ソール・バス:グラフィック・デザインに革命を起こした男

ソール・バス:グラフィック・デザインに革命を起こした男

歴史上、最も成功したグラフィック・デザイナーと言えば、ソール・バスかもしれません。彼は、グラフィック・デザインの重要性が著しく増していた20世紀中盤に活躍し、独自の象徴的で余計なものを削ぎ落としたデザインで、驚くほど多くの大企業のブランディングに成功しています。 Bell、クリネックス、AT&T、すべてソール・バスの作品です。もしあなたが、50年もの間、輝きを失わず廃れることなく続いていくデザインを探し求めていたのなら、ソール・バスこそがそれらを作った男でした。 ソール・バスのデザイン。左からBell(1969年)、クリネックス(1980年代)、AT&T(1986年) ソール・バスが知られているのは、ロゴデザインだけではありません。というよりも実際は、ロゴは彼の芸術的な遺産のほんの一部なのです。それでは、現在まで続く、彼の最も素晴らしいグラフィック・デザインの作品を見てみましょう。 キャリアのスタート — ソール・バスは1920年、ユダヤ系移民の子どもとしてニューヨークに生まれました。創造力にあふれた子どもで、いつも絵を描いていました。アート・スチューデンツ・リーグ・オブ・ニューヨークの夜間クラスに通い、幸運なことに、機能的で美しいデザインで知られるバウハウスの巨匠・ジョージ・ケペッシュの下で学ぶことになりました。 映画のグラフィック・デザイン — 1940年代にソール・バスは、ニューヨークからカリフォルニアに拠点を移しました。広告デザインの仕事をメインとしていた彼は、1954年公開の映画『カルメン』の仕事で初めてブレイクすることになります。映画の製作会社は、ソール・バスのデザインしたポスターに大変感動し、タイトル・クレジットのデザインも依頼します。これが彼のその後を大きく変えることになるのです。 ソール・バスのデザインしたポスター。左から『或る殺人』(1959年)、『昼下りの情事』(1957年) ソール・バスのデザインしたポスター。左から『黄金の腕』(1955年)、『めまい』(1958年) ソール・バスは、不要なものを削ぎ落とした独自のスタイルで、映画ポスターを洗練されたものにレベルアップさせ、タイトル・クレジットの役割に革命を起こしたのです。それまでタイトル・クレジットは単調で面白みのないものでした。その重要性がまったく認められていなかったため、実際にタイトル・クレジットが放映される時には幕が閉まっていて、映画のシーンが始まってから幕が開くということが当たり前だったのです。 しかしソール・バスは、これらのグラフィックに命を吹き込み、他のものと同様に映画を観るという体験の一部として楽しめるようにしたのです。その後、彼のアイコンともなる「キネティック・タイポグラフィ」を初めて導入しました。バスの文字はスクリーン上で大きく躍動し、しばしば文字以外のビジュアルと組み合わせて表現されました。 こうして、タイトルは映画鑑賞の楽しみのひとつになったのです。ソール・バスのデザインしたクレジットが使われたフィルムは、「映写技師の方へ。タイトルの前に幕を開けてください」という注意書きとともに映画館に配給されました。 長く色あせないロゴ — ソール・バスのデザインしたロゴの平均使用年数は、なんと34年です。さらに、コーセー(1959年)や紀文食品(1964年)、Warner Communications(1972年)、Girl Scouts(1978年制作、2010年にマイナーチェンジ)、そしてGeffen Records(1980年)のように、彼のデザインがいまだに使われているケースもあります。堅実で思慮深く、時代を超えるデザインであるため、これからもずっと使われていくのかもしれません。 ソール・バスのデザイン。左からコーセー(1959年)、紀文食品(1964年)、Warner Communications(1972年) 左からソール・バスのデザインしたGirl Scoutsのオリジナル・ロゴ(1978年)、OCD Agencyによってマイナーチェンジされたバージョン(2010年) ソール・バスのGeffen Records (1980)のロゴデザイン ロゴデザイナーのウィリアム・ヘイグは、コンチネンタル航空のロゴデザインでソール・バスと仕事をした時のことを回顧し、彼の呼ぶところの「信頼性に基づいたロゴデザイン」を初めて体現したものだったと言っています。ヘイグは、次のように語っています。 私は1500のスライドを持っていきました。夜遅いミーティングで、私とソールは、コンチネンタルの外観がどのような意味をもつのか、新しいビジュアルを作成する段階として、我々が新しいロゴデザインで表現できるものは何なのかを話し合っていました。その時ソールがこんなことを言ったんです。「もしこれがウェスタン航空だったら、カウボーイの衣装を連想させるような“ウェスタンな外観”を利用して“ウェスタン”らしく見えるロゴを作ればいいだろう」って。でもそれは、当時高いサービスレベルが売りのコンチネンタルだったんです。 ソール・バスの有名なコンチネンタル航空“jetstream”のロゴ(1968年) このロゴ自体は、他のソール・バスの制作物とともに1991年に変更されてしまいましたが、この独特なデザインは、グラフィック・デザインの歴史の中で生き続けることでしょう。 あなたはどのデザインが好きですか?   [ 翻訳:shunichi shiga ]

