2015年のロゴデザイン、10のトレンドを予測

shunichi shiga

手書きで書体が作り出された時代から、デジタル技術の波を受けて現在へ、ロゴデザインは素晴らしい進化を遂げ、その形を変えてきました。2015年には、ロゴデザインはどのようなトレンドを見せるのでしょうか?

ここで最新のロゴデザインを基に、10のトレンドを予測してみました。あなたの意見を、ぜひコメントに残してください。

1.ロゴの再定義

Ascui co by Grosz Co Lab

Ascui Card by Grosz Co Lab
Business Card: Ascui & Co (Grosz Co.Lab)

クライアントは、冒険を好まないものです。しばしばクライアントは、理解が得やすいマーケットに合うものを求めます。賭けをすることは、ビジネスにおいて損失につながりかねないからです。恐らくそれが、静的で完結した記号やロゴもしくはその2つの組み合わせという、かなり「型にはまった」ロゴが、最近まで多かった理由でしょう。

その一方で、既成概念の枠を超えるデザイナーたちが常に存在しています。そして時折、彼らの革命的なアイディアが日の目を見ることがあるのです。上の例は、メルボルンを拠点に活躍するデザイン・スタジオGrosz Co.Labの作品で、ロゴデザインについて全く新しい取り組みが行われています。彼らは概念的に、静的な記号を動きのある形式へと展開させたのです。さらに、繰り返しを用いることで記号の一般的な比率を視覚的に拡張し、周辺スペースに広がりを見せる柔軟性を与えています。

Deviant Art

Deviant Artの新しいロゴ(上の画像参照)は、ロゴ自体の対称イメージと組み合わされ、パターン性を感じさせます。さらに、ウェブサイトがトレンド・アートにフォーカスしているためか、パターンのネガティブスペースが、(大文字の「A」とともに)上下の矢印を作り出しています。これは、背景に概念的な意味を併せ持つパターンの機能性を備えているという、ロゴの主流を作った初期の作品と言えるかもしれません。これにより、ロゴの定義は確実に拡大されました。

クライアントやデザイナーが、これらの画期的なロゴデザインが定着していくのを目の当たりにするにつれ、デザイン・コミュニティの目をロゴの可能性へと向けさせ、ロゴの定義も拡大してきたのです。

2.書体のカスタマイズ

Mauritshuis by Studio Dumbar

アナログの時代、活版技術者は非常に熟練した見事な技術を身につけ、美しい書体を造作なく作り出すことができました。そこへ突然、デジタル時代の圧倒的なツールと技術の波が押し寄せ、それは結果的に伝統的な書体の技術にまで及ぶことになります。

akitu by Inhouse Design fix

多くの人に愛されるヘルベチカのように、かつて手書きで生み出された書体が今日も使われているのには、明らかな理由があります。そのような書体は、基本となる形が大変美しく、理論的に理解しやすく、高度な技術を持ち合わせ、それでいて芸術的なインスピレーションを与えてくれます。

これらのクラシックな技術は、徐々にデジタル時代に追いつきつつあります。デザイナーが書体をカスタマイズすることが、どんどん容易になっているのです。結果として、今年は今までになく多くのカスタマイズされた書体を目にすることになりそうです。

3.ダイナミック・ロゴ(動的なロゴ)とロゴセット

cee by Blok

デザイナーやクライアントは常に、より良いロゴを作りだす道を探っています。毎年、365日同じロゴを目にしていれば、どんなに素晴らしいデザインであっても新鮮さを失ってしまうものです。そんな倦怠感を打ち破るために生み出されたのが、ダイナミック・ロゴ(「ダイナミック・アイデンティティ」とも呼ばれる)です。Googleの日替わりに表示されるロゴが有名ですね。

現在、かつてないほどロゴセットがロゴに命と鮮度を吹き込むシーンが到来しています。上の例は、トロントを拠点とするデザイン・スタジオBlokの作品です。Blokは、会社名であるCeeをもじってコンセプチュアルなドアを開け、カラフルなロゴをエンドレスに繰り返しています。

