レスポンシブデザイン:秘策とアプローチ法

shunichi shiga

少し前まで、デザイナーは、本の表紙であれ、ポスターであれ、新聞であれ、作っている物の明確な寸法を把握していました。

しかし、スマートフォン、iPad、その他様々なアスペクト比や解像度を持つモニタの出現により、ビジュアルのコントロールが難しくなりました。

レスポンシブデザインが新しく話題になったことは当然でしょう。これはファッションなどのトレンドとは異なります。インターネット閲覧に様々なデバイスが使われるようになったために持ち上がった、ユーザビリティの問題を解決しようとする試みです。

この記事では、様々なデバイスに合わせた、デザインのアプローチ法を紹介します。スクリーンサイズや解像度を含め、レスポンシブデザインはどのように機能するのかをデザイナーの視点から見ていきましょう。

Photo: Brad Frost (via flickr)

レスポンシブデザインのアプローチ法

すべてのモニタスクリーンにフィットするウェブサイトを作る場合、最も一般的な方法は標準的なスクリーンの幅と高さの範囲内でデザインすることです。モニタスクリーンの標準サイズは1024 x 760ピクセルなので、Webのセーフエリアはそれ以下、989 x 548ピクセルということになります。

ウェブサイトがそれよりも大きなモニタで表示された場合は、ページレイアウトに占める背景が大きくなります。90%以上のウェブサイトはこの方法で作られていますが、モバイルデバイス向けにデザインする場合は適切ではありません。320 x 2000ピクセルのスクリーンで、同じレイアウトを使うことはできないのです。

複数のデバイスのためにデザインする別の方法をいくつか挙げます。

  • メディアクエリ:CSSを使って、サイトが表示されるデバイスの特徴によってページのスタイルを変えることができます(コンテンツを隠すことも含む)。
  • 可変グリッド:ページ要素を相対的な(%)ユニットとグリッドカラムの数でサイズ設定すれば、スクリーンの幅によって表示が変わります。

最もよく使われるテクニックは可変グリッドに基づいたものです。これはレスポンシブデザインの動きの原型であり、adobeもサポートしています。Dreamweaverの最新バージョンでは、可変テンプレートを使って自動的にレイアウトを作成、編集できます。

Website: Lancaster University

ランカスター大学のウェブサイトでは、コンテンツセクションの幅は960ピクセルより広がることはありませんが、400ピクセル以下まできちんと縮小されます。トップのコンテンツがどのように徐々に小さくなるか、スクローラの動きに注目してください。ページ幅は420ピクセル以下になります。

モバイルデバイススクリーンの解像度(それらをターゲットにする場合の問題点)

世間には多様な解像度のグラフィックディスプレイが出回っています。以下はウェブデザイナーにとって重要な、いくつかのデバイスの解像度一覧です。

見て分かるとおり、解像度(1インチ内のピクセル数)だけでなく寸法にも多くの種類があります。解像度(ppi)は、重要な要素です。例えば、iPhone 5のアイコンはデスクトップモニタで表示した場合、4倍のサイズになります。

コンテンツを小さなサイズに合わせる時に、いくつかの問題にぶつかるはずです。以下のことを覚えておきましょう。

  1. 可読性を保つ:2000ピクセル幅のスクリーン上の14ピクセルのフォントは、300ピクセル幅のスクリーンでは2ピクセルまで小さくなります。これでは読めません。逆に、10ピクセルのテキストを7倍にすると、常識を超えた大きさになってしまいます。閲覧しているスクリーンの幅に合わせてレイアウトを調整することで、どのデバイスにおいても、合理的で読みやすいフォント比を保たなければなりません。
  1. 閲覧のしやすさを保つ:閲覧者にたくさんスクロールさせるのは絶対に避けましょう。膨大な量のコンテンツを1カラムに押し込むと、ページが長くなり過ぎ、目的のコンテンツにたどり着きにくくなります。
  1. タップのしやすさを保つ: モバイルスクリーンはタッチで動かすことができ、それは大抵、人間の指で行われます。ですから、ボタンは小さ過ぎてはいけません。Appleが提示している、快適にタップできるUI要素の最小サイズは44 x 44ピクセルです。しかし、現実にはこの限りでないことが多く、実際の目安は約25ピクセルとなっています。

