名刺が必要になった際、どのように作成しますか?デザインやPCの技術や知識のある人であれば、自分で名刺を作ってしまうという方もいるでしょうが、誰もが作成できるわけではありません。

「餅は餅屋」という諺もあります。今回は、「名刺を業者や第三者に依頼したい」という方に、料金相場や見積もりなどについて、分かりやすい説明をしていきたいと思います。

名刺発注の相場を一緒に確認しましょう!

名刺の料金相場

名刺を作る際の料金相場は、さまざまですが、まず「どのような印刷形式にするのか」を決定しなければなりません。
例えば、片面モノクロにするのか、両面モノクロにするのか、片面カラーにするのか、片面カラー&片面モノクロにするのか、両面カラーにするのかといった具合です。

気になる料金相場ですが、一般的な片面モノクロの値段を紹介します。
50枚の片面モノクロを印刷すると1,500円かかり、100枚になると1,800円、200枚からでは、2,700円になりますので、注文する枚数が多くなれば、1枚あたりの単価が下がります。

 

実際に発注すると、どんな感じ?

名刺を発注する際に、知っておかなければいけないことがあります。それは、名刺制作には印刷代以外に+αの料金が発生すると言うことです。例えば、完成した名刺は、発送しなければならないので、送料が別途必要になります。ある業者では670円ほど必要となっています。他にも、名刺に特別な加工を施したり、ケースに入れて納品したりで別途費用が発生する場合があります。

実際に発注すると、見積もりに関する連絡が来ます。名刺のデザインをどちらが制作するかで見積は大きく変わってきます。データを入稿して制作する場合は、業者側でデータをチェック後、印刷されます。

そして、断裁や加工といった工程を経て、発送・納品されます。

この工程の間に、修正などが必要になった場合は、追加の費用が発生したり、納品までの時間が通常より長くかかってしまう場合もあります。業者によりますので、見積もりの確認と合わせてスケジュールや修正に対応できるデッドラインをきちんと確認しておいてください。

 

名刺発注をする際の事前確認とは?

名刺を発注するということは、個人事業主として活動されている方や名刺発注を仕事として請け負っている業者に依頼するわけです。しっかりとした依頼をしたいのであれば、相手のことをよく知らなければなりません。これまでの実績などが確認できるのであれば、依頼をする前に見ておきましょう。どれくらいの期日で発送され、どれくらいの値段で最終的に完成するのか、しっかりと確認しておかなければなりません。

 

初心者のための名刺発注の上手なコツ

名刺制作のコツ

もし、自分が作りたいと思っている名刺デザインがあれば、問い合わせの段階でできるだけ具体的に要望を伝え、満足できるものを作ってもらいましょう。もちろん、これといった希望のデザインがないのであれば、正直に伝えても問題ありません。

 

業者によっては、「こんな感じになりますよ」といった、商品のサンプルを送ってくれる場合もありますが、インターネットで検索すると、さまざまな名刺デザインが出てくるので、参考にして要望を伝えてみてください。

名刺は、文字が中心のものもあれば、画像を組み合わせものなどさまざまです。自分の好みや仕事の内容などに応じて、色・レイアウト・掲載要素を検討し、どのようなものを1枚の名刺に取り入れていくのかを決定しましょう。