3分でわかる!フラットデザインとマテリアルデザインの違い

3分でわかる!フラットデザインとマテリアルデザインの違い

フラットデザインとマテリアルデザインは一見似たようなグラフィックデザイン手法に思えますが、実は根本的な考え方、表現の仕方が異なります。それぞれにメリット・デメリットが存在し、シーンに合わせて使用していくことで、効果的に魅せることができます。ここでは、簡単にフラットデザインとマテリアルデザインの違いについて述べていきます。 フラットデザインのメリット フラットデザインはリッチデザインと呼ばれる立体的でリアル感のあるデザインの流行が後退した頃に注目され始めました。スマートフォンのアイコンやロゴタイプでもフラットデザインを用いるケースが増えています。 フラットデザインのメリットについて考えてみましょう。フラットデザインはさまざまな媒体に浸透しているため、抵抗なく受け入れることができるということ、人の目に優しくストレスを与えにくいデザインであること、そして、無駄な装飾をそぎ落としシンプルに磨きをかけているため洗練された都会的な印象を与えること、これらがフラットデザインの持つメリットと言われています。また、リッチデザインに比べ、ファイルの容量を小さく抑えることができるという点もフラットデザインのメリットと言えます。 フラットデザインのデメリット 一方、フラットデザインのデメリットに挙げられるのが、酷似したグラフィックデザインが生まれやすいという点です。 それはフラットデザインが、限りなくシンプルに仕上がるがゆえに起こる問題で、そういった点に関しては細心の注意が必要になってきます。また、フラットデザインには影という概念がないため、Webでボタンとして使用する場合、クリックできるのかどうかわからないという操作性における課題が生まれる危険性があります。   マテリアルデザインのメリット マテリアルデザインは広義でフラットデザインの一部とも言われますが、大きな違いがあります。 マテリアルデザインは「視覚」ではなく「触覚」に語りかけるようなグラフィックデザインで、実際に操作しているかのような効果を演出するデザインです。フラットにデザインされたものに意味のあるモーションを加えることで、ストレスなく操作方法等をガイドすることに長けています。影を利用するなど多少のリアリティがある表現もマテリアルデザインの範囲内で、Google社より制作ガイドラインが設けられているため、迷うことも少なく制作することができるでしょう。   マテリアルデザインのデメリット 一方、ガイドラインが設けられているということはデメリットとも言えます。マテリアルデザインのガイドラインに沿っての制作となるため、グラフィックデザインとしての差別化を図ることが難しく、オリジナリティの追求という点では苦戦する可能性があります。また、フラットデザインと比べると必要とする容量が大きく、場合によっては工夫しながら制作していく必要があります。 デザイナーは、フラットデザインのメリット・デメリット、マテリアルデザインのメリット・デメリットを理解しながら、上手に活用していく必要があります。   それぞれを効果的に使う参考情報 それぞれを効果的に使うには特徴を理解することが大切です。グラフィックデザイン制作を進めていく中で、フラットデザイン・マテリアルデザインともに、どちらが何に適しているのかを的確に判断しながらデザインを考えていきましょう。 動きがありすぎるとユーザーの視覚に疲れを引き起こしてしまい、動きがなさすぎるとユーザーに飽きをもたらしてしまうかもしれません。両社のデザインの良い面を上手に生かし組み合わせていくスキルが、今後必要になってくるのではないでしょうか。 平面であることを極めたフラットデザインと、平面でありながら立体の要素を取り入れたマテリアルデザイン、これらのデザインにおける違いを理解することで、シーンに合わせてデザインを使い分けることが可能になります。そうしたデザインの知識があなたのグラフィックデザインの幅を広げていくことでしょう。

見ていて飽きないシンプルデザインのグラフィックとは?

