名刺作成を行うなら料金相場をココで確認!

shunichi shiga

名刺が必要になった際、どのように作成しますか?デザインやPCの技術や知識のある人であれば、自分で名刺を作ってしまうという方もいるでしょうが、誰もが作成できるわけではありません。

「餅は餅屋」という諺もあります。今回は、「名刺を業者や第三者に依頼したい」という方に、料金相場や見積もりなどについて、分かりやすい説明をしていきたいと思います。

名刺発注の相場を一緒に確認しましょう!

名刺の料金相場

名刺を作る際の料金相場は、さまざまですが、まず「どのような印刷形式にするのか」を決定しなければなりません。
例えば、片面モノクロにするのか、両面モノクロにするのか、片面カラーにするのか、片面カラー&片面モノクロにするのか、両面カラーにするのかといった具合です。

気になる料金相場ですが、一般的な片面モノクロの値段を紹介します。
50枚の片面モノクロを印刷すると1,500円かかり、100枚になると1,800円、200枚からでは、2,700円になりますので、注文する枚数が多くなれば、1枚あたりの単価が下がります。

 

実際に発注すると、どんな感じ?

名刺を発注する際に、知っておかなければいけないことがあります。それは、名刺制作には印刷代以外に+αの料金が発生すると言うことです。例えば、完成した名刺は、発送しなければならないので、送料が別途必要になります。ある業者では670円ほど必要となっています。他にも、名刺に特別な加工を施したり、ケースに入れて納品したりで別途費用が発生する場合があります。

実際に発注すると、見積もりに関する連絡が来ます。名刺のデザインをどちらが制作するかで見積は大きく変わってきます。データを入稿して制作する場合は、業者側でデータをチェック後、印刷されます。

そして、断裁や加工といった工程を経て、発送・納品されます。

この工程の間に、修正などが必要になった場合は、追加の費用が発生したり、納品までの時間が通常より長くかかってしまう場合もあります。業者によりますので、見積もりの確認と合わせてスケジュールや修正に対応できるデッドラインをきちんと確認しておいてください。

 

名刺発注をする際の事前確認とは?

名刺を発注するということは、個人事業主として活動されている方や名刺発注を仕事として請け負っている業者に依頼するわけです。しっかりとした依頼をしたいのであれば、相手のことをよく知らなければなりません。これまでの実績などが確認できるのであれば、依頼をする前に見ておきましょう。どれくらいの期日で発送され、どれくらいの値段で最終的に完成するのか、しっかりと確認しておかなければなりません。

 

初心者のための名刺発注の上手なコツ

名刺制作のコツ

もし、自分が作りたいと思っている名刺デザインがあれば、問い合わせの段階でできるだけ具体的に要望を伝え、満足できるものを作ってもらいましょう。もちろん、これといった希望のデザインがないのであれば、正直に伝えても問題ありません。

 

業者によっては、「こんな感じになりますよ」といった、商品のサンプルを送ってくれる場合もありますが、インターネットで検索すると、さまざまな名刺デザインが出てくるので、参考にして要望を伝えてみてください。

名刺は、文字が中心のものもあれば、画像を組み合わせものなどさまざまです。自分の好みや仕事の内容などに応じて、色・レイアウト・掲載要素を検討し、どのようなものを1枚の名刺に取り入れていくのかを決定しましょう。

 

関連記事

オリジナルTシャツを発注する際に確認したい料金相場とは?

オリジナルTシャツを発注する際に確認したい料金相場とは?

