今回は「オシャレでかっこいい」名刺を作るうえで外せないコツを3つにご紹介します。デザインをする上でいくつもポイントがあっては逆に作りづらくなってしまうこともあるかと思います。デザインを進める中で迷うことがあれば、こちらに紹介した内容に沿っていただければと思います。

その1:シンプルデザインを追求する

シンプルな名刺

まずはシンプルなデザインを心がけましょう。「シンプル」と一言でいってもシンプルさというものは複数の要素で構成され、守るべきデザインの基本というものが存在します。基本を守ることで、シンプルながらインパクトのあるデザインを作ることができます。

その基本とは、「フォント」、「余白」、「レイアウト」です。

1.フォント
フォントに関しては、「明朝」「ゴシック」「セリフ」「サンセリフ」など系統を揃えましょう。誰もが最初はやってみたくなるのが「フォントを一部だけ崩す」というものです。確かに一部を変えることで文字は目立ちますが、同時に不自然な印象を与えてしまいます。まれに、有名広告のデザインに採用されていますが、玄人向けの上級テクニックと言えるでしょう。基本はフォントの系統は揃えることをオススメします。

2.余白

余白のある名刺

重要な情報は端に配置しないことが大切です。印刷物全般に関して「断ち切り」という印刷できない部位が存在します。その部位に重要な情報が掛かってしまうと、断裁時に切り落とされてしまう場合があります。そういった印刷事故を防ぐために重要な情報は端を避け、十分な余白を持たせる必要があります。何でも詰め込みたくなる気持ちを抑え、余白をうまく活用して大事な箇所を逆に目立たせることを心がけましょう。

3.レイアウト

レイアウトを考えた名刺

レイアウトは、要素ごとに必ず揃えましょう。「揃える」とは、フォントのように全てを同じにするという意味ではありません。名刺の大きさには限りがありますが、掲載すべき情報は多いはずです。このような制限された条件で名前やアドレスなどの特に重要な要素とそうでないものは、グルーピングしたうえで配置を変えます。特に伝えたい情報は、そうでない情報に比べて目立つレイアウトにしましょう。メリハリのある伝わりやすい名刺ができあがるのです。

 

その2:オシャレを演出する素材を活用する

素材を工夫

名刺に使用する紙は「標準紙」という白色系の用紙が一般的です。「白」はさまざまな色と合うので、デザインがしやすいメリットがあります。しかし、印刷会社などに問い合わせてみると、紙の種類は色だけでなく紙質まで含めて実にさまざまな種類が存在していることが分かります。素材にこだわって工夫することもデザインに一役買ってきます。

名刺素材の工夫

代表的な素材について見ていきましょう。まずは、「特殊素材」です。実にさまざまな種類が存在しますが、ユニークなものだと木製やスケルトンタイプのプラスチックなどがあります。
値段もそれほど高くないので珍しい人目を引く名刺を作りたいならぜひ取り入れたいですね。

エンボス加工

次に、「エンボス加工」です。これは名刺に圧力をかけて、部分的に浮き出させる効果です。ロゴや名前など強調したい情報にこの効果を使うと印象づけることができるようになります。

形を工夫した名刺

 

その3:名刺に含む情報を工夫する

情報整理した名刺

いくらオシャレでかっこいいデザインができても、必要な情報が含まれていない場合、要素が多すぎてゴチャゴチャしてしまうと、デザインが損なわれるだけでなく名刺本来の目的を十分に果たさなくなる可能性も出てきます。そうなっては本末転倒です。名刺に含む情報は、必要最低限になるように十分に吟味して決定しましょう。

写真のある名刺

参考までに最低限以下の情報があれば十分だと考えます。

・会社名、ロゴ
・役職や職種
・名前
・問い合わせ先(電話番号やEメールアドレス)
・WebサイトのURL
・TwitterやFacebookなどSNSなどのユーザーアカウント名

裏表のイメージ

名刺を作る際には、「名刺」としての機能を損なわず、伝えるべき情報を過不足なく盛り込む必要があります。名刺に記載すべき情報はビジネスの内容などによって人それぞれ異なりますので、迷ってしまった場合は、今回のポイントを参考にしてみてください。