スッキリ解消!カタログデザインの相場と料金

shunichi shiga
カタログデザインの料金

チラシとは違ってページ構成や形状が多岐にわたるカタログデザイン。はじめて発注をする場合、相場がどれくらいでどんな追加料金がかかってくるのか不安になりませんか? ここでは、そんなカタログデザインの相場と料金に関する疑問をスッキリ解消します。

カタログ発注の相場はどれくらい?

カタログ発注の相場は、一般的に1ページあたりにかかる料金をもとに見積もりが算出され、1ページ当たりのデザイン相場は15,000円~35,000円だと言われています。
少し値幅が大きく迷ってしまうかもしれませんが、特殊な加工や技法を用いていない冊子のカタログデザインであれば、20,000円くらいが平均的なデザイン料金だとされているようです。また、これはページデザインの費用であって、カタログ製作にはそれ以外に、文章のライティングやアートディレクションの費用など、その他の要素にかかる費用も発生します。
このように、カタログ制作はさまざまな要素が組み合わさった形で進められていくので、デザイナーだけで完結できるケースは少ないのです。 文章やキャッチコピーはライター、デザイン構成はデザイナー、組み立てやデータ作成はDTPオペレーター、そのすべてを管理調整するのがディレクターなど、それぞれの役割を分けて作り上げていくのが一般的なので、それぞれに人件費や報酬がかかります。そのため、発注元としては、想定していた金額より見積もりが高いと感じてしまうこともあるようです。 

発注相場

実際に注文したらどれくらいの料金がかかる?

一般的なカタログ、A3二つ折(表裏表紙アリの中2ページ構成)の料金例を考えてみると、単純に4ページ構成なのでデザイン料金が20,000円×4ページで80,000円になります。また、カタログ制作にはデザインだけでなく文章のライティングやアートディレクション、打ち合わせ・インタビューなどの料金も加算されます。
ではそういった要素もプラスした場合の発注料金はというと、文章ライティング費用が1ページ当たり20,000円として中2ページなので40,000円。ディレクション費用がカタログ発注費用の約1/4といわれており、これらを加味して最終的な料金を計算すると約160,000円になります。
またこれ以外にもロゴやイラストのデザイン・写真撮影などが必要となる場合は、その分の費用が追加で必要になることは注意したいところです。

注文時の料金

事前におさえておきたい、カタログ発注の注意点

カタログ発注の注意点としておさえておきたいことが、デザイン以外の要素も発注先に一任すると、かなり高額な費用がかかってしまうということです。 ある程度の中身の文章や画像素材を用意したうえで発注すれば、費用を大幅に抑えることができるだけでなく、自分のイメージに近いカタログに仕上がる可能性も高まります。
経験豊富なデザイナーに発注して任せきりにするのではなく、ある程度こちらから道筋を作り、方向性を明確にすることも大切です。全てを発注先に一任することで、その分費用がかかってしまうことは、発注元として事前に理解しておきたいポイントです。

事前の注意点

一枚の印刷物とは違い、複雑な構造になっているカタログデザイン。指示が難しそうでついつい発注先に任せがちになってしまいますが、要望をまとめた資料や使用したい素材を事前に提供することで、発注先にも発注元にもメリットが生まれます。発注先にとっては作業の負担が軽減され、発注元にとっては見積金額を抑えられ、イメージに近いカタログを作ることができます。カタログを発注する際には、今回の記事で紹介したポイントを是非参考にしてみてください。

最新のデザインコンペ

デザイナーとしてステップアップできるお仕事をご用意しています。