イベントやプロモーションでよく見かけるオリジナルTシャツ。「作りたいけど、料金相場も含め、どう注文して良いか分からない」という方も多いのではないでしょうか。そこで、今回は初めてオリジナルTシャツを発注する方向けに、どのような流れでTシャツが完成するのか説明します。初めての1枚を作ってみてはどうでしょうか。 オリジナルTシャツ作成の費用は? 実際に、オリジナルTシャツを発注するにあたって、どれぐらいの金額がかかるかご存知でしょうか?  さまざまな業者がありますが、安い業者の場合1枚あたり1,500円程度でTシャツを作ることができます。料金の前後はありますが、1枚3,000円程度の予算になれば、お気に入りのTシャツを作る可能性が高まります。料金のポイントとして、生地の質や厚さ、印刷する絵柄によって費用が変わります。   具体的に業者にTシャツ作成を依頼してみる 実際にオリジナルTシャツを依頼した場合、一般的にどのような流れで完成するかについて説明します。 まず、Tシャツのデザインを自身で準備する場合、Adobe社のillustratorなどを使ってデータを作ります。Tシャツの型紙は、企業のWebサイトからダウンロードできたりする場合もあります。作りたいTシャツ案が完成したら、見積もりを依頼します。印刷の方式やTシャツの生地、枚数などを伝え、見積もりに問題ない場合、デザインのデータを送付します。 また、企業にデザインから依頼する場合は、原案を元にイメージを作ってもらいます。提示されたイメージで問題なければ、実際にTシャツを作成に入ります。 Tシャツを制作してもらう業者と事前確認を行う際の確認ポイント オリジナルTシャツを作りたい場合、まず自分が注文するデザイン用途を決めていなければなりません。 例えば、個人で、オリジナルTシャツを依頼する場合と、団体で使用するオリジナルTシャツの依頼をする場合では、料金も進め方も変わってきます。一般的に、発注する枚数が多くなれば、1枚あたりの料金は安くなります。 また、Tシャツ制作費の見積もりは、項目毎に詳細なものを出してもらいましょう。詳細の見積りがあれば、知らぬ間に料金に跳ね返ってしまったりするケースもトラブルも回避することができるでしょう。該当する項目が、どこからどこまでの作業に対するもので、これ以上は追加の費用が発生する、そうした点を事前に業者との間で確認したうえで発注することが重要です。   良いTシャツ業者の判断方法とは? オリジナルTシャツを依頼する場合、デザインも既存になくゼロから作り上げる作業になりますので、細かくやりとりをしてくれる業者がおすすめです。メール対応の丁寧さ、電話対応をしっかりしてくれる業者は、依頼しても大丈夫だと思います。 また、デザインから業者に依頼する場合、デザインを完成させるまでに修正のやり取りが複数回行われるケースもありますが、この修正依頼にきちんと対応してくれるかどうかも業者を良い業者を見分けるポイントになりますので、修正回数の確認を事前にしてみてはいかがでしょうか。 オリジナルTシャツは、業者や担当するデザイナーによって完成度はさまざまです。得意分野なども異なるため、作風に違いが出ることは当然のことです。作りたいTシャツのイメージや方向性がある程度固まっていれば、その分野を得意とする業者を選ぶのもポイントの一つです。しっかりと要望を伝え、お互い納得のうえで進行すれば、きっと満足のいくオリジナルTシャツを作ることができます。ぜひ一度作ってみてはいかがでしょうか。

暑中見舞いのデザイン相場は、どれぐらい?気になる具体的な料金について

暑中見舞いのデザイン相場は、どれぐらい?気になる具体的な料金について

取引先や会社の上司などに宛て、日頃の感謝を表すために暑中見舞いを送るという方も多いのではないでしょうか。しかし暑中見舞いのデザイン料金や相場に関して、どこを調べればいいのかわかりにくいのが現状です。また、デザイン会社に暑中見舞いのデザインを依頼した場合、提示されてきた見積金額が本当に妥当なのか悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。暑中見舞いのデザインの相場や気になる料金の疑問についてご説明します。 暑中見舞いのデザイン料金はズバリいくら? 暑中見舞いのデザイン料金は使用する紙の品質や形状、加えて特殊加工の有無によって5,000円~100,000円位と非常に値幅が大きく、その相場を探ることが難しいと言われています。しかしデザインが仕上がるまでにどのような作業コストがかかっているのかを知ることができれば、おのずとその概算見積もりが見えてきます。 また、より安くデザインを依頼したいと考えるのであれば、イラスト素材や中身のテキスト、ラフ案などをクライアント自ら全て用意することで安価で作成することも可能です。しかし、何も考えない状態ですべてをデザイナーに依頼した場合、デザイナーの作業負担が大きくなり、料金も上がってしまうので注意が必要です。 発注案の明確な正しい提示の仕方 暑中見舞いのデザインを依頼する場合のポイントの一つに、希望のイメージや記載したい文章内容をあらかじめ決めておくといったことが挙げられます。 もし何も決めずに、デザイナー側に依頼した場合、ハガキサイズのような小型のデザイン案件でも、デザイナー側はデザイン費用とは別にディレクション費用を盛り込むといったケースも見られます。場合によっては、チラシやカタログの制作を依頼するのと変わらないくらいの見積もりになることもあります。 理想的な依頼の方法としては、手書きの漠然としたものでも良いのでラフ案を用意することです。デザインにおいて着地点の見えないまま修正を繰り返す行為は、とても骨の折れる作業です。簡単でも構成がみえる資料やラフ案を最初に提示しておくことにより、できるだけ費用を抑え、かつクライアントのイメージに近いデザインが仕上がってくる可能性が高くなります。   デザインを貼り付ける素材によって完成品が変わる 暑中見舞いに張り付ける画像やイラストなどの素材によって完成品のイメージが大きく変わってきます。 ラフ案などを提示することはデザインのイメージをくみ取る上で重要なことですが、掲載したい写真など素材を限定してしまうことによりデザインのバランスが崩れるといったケースもあります。デザイナーと意見交換をしながら、できるだけ希望のデザインに近づけていきましょう。 今回の話は暑中見舞いのデザインのみならず全てのデザインにおいても当てはまります。優れたデザイナーに依頼しても、こちらの希望をしっかりと伝えなければ、上がってくるデザインが想像していたイメージからかけ離れてしまうだけではなく、修正の費用もかさんでしまい最終的なデザイン料金も跳ね上がってしまう原因となってしまいます。 デザインに関しては素人なので依頼を投げっぱなしにするというのではなく、自分の出来る範囲で情報や希望を伝えるということが、納得のいくデザインに仕上げるためにも大切なことになってくるのです。

