オシャレでかっこいいメニュー

レストランやカフェの印象は、出された料理はもちろんですが、内装やメニューブックによっても左右されます。流行の料理、オシャレな内装が用意できたら、かっこいいメニューブックでそろえたいものです。ここでは、そのようなオシャレなメニューブックについて、どんなお店に相応しいのか、気を付けたいポイントなど、例を交えてご説明しましょう。

かっこいいメニューが合う依頼とは?

当然ながら、メニューブックはお店の雰囲気に合わせるべきものです。
庶民的でリーズナブルな価格が売りの居酒屋で注文を頼んだ時、革製の表紙に刻印があるような豪華なメニューブックが出てきたら、ビックリを通り越して場違いな気分になるかもしれません。

やはり、「かっこいい」「オシャレ」「クール」なメニューブックが似合うのは、若者が通うカフェ、最新のメニューがそろうレストラン、落ち着いた間接照明があるバーといった所でしょう。

クールになるデザインのポイント

メニューブックに料理の写真があると、お客さんに対する訴求力が高まります。
しかし、明確な意図もなく、ただ単に並べただけではあまり効果が上がりません。

また、お勧めの料理の写真を大きくし、他の料理を小さくというレイアウトは、確かにお客さんにアピールできますが、一歩間違うとスーパーマーケットのチラシのようになってしまいます。

その辺りを上手にデザインでカバーし、「見せる演出」を施すのがデザイナーの力です。

オシャレなメニューのいろいろ

この参考では、特に写真を使ったメニューブックの好例を挙げています。

色々なメニュー

ドイツのベルリンを本拠としたホテルチェーンのバーのメニューブックです。ホテルと言っても三ツ星ホテルのような高級ホテルという訳ではなく、ターゲットは若者を中心としたグループ旅行者なので、親しみやすいデザインになっています。
バーのカウンターに見立てたイラストに、自慢のカクテルを並べたアイディアが素敵です。

クウェートのカフェ

クウェートにあるテイクアウト・カフェのメニューブックです。持ち帰れる手軽さと同時に高級感を出す事も目指しているので、上品なロゴに合わせて、爽やかな演出を施しています。

別バージョンのメニュー

そのテイクアウト・カフェのもう一つのバージョンのメニューブックです。こちらは、ショッキングピンクを使ってポップな感じに仕上げています。可憐な花びらも散らしたデザインは、若い女の子向きでしょう。

ドーナツショップのメニュー

アメリカのテキサス州にあるドーナツショップのメニューブックです。ドーナツと共に、コーヒーやクロワッサンなどの朝食も提供しています。店のカウンターにあるLEDディスプレイにも映し出す計画があり、思わず足を止めて商品を頼んでしまうようなデザインを要望されました。ドーナツやクロワッサンが美味しそうな配置になっています。

カナダのジェラート店のメニュー

カナダのジェラートを販売する会社のメニューブックです。それぞれのジェラートの写真がオシャレなので、あえて整然と並べて、どれもほしくなる構成にしていると言えます。

ベジタリアンのメニュー

20歳から40歳くらいで、健康志向の強い人や菜食主義者をターゲットにしたレストランのメニューブックです。緑色を中心にし、清々しい印象に仕上げています。

ステーキショップのメニュー

ハンバーガー&ステーキショップのメニューブックです。木の素材を使った素朴な雰囲気を残しつつモダンに見せたいという希望の通り、すっきりとしたデザインになっています。

レストランバーのメニュー

アメリカのテネシー州にある、焼き物を中心としたレストラン&バーのメニューです。燃え盛る火をデザインしたロゴを、料理の火の場所に配置したヘッドデザインは技ありと言えます。

オシャレなメニューブック

これらのメニューブックは、食事が済んでお店を出た後も印象が残っているものばかりではないでしょうか。見るからに美味しそうな料理の写真が用意できたら、このような小粋なデザイン制作に挑戦してみてください。