見ていて飽きないシンプルデザインのグラフィックとは?

見ていて飽きないデザインとは、一体どのようなものでしょうか?それは一般的に、「シンプルなデザイン」を指すことが多いようです。デザインは、見る側に「情報」を伝えるツールとして考えられています。シンプルなデザインを採用することで、幅広い年齢層に受け入れられ、理解されるグラフィックデザインに近づけることができます。ここでは、シンプルなデザインを制作する上でのポイントをご紹介していきます。 フォントのデザインをきれいでシンプルなものにする シンプルなフォントは、派手に装飾されたものよりも洗練された雰囲気を演出できます。また、シンプルに仕上げられたフォントの方がより、見る側を飽きさせないので長期的に使用することができるようになります。リッチデザインから、フラットデザインやマテリアルデザインへ流行が移ってきたからこそ、シンプルなグラフィックデザインにも今後は挑戦してみてはいかがでしょうか。 シンプルなフォントの中でもそれぞれが持つメリットが異なります。例えば、細身でシンプルなフォントは、見る側を飽きさせないだけでなく、その他の素材や写真の雰囲気を壊しにくいというメリットがあります。全体のデザインに合わせた、最適なフォントを選べるように、複数の種類のフォントを用意しておくと良いでしょう。 簡単な図で内容を分かりやすく表現する 文字や写真だけでは理解しにくい情報を伝えるために利用される表現方法の1つが「図」です。文章を読んだだけでは内容が分かりにくい情報があった場合、より正確に内容を伝えられるよう、補足として使用します。 制作する上で参考となる図のデザインとして挙げられるのが、「シルエットデザイン」や「インフォグラフィック」などです。特にインフォグラフィックは、データや統計をビジュアル化させる際に用いられるデザインのため、図の制作のお手本としては最適です。シルエットデザインはその名のとおり人物や動物、食べ物から地図などをかたどったもので、モノトーンや単色で色付けをされていることから、シンプルなデザインを制作する際の参考になるのでオススメです。   小学生でも理解できる説明文で多くの人に見てもらう グラフィックデザインは、情報やメッセージを伝えるために利用される表現方法であるため、説明文を使用する場合も多いでしょう。しかし、デザインの中に難しい言葉を取り入れることは、シンプルで伝わりやすいグラフィックデザインから遠ざかってしまいます。 グラフィックデザインに説明文を入れる際は、「小学生でも理解できるように作られているか?」と一度考えることをオススメします。子どもでも理解できるような内容に仕上がれば、幅広い年齢層に対して影響を与えることができるデザインになるでしょう。   図とテキストの構成で、全体を見わたしてみる すべてを構成し終えたら、一度全体を落ち着いて見てみましょう。少し離れたところから全体を見ることで、狭くなっていた視野が広がり、新しいことに気がつく可能性があります。例えば、不必要な情報を見つけたり、必要な情報が不足していることに気づいたりするかもしれません。部分的には素晴らしくても、全体を見たときに伝えたいことがうまく伝えられていないかもしれません。 作り終えたばかりのときは良く見えがちですが、デザインが完了したら、まずは一歩後ろへ下がって全体を見渡し、構成のバランスがとれているか、伝えたい情報がわかりやすいかなどを確認してみましょう。 見ていて飽きないデザインは、その分だけ長く使用されます。今回紹介した4つのポイントを押さえることで、多くの人に受け入れられるシンプルなグラフィックデザインへと近づくことができるかもしれません。シンプルなデザインにすることで得られるメリットを整理し、デザインの設計に生かしてみましょう。