可読性があり、閲覧しやすく、快適にタップできるインターフェースを達成する方法が分かりました。次は、レスポンシブデザインの作成に必要なことを見ていきましょう。

レスポンシブデザインを作る秘策

レスポンシブデザインを作る際、いくつか気を配るべきことがあります。特に重要なのは次の点です。

Webデザインは、複数のブラウザ幅に合わせた3つのバージョンを用意する:320-480ピクセル、480-768ピクセル、768ピクセル以上。これらの幅の間でコンテンツが自由に拡大縮小されるようにする、あるいはレイアウトが固定されるようにします。3つ(またはそれ以上)の固定レイアウトに必要に応じてマージンを加える方法は、大抵の場合、可変スケーリングと比べて、デザインと実装が簡単です。しかし、可変スケーリングの方が多くのデバイスでより良いエクスペリエンスを提供できます。

解像度によって、どのコンテンツを表示するかを決める:例えばある記事のリード部分を隠したり、ボックス全体を1つのボタンにまとめたり、コンテンツを完全に隠してしまう、などです。

CSSの制約に注意する:多くのページ要素が純正なCSSの制御下にあるようにデザインしましょう。そうすることで、ページ要素をリサイズする際に柔軟に対応ができ、読み込み時間を減らすことができます。CSSに慣れていない多くのデザイナーにとっては簡単なことではないかもしれませんが、これはつまり「標準」以外のオーバーレイモードの使用を避け(レイヤーを統合できる場合は除く)、単純にシャドウとグラデーションを使うことです。

すべての解像度に、同じコンテンツと全く同じHTMLを使う:同じグラフィック要素をすべてのページバージョンに使い回すべきだということです。多くの場合、最大のスクリーン用のデザインを最初に作り、その後に必要ならば小さい解像度のために要素を減らすことが多いでしょう。

優れたレスポンシブデザインを作るには、これらの秘策とあなたの想像力、そしてコーダーのスキルが必要です。以下の例でレスポンシブデザインを作る様々な方法を紹介します。

レスポンシブデザインの例

Website: Fork

Forkは、固定レイアウトに可変スケーリングを組み合わせた驚くべきサンプルです。固定レイアウトは4つ(ピクセル数は、ブロック要素のサイズです)。波のイメージの背景は可変スケーリングで、ページを770ピクセル以上にすると見ることができます。コンテンツが適宜隠れることに注目してください。

Website: Daniel Vane

Daniel Vaneの個人サイトは可変の四角モジュラーグリッドをうまく活用しています。これはどんなサイズのスクリーンにも対応します。768ピクセルほどの小さめのスクリーンでは、レイアウトは5カラムから3カラムになります。480ピクセル以下では、1カラムです。

Website: The Boston Globe

ボストン・グローブ紙のウェブサイトは、巨大なニュースサイトとしては、レスポンシブでデザインされた数少ない例です。相対的な%寸法を元にした可変グリッドのHTML5 Boilerplate フレームワークを使っています。可変グリッドは無限に拡大縮小するわけではないことに注意しましょう。このウェブサイトでは、最大ページは1232ピクセルであり、最小は422ピクセルです。

620ピクセルと800ピクセルにおいてカラム数は変化しますが、ボストン・グローブ紙のスタイルシートは2つ以上の条件(メディアクエリ)を定義しています。さらに詳細に解析すると、このページ(初見ではシンプル)には次の解像度に合わせて調整された約30のバリエーションがあります。
1400、1300、 1220、1210、1200、1150、1100、1050、1024、980、960、950、931、900、860、809、810、800、788、768、760、640、639、620、600、540、500、481、480、380(単位はすべてピクセル)。

