イラストデザインの費用

書籍の表紙や解説書の挿絵から、ホームページを飾るメイン画像や手順を説明するカットに至るまで、イラストの需要は多く、また、その制作を依頼しようという人も多いでしょう。
その時、問題になるのが制作料金で、いくらが相場なのか、頭を悩ませる事になるかもしれません。
ここでは、イラスト制作の妥当な料金をご説明します。

能力と手間を考慮に入れて

イラストは、リーフレットやカタログといった広告用の制作物と違って、少し芸術の領域に入っているものなので、標準の料金はあってないような話も聞かれます。

とは言え、それでは料金設定に困るので、プロのイラストレーターを支援する団体の「日本イラストレーター協会(JIA)」が定める相場をご紹介すると、パンフレットなどで使う、10cm角に収まるくらいの小カットはモノクロで1点3,000〜5,000円、カラーで5,000〜10,000円となっています。

また、株式会社宣伝会議が発行する『広告制作料金基準表』では、モノクロのカットが5,000円、カラーのカットが10,000円、モノクロのテーマが30,000円、カラーのテーマが50,000円というのが最も多い料金設定となっています。
(「テーマ」とは、広告やWEBサイトなどでメインとして使用される比較的大きなサイズのイラストの事です)

ただし、これらは、イラストレーターの知名度、イラストのタッチ、依頼主の規模、使用媒体、発行部数などで変動します。つまり、高名なイラストレーターに依頼したり、実写に近いタッチや細かい描き込みがあるイラストを依頼したり、個人のWEBサイトではなく大手出版社が雑誌やポスターなどの大部数の紙媒体用を依頼すると、その分料金は高くなります。

デザイン会社で頼む場合の料金

前項で「『広告制作料金基準表』が掲載する最も多い料金設定」と書いた事から察せられる通り、デザイン会社によって料金はまちまちです。

A社は、カット5点までが1点5,000円から、カット10点までが1点3,500円から、カット10点以上が1点3,000円から、A4サイズのイメージイラストが20,000円から、A3サイズのイメージイラストが50,000円からと提示されています。
また、B社は1点10,000円から、C社は1点25,000円から、と提示されています。

すべて最低料金の提示ですが、著名なイラストレーターの個人事務所ではなく、標準的なデザイン会社の場合は、料金が上がる要因はイラストを仕上げる手間によると言えるでしょう。

フリーランスに頼む場合の料金

イラストレーターはフリーランスで活動する人が多く、こちらに依頼するのが一般的かもしれません。そうなると、さらに料金設定に困りそうですが、まずは『広告制作料金基準表』の相場から考えると良いでしょう。世間に名の知れたイラストレーターやデザイナーに依頼する事は滅多にないと思いますので、この場合はここでは除外します。

『広告制作料金基準表』では、モノクロのカットが5,000円、カラーのカットが10,000円と掲載されていましたが、構図が簡単で作業時間も短くて済みそうなイラストは、2割から3割、料金を抑えてもいいでしょう。逆に、サイズが小さくても、複雑な機械の部品1つ1つを描写するようなカットは、料金を上げるべきだと感じます。

一方、テーマのほうは、実質の作業時間よりも構想を練る時間が結構掛かると思いますので、料金を考える基準は手間ではなく、イラストレーターやデザイナーの力量を考慮に入れましょう。

フリーランスへの料金

なかなか難しいイラストの料金設定ですが、安い料金で済ませたいと考える前に、適正な価格はいくらぐらいかを把握して、イラストレーターやデザイナーといった能力を有する人と情報を共有してください。それがイラストの市場を健全な方向へ導く事になるでしょう。