効果的なグラフィックデザインのための4つのチェックポイント

効果的なグラフィックデザインのための4つのチェックポイント

グラフィックデザイン制作するのであれば、より「効果的なデザイン」を目指したいところです。しかし「効果的なデザイン」とは言っても漠然としていて、どうしたらいいのか分からない人も多いことでしょう。そこで今回は、より効果的なグラフィックデザインを制作するためのヒントとなる、4つのポイントを具体的にご紹介していきます。   グラフィックの目的を正確に意識する まず、「グラフィックデザインの目的」を正確に意識するためには、グラフィックデザインとアートの違いについて考えることが重要です。グラフィックデザインとアートの違いはよく議論に挙げられますが、その2点の違いについて考えたことはありますでしょうか? 一般的に、グラフィックデザインとは「商業的な観点で情報・メッセージをわかりやすくビジュアライズさせた表現手段」のことを指し、アートは「美術・芸術を通した自己表現」を指すことが多いようです。このことから、広告・販促の現場で使われることが多いのは、グラフィックデザインの方だと分かりますね。 つまり、グラフィックデザインの目的とは、「グラフィックデザインによってどんなメッセージを伝えたいか?」ということです。効果的なグラフィックデザインを生み出すためには、何を伝えたいかを常に意識できているかが1つ目のチェックポイントとなります。  さまざまな角度から視認性と可読性を意識する 効果的にグラフィックデザインを作るために意識したい2つ目のチェックポイントは、「視認性」と「可読性」です。視認性は一目見たときに情報を認識しやすいかということ、可読性は文章が読みやすいかということを指しています。 視認性を上げるためには、配色と配置の工夫が必要になります。例えば、「白地には黄と黒のどちらの文字を入れたら見やすいか?」などです。また、統一性なく文章や素材を配置したものよりも、きれいに並べられた方が見やすい作りであると言えるでしょう。 逆に、ある一点を目立たせる目的で、素材を散りばめるという方法もあります。統一性のなさが正確に計算されたものならば、視認性が高いデザインと言えます。 可読性を上げるためには、ストレスなく読めるかどうかを意識すると良いでしょう。新聞やレポートなど長い文章が必要な場合は、フォントはゴシック体よりも明朝体の方が文字色面積が少ないため、読みやすくなります。逆に、タイトルなどで目立たせたい場合は、ゴシック体の方が向いていますし、箇条書きなど短い文章の場合もゴシック体の方が読みやすいとされています。 このように視認性と可読性を意識することで、情報を伝えやすくなります。臨機応変にベストな素材を選択していきたいですね。   細かくアウトプットを検証する グラフィックデザインをしていく上でとても重要な「2つのアウトプット」も確認すべきチェックポイントとなります。 1つ目は、デザイン案を出し尽くすというアウトプット。依頼された内容を踏まえ、どんなデザインなら要望に応えることができるのかを考えます。多くのデザイン案があればあるほど、どのデザインがクライアントの目的に適しているのか、細かく検証することができます。 2つ目は、デザイン案を出力するという物理的なアウトプットです。出力されたものを壁に貼ってみたり、離れて見たりすることで、デザインを客観的に検証することができます。 アウトプットを重ねることで落ち着いてデザインに向き合うことができ、ミスを発見したりもっと良くできる部分が見えてきたりすることがあります。制作をしているとどうしても主観的になりがちですが、一歩離れることで客観的に捉えられるようになります。 このように、情報をきちんと伝えられるかどうか考える時間を作るためにも、細かいアウトプットはとても大切なのです。   データ不備の無い正確なデータを用意する 効果的なグラフィックデザインのために意識したい最後のチェックすべきポイントは、正確なデータを用意するということです。一般的には、曖昧で不確かな情報よりも、正確で具体的な情報の方が、伝達するという視点で見れば望ましい形になります。 例えば、顧客満足度を数字化する際に「100%の人が満足した」と表記するよりも、「97.8%の人が満足した」と表記した方がよりリアリティを感じられますよね。データをしっかり収集した上で作られたグラフィックデザインなのだと印象づけられます。「これはリアルな情報なのだ」と認識させることは、効果的なグラフィックデザインの制作において効果的です。 効果的なグラフィックデザインの制作において押さえておきたい4つのチェックポイントをご紹介しましたが、いかがでしたか?グラフィックデザインの目的制作上の大切なポイントを意識していくことができれば、より良いデザイン制作に繋がっていくことでしょう。

グラフィックデザインを依頼する際の参考になる料金相場は?

