ボタンデザインの相場

webサイトにおける「ボタン」はユーザーにアクションを促す大切なパーツで、そのデザインはサイトのクリック率やコンバージョン率に大きく影響します。ボタンの効果は設置する場所なども関係するため、単にビジュアルだけで良し悪しが判断できないこともあり、ボタンデザインの予算をどれくらいに設定すれば良いかわからないと思う方もいるかもしれません。ここではボタンデザインを発注する際の料金相場について紹介します。

ボタンにはどれぐらいの価値があるのか

webサイトには「コーポレートサイト」「サービスサイト」「ブランドサイト」「キャンペーンサイト」「ECサイト」「求人サイト」など、それぞれテーマや目的がありますが、特にユーザーにアクションしてもらうことが目的であるタイプのサイトは、ボタンの重要度が比較的高いと言えます。

例えばECサイトは「購入ボタン」をクリックしてもらう、キャンペーンサイトでは「応募する」のボタンをクリックしてもらうことに価値があります。一方、コーポレートサイトの「お問い合わせボタン」などは、前者と比べると重要度は下がるでしょう。このように「そのボタンがどれくらいサイトの中で重要か」ということで、ボタンの価値は大きく変わると言えます。

まずはデザイナーに要望を理解してもらう

デザイナーの方はデザインやサイト設計のプロですが、自社サービスやブランドコンセプト、そしてターゲットとなるユーザー層やマーケットについては、発注者の方がずっと熟知しています。そのため、どんなユーザーに対して、どんなアクションを促すためのボタンを作ってほしいのか、デザイナーの方に丁寧に伝えることが、効果の高いボタンをデザインしてもらうための第一歩となります。

特にサービスサイトやECサイトにおける「資料請求ボタン」や「購入ボタン」など重要なものは、デザイナーの方に商品やブランドコンセプトを正確に理解してもらうことで、より購買意欲をそそるデザインにしてもらえるかもしれません。デザイナーの方と打ち合わせをする時は、ボタンの色やイメージの要望だけでなく「自社サービス」についても伝えることが肝心です。

このように、サイトのボタンは自社のマーケットにとって重要なものです。発注会社の業界に詳しいデザイナーであれば、コンサルティング料も含め、相場より高額な料金で依頼した方がいい場合もあることを覚えておいてください。

「何を目指すボタンか」で料金が決まる

ボタンによるクリック率やコンバージョン率が生命線となる「ECサイト」「サービスサイト」の中でも特に重要なのは、「購入」「資料請求」「イベント予約」「応募」など、ユーザーのアクションを促すボタンです。このような企業の収益に直結するボタンは、デザインに力を入れるべきでしょう。

このようなボタンのデザイン料は、単に次のページに移動するボタンよりも高く設定するのが相場として一般的です。ユーザビリティの観点からも、「収益に直結する(ユーザー視点では「決断する」)ボタン」は、他のボタンと差別化したデザインにすることがポイントと言えるでしょう。

妥協をせずに「ボタン」を作る際の料金設定

ボタンの効果はアクセス解析をすることで「クリック率」「コンバージョン率」という具体的な成果が明確に現れます。しかしボタンの効果というものは、デザインだけでなく設置する場所などにも影響されることから、デザインが納品された時点ではどれくらい効果があるかわかりません。そのため、デザインを発注する際の料金設定がしにくく、相場が想定しにくいのが難点です。

制作会社やボタンのデザイン、数、大きさなどによって異なりますが、2,000~3,000円から請け負ってくれる会社もあるようです。また、ボタンの発注前に自社内でA/Bテストをしておくことをオススメします。色や文字の入れ方が異なる2つのパターンのボタンで、実際に効果を検証します。何度か検証をくり返し、より効果の出やすいボタンの傾向を掴んでからデザイナーに発注すれば、時間やコストのロスが少なくなるかもしれません。

もし自社でA/Bテストをするのが難しいなら、これをセットでデザイナーの方に発注することもできます。費用はデザイナーの方との交渉次第で、基本のデザイン料と成果報酬の併用なども可能になるかもしれません。

ボタンの料金設定

いかがでしたか?ボタンのデザインは企業の収益や集客効果に直結するため、よりクオリティの高いボタンを制作してもらうにも、デザイナーの方に自社製品やサービスを知ってもらうこと、目指すポイントを共有することが大切です。ビジュアルセンスやデザインクオリティだけでなく、結果を図るためのマーケティング要素も加味して発注金額をシミュレーションしてみてください。