オシャレな封筒デザイン

仕事やプライベートで封書を受け取る機会が多々あると思いますが、時々、思わず開きたくなる封筒ってありますよね。開封を促すための仕掛けを施したデザインは重要なことです。ここでは受け取った瞬間思わず嬉しくなるオシャレな封筒を作る為に、考えていきたいポイントを解説していきます。

受け取り側のペルソナを考察しよう

ペルソナ設定

封筒を受け取るターゲットを考察するために「ペルソナ」をクライアント主導で行います。
「ペルソナ」とは、ターゲティングした人物像を因数分解していくような考え方で、例えば、封筒を受け取る人物対象を「会社員」とした場合、年代・職種・在宅時間帯 などの特性などをどんどん洗い出して行くような考え方です。

クライアント主導で遂行することが困難な場合は、デザイナーや制作会社にペルソナ作成費を支払えばコンサルティングが可能です。

開封率を上げるためのテクニック

開封率のテクニック

職場や自宅のポストに届く郵便物は手に取りますが、職場のデスクや玄関先に届いたまま放置してしまうという経験はございませんか?目的がはっきりしない、訴えかけるものがない封筒だと、受け取り側の目に留まりにくく自分宛に届いていても興味の対象から外され、ハサミがないと開封できないから後回しになり開封されずにゴミ箱行きというケースが多数見受けられます。

大切なのは、手に取ったその瞬間「開封しないといけない」「開封したい」と思わせる要素をファーストビューに入れ込むことです。緊急性が高い場合は「親展」「重要」と赤文字で記載したり、プレミアムなご案内であれば「限定招待」「期間限定」とわかる要素を入れることで目に止まる可能性は高まります。合わせて、ハサミを使わなくても開封出来る仕組みを取り入れることで、さらに開封率を上げることができるでしょう。

インパクトだけを求めないように

インパクトだけじゃない

送り手側がオシャレさやかっこよさを求めすぎると、受け取り手がどう思うか、ひいては開封されるかは二の次になってしまうことが多数あります。高い確率で開封してもらうことを目的に、ペルソナ設定に沿って、受け取る側に伝えたい情報、興味を持ってもらう内容、好むデザイン、カラーを選択し決めていくようにするのがよいでしょう。

素材の特性を活用して表現する

素材の特性を利用

受け取る側の興味を惹きつける方法は多数ありますが、日本の「和」をテーマに表現するケースを例に解説していきます。見た目から「和」を伝えるなら、素材自体が独特の柔らかさと、温かみがある和紙を用います。文字は、凛としてしなやかな、毛筆字を用います。素材と書法が持つ特性を活用して「和」を受け取り側が感じる封書になります。

デザインのまとめ

いかがでしたか?手元に届く封筒は受け取る側にとって、その中にある情報を受け取るか否かを判断するためのきっかけになります。印象に残る封筒を作ることで、受け取る側が手に取り興味を惹くことができたならば、その封筒作成は成功したといえるのではないでしょうか。
受け取る側を明確にする大切さ、興味を示してもらう為に知っておくべきポイントなどを抑えながら、
送る側と受け取る側を繋ぐ素敵な封筒デザインを生み出してみてください。