初心者必見!名刺の印象を大きく高めるレイアウトの4つのコツ

shunichi shiga

名刺デザインを考えるうえで、影響力が高いと感じるポイントの一つは「レイアウト」です。レイアウトのセンス・技術を高めることで、名刺の印象を大きく高めることができます。しかし、レイアウトと言ってもいくつかの要素で構成されています。今回は、レイアウトに焦点を絞って、効果の高いレイアウトの4つのポイントを紹介します。

情報が自然に目に入ってくる余白を取るコツ

余白とは、「何も無いスペース」のことです。デザイン初心者で、余白を埋めてしまう方もいるのではないでしょうか。余白がない結果、どんなデザインになるかというと窮屈なデザインになってしまうのです。どこに注目をしたらよいかが不鮮明になってしまい、インパクトはあったとしても要素と要素がぶつかりあって、うまく印象付けられなくなってしまうのです。

何もないスペースを意識的に取り入れることで、名刺の中の要素を効果的に演出することができます。余白のコツとしては、まず「四辺の余白を増やす」ことです。名刺の上下左右、四辺の余白を増やすことで、名刺の印象はガラッと変わります。

周囲に余白を作ると、中心にある要素が目立ちやすくなります。特別なデザイン処理をしなくても、周りに余白を設けるだけで目立たせることが出来るので、まずは余白を上手に生かすテクニックを意識的に使っていきたいものです。

デザインのインパクトを左右する「揃え」のコツ

デザインインパクト

「揃え」には種類があります。
・「左揃え」が最も多く見られるパターンです。真面目な印象をもたせると言われていますので、もし迷ったら「左揃え」がおすすめです。
・「右揃え」は、IT系の名刺によく見られ、先進的で新しい印象を持たせることができると言われています。ベンチャー系の名刺を作る際には検討してみてはいかがでしょうか。
・「左右揃え」は、名前や役職を左揃えに、会社名などその他情報を右揃えにする方法です。情報をどの程度掲載するかで印象が変わりますが、うまく配置できればインパクトを出すことも可能です。
・「中央揃え」は、品のある印象を演出でき、主張の強い印象も同時に与えます。

最も伝えやすい情報に「強調点」を取るコツ

強調点

強調点の扱い方としては、
・強調点前後の余白だけ変える
・色を変更する
・書体を変更する
・文字に装飾をつける

といった処理があります。強調点の付け方ひとつとってもデザインの独自性につながっていきますから、いろいろと工夫しましょう。

情報におしゃれなメリハリを与える「ジャンプ率」で仕上げ

ジャンプ率とは、名刺の中の「最も大きな字と最も小さな字の大小差」のことです。このバランスを適切に取ることで見やすい名刺ができます。
例えば、ジャンプ率を大きくとると、インパクトや「積極的」で「元気」な印象を持たせることが可能です。一方、ジャンプ率を小さくとると、「落ち着いた」「真面目」な印象を持たせることが可能です。最終段階で検討する内容ですから、デザインや入れ込む情報が確定してから、ジャンプ率を変更してみて試してみましょう。

以上、「レイアウト」には、さまざまな工夫の余地があります。レイアウトを意識することで、デザインにインパクトを持たせ、メリハリをつけることが可能です。素晴らしいデザインでも、レイアウト次第ですべて台無しになってしまう可能性があるほど、影響力が高いのです。ぜひ、経験と試行錯誤を繰り返し、レイアウトの工夫をしてみてください。