レスポンシブデザインを始めるための参考資料

最後に大事なことを1つ。下の画像をクリックすれば、複数のデバイススクリーンの透過PNGをダウンロードできます。あなたのデザインのテストやプレゼンテーションに利用してください。

まとめ

レスポンシブデザインは複雑ですが、多様なユーザに提供可能なウェブサイトを作ることができます。今後、ウェブデザイナーにとっては必須の知識となるはずです。さらに、モバイル以外のデバイス(スマートテレビを知っていますか?)にも展開されていくことでしょう。これからも、常に最新の情報を知っておくことが大切です。

レスポンシブデザインについて質問があれば、ぜひシェアしてください!

関連記事

ユートピアを目指したデ・ステイル造形運動のビジュアル付き歴史概要

ユートピアを目指したデ・ステイル造形運動のビジュアル付き歴史概要

デ・ステイル(De Stijl:オランダ語で「スタイル」の意味)は第一次世界大戦の混沌の中、「秩序への回帰」を掲げて生まれた芸術活動の一つです。 ドイツの芸術家ピエト・モンドリアンとテオ・ファン・ドゥースブルフが中心となり興ったデ・ステイルは、戦前の芸術の装飾的な傾向(アール・ヌーヴォーを思い浮かべて下さい)を否定し、あらゆる対象を幾何学的形式で描くキュビズムを、新たな芸術の性質として提唱しました。最も基本的なデザイン要素である垂直、平行の直線や、原色のみで表現する完全な抽象芸術を目指していました。 デ・ステイルの造形理念は芸術美を持ちながらも社会に大きく影響しました。芸術家自身の個性を表面上から取り除き、精密さや全体的な調和を求めることによって、デ・ステイル派は未来のユートピアへの基盤を築けると考えていました。 全体主義を理念とするデ・ステイルは、社会を立て直すために、いわゆる「高級芸術」や「応用美術(グラフィックや製品のデザインなど)」、そして「建築美術」を区別している間違った定義を撤廃しようとしました。 デ・ステイルは絵画だけでなくデザインや建築の分野にもその性質が反映されています もちろん、現代のロゴやウェブサイトのデザイン分野でも、この性質が見られます(ある意味では、モンドリアンこそがWindowsの初めてのデザイナーと言えるかもしれません)。 デ・ステイルな作品に目を向けると、それらの特徴はすべて、現代のデザイナーが扱い、称賛しているものだということが分かります。ミニマルな単純性や緊張感の表現、対象物と余白スペースのバランス、グリッド(格子状のデザイン)などです。 Microsoftに用いられたグリッドには、デ・ステイルの芸術美の影響が感じられます 英国のデザイン雑誌『Eye』に掲載されたエッセイで著者ジェシカ・ヘルファンドは、デ・ステイルこそ現代のデザイナーが持つプロ特有の危機感に対する答えだと訴えています。それについて言及した部分を抜粋しました。 ― さまざまなものが電子化した現代の環境の中では対人交流が共存し発達しているために、(もし完全に廃れていないと考えるなら)デザインの機能は社会の主流から取り残されていると考える人もいるかもしれない。