッジの効いたデザインです。

かっこいいLPデザイン例6

ワインとスピリッツの販売会社のLPです。ワインにまつわる至言をスタイリッシュにまとめています。グラス、ボトル、オープナーを効果的に使っているのも技ありです。

かっこいいLPデザイン例7

フランスで生まれた電子タバコのLPです。製品自体がポップなカラーリングなので、それを踏襲しています。女性が好みそうなデザインです。

かっこいいLPデザイン例8

ミステリーゲームアプリを紹介するLPです。ぼんやりとした人影を使った背景が、不気味な雰囲気を盛り上げています。アプリの面白さを引き立てる仕上がりでしょう。

LPのデザインとは

これらのLPは、キャッチコピーや口説き文句がないか、あっても極わずかなものばかりです。それでも目を引き付ける力を持ち合わせていると言えるでしょう。

このようなLPが登場してきた今こそが、デザイナーの本領を見せる時かもしれません。