Hotel Koster by Bedow

ロゴを新鮮に保つことだけが、ロゴセットの意義ではありません。グラフィック・デザインへのニーズに対するクライアント全体の理解が、日に日に深まっているのです。その副産物として、ロゴデザインと、それを1つのブランド全般に適用することの概念的なギャップが埋まってきているのです。デザイナーは今や、1つのビジュアル的に強いロゴにフォーカスするのではなく、ロゴが1つのブランドの中で全般的にどのように機能するかを考えなくてはならなくなっているのです。

スウェーデンを拠点とするデザイン・スタジオBedowの上の例では、Hotel Kosterのロゴセットが、ホテルの3つの異なる側面を表現するために使われています。

Penguin Random House

出版社であるPenguinとRandom Houseの合併に伴い誕生したロゴセットは、また新しい例を見せてくれます。Pentagramのマイケル・ビアラットは、2社がこれまでに発行した250の刻印すべてに適応できる3行のロゴタイプを制作しました。

これは概念的な意味ではかなりユニークなケースですが、近い将来、ダイナミック・ロゴとロゴセットがより広く受け入れられる前兆と言えるかもしれません。最後にちょっとしたお楽しみです。スティーヴン・コルベアが『USA Today』新しいダイナミック・ロゴを切り捨てる動画をご覧ください。

ダイナミック・ロゴとロゴセットの作品例はこちらから。

4.シンプルで飾り立てていないロゴ

Essem Design by Bedow fix
oddwood by Bedow fix

今は、誠実であることがとても大切な時代です。顧客は企業に、同意・共感できるパーソナリティを求めています。クリエイティブなレスポンスも、現実的で手作り感のある、基本のシンプルなデザインの傾向が見られたとしても不思議ではありません。

上に挙げたBedowの2つの作品では、アナログな表現手法により人間味を感じることができ、企業と目と目を合わせているような気持にさせてくれます。

5.ワードマークにフォーカスをあてたロゴ

Above and Beyond by Karoshi fix

ロゴは永久的に存在し、さらに新しい企業が生まれ、既存企業がリブランディングを行う度にその数を増やし続けています。このため、ビジュアルの刺激が嵐のように押し寄せ、顧客が伝統的なマークと個々の企業を結びつけることが難しくなりつつあります。

結果としてデザイナーは、ワードマーク(文字によるマーク、またはロゴタイプ)に、これまでよりもフォーカスを当てることになりそうです。ワードマークはそれだけで完結しており、独立し、ブランドの認知度を上げ、そしてこれから先の長い年月も自力で生き延びていく力を持っているのです。

6.小文字は引き続き健在

dsigndot by Build fix

大文字のロゴは、いつの時代もマジョリティを占めてきました。時には、小文字の書体を含むロゴは、大文字だけのロゴに比べると知覚されにくいとすら言われます。これは小文字が持つ非形式的で遊び心のある性質のためかもしれません。

Slake by Ghost

しかし最近、デザイナーは、フレンドリーでありながらプロフェッショナルであり得る小文字の活用方法を見つけ始めています。1つの有名な例がWalmartのリブランディングで、新しいタイトル・ロゴは、企業により親しみやすいイメージを与えることに成功しています。多くのデザイナーがこのトレンドを盛り上げています。上のデザイン・スタジオBuildGhostの例をチェックしてみましょう。

7.カラーのスポット使いと印刷媒体への理解

Yksi elämä by Tsto
Tamarindo by La Tortilleria

デザインの世界がデジタル化を続ける中で、クライアントにオンラインでデザインを提出するための必要条件はどんどん少なくなっています。クライアントやコンペにオンラインでブランド・デザインを提出するのに、印刷機械や色彩理論についての知識も必要なければ、自分のパントン色見本帳を持つ必要もありません。ここ何年も、カラフルなグラデーションを使ったロゴを作るデジタル・デザイナーが多かったのはそのためでしょう。