あるいは、デザイナー自身の役目が消えかけているとも感じるだろうか。おそらく私たちは無意識のうちに、その支配権をコンピュータや作品を見る人、新しいものを求める欲、成長するグローバル社会に委ねてしまったのだ。― しかし、著者はその状況に対する解決策も提示しています。 ― 現代デザイナーにできること、取り組むべきことの核心は、精密さを明確にし、称賛するということだ。それを活用することでデザイナーの役割はより具体化されると同時に重要さを増し、新たなビジュアル定義を構築する者としての使命が再び明確になるだろう。 スクリーン上でクリエイティブな表現を形とすることに苦心しているなら、デ・ステイルの芸術家たちのように、自分の作品を限られた直線的な要素を用いて訴えてみてもよい。私たちは現代のサイバースペースが生み出す無限に広がる空間で、デ・ステイルの直線で示す魅力を伝えることができるのだから。― まだまだ語るべき内容はあるのですが、デザインの歴史に関しては、おそらくビジュアルで順に追っていくのが最良でしょう。そこで、デ・ステイルの想像力豊かな作品や、デ・ステイルにインスパイアされたデザインを用意してみました。 雑誌『デ・ステイル』1号、2号の表紙 映画『インセプション』のオマージュポスター。デ・ステイルの表紙にインスパイアされたデザインです。 テオ・ファン・ドゥースブルフとリチャード・ケグラーのデ・ステイル書体。四角形のジオメトリックなコンセプトが土台となっています。 アムステルダム市立美術館の新しいロゴはとてもミニマルに仕上がっています。完全なデ・ステイルではなく、根本的なデ・ステイルの要素がいくつか含まれています。 こちらの2つもデ・ステイルにインスパイアされたロゴです。建築家ハリス・アームストロングのロゴ、アップルの改訂版ロゴ。 改装したモンドリアンのスタジオ デ・ステイル展示会のポスター デ・ステイルにインスパイアされた3Dデザイン 別の展示会ポスターと、その展示会グッズ オルタナティブ・ロックバンド『ザ・ホワイト・ストライプス』のデ・ステイルを取り入れたアルバムジャケット。アルバムタイトルにも起用しています。 米国オークション会社eBayのロゴデザインを募集した99designsのコンペで、Ruiz Nala wi Garengが提出した作品には目を奪われました。斜線が多いため、デ・ステイルにはなりきっていないものの、色使いや黒のラインがデ・ステイルな印象を与えます。 いかがでしたか?デ・ステイルは現代デザイナーが持つ問いへの答えだと思いますか?最近、デ・ステイルなデザインを見かけたなら、ぜひコメントをしてシェアしてください! アイキャッチ画像:Theo van Doesburg 『Composition Ⅶ(the three graces)』(Wikipediaより)[ 翻訳:shunichi shiga ]

