パッケージデザインをプレゼンテーションする際に3Dモックアップを使えば、他のデザイナーに大きな差をつけることができます。正しく使いこなせれば、デザインの質が上がるだけでなく、実際に形になった時の見え方をクライアントに分かりやすく説明することができます。

以下のチュートリアル動画では、簡単な箱の3DモックアップをPhotoshopで作成する方法を解説しています。

今回は、作成方法を段階的に解説します。以下をご覧ください。

1. ファイルを配置する

ファイルを配置する

モックアップの作成に取りかかる前に、まずはIllustratorで展開図を作り、箱のそれぞれの面をjpgファイルにしておきます。

はじめに、Photoshopのドキュメントに3つのファイルを配置します。リストの上から3つが、取り込んだjpgファイルです。箱の上部と前面と右側面のファイルです。「ファイル」>「配置」をクリックし、それぞれのjpgファイルを選択してドキュメントに配置します。すべてのファイルがドキュメントに表示されたら、Enterを押します。

2. ファイルをラスタライズする

ファイルをラスタライズする

Photoshopに3つのファイルをすべて配置できたら、のちに編集が加えられるように今度はそれらをラスタライズします。3つのレイヤーを選択し、タブの「レイヤー」から、「ラスタライズ」>「レイヤー」をクリックします。

3. 自由変形ツールを使う

自由変形ツールを使う

それでは、準備した3つの面を3Dの箱の形に組み立てましょう。

「編集」>「自由変形」をクリックしてください。すると、画像の周りにバウンディングボックスが表示されます。Macであればcommandキー、その他の場合はCtrlキーを押しながら、編集したい画像の辺上の中央にある四角形をドラッグし、少し上に動かします。これで箱の前面に角度をつけることができました。

上部と右側面の画像も同じように編集します。「編集」>「自由変形」→ commandキー(Ctrlキー)を押しながら→ ドラッグする、の順です。この時、画像の辺と辺がピッタリと合わさるようにしましょう。

4. 後部の角をトリミングする

後部の角をトリミングする

これで基本の箱の形が出来上がったので、仕上げにいくつかのエフェクトを加えます。

よりリアルにするために、なげなわツールを使って後部の角をトリミングします。箱の上部の、後ろ側と左側の辺の辺りを少しだけなげなわツールで選択し、「削除」をクリックします。そして、「選択範囲」のタブから「選択を解除」を選択します。

5. ドロップシャドウをつける

ドロップシャドウをつける

箱の下にドロップシャドウをつけましょう。長方形ツールで黒の四角形を作り、再度commandキー(Ctrlキー)を使って変形させます。この黒い四角形のレイヤーは箱のレイヤーの一番下に移動させます。そうしたら、「レイヤー」>「レイヤースタイル」>「ドロップシャドウ」を選択し、ドロップシャドウの設定を調整したら、「OK」をクリックします。

6. 反射を加える

反射を加える

反射を加えるには、「レイヤー」>「レイヤーを複製」をクリックし、箱の前面と右側面を複製します。

複製ができたら、「編集」>「自由変形」>「回転」をクリックして回転させ、元の画像の下に反転させた状態で配置します。これができたら、画像に一方向のフェードをかけ、反射を表現していきましょう。

まず、前面の複製を選択します。「レイヤーマスク」ボタンをクリックしてから「グラデーション」ボタンをクリックし、複製のレイヤーの上をクリック&ドラッグします。これで反射が加わりました。右側面の複製も同じようにします。

7. ブラシツールで仕上げる

ブラシツールで仕上げる

最後に、ブラシツールを使って背後に影をつけましょう。ブラシツールボタンをクリックし、柔らかくてフワフワした感じの濃い灰色のブラシを使って、レイヤーの背後に影を描きます。これで箱の後ろに淡い影をつけることができました。

箱の背面も同じ手順で作成すれば、完璧なモックアップの完成です!

モックアップの完成

3Dモックアップを作る際は、より凝った背景をつけたり、さらにエフェクトを加えたりすることもできます。しかし、今回のような簡単なものであっても、プレゼンテーションの効果に大きな差が出るのは間違いありません。

3Dモックアップを作る上で、工夫していることはありますか?

[ 翻訳:shunichi shiga ]