しかし2015年現在、必要に迫られたロゴ・デザイナーが、再び印刷に関する知識を身につけるにつれ、その必要性が実感されつつあります。彼らは、印刷物のほうが、カラーのスポット使いはビジュアル的により強い場合も多いことや、プロセス・カラーよりもコストダウンにつながることに気づくことでしょう。結果として、今年はソリッド・カラー(ベタ)または、限られた色を用いた作品が多く見られると予測されます。

8.コンセプトの洗練化

Architecture Awards Mockup by Inhouse Design

ロゴデザインの制作はもはや、かつてのように特権階級だけの芸術領域ではなくなりました。一般的にロゴの制作が、多種多様なレベルの層に発注されるようになり、その結果としてGapUCのリブランディングのケースのように、新しいロゴの使用が中止される事態に陥ることもしばしば出てきています。

そのため、特にコンセプトのレベルにおいて、ロゴが意味を成すことをデザイナーは求められ始めています。2015年は、シンプルで簡潔なコンセプトをもつロゴを多く目にすることになりそうです。

9.ステンシル体と不完全なデザイン

Cleve West by Village Green Studio fix
Modern by Inhouse Design fix

ロゴの世界で、ステンシル体を再び流行させるきっかけになったものは何だったのでしょうか。そもそもこの書体の切り方は、ステンシルがバラバラになるのを防ぐためのものでした。しかしブランド製品において、これは実は問題ではなかったのです。

この技術的には実用的でないステンシルの書体が用いられるのは、恐らくその本質によるものでしょう。ステンシルは実用的であり、手軽で使いやすく、技術面でも印刷向きです。この性質は、ロゴ・デザイナーとして心に留めておくべきものでしょう。ステンシル書体が、これらの性質を魔法のように引き出す効果的な表現手段であることを、デザイナーたちは認識しているようです。

10.機能しているものは、さらに活発に

collage

予測の最後に確実に言えることは、2015年は、現在のデザインを築いている継続中のトレンドは、より盛り上がりを見せるだろうということです。クラシックなスタイルも、モダンなスタイル(ネガティブスペースを活用したものやヴィンテージスタイルのロゴ、フラットデザイン、そして最も大切なクリエイティビティが発揮されたもの!)も見られるでしょう。