文字デザインを良く見せるための10のヒント:カーニングを使いこなす

文字デザインを良く見せるための10のヒント:カーニングを使いこなす

印刷術において、カーニングとは隣り合う文字のスペースを調整することをいいます。締め切りに追われてヘトヘトになっている時には、省略してしまいがちの処理です。 クライアントの中にはカーニングのことすら知らない人も多いでしょうが、カーニングを怠った文字のデザインを見れば、彼らは何かが変であることに直感的に気づきます。カーニングを使いこなすことで、デザインがよりプロフェッショナルなものに仕上がります。作業の最後たった数分間を費やすだけでいいのです。プロのデザイナーとしては、カーニングの技術を習慣として身に付けておきたいものです。 以下、カーニングに関する10個のヒントをご紹介します。 1. カーニングの前にリーディングとトラッキングの処理を行う — トラッキングとは、文字の集合体の中の全体的な間隔を調整することで、リーディングとは、行間の縦の間隔を調整することをいいます。まずは、このリーディングとトラッキングの調整から行いましょう。カーニングの後にこれらをやってしまうと、カーニング調整を行ってバランスを取ったものが、すべて無効になってしまいます。 2. ソフトウェアの自動調整機能を使わない — 見出しやロゴなどの文字のデザインでは、ソフトウェアでデフォルトになっている間隔調整の機能を使わずに、手動でカーニングを行いましょう。書体ごとに文字の間隔は違いますので、各書体に合わせて調整を行う必要があるからです。 グラフィック系のプログラムでは、メトリクス/和文等幅カーニングやオプティカルカーニングなどの自動カーニングツールがデフォルトになっています。これらのツールは文字の形を元に間隔を調整します。しかし、カーニングを手動で行えば、もっと自由に配置をすることができます。 カーニングを行うには、文字パネルを使用します。文字パネルは、Photoshop、InDesign、Illustratorのどのプログラムでも大体同じような見た目をしています。まず、「文字」パネルを開きます。次に、カーニングを施したい文字の間にカーソルをもっていき、ダブルクリックします。これで文字ツールが有効になりました。続いて、文字パネルからカーニングの数字を変更します。試しに数字を増やしたり減らしたりしてみて、2つの文字の間隔がどのように変化するか確認してみてください。 キーボードのショットカットキー:2つの文字の間をクリックし、「option」または「Altキー」を押したまま、左右の方向キーを使えばカーニングを調整できます。 3. 文字間のスペースの見た目を均等にする — カーニングは、数学的に均等なスペースの大きさのことではありません。人間の目で見た時の見た目を均等にすることをいいます。カーニングの技術とは、一般的に文字間のスペースを視覚化し、埋めることです。そして、そのスペースを均等な分量にしようと試みることです。カーニングをする際には、文字にズームインしすぎないように注意しましょう。近寄りすぎると、実際よりもスペースが大きく見えてしまいます。 4. 文字ごとにスペースの空き具合が違う — 文字というのは、直線やカーブ、傾斜や角などがあり、それぞれ特徴がありますので、文字同士の基本的な関係性を知っておけば、カーニングも理解しやすいでしょう。カーニングの基準として、直線が並んだ時のスペースを1とする方法があります。直線とカーブが隣り合った時は、基準の1より少しだけ狭めにします。カーブ同士の場合は、さらに狭めます。Aやv、yのような傾斜の入ったものは、一番やっかいです。なぜなら、傾斜になっていることで、不要なスペースが大きくなるからです。このような文字にはいつも以上に注意していただきたいのですが、他の文字にこのルールは当てはまらないということも頭に入れておいてください。 5. 文字を逆さまにしてカーニングする — 文字を逆さまにすることで、文字の意味にとらわれるとこなく、ただのスペースのある記号の集合体として客観的に見ることができます。 6. 3文字ごとにカーニングする — カーニングをする時は、単語の頭3文字からやってみましょう。作業中、他の文字は手や紙で隠しておいてください。頭3文字の調整が終わったら、1文字ずつずらして、最後まで見ていきましょう。 7. 「Less is more(少ないほうがいい)」 のモットーを忘れずに — カーニングはやりすぎるより、やらなさすぎるほうが、いい仕上がりになります。スペースを詰めすぎてしますと、見た目も美しくないですし、読みにくくなってしまいます。 8. フォントの大きさによってカーニングの処理を変える — これは、ロゴなどでサイズ違いのものを作る場合に必要な処理になります。小さいサイズ間の変更であればカーニングの違いはあまり分かりませんが、見出しやロゴなどの場合は違いがはっきりします。小さめのロゴの場合はカーニングを減らしてあげることが必要になる場合もあります。 9. 注意が必要な文字同士の並びに気をつける — 大文字の、W、Y、V、T、L、Pや、小文字のy、kなどの文字は、カーニングする時に注意が必要です。大文字と小文字が隣り合った時にも同じことが言えます。この問題を解決する時は、これらの注意すべき文字を先に調整して、他の文字のカーニングは後回しにしましょう。 10. 練習を重ねる — このような技術が自然にできるようになるまでには、練習が必要です。手始めに、この面白いカーニングゲームをやってみてください。これは、カーニングの達人を相手に、あなたが行ったカーニングの処理を採点してくれるというゲームです。 これは覚えておいてください。カーニングとは、文字の集合体の合間のスペースに一貫性を持たせるということです。この一貫性がよりいいものになれば、それだけ言葉にリズムとハーモニーを持たせることができます。 カーニングのコツは分かりましたか?ぜひコメントをしてシェアしてください! [ 翻訳:shunichi shiga ]

