印刷術において、カーニングとは隣り合う文字のスペースを調整することをいいます。締め切りに追われてヘトヘトになっている時には、省略してしまいがちの処理です。

クライアントの中にはカーニングのことすら知らない人も多いでしょうが、カーニングを怠った文字のデザインを見れば、彼らは何かが変であることに直感的に気づきます。カーニングを使いこなすことで、デザインがよりプロフェッショナルなものに仕上がります。作業の最後たった数分間を費やすだけでいいのです。プロのデザイナーとしては、カーニングの技術を習慣として身に付けておきたいものです。

以下、カーニングに関する10個のヒントをご紹介します。

1. カーニングの前にリーディングとトラッキングの処理を行う

リーディングとトラッキングの処理

トラッキングとは、文字の集合体の中の全体的な間隔を調整することで、リーディングとは、行間の縦の間隔を調整することをいいます。まずは、このリーディングとトラッキングの調整から行いましょう。カーニングの後にこれらをやってしまうと、カーニング調整を行ってバランスを取ったものが、すべて無効になってしまいます。

2. ソフトウェアの自動調整機能を使わない

ソフトウェアの自動調整機能を使わない

見出しやロゴなどの文字のデザインでは、ソフトウェアでデフォルトになっている間隔調整の機能を使わずに、手動でカーニングを行いましょう。書体ごとに文字の間隔は違いますので、各書体に合わせて調整を行う必要があるからです。

グラフィック系のプログラムでは、メトリクス/和文等幅カーニングオプティカルカーニングなどの自動カーニングツールがデフォルトになっています。これらのツールは文字の形を元に間隔を調整します。しかし、カーニングを手動で行えば、もっと自由に配置をすることができます。

カーニングを行うには、文字パネルを使用します。文字パネルは、Photoshop、InDesign、Illustratorのどのプログラムでも大体同じような見た目をしています。まず、「文字」パネルを開きます。次に、カーニングを施したい文字の間にカーソルをもっていき、ダブルクリックします。これで文字ツールが有効になりました。続いて、文字パネルからカーニングの数字を変更します。試しに数字を増やしたり減らしたりしてみて、2つの文字の間隔がどのように変化するか確認してみてください。

キーボードのショットカットキー:2つの文字の間をクリックし、「option」または「Altキー」を押したまま、左右の方向キーを使えばカーニングを調整できます。

3. 文字間のスペースの見た目を均等にする

文字間のスペースの見た目を均等にする

カーニングは、数学的に均等なスペースの大きさのことではありません。人間の目で見た時の見た目を均等にすることをいいます。カーニングの技術とは、一般的に文字間のスペースを視覚化し、埋めることです。そして、そのスペースを均等な分量にしようと試みることです。カーニングをする際には、文字にズームインしすぎないように注意しましょう。近寄りすぎると、実際よりもスペースが大きく見えてしまいます。

4. 文字ごとにスペースの空き具合が違う

文字ごとにスペースの空き具合が違う

文字というのは、直線やカーブ、傾斜や角などがあり、それぞれ特徴がありますので、文字同士の基本的な関係性を知っておけば、カーニングも理解しやすいでしょう。カーニングの基準として、直線が並んだ時のスペースを1とする方法があります。直線とカーブが隣り合った時は、基準の1より少しだけ狭めにします。カーブ同士の場合は、さらに狭めます。Aやv、yのような傾斜の入ったものは、一番やっかいです。なぜなら、傾斜になっていることで、不要なスペースが大きくなるからです。このような文字にはいつも以上に注意していただきたいのですが、他の文字にこのルールは当てはまらないということも頭に入れておいてください。

5. 文字を逆さまにしてカーニングする

文字を逆さまにしてカーニングする

文字を逆さまにすることで、文字の意味にとらわれるとこなく、ただのスペースのある記号の集合体として客観的に見ることができます。

6. 3文字ごとにカーニングする

3文字ごとにカーニングする

カーニングをする時は、単語の頭3文字からやってみましょう。作業中、他の文字は手や紙で隠しておいてください。頭3文字の調整が終わったら、1文字ずつずらして、最後まで見ていきましょう。

7. 「Less is more(少ないほうがいい)」 のモットーを忘れずに

Less is more(少ないほうがいい)

カーニングはやりすぎるより、やらなさすぎるほうが、いい仕上がりになります。スペースを詰めすぎてしますと、見た目も美しくないですし、読みにくくなってしまいます。

8. フォントの大きさによってカーニングの処理を変える

フォントの大きさによってカーニングの処理を変える

これは、ロゴなどでサイズ違いのものを作る場合に必要な処理になります。小さいサイズ間の変更であればカーニングの違いはあまり分かりませんが、見出しやロゴなどの場合は違いがはっきりします。小さめのロゴの場合はカーニングを減らしてあげることが必要になる場合もあります。

9. 注意が必要な文字同士の並びに気をつける

注意が必要な文字同士の並びに気をつける

大文字の、W、Y、V、T、L、Pや、小文字のy、kなどの文字は、カーニングする時に注意が必要です。大文字と小文字が隣り合った時にも同じことが言えます。この問題を解決する時は、これらの注意すべき文字を先に調整して、他の文字のカーニングは後回しにしましょう。

10. 練習を重ねる

練習を重ねる

このような技術が自然にできるようになるまでには、練習が必要です。手始めに、この面白いカーニングゲームをやってみてください。これは、カーニングの達人を相手に、あなたが行ったカーニングの処理を採点してくれるというゲームです。

これは覚えておいてください。カーニングとは、文字の集合体の合間のスペースに一貫性を持たせるということです。この一貫性がよりいいものになれば、それだけ言葉にリズムとハーモニーを持たせることができます。

カーニングのコツは分かりましたか?ぜひコメントをしてシェアしてください!

[ 翻訳:shunichi shiga ]