この記事が気に入りましたか? 2016年のロゴデザインのトレンド予測はこちらから。

関連記事

テックスタートアップ向けロゴデザインの5つの方法

テックスタートアップ向けロゴデザインの5つの方法

テックスタートアップが99designsで最も成長著しい顧客層の1つであることをご存知でしたか?テックスタートアップの優れたロゴをデザインする方法を知っていることは、重要なスキルです。 都合の良いことに、大抵のテックスタートアップは、ロゴデザインに対して同じ考えを持っています。99designsのクライアントは皆、オリジナリティを求めながらも、同時に、デザイナーがテックスタートアップの好みを知り尽くしていることを期待しています。例えば、サンセルフ体のフォント、鮮やかな色と刺激などです。 すぐにテックスタートアップの優れたロゴをデザインできる5つの方法を、詳しく見ていきましょう。 1. 社名を描く — これらの企業ロゴは、事業内容を非常に直接的かつ人目を引く方法で表しています。単純である理由:皆忙しく、ロゴを分析する暇などないからです。 大抵のテックスタートアップは、非常に明確で具体的な製品やサービスを提供していて、その製品やサービスがしばしば社名に表れています。CityCliqはオンラインのビジネスページ、Soundcloudは音楽保存、thredUPは、母親をターゲットとした古着を扱っています。 ロゴデザインは、スタートアップの社名を知ってもらえるようなシンボル、あるいはシンボルの組み合わせを考えるところから始めてください。どのような事業を行っているのか、どのようなサービスを提供しているのかが明確でなければなりません。 この特定の方法を使う際、一般的か独創的かは紙一重です。ありきたりなイメージを避けつつ、社名を覚えてもらえるようななじみやすいシンボルを見つけるのが腕の見せ所です。 例えば、上のCityCliqのロゴを考えてみましょう。見慣れた手のカーソルを使っていますが、これはクリックと都市の風景の両方を創造的に表しています。都市の風景の上に手を置いただけでは、ありふれたロゴとなるでしょう。 2. ひねりを利かせる — これらの企業はすべて、ひときわ目立たせるために一ひねり加えたロゴを使っています。キャラクターのようなものをロゴに入れることによって、独自性を出しているものが多いことが分かるでしょう。 各企業は、競合他社から差別化を図ろうとしています。しかし、多くの企業にとって、ひねりを利かせるというのは、選択肢ではありません(一ひねりあるロゴを持つ銀行がどれくらい成功するか、少し考えてみてください)。幸運にも、Web関連企業やスタートアップは、ひねりをよく利用しているか、従来とは異なるサービスを提供しています。 どうすれば製品やサービスを、斬新な方法か奇抜な方法、あるいは予想外の方法で表現できるか、時間をかけてブレインストーミングしましょう。 この戦略の優れた例は、Electric Monkのロゴです。これは、この99designsでデザインされたものです。このロゴコンペの優勝作品は、修道士の格好をしたコンセントでした。 デザイン by Peter Vukovich 99designsでデザインされたElectric Monkのロゴは、”ひねりを利かせる”方法の良い例です。これは、Douglas Adamsの著作に登場した装置に基づいていますが、もしそれを知らなかったとしても、全く問題ありません。何を表しているのかが分かるのは一部の人々だけです。それが、魅力を増す秘訣です。 このようなものを思い付くのは難しいと思うかもしれませんが、これが正攻法です。ひねりの利いたロゴをデザインする一方で、自由に自分にとって面白いデザインを考えれば良いのです。