タイポグラフィに関する5つの重要なルール

タイポグラフィに関する5つの重要なルール

グラフィックデザインにおける要素に“VIP”部門があるなら、タイポグラフィはその上位に入るでしょう。たとえロゴがすばらしいレイアウトを持っていても、文字要素が優れていなければ好意的なフィードバックは得られません。 タイポグラフィはデザインを作るものであると同時に、崩すものでもあります。これからご紹介する5つのルールを理解することが大切です。 1. レディング — レディングとは文字列の行送りのことで、一般的には各行のベースラインからベースラインまでを測ったものです。レディングは文字列の視認性に影響するため、パラグラフを設定する際に重要なものとなります。レディングがなければ、文字列は狭苦しい印象を与えるでしょう。もしレディングが多すぎても、その空きすぎたスペースにより、文字列はまとまりのないものになってしまいます。 ご使用のプログラムによって、レディングの変更方法は異なります。大まかな方法は、フォントの高さより2pt上回るレディングとすることです。例えば、10ptのフォントを使用しているなら、レディングは12ptとなります。これは使用しているフォントによって変わり、フォントが違えば必要な行間も違ってきます。 2. トラッキングとカーニング — トラッキングとカーニングは、両者とも文字間のスペースを調整するという点で似ています。では、その違いは何でしょう?トラッキングは文字のグループ間の調節、そしてカーニングは個々の文字間の調節です。プリントする段階で文字が互いにぶつかり合わないようにするには、トラッキングを調節しておくべきです。さらに、トラッキングは文字の読みやすさや密度を改善するのに役立ちます。 カーニングは、ヘッドラインやすべてが大文字の表記、またはロゴなどの視認性を全体的に向上するので、とても効果的です。とても役に立つものですが、あまり多用しすぎてもいけません。1つの単語であるはずの会社名を2つの単語に見えるようにはしないでください。 3. セリフ体とサンセリフ体 — セリフとは、文字や記号のストロークの端に付く飾りのことです。長文が使われる書籍や雑誌には、セリフ体が最適です。セリフ体はベースラインにうまく沿うので読者の目を次の言葉へと導く手助けになり、長時間読まれるものに適しています。 4. 書体の数 — 異なる書体を組み合わせることでレイアウトをダイナミックに見せることができますが、あまり多くの書体を使い過ぎると、読者の気が散ってしまいます。たくさんのフォントがあると、どのエレメントが重要なのか分かりにくくなります。 一般的なルールは、1つのプロジェクトには3種類以下のフォントを使用することです。例えば、2種類のフォントをヘッドラインと本文に使用します。そのフォントはそこから太字やイタリック体にしたり、小見出し用にサイズを変更したり、大文字にしたり、またはその他のデザインエレメントにしたりすることができます。 デザインドキュメントが長ければ、より多くのフォントを使用することができます。しかし、パンフレットや広告、またはその他の短いドキュメントの場合は、1~2種類のフォントの使用に留めておいた方が良いでしょう。 5. 本文の長さ — 新聞を見ると、記事がコラムに分けられていることに気付くかと思います。1行の文字数が短いと記事を分割でき、文章が読みやすくなります。人間の目は、行の文字数が多過ぎると必然的に疲れるものです。 正確な文字数を予測するのは難しいですが、一般的なルールは各行を50~60文字未満にすることです。これは標準的な数字ですので、デザインプロジェクトによって調節すると良いでしょう。 同様のルールがヘッドラインにも適用できます。ヘッドラインは一般的に50文字以下とされていますが、1行の文章を短くすることは有益です。例えば、“すぐに使える何百ものデザインのチャンス” という見出しについて作業している場合、それを細かく分けることで読みやすくできます。 読者が流れるように読み進めることができるように、文章を短くしてください。そしてしっかりとフォントサイズを調節すれば、行がうまくそろうでしょう。 ご紹介した5つのルールは大切ですが、タイポグラフィのルールは学ぶべきものが他にもたくさんあります。 フィーチャー画像:arnoKath [ 翻訳:shunichi shiga ]

最新のデザインコンペ

デザイナーとしてステップアップできるお仕事をご用意しています。
0%