初心者必見!名刺の印象を大きく高めるレイアウトの4つのコツ

初心者必見!名刺の印象を大きく高めるレイアウトの4つのコツ

名刺デザインを考えるうえで、影響力が高いと感じるポイントの一つは「レイアウト」です。レイアウトのセンス・技術を高めることで、名刺の印象を大きく高めることができます。しかし、レイアウトと言ってもいくつかの要素で構成されています。今回は、レイアウトに焦点を絞って、効果の高いレイアウトの4つのポイントを紹介します。 情報が自然に目に入ってくる余白を取るコツ 余白とは、「何も無いスペース」のことです。デザイン初心者で、余白を埋めてしまう方もいるのではないでしょうか。余白がない結果、どんなデザインになるかというと窮屈なデザインになってしまうのです。どこに注目をしたらよいかが不鮮明になってしまい、インパクトはあったとしても要素と要素がぶつかりあって、うまく印象付けられなくなってしまうのです。 何もないスペースを意識的に取り入れることで、名刺の中の要素を効果的に演出することができます。余白のコツとしては、まず「四辺の余白を増やす」ことです。名刺の上下左右、四辺の余白を増やすことで、名刺の印象はガラッと変わります。 周囲に余白を作ると、中心にある要素が目立ちやすくなります。特別なデザイン処理をしなくても、周りに余白を設けるだけで目立たせることが出来るので、まずは余白を上手に生かすテクニックを意識的に使っていきたいものです。 デザインのインパクトを左右する「揃え」のコツ 「揃え」には種類があります。 ・「左揃え」が最も多く見られるパターンです。真面目な印象をもたせると言われていますので、もし迷ったら「左揃え」がおすすめです。 ・「右揃え」は、IT系の名刺によく見られ、先進的で新しい印象を持たせることができると言われています。ベンチャー系の名刺を作る際には検討してみてはいかがでしょうか。 ・「左右揃え」は、名前や役職を左揃えに、会社名などその他情報を右揃えにする方法です。情報をどの程度掲載するかで印象が変わりますが、うまく配置できればインパクトを出すことも可能です。 ・「中央揃え」は、品のある印象を演出でき、主張の強い印象も同時に与えます。 最も伝えやすい情報に「強調点」を取るコツ 強調点の扱い方としては、 ・強調点前後の余白だけ変える ・色を変更する ・書体を変更する ・文字に装飾をつける といった処理があります。強調点の付け方ひとつとってもデザインの独自性につながっていきますから、いろいろと工夫しましょう。 情報におしゃれなメリハリを与える「ジャンプ率」で仕上げ ジャンプ率とは、名刺の中の「最も大きな字と最も小さな字の大小差」のことです。このバランスを適切に取ることで見やすい名刺ができます。 例えば、ジャンプ率を大きくとると、インパクトや「積極的」で「元気」な印象を持たせることが可能です。一方、ジャンプ率を小さくとると、「落ち着いた」「真面目」な印象を持たせることが可能です。最終段階で検討する内容ですから、デザインや入れ込む情報が確定してから、ジャンプ率を変更してみて試してみましょう。 以上、「レイアウト」には、さまざまな工夫の余地があります。レイアウトを意識することで、デザインにインパクトを持たせ、メリハリをつけることが可能です。素晴らしいデザインでも、レイアウト次第ですべて台無しになってしまう可能性があるほど、影響力が高いのです。ぜひ、経験と試行錯誤を繰り返し、レイアウトの工夫をしてみてください。

最新のデザインコンペ

デザイナーとしてステップアップできるお仕事をご用意しています。
0%