関連記事

シンプルデザインの名刺を作成する具体的なテクニック

シンプルデザインの名刺を作成する具体的なテクニック

世の中にはさまざまな名刺がありますが、カラフルな色の入った名刺よりも「シンプルなデザインの名刺の方が良い」という方も多いのではないでしょうか。 名前や住所や電話番号など、必要な情報はしっかりと載せることができるので、名刺としての機能も十分に果たすことができます。シンプルな名刺は、文字がきちんと浮き上がるので、渡した相手に対しても、しっかりと自分を伝えることができます。 名刺作成においてシンプルとは何か? シンプルな名刺とは、必要最低限の情報のみが入っている名刺といえます。名刺には名前や住所などさまざまな情報を載せますが、情報が多いほど枠の中に収まらなくなり、どの情報を伝えたいのか分からなくなってしまいます。 そんな時、背景色など考えずに、まず伝えるべき要素を文字だけで配置しまましょう。名前は、住所、メールアドレスなど、最も重要なことを先に決めてしまうことがシンプルな名刺を作成するうえで大切です。一方、シンプルすぎてしまった場合で気になる方は、薄い背景色を後から追加すれば良いのです。 自分が思うシンプルをアウトプットする シンプルな名刺を、実際に考えてみましょう。どのような名刺をイメージしますか?背景色が白で黒い文字が書かれているものが頭の中に浮かんでくる方もいるのではないでしょうか。 そこに会社のロゴを加えてください。ロゴを1つ入れるだけで、名刺のイメージは大きく変わります。ロゴがないという方は、自分の仕事を象徴する絵柄、連想させるイラストなどを取り入れてみましょう。名刺を見るだけで、あなたが何をやっているのか分かる絵柄だと尚良しです。ロゴや絵柄を取り入れることは、シンプルでありながらも、相手に覚えてもらえる可能性の高い名刺になります。 シンプルデザインの名刺を考える では、頭に思い浮かんだイメージを、実際に業者に発注をする際にはどうしたらいいでしょう?その場合は、さらに情報を選定して具体的にします。業者にどのようなことに伝えれば、自分の望む名刺が作成してもらえるのかを検討しなければなりません。 つまり、情報を「どこに」「どう」配置するのかを決める必要があります。文字1つとってみても、名前や住所などさまざまな文字要素が入っています。何を優先してどこにどう配置・表現するのかを決めなければなりません。また、位置だけでなく、どれくらいのサイズにするのかを忘れてはいけません。 例えば、名前は一番大きく強調し、住所は小さいサイズの文字にするのか、それとも名前も住所も同じサイズの文字にするのかなど……考えることはたくさんあります。文字サイズによって、印象は大きく変わりますので、他のものを参考にしてしっかりと決定していきましょう。 シンプルな名刺を作成するための発注のコツ シンプルな名刺を作成するのが得意な業者がいるので、インターネットで調べてみてください。文字が特徴的で、色のデザインも見たことがないような名刺制作が得意な業者もいるでしょう。そのような業者は、シンプルなデザインが苦手な場合もあるので、得意分野を調べたり、実際に相談して選定しましょう。 シンプルな名刺は、場所を選ばずさまざまな場面で利用することができます。背景色が白のものを選択すれば、清潔感もあり好印象を与えることができます。絵柄や背景色を取り入れることが、必ずしも良いというわけではありません。初めて作る方、悩んでしまった方は、シンプルなデザインを検討してみてはいかがでしょうか。

名刺作成を行うなら料金相場をココで確認!

名刺作成を行うなら料金相場をココで確認!

名刺が必要になった際、どのように作成しますか?デザインやPCの技術や知識のある人であれば、自分で名刺を作ってしまうという方もいるでしょうが、誰もが作成できるわけではありません。 「餅は餅屋」という諺もあります。今回は、「名刺を業者や第三者に依頼したい」という方に、料金相場や見積もりなどについて、分かりやすい説明をしていきたいと思います。 名刺発注の相場を一緒に確認しましょう! 名刺を作る際の料金相場は、さまざまですが、まず「どのような印刷形式にするのか」を決定しなければなりません。 例えば、片面モノクロにするのか、両面モノクロにするのか、片面カラーにするのか、片面カラー&片面モノクロにするのか、両面カラーにするのかといった具合です。 気になる料金相場ですが、一般的な片面モノクロの値段を紹介します。 50枚の片面モノクロを印刷すると1,500円かかり、100枚になると1,800円、200枚からでは、2,700円になりますので、注文する枚数が多くなれば、1枚あたりの単価が下がります。   実際に発注すると、どんな感じ? 名刺を発注する際に、知っておかなければいけないことがあります。それは、名刺制作には印刷代以外に+αの料金が発生すると言うことです。例えば、完成した名刺は、発送しなければならないので、送料が別途必要になります。ある業者では670円ほど必要となっています。他にも、名刺に特別な加工を施したり、ケースに入れて納品したりで別途費用が発生する場合があります。 実際に発注すると、見積もりに関する連絡が来ます。名刺のデザインをどちらが制作するかで見積は大きく変わってきます。データを入稿して制作する場合は、業者側でデータをチェック後、印刷されます。 そして、断裁や加工といった工程を経て、発送・納品されます。 この工程の間に、修正などが必要になった場合は、追加の費用が発生したり、納品までの時間が通常より長くかかってしまう場合もあります。業者によりますので、見積もりの確認と合わせてスケジュールや修正に対応できるデッドラインをきちんと確認しておいてください。   名刺発注をする際の事前確認とは? 名刺を発注するということは、個人事業主として活動されている方や名刺発注を仕事として請け負っている業者に依頼するわけです。しっかりとした依頼をしたいのであれば、相手のことをよく知らなければなりません。これまでの実績などが確認できるのであれば、依頼をする前に見ておきましょう。どれくらいの期日で発送され、どれくらいの値段で最終的に完成するのか、しっかりと確認しておかなければなりません。   初心者のための名刺発注の上手なコツ もし、自分が作りたいと思っている名刺デザインがあれば、問い合わせの段階でできるだけ具体的に要望を伝え、満足できるものを作ってもらいましょう。もちろん、これといった希望のデザインがないのであれば、正直に伝えても問題ありません。   業者によっては、「こんな感じになりますよ」といった、商品のサンプルを送ってくれる場合もありますが、インターネットで検索すると、さまざまな名刺デザインが出てくるので、参考にして要望を伝えてみてください。 名刺は、文字が中心のものもあれば、画像を組み合わせものなどさまざまです。自分の好みや仕事の内容などに応じて、色・レイアウト・掲載要素を検討し、どのようなものを1枚の名刺に取り入れていくのかを決定しましょう。  