それは、すべての人にとって面白いものではないかもしれませんし、理解できない人もいるかもしれませんが、それが、ひねりというものなのです。そして、多くのテックスタートアップは、単純にこのような発想を好むのです。 3. スーパーヒーローのロゴを創造する — スーパーヒーローのロゴは、テックスタートアップのロゴデザインに取り組むのに優れた方法です。これらの企業は、そのメリットを認識しています。スーパーヒーローのロゴの成功の鍵は何でしょう? もし、ひねりたくないけれども、面白いロゴにしたいと思っているならば、スーパーヒーロースタイルを検討してください。企業の事業内容と、ロゴをスーパーヒーローの象徴に見せる方法を考えるのです。 スーパーマン、バットマン、それともワンダーウーマンのようにしますか? 洗練されたものにしますか? それとも、ヘルボーイのようにはっきりした感じにしますか? こういった思考を通して、優れたロゴのアイデアが出来上がっていくのです。 スーパーヒーローのロゴを創造するには、できるだけシンプルに、頭文字かシンボルを型にはめ込んでデザインします。 ロゴの図は、社名自体を視覚化して、記章のように見えるようにしてください。それが、スーパーヒーローのロゴ特有の特徴です。 4. Twitterに似せる — これらのロゴは、Twitterに影響を受けていながら、見た目と印象が独創的です。ロゴを” Twitterに似せる”なら、これがあなたの目指すべきものでもあります。 時には、単に適当な” Twitterのような”フォントを見つけて、ほんの少し調整するだけで十分なのです。その理由を説明するのは難しいですが、多くのWebスタートアップは、ロゴデザインに関して、Twitterを尊敬しています。 インターネット上で少し検索してみれば、TwitterのロゴがWeb2.0におけるロゴデザインの”代表作”であることが分かるでしょう。この事実を覚えておいて利用すると強みになります。 ロゴをTwitterに似せるための最善の方法は、少し技巧的で、丸味を帯びていて、非常に読みやすい、というTwitterのロゴの特徴を持った、見た目の優れたフォントを見つけ、それで試してみることです。 こういったフォントは、すぐには見つかりません。プロジェクトの重要性によって、Font Squirrelで無償のフォントを探すこともできますし、オンラインフォントライブラリでプロ用のフォントを購入することもできます。もちろん、自分でロゴフォントをデザインするという選択肢もあります。 Font Squirrelは、Twitterのようなフォントを無償で豊富に提供しています。 ロゴをTwitterに似せるのは、Twitterからひらめきを得るためであって、コピーするためではないということを忘れないでください。Twitterの兄弟や姉妹がどのようなものかを想像してみれば、恐らく、似たもの同士でありながらお互い全く違っているでしょう。 5. 3Dにする — 3Dロゴは、見栄えがしますが、それは当然のことです。それらしく見えるデザインができるようになるまでには、数多くの経験が必要です。テック企業は、特に、アイコンやアバタと組み合わせた3Dを好みます。 テックスタートアップのロゴに関しては、これからは3Dの図や文字が一般的です。これは驚くべきことではありません。適切に使えば、3Dロゴは、間違いなく強烈なインパクトを与えます。 しかし、この種のロゴには、精密さと熟練が求められます。光が見た目にどのような影響を与えるのかを理解し、その原理を応用してリアルで美しいロゴを創造する必要があるのです。 優れた3Dアイコンは、明確で、理解しやすく、一ひねりあり、どんな大きさでもはっきり見えるものでなければなりません。このようなものを作るのは容易ではありませんが、参考になるリソースやチュートリアルがたくさんあります。…

