ヘッダーデザインの料金相場

Webサイトを新規で制作するときやリニューアルするとき、サイトの構築を自社で行うことがあります。その場合でもWebサイトの顔とも言えるヘッダーだけはプロのデザイナーに任せることで、サイト全体のイメージを印象のいいものにすることができます。
ここではヘッダー制作の料金相場やデザイン会社やデザイナーに依頼するときの注意点について紹介します。

サイトの印象を左右するヘッダーの料金相場

ヘッダーの制作を依頼する場合、いくらが適正金額なのかわからなければ、デザイン会社やデザイナーに提示された金額が高いのか安いのか判断できませんよね。

一般的なヘッダー制作の相場は10,000円〜30,000円程度と言われています。 幅があるのは依頼する内容や相手によって、料金が違ってくるためです。デザイナーになりたての個人が、すでにあるロゴを使用して文字だけのヘッダーを作る場合は10,000円よりも安い価格で引き受けることもありますし、人気のあるデザイン会社に素材撮影が必要なヘッダーを依頼した場合は50,000円以上になることもあります。

「20,000円から」という設定のデザイン会社が多いようですが、これは最低料金が20,000円ということです。写真撮影が必要、有料の写真を使用、もしくは、新規のロゴ作成が必要な場合は追加料金が発生することになるでしょう。

ヘッダーの制作料金

ターゲットを明確にして依頼しよう

ヘッダーの制作を依頼するときに大切なことはデザイナーと共通のイメージを持つことです。「オシャレな感じに作ってください」と依頼しても、依頼者とデザイナーで「オシャレ」のイメージが一致しないことがよくあります。

ひと言で「オシャレ」といっても学生向けとOL向けでは違いますし、男性と女性でも変わってきます。 そこで、依頼するときに明確にしておきたいのは「誰がターゲットなのか」ということです。そのサイトに訪問して欲しい人はどのようなカテゴリーの人なのか。その情報を共有するだけで、デザイナーの提案してくるデザインが希望するものと大きく異なるということが少なくなります。

ヘッダーの制作だけを依頼する場合は、使用するWebサイトを見せながらデザイナーと打ち合わせを行うことで、作業の工数を減らすことができます。

ターゲットを明確に

サイトのすべてはWebヘッダーで決まる!?

サイトの訪問者が最初に目にするのがWebヘッダーです。このヘッダーを見てサイトの中身を見るかどうかを判断されることもあります。信用できる情報を求めて検索したのに、表示されたサイトのヘッダーのデザインが考えているイメージに近いものでなければ、多くの訪問者はブラウザの戻るボタンを押すでしょう。

ヘッダーはサイトの特徴を凝縮して訪問者にアピールするものだと考えてください。ヘッダーのデザインひとつでサイトのイメージが大きく変わります。訪問者がヘッダーを見て「信頼できそう」「面白そう」と感じたなら、そのサイトに記載されていることもポジティブに受け取ってもらえます。

外見だけで人を判断してはいけないとよく言われますが、裏を返せば、私たちは意識しないと外見だけで人を判断してしまう、ということでもあります。サイトは外見で興味を持ってもらって初めて内面を見てもらえます。ヘッダーの良し悪しでサイトの評価が変わることもありますので、ヘッダーは細部にまでこだわってデザインしてもらいましょう。

印象を決めるヘッダー

サイトコンセプトを明確にして納得の料金設定に

デザイナーがヘッダーの制作見積をするポイントのひとつが作業時間になります。依頼を受けてから納品するまでにどれぐらいの時間がかかりそうなのか、それによって制作料金の見積を提示します。

ヘッダーを使用するサイトのコンセプトが明確で、方向性がはっきりしている場合、ヘッダーの制作もその方向性に従えばいいだけなので、制作時間を短く見積ります。反対にサイトのコンセプトがわかりづらい場合は、ヘッダーのデザインの段階で依頼者から何度も差し戻されることを前提に、制作時間を長く見積ります。

デザイナーに任せっきりにするのではなく、デザイナーと一緒に作る気持ちが大切です。サイトのコンセプトを明確に伝えて、参考になるヘッダーなどがあれば提示した方がよいでしょう。デザイナーの作業しやすい環境を準備することで、納得できる料金を提示してもらえます。

コンセプトの明確化

Webサイトの顔になるヘッダーは細部にまでこだわって制作することで、サイト訪問者に対してポジティブな印象を持ってもらうことができます。ヘッダーは維持費の掛かるものではありませんし、これから多くのお客さんを迎える玄関ですので、数万円の料金差ならば安さを優先するのではなく、クオリティの高さを優先して発注することをオススメします。