グラフィックデザインを依頼する際の参考になる料金相場は?

グラフィックデザインは、一般的にポスター・広告・チラシなどの平面の上に表現されたデザインのことを指します。どの媒体に使用するかによって、必要になる予算は変わってきます。さらに、デザイナーの経験やスキル・センス等により料金の幅がでてくるため、事前に一般的な料金相場を知っておきたいところです。ここでは、発注する際に気をつけたいことや、具体的な流れについてご紹介します。 初めての発注、料金の相場はいくら? グラフィックデザインは、さまざまな媒体で目にすることができ、広告関連の印刷物ではグラフィックデザインが多く使われています。グラフィックデザインを依頼する際に、必要となる費用として挙げられるのが、「デザイン費」「印刷費」「プランニング費」です。また、印刷込みのプランなのか、さまざまな媒体にデザインを展開することも視野に入れたプランなのかということも考えなくてはいけません。 例えば、再版率の高い名刺のデザインは、3,000円〜10,000円と比較的安価に設定されているケースが大半を占めます。この金額には印刷費が含まれないため、別途印刷会社に依頼をするか、印刷費込みのプランを提案してもらう必要があります。また、A4片面印刷チラシでは20,000円〜50,000円程が相場と言われており、必要になる素材や写真、文章等が用意されていない場合は、さらに予算が必要になります。 実際に発注、どのように進めていくの? 実際に発注した場合、早ければ1日、一般的には1週間ほどでデザインが上がってきます。そのデザインを元に、足りないものや修正して欲しい箇所等をデザイナーに伝え、できるだけ希望に合ったデザインを制作してもらいます。 納得のいくものが出来上がれば納品、または印刷等の次なるステップへと進んでいきます。デザイン事務所によって、修正費を含まない見積もりを提示しているところもあるため、どこまでが見積もりに含まれているか確認を怠らないようにしましょう。 グラフィックデザイン依頼の具体的な手順 グラフィックデザインを依頼した際の具体的な手順について、確認していきましょう。 見積もりを依頼する はじめての場合は、何社か見積もりを取ることをオススメします。そこでの対応や、感じた雰囲気をもとに依頼先を選択するとよいでしょう。初期段階から対応が悪かった場合などは、実際に制作を進めていってもなかなか上手く進められないケースが多々ありますので、ここでの判断が重要となってきます。 気に入ったデザイン事務所・デザイナーに依頼をする 依頼したい旨を伝え、完成までの具体的な流れの説明を受けましょう。 打ち合わせ(事務所によっては、手付金を入金) デザイナーもしくは担当のスタッフが、依頼主が望むデザイン像についてヒアリングを行います。ここで何を目的としたデザインなのか、求める効果は何なのか、しっかり話し合いましょう。 制作開始〜修正 方向性が決まり次第デザイナー側は制作にはいります。デザイン案が提示されて来たら依頼主側がデザイン案を検討し、その都度修正を入れていきます。修正回数は1〜3回が一般的と言われていますが、修正回数が多くなれば多くなるほど、追加で料金が加算されるケースが多いので事前に確認しておく必要があります。 完成 納得のいくものができた時点で、デザインは完成となります。 イメージは具体的に伝えることが大切 予算を抑えながらも望んでいるクオリティのデザインを作ってもらうためには、具体的なイメージを提示することが大切になります。 ターゲット・カラー・写真・キャッチコピー・挿入する文章などガイドラインとなるものを伝えましょう。もしくは、希望するデザインと似通ったデザインがあれば、実際にサンプルとして持参しても良いでしょう。ビジュアルで伝えていくことは認識の不一致を防ぐことに効果的です。 グラフィックデザインの料金相場をあらかじめ知っておくことで、大まかな予算の組み立てが可能になります。予想外の出費に悩まされないためにも、料金相場についてしっかり勉強をしたうえで、流れなども確認してから、グラフィックデザインの依頼をしていきましょう。

最新のデザインコンペ

デザイナーとしてステップアップできるお仕事をご用意しています。