成功する企業ロゴデザインの5つのコツ

成功する企業ロゴデザインの5つのコツ

経営者にとって、企業のロゴを新しくデザインすることは難しいプロセスです。色、フォントの種類、イメージ、サイズ、形など、考えなければいけないことが山積みです。この記事では、企業ロゴのデザインで成功するための5つの重要なポイントをご紹介しましょう。 シンプルさ — ロゴはシンプルにしましょう。これは企業ロゴのデザイン以外でも、多くのことに当てはまる確かなアドバイスです。潜在顧客の関心を引き、既存顧客に思い出してもらいたいのなら、複雑でゴチャゴチャしているロゴはビジネスに何の利益も生み出しません。大きく成功したロゴのいくつかは、非常にシンプルです。すっきりとしていて太い線が使われています。視線を散らしたり、メッセージの効果を損なわせたりするような多くの要素がありません。マクドナルドの”金のアーチ”や、アパレルブランドUNIQLOの”赤と白の四角”は、素晴らしい例でしょう。しっかりとした太い線が使われていて、認識しやすく、企業ブランドを思い起こさせるシンプルなデザインです。 オリジナリティー — 画家のエドゥアール・マネは、不幸なことに、同時期に活躍し、より高く評価されていたクロード・モネと間違えられることがありました。作品の展示を頼まれたけれど、実はギャラリー側はモネに依頼したと思っていた、なんてこともあるほどでした。かわいそうに!企業のロゴにおいて何よりも避けたいのは、競合企業と間違えられることです。ロゴのデザインを考える場合、オリジナル性を持たせることが重要というわけです。周りをよく見て、新しいものを考え出すきっかけを見つけましょう。他のブランドとの混同を避けたいのなら、色や形、象徴するものなどをよく考えてください。Taco Bellのロゴの色選択は良い例です。認識しやすいものを、オリジナルのブランドロゴとして際立たせる方法の1つです。 覚えやすさ — 東急ハンズの”手のロゴ”と、Appleの”かじられたリンゴ”に共通することは何でしょうか?それは、この2つのロゴは覚えやすいということです。最近の消費者は、広告の波にのみ込まれています。テレビから流れるコマーシャルや道端の広告板から、ウェブのバナー広告やゲームアプリのポップアップ広告にいたるまで、まるで宣伝メッセージを叫び続けているかのようです。結局のところ膨大な宣伝情報の中では、記憶に残りやすいメッセージ以外はノイズとなり、脳がフィルターをかけてしまいます。では、そのような心理的なフィルターを通り抜けるようなロゴにするには、どうしたらいいのでしょう?成功の鍵の1つは、覚えやすさと分かりやすさの両方を満たした印象的なデザインを選ぶことです。 明確さ — 企業のロゴを選ぶ際は、顧客のことを理解しましょう。どんな人々で、企業に何を望んでいるのかといったことです。企業のロゴが、あなたのビジネスに関してどんなことを発信しているのか、自分自身に問いかけてみてください。パワー、歴史、スピード、柔軟性、健康、楽しさ、それとも接続性を強調しているのでしょうか?これらの特徴(これ以外にも多くのものがあります)のどれもが、効果的なデザインの主要なメッセージになり得ます。例えば自動車会社のフォードは、”ブルーオーバル(青い楕円形)”の有名なロゴを1世紀近く維持しており、自動車技術の先駆者としてのフォードの名前を強固にしています。一方、ナイキの有名な”スウッシュ”は、スピード感と前へ進む動きを強調しています。東京ディズニーリゾートは、お馴染みのミッキーマウスとシンデレラ城をモチーフにしたデザインを使用し、子供時代の遊園地での記憶を思い出させます。ここで挙げたロゴのどれもが、企業の中心となるメッセージと結び付けられたポジティブな感情を呼び起こすのです。 ブランド力 — ロゴは企業の顔です。それゆえ、企業のブランドを紹介するあらゆる媒体に対応できるものでなければいけません。企業のトラックやパッケージング、ウェブ広告やソーシャルメディアといったものすべてにおいてです。効果的なロゴは、白黒でもカラーでも、そしてどんなサイズでも、ひと目見ただけで認識できます。幹線道路の広告板でも、Twitterのアイコンでも効果を発揮するのが良いロゴです。小さな文字を使ったロゴだと、問題が生じます。どんな形式になってもブランド力を示している企業ロゴの例は、マクドナルドの”金のアーチ”、UNIQLOの”赤と白の四角”やです。消費者につながるあらゆる媒体の形式を考え、選んだロゴデザインがすべての場合でうまく機能するようにしましょう。 Ads of The Worldより マクドナルド公式Twitterより Randomwireより Openより 原宿サン・アドより 東急ハンズ公式Facebookページより 成功するロゴを作成するために重要なのは、シンプルさ、オリジナリティー、覚えやすさ、明確さです。そして、どんなマーケティング媒体でも認識しやすいロゴにしましょう。 ここで紹介した基準を満たすロゴの例を他にも知っていますか?ぜひ教えてください! 本記事は、2013年9月13日に掲載された記事を翻訳・再編集したものです。

