名刺デザインを考えるうえで、影響力が高いと感じるポイントの一つは「レイアウト」です。レイアウトのセンス・技術を高めることで、名刺の印象を大きく高めることができます。しかし、レイアウトと言ってもいくつかの要素で構成されています。今回は、レイアウトに焦点を絞って、効果の高いレイアウトの4つのポイントを紹介します。

情報が自然に目に入ってくる余白を取るコツ

余白とは、「何も無いスペース」のことです。デザイン初心者で、余白を埋めてしまう方もいるのではないでしょうか。余白がない結果、どんなデザインになるかというと窮屈なデザインになってしまうのです。どこに注目をしたらよいかが不鮮明になってしまい、インパクトはあったとしても要素と要素がぶつかりあって、うまく印象付けられなくなってしまうのです。

何もないスペースを意識的に取り入れることで、名刺の中の要素を効果的に演出することができます。余白のコツとしては、まず「四辺の余白を増やす」ことです。名刺の上下左右、四辺の余白を増やすことで、名刺の印象はガラッと変わります。

周囲に余白を作ると、中心にある要素が目立ちやすくなります。特別なデザイン処理をしなくても、周りに余白を設けるだけで目立たせることが出来るので、まずは余白を上手に生かすテクニックを意識的に使っていきたいものです。

デザインのインパクトを左右する「揃え」のコツ

デザインインパクト

「揃え」には種類があります。
・「左揃え」が最も多く見られるパターンです。真面目な印象をもたせると言われていますので、もし迷ったら「左揃え」がおすすめです。
・「右揃え」は、IT系の名刺によく見られ、先進的で新しい印象を持たせることができると言われています。ベンチャー系の名刺を作る際には検討してみてはいかがでしょうか。
・「左右揃え」は、名前や役職を左揃えに、会社名などその他情報を右揃えにする方法です。情報をどの程度掲載するかで印象が変わりますが、うまく配置できればインパクトを出すことも可能です。
・「中央揃え」は、品のある印象を演出でき、主張の強い印象も同時に与えます。

最も伝えやすい情報に「強調点」を取るコツ

強調点

強調点の扱い方としては、
・強調点前後の余白だけ変える
・色を変更する
・書体を変更する
・文字に装飾をつける

といった処理があります。強調点の付け方ひとつとってもデザインの独自性につながっていきますから、いろいろと工夫しましょう。

情報におしゃれなメリハリを与える「ジャンプ率」で仕上げ

ジャンプ率とは、名刺の中の「最も大きな字と最も小さな字の大小差」のことです。このバランスを適切に取ることで見やすい名刺ができます。
例えば、ジャンプ率を大きくとると、インパクトや「積極的」で「元気」な印象を持たせることが可能です。一方、ジャンプ率を小さくとると、「落ち着いた」「真面目」な印象を持たせることが可能です。最終段階で検討する内容ですから、デザインや入れ込む情報が確定してから、ジャンプ率を変更してみて試してみましょう。

以上、「レイアウト」には、さまざまな工夫の余地があります。レイアウトを意識することで、デザインにインパクトを持たせ、メリハリをつけることが可能です。素晴らしいデザインでも、レイアウト次第ですべて台無しになってしまう可能性があるほど、影響力が高いのです。ぜひ、経験と試行錯誤を繰り返し、レイアウトの工夫をしてみてください。