オシャレでかっこいい名刺を作るためには外せない3つのコツ

オシャレでかっこいい名刺を作るためには外せない3つのコツ

今回は「オシャレでかっこいい」名刺を作るうえで外せないコツを3つにご紹介します。デザインをする上でいくつもポイントがあっては逆に作りづらくなってしまうこともあるかと思います。デザインを進める中で迷うことがあれば、こちらに紹介した内容に沿っていただければと思います。 その1:シンプルデザインを追求する まずはシンプルなデザインを心がけましょう。「シンプル」と一言でいってもシンプルさというものは複数の要素で構成され、守るべきデザインの基本というものが存在します。基本を守ることで、シンプルながらインパクトのあるデザインを作ることができます。 その基本とは、「フォント」、「余白」、「レイアウト」です。 1.フォント フォントに関しては、「明朝」「ゴシック」「セリフ」「サンセリフ」など系統を揃えましょう。誰もが最初はやってみたくなるのが「フォントを一部だけ崩す」というものです。確かに一部を変えることで文字は目立ちますが、同時に不自然な印象を与えてしまいます。まれに、有名広告のデザインに採用されていますが、玄人向けの上級テクニックと言えるでしょう。基本はフォントの系統は揃えることをオススメします。 2.余白 重要な情報は端に配置しないことが大切です。印刷物全般に関して「断ち切り」という印刷できない部位が存在します。その部位に重要な情報が掛かってしまうと、断裁時に切り落とされてしまう場合があります。そういった印刷事故を防ぐために重要な情報は端を避け、十分な余白を持たせる必要があります。何でも詰め込みたくなる気持ちを抑え、余白をうまく活用して大事な箇所を逆に目立たせることを心がけましょう。 3.レイアウト レイアウトは、要素ごとに必ず揃えましょう。「揃える」とは、フォントのように全てを同じにするという意味ではありません。名刺の大きさには限りがありますが、掲載すべき情報は多いはずです。このような制限された条件で名前やアドレスなどの特に重要な要素とそうでないものは、グルーピングしたうえで配置を変えます。特に伝えたい情報は、そうでない情報に比べて目立つレイアウトにしましょう。メリハリのある伝わりやすい名刺ができあがるのです。   その2:オシャレを演出する素材を活用する 名刺に使用する紙は「標準紙」という白色系の用紙が一般的です。「白」はさまざまな色と合うので、デザインがしやすいメリットがあります。しかし、印刷会社などに問い合わせてみると、紙の種類は色だけでなく紙質まで含めて実にさまざまな種類が存在していることが分かります。素材にこだわって工夫することもデザインに一役買ってきます。 代表的な素材について見ていきましょう。まずは、「特殊素材」です。実にさまざまな種類が存在しますが、ユニークなものだと木製やスケルトンタイプのプラスチックなどがあります。 値段もそれほど高くないので珍しい人目を引く名刺を作りたいならぜひ取り入れたいですね。 次に、「エンボス加工」です。これは名刺に圧力をかけて、部分的に浮き出させる効果です。ロゴや名前など強調したい情報にこの効果を使うと印象づけることができるようになります。   その3:名刺に含む情報を工夫する いくらオシャレでかっこいいデザインができても、必要な情報が含まれていない場合、要素が多すぎてゴチャゴチャしてしまうと、デザインが損なわれるだけでなく名刺本来の目的を十分に果たさなくなる可能性も出てきます。そうなっては本末転倒です。名刺に含む情報は、必要最低限になるように十分に吟味して決定しましょう。 参考までに最低限以下の情報があれば十分だと考えます。 ・会社名、ロゴ ・役職や職種 ・名前 ・問い合わせ先(電話番号やEメールアドレス) ・WebサイトのURL ・TwitterやFacebookなどSNSなどのユーザーアカウント名 名刺を作る際には、「名刺」としての機能を損なわず、伝えるべき情報を過不足なく盛り込む必要があります。名刺に記載すべき情報はビジネスの内容などによって人それぞれ異なりますので、迷ってしまった場合は、今回のポイントを参考にしてみてください。

最新のデザインコンペ

デザイナーとしてステップアップできるお仕事をご用意しています。
0%