ロゴデザインでグラデーションを使用する際にすべきこと&すべきでないこと

ロゴデザインでグラデーションを使用する際にすべきこと&すべきでないこと

ロゴにグラデーションを使用することには、賛否両論の声があります。グラデーションを使用することが大嫌いで、安っぽいと思っている人もたくさんいれば、単に大好きな人も多いのです。 Microsoft WindowsとPepsiの歴代ロゴ ロゴのフラットなデザインスタイルは今のご時勢にぴったりですが、それは必ずしも、グラデーションが永遠に使用されなくなったということではありません。ただ、グラデーションをロゴデザインにたくさん使うと、以前よりも古臭く見えてしまうことがあるということです。このテクニックは上手く活用すれば効果的ですが、多くのデザイナーは出来の悪いデザインコンセプトをごまかすための助けとして使用する傾向にあるようです。 好き嫌いに関係なく、グラデーションの使い方には良いものと悪いものがあります。私たちは今回、少なくとも今の時代においてロゴにグラデーションを使用する際にすべきこととすべきでないことを示した短いリストを作成しました。 Coco Starのロゴ、デザイナー:TinBacicDesign™ すべきこと:グラデーションを施す前に、人目を引くような単色バージョンのロゴを作成する。 すべきでないこと:ロゴを再現することや読むことが難しくなるようなグラデーションを施す。 上に挙げたのは、デザイナーのTinBacicDesign™によるロゴデザインと、それと比較するために私たちがオリジナルのものを変換したグラデーション版です。ロゴの単色バージョンは、スクリーン上ではない媒体での使用、例えばエンボス加工やレタープレスで紙へ印刷したり、看板や刺繍のある衣料へ入れたりしても太くはっきり見え、効果的に機能するでしょう。ロゴに不必要なグラデーション加工をすると、色あせて見えたり、必要以上に複雑になったり、パッと見て分かりづらいものになったりしてしまいます。では、実践上のカギは何なのでしょう? シンプルなままにしておけば良いのです。 すべきこと:そのブランドに適したクリエイティブな方法でロゴにグラデーションを施す。 すべきでないこと:ブランドに合っていない抽象的なイメージを作るためにグラデーションに依存する。 Airbnbのロゴにはグラデーションが施されていますが、これは旅行に関連しているこの会社には適したものです。濃い青色から水色へのグラデーションは、多くの人にバケーションを連想させる澄みわたった青空のように見えます。一方、右側の私たちが作成した架空のロゴは、深みやコントラストを与えるためにグラデーションに頼り過ぎています。ですが、それは何の意味ももたらしません。グラデーションを取り払って単色にしても、この四角形は同等に抽象的なものでしょうし、印刷した際にはもっと見やすいものになるはずです。 このことから得られる教訓:グラデーションがあなたのロゴを引き立たせるのに役立っていなければ、それは害を与えているだけです。他のソリューションを見つけましょう。 すべきこと:デザインの品質を高めるために微妙なグラデーションを施す。 すべきでないこと:強いグラデーションを、とりわけロゴの小さな部分や細やかな部分に使用する。 Googleの新しいロゴは“フラットデザイン”のトレンドに合ったものですが、それでもとても微妙な線形グラデーションを使用しています。このエフェクトは、昔ながらの傾斜のあるエンボスルックに頼ることなく、クラシックなロゴに深みを与えています。しかし右のロゴでは、より細かな部分にまでグラデーションを使用することで、イメージよりもグラデーションの方が際立ってしまい、プロフェッショナルな仕上がり感がなくなっています。言うまでもなく、ほとんどのサイズにおいて上手く印刷できないでしょう。 すべきこと:プロフェッショナルで、きちんと考えられたグラデーションを施す。 すべきでないこと:考えなしに作られたようなグラデーションを施す。 クライアントは、自分でも作れるようなものではなく、プロフェッショナルなデザインを求めてあなたに依頼します。ですから、あなたの使うグラデーションはプロフェッショナルに機能していなければなりません。もしグラデーションによってロゴに明るい光を表現するなら、その光の指す方向をきちんと決めてください。または、ロゴの特定の箇所を強調するためのグラデーションであるなら、1つで十分なところに異なるタイプのグラデーションを混在させないでください。意図を持ってグラデーションを使用しましょう。 すべきこと:可能な限り最良の印刷を実現するためにグラデーションを最適化する。 すべきでないこと:印刷の事は考えない。 グラデーションは常に奇麗に印刷されるという訳ではなく、プリンターの性能によっては見苦しいバンディングが現れる可能性もあります。ですから、デザインする段階から、ベストの結果が出せるようにファイルを準備することが大切です。Adobeが説明している、この現象を修正する数種類のテクニックをご覧ください。 結論を言えば、ロゴにグラデーションを使用する際は、よく考えて使用するべきだということです。クライアントの会社は、あなたが作ったロゴを大きく引き延ばしたり、本社の大理石の床に掘り込んだり、またはバットシグナルのように空に輝かせたりするかもしれません。そして、それらの媒体ではグラデーションはうまく伝わらないことは確実でしょう。最後に、グラデーションはデザインにおけるその他すべてのエレメント同様、意味を持っていなければならず、そうでなければ使用すべきではないのです。 グラデーションを適切に使用するヒントはありますか? [ 翻訳:shunichi shiga ]

最新のデザインコンペ

デザイナーとしてステップアップできるお仕事をご用意しています。