世の中にはさまざまな名刺がありますが、カラフルな色の入った名刺よりも「シンプルなデザインの名刺の方が良い」という方も多いのではないでしょうか。
名前や住所や電話番号など、必要な情報はしっかりと載せることができるので、名刺としての機能も十分に果たすことができます。シンプルな名刺は、文字がきちんと浮き上がるので、渡した相手に対しても、しっかりと自分を伝えることができます。

名刺作成においてシンプルとは何か?

シンプルな名刺1

シンプルな名刺とは、必要最低限の情報のみが入っている名刺といえます。名刺には名前や住所などさまざまな情報を載せますが、情報が多いほど枠の中に収まらなくなり、どの情報を伝えたいのか分からなくなってしまいます。

シンプルな名刺2

そんな時、背景色など考えずに、まず伝えるべき要素を文字だけで配置しまましょう。名前は、住所、メールアドレスなど、最も重要なことを先に決めてしまうことがシンプルな名刺を作成するうえで大切です。一方、シンプルすぎてしまった場合で気になる方は、薄い背景色を後から追加すれば良いのです。

自分が思うシンプルをアウトプットする

シンプルな名刺3

シンプルな名刺を、実際に考えてみましょう。どのような名刺をイメージしますか?背景色が白で黒い文字が書かれているものが頭の中に浮かんでくる方もいるのではないでしょうか。

シンプルな名刺4

そこに会社のロゴを加えてください。ロゴを1つ入れるだけで、名刺のイメージは大きく変わります。ロゴがないという方は、自分の仕事を象徴する絵柄、連想させるイラストなどを取り入れてみましょう。名刺を見るだけで、あなたが何をやっているのか分かる絵柄だと尚良しです。ロゴや絵柄を取り入れることは、シンプルでありながらも、相手に覚えてもらえる可能性の高い名刺になります。

シンプルデザインの名刺を考える

シンプルデザイン1

では、頭に思い浮かんだイメージを、実際に業者に発注をする際にはどうしたらいいでしょう?その場合は、さらに情報を選定して具体的にします。業者にどのようなことに伝えれば、自分の望む名刺が作成してもらえるのかを検討しなければなりません。
つまり、情報を「どこに」「どう」配置するのかを決める必要があります。文字1つとってみても、名前や住所などさまざまな文字要素が入っています。何を優先してどこにどう配置・表現するのかを決めなければなりません。また、位置だけでなく、どれくらいのサイズにするのかを忘れてはいけません。

シンプルデザイン2

例えば、名前は一番大きく強調し、住所は小さいサイズの文字にするのか、それとも名前も住所も同じサイズの文字にするのかなど……考えることはたくさんあります。文字サイズによって、印象は大きく変わりますので、他のものを参考にしてしっかりと決定していきましょう。

シンプルな名刺を作成するための発注のコツ

発注のコツ1

シンプルな名刺を作成するのが得意な業者がいるので、インターネットで調べてみてください。文字が特徴的で、色のデザインも見たことがないような名刺制作が得意な業者もいるでしょう。そのような業者は、シンプルなデザインが苦手な場合もあるので、得意分野を調べたり、実際に相談して選定しましょう。

発注のコツ2

シンプルな名刺は、場所を選ばずさまざまな場面で利用することができます。背景色が白のものを選択すれば、清潔感もあり好印象を与えることができます。絵柄や背景色を取り入れることが、必ずしも良いというわけではありません。初めて作る方、悩んでしまった方は、シンプルなデザインを検討してみてはいかがでしょうか。