ここに集めたドキュメンタリーフィルムは、グラフィックデザイナーやアーティストにとって大きな礎となり、そして新たなインスピレーションを与えてくれるような作品ばかりです。ストリートアートから工業デザイン、タイポグラフィまで、あらゆる創作物を扱った映像を取り上げていますが、どれを見ても、想像力の源となることは間違いありません。それでは見ていきましょう:

1.『ヘルベチカ』

世界中で最も広く使用されている書体についてのドキュメンタリー:『ヘルベチカ』。ゲイリー・ハストウィット監督によって製作されたこの映像では、ヘルベチカの歴史や普及した理由、普遍的な魅力を称えています。このフィルムではさらに、タイポグラフィやグラフィックデザインが、私たちの文化にどのように影響しているのかを検証しています。映像全編はNetflix(ネットフリックス)でご覧いただけるほか(日本では未配信)、公式サイトから購入することもできます。

2.『オブジェクティファイド(Objectified)』

同じくゲイリー・ハストウィット監督の作品で、製品やそれをデザインした人々と消費者の関係についてのドキュメンタリーです。この映画は、デザインプロセスや、次々と映し出される魅力的な工業デザインへの美しいトリビュートとなっており、製品(そしてそれらのデザイナー)が私たちの生活にどれほど影響を及ぼしているかを検証しています。映画全編はNetflix(ネットフリックス)(日本では未配信)または Vimeoでご覧いただけます。

3.『なぜ人間は想像するのか』

伝説的デザイナー、ソール・バスによるこの25分間のショートフィルムは、ある意味ドキュメンタリーであり、ある意味アニメ化されたタイトルバックでもあります。このクラシックな作品は、創造の本質と創造的プロセスについて、また、その2つに対する異なるアプローチについて語っています。このフィルムは1968年に製作されたにもかかわらず、現代においても想像力を掻き立てるものであり、魅力あふれる画像は、音を消した状態で見ても印象的です。こちらで全編をご堪能ください!

4.ヒルマン・カーティスによる『アーティスト・シリーズ』

このビデオシリーズでは、ヒルマン・カーティスが現代における数々のトップデザイナーやデザイン会社に、その仕事についてインタビューをしています。ここでご紹介するのは、有名な“グランジ・タイポグラファー”、デイビッド・カーソンについてのフィルムです。彼はデザインのあらゆるルールを破り、1990年代でも屈指の影響力のあるグラフィックデザイナーになりました。インタビューを行ったその他の著名人や会社は、ポーラ・シェア、ステファン・サグマイスター、マルコム・グラッドウェル、ミルトン・グレイザー、そして伝説的なデザイン会社「Pentagram」です。すべてのシリーズはカーティスの公式サイトから無料でご覧いただけます。

5.『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』

伝説的なグラフィティ・アーティスト、バンクシーによって製作されたドキュメンタリー。ロサンゼルスのリサイクルショップオーナー、ティエリー・グエッタが、ストリートアートのドキュメンタリー作家からストリートアーティストになり、そして有名なポップアーティストになるまでの非凡な道のりを描いた作品です。基本的にはストリートアートに関するフィルムですが、デザイナーなら誰でも、この映画がアート業界の主観的性質をからかう様子を楽しめるでしょう。フィルムには、スペース・インベーダーやシェパード・フェアリー、そしてバンクシー自身の作品も登場し、刺激的で風刺に富んだ興味深い映画になっています。まさに、彼の最も象徴的な作品と言えるでしょう。Netflix(ネットフリックス)でご覧ください(日本では未配信)。

6.『ディープ・ダイブ』:IDEO

ABCのニュース番組『ナイトライン』が製作した、世界でもトップクラスのデザイン会社、IDEOの製品デザインプロセスについての映像です。このシリーズでは、IDEOのチームが質素なショッピングカートのデザインを変更しようとしています。この映像は1990年代のものですが、世界最大級のデザイン会社のデザインプロセスを誰もが垣間見ることのできる珍しい映像ですので、必見の作品です。残りのシリーズはこちらからご覧ください。

7.『アート&コピー』

こちらはアメリカの広告業界についての映画で、“Just do it”や“Think different”、“Got Milk?”などのアイコン的キャンペーンのデザインに参入するプロセスを紹介しています。これらのキャンペーンの裏側について広告の製作者にインタビューを行い、彼らがどこでインスピレーションを受けたのか、彼らのメッセージで多くの人をどのように感動させたのかを解明します。商業やアート、そして人間の心理を興味深く掘り下げた作品になっています。Netflix(日本では未配信)及びVimeoでご覧いただけます。

8.『ふたりのイームズ:建築家チャールズと画家レイ』

象徴的なインダストリアル・デザイン・デュオ、チャールズ&レイ・イームズ夫妻をテーマにしたドキュメンタリーです。二人は家具のデザインで最もよく知られていますが、この映画では彼らのアート作品や建築、写真、映像にもフォーカスしています。このフィルムは、二人の魅力、結婚生活、作品、そしてアメリカの文化における大きな影響を、親しみのこもった視点で捕えています。

今日に至るまで、イームズのすべての製品は、ほとんどのデザイン分野の人々から、宗教的とも言える畏敬の念を持って見られています。ナレーターを務めるのはジェームズ・フランコで、PBSでご覧いただけるほか、Netflixからもレンタルできます(日本では視聴・レンタルともに不可)。

9.『ロゴラマ』

すべてのロゴデザイナーの皆さんに向けた作品です。約15分間の短編アニメーションフィルムで、文字通りすべてのもの、すべての人物がロゴで描かれており、殺人鬼と化したドナルド・マクドナルドが銃乱射事件を起こすディストピア・ロサンゼルスが舞台になっています。フランスのアニメーション・スタジオH5が製作し、2009年のアカデミー短編アニメ賞を受賞しました。こちらで全編通してご覧いただけます。

10.『バウハウス:20世紀の顔』

もしあなたが何かをデザインしたことがあるなら、「デザインを学ぶ者は、単に教育を受けるだけでなく、業界で仕事をするために訓練されるべきだ」という彼らの歴史に形作られた哲学に影響されているのです。こちらの映像は抜粋されたものですが、Amazonで購入すれば全編がご覧になれます。

11.ミルトン・グレイザー:『To inform and delight』

この素晴らしい作品は、象徴的な“I Love NY”のキャンペーンをデザインしたことで有名な、20世紀に比類なき伝説的デザイナー、ミルトン・グレイザーについての映像です。この映画には、例えば、「アートの目的は情報を伝えることと、楽しませることだ」などのたくさんの心に響く引用文が使われています。このフィルムを見れば、きっとグラフィックデザイナーになると決断するのに十分な理由が見つかることでしょう。こちらもNetflixでご覧いただけます(日本では未配信)。

12. PressPausePlay

最後にご紹介するのは、すべてのクリエイティブな人々のためのスローガンです。デジタル技術の民主化が、どれほどアーティストや創造者に無限のチャンスやたくさんの新たな課題を与えてきたかについての映像です。Moby、ショーン・パーカー、レナ・ダナム、ロビン他、現代のあらゆる業界の著名なアーティストにインタビューを行っており、まさにすべてのクリエイティブな人々にインスピレーションを与え、行動を起こさせるきっかけとなっています。映画全編はVimeoでご覧いただけます。

他にお勧めのデザイン・ドキュメンタリーはありますか?コメント欄でお聞かせください!