ブログデザインの料金相場

ブログは、目新しい時期や流行期を過ぎて、もはや企業活動やサービスPRなどで必須になったと言えるでしょう。デザイナーに依頼して、ブログのデザインを独自に作る事も盛んに行われています。
もしブログをオリジナルのデザインにする場合、どれだけ費用が掛かるのかといった、ブログのカスタマイズについてご紹介します。

デザインの料金を決める要素

ブログのデザイン要素

ブログは上の図のように多くのパーツから成り立っています。
また、HTML(ハイパーテキストマークアップランゲージ)やCSS(カスケーディングスタイルシート)というコンピューター言語を使ってローカルコンピューターでデザインしたものをウェブ上でデザイン通りに表示できるようにする作業もあります。

さらに、Amebaやlivedoorなどの既存のブログサービスを使うのか、WordPressやMovableTypeなどのブログ作成を得意としたCMS(コンテンツマネジメントシステム)を使って初めから作るのかによっても料金が変わってきます。

最も料金が掛かるのは、CMSを使用し、上図のデザインを全部行い、独自のサーバーにアップロードした時で、2,000,000円以上はします。

最も料金が掛からないのは、ブログサービスを使用し、ヘッダー画像だけを作る時(設置もなし)で、5,000〜10,000円くらいです。
ブログをカスタマイズするトータルプラン料金を提示している場合もありますが、何が入っていて、何が入っていないかを見極めなければなりません。
1例では、メッセージボードの作成と設置や用意されたCSSにない日付の位置の変更などは別途料金が必要になっています。

そのほか、プロフィール画像の作成と設置、Google+1ボタンなどのソーシャル系ボタンの設置、ファビコン(ブラウザのアドレスバーやタブに表示されるアイコン)の作成と設置といった、様々なオプションがあります。

デザイン会社に頼めばいくら掛かる?

会社によってプランの内容、料金は千差万別です。
A社では、Amebaを使った場合で、

  1. ヘッダー画像、サイドメニュー、サイドバー、記事枠、背景の作成
  2. グローバルメニュー、メッセージボード、署名の作成
  3. サイドバー内のメニューボタンを8個まで作成
  4. メッセージボード内の誘導バナーを4個作成
  5. 読者登録ボタンを作成
  6. これらのCSSを作成
  7. Amebaへ組み込み

を行い、運用のサポートも付いて98,000円でした。

さらにB社では、上図にない最下部のヘッダーまで作って98,000円という所もありました。

また、C社は、上記の1のみ作成で、CSSをカスタマイズしてAmebaへ組み込むプランが19,980円です。
ただし、こちらは修正回数を3回までと限定しています。同じくC社では、CMSを使った同じ内容のプランで24,980円からとなっています。WordPressなどのインストールやそのカスタマイズ費用は入っていません。
WordPressを主に使ったD社では、WordPressインストールが4,980円から、WordPressのカスタマイズが19,800円から、HTML+CSSコーディングが4,980円からと提示されています。

フリーランスのデザイナーに頼めばいくら掛かる?

フリーランスのWebデザイナーに依頼した場合も、料金はデザイン会社と変わらないでしょう。
ただし、WordPressでブログを作ってレンタルサーバーを使うところまではWebデザイナーでも対応可能ですが、独自サーバーを持とうという場合はWebプログラマーにも依頼しなければなりません。

一方、フリーランスの人に依頼する利点は運用を始めた後の対応です。
デザイン会社に管理費を払うまでもないけれど、ブログを使い始めてから画像の幅を固定して表示したいなど新しい設定が欲しくなった場合、相応の料金を払う必要はありますが対応は容易になります。

フリーランスへの依頼料金

現在は無料のブログサービスで用意されたテンプレートに書くだけではPR効果が望めなくなってきました。

どこまでカスタマイズしたいか、それにはどのくらいの費用が必要か、といった事を判断して、デザイナーと共に有益なブログを構築してください。