新技術がタトゥーデザイナーのクリエイティブ性を高める

新技術がタトゥーデザイナーのクリエイティブ性を高める

素晴らしいタトゥーは、その人の個性を際立たせる手作りの芸術作品です。つまり、タトゥースタジオで一般的なデザインを選ぶ必要などないのです。今は手作業でなくても、独創的なタトゥーをデザインできます。近年、技術が進化したおかげで、複雑なデザインをデジタルで作成できるようになったからです。 彫師は今なお手作業で皮膚にタトゥーを入れていますが、その技法は近年飛躍的に進化しています。ボディーアートの施術者として最も名高いSailor Jerryは、1920年代にタトゥーの施術を始めた当時、手作業で針を刺していました(彼は後に、回転式の装置を使うようになりました)。そして現代の彫師たちは、より安全で、針が複数本付いた装置を使っています。それらは高性能で、さまざまな用途に対応しています。つまり、Photoshopのスキルを持った彫師やデザイナーは、単なるスケッチを超越したレイヤー状の画像を作成し、そのデザインを新たな装置を使って実際のタトゥーとして入れられるのです。 その一例が、ドイツにあるタトゥースタジオBuena Vista Tattoo Clubで、彼らはヨーロッパにおける”Trash Polka”スタイルブームの火付け役です。このスタイルでは、テキストやグラフィティアート、重みのあるシェーディングを織り交ぜて、写実的でありながらも絵画的で、独創的なデジタル画像を作成します。コンピュータ上でデザインされているにもかかわらず、完成したタトゥーは生き生きとしていて、入り組んだデザインが人目を引きます。 Buena Vista Tattoo Clubより タトゥーの絵柄をデジタルでデザインすれば、テキストと画像をいろいろ組み合わせることができます。これにより、かなり昔からボディアートに使われていたテーマは、今、新たな展開を見せています。フランスの小さな街トノン=レ=バンにあるNeedles Side Tattoosで働くXoilは、タトゥーのグラフィックデザインで一躍有名になりました。XoilはPhotoshopを使って、テキストに非対称のラインと抽象的な絵を重ね合わせています。この効果によって、イラストやスケッチ、絵画を混ぜたコラージュのような雰囲気が出ます。 Needs Side Tattooより しかしデザイナーは必ずしも、タトゥーのデザイン作成と施術の両方をできなければいけないわけではありません。彫師の多くは、さまざまなスタイルを描画できます。優秀な彫師(自分の得意分野以外でも進んで仕事をする人)と組めば、デザイナーは自身の作品を彫師に渡して、施術を任せることが可能です。 このデザインプロセスにおける成功のカギは、クライアント側が非常に具体的なアイデアを持っていて、かつ特定の絵柄は頭に浮かんでないことです。以下に、99designsの社員がコンペ中に入れてもらったタトゥーをいくつか紹介しましょう。これらの絵を描いた人々は、最先端の複雑なタトゥーデザインのアイデアを的確に汲み取ることに成功しています。 デザイン by Ilustreishon 99designsのスタッフであるGarrettは、(シーシュポスの神話に刺激を受けて)丘で大きな石を押し上げている男のタトゥーを入れたいと思っていました。彼が求めていたのは、今までに見た絵とは異なる独自性のある絵柄です。これに対してデザイナーのIlustreishonは、シェーディングやシェイプ、幾何学模様、テキストを織り交ぜた詳細なスケッチを提供しました。実物のタトゥーを見ると、素晴らしい出来栄えです。 デザイン by Giulio Rossi デザイナーコミュニティチームメンバーのFloydは、自らの経歴をPink Floydと結び付けようと考えていました。彼の頭の中には具体的なイメージがたくさん浮かんでいたのですが、それをどう関連付けたらよいか迷っていました。ボディーアートの要素を1つに統合したいけれど、イメージをごちゃ混ぜに継ぎ合わせるのは嫌だったのです。デザイナーのGiulio Rossiは、それらの要素を統合して、複雑な曲線やライン、シェーディングを織り交ぜたデザインを見事に完成させました。 デザイン by Ilustreishon Kevinの希望は、グラフィック要素を取り入れたタトゥーで、故郷のサンフランシスコに敬意を表すことでした。その期待に応えたのがIlustreishonです。彼はサンフランシスコを象徴するイメージをありのままに描写し、何種類かの色付け技法を使って、大胆で個性あふれるタトゥーを仕上げました。 デザイン by Giulio Rossi カスタマーサポート担当の非凡なMonicaは、テキストと絵を組み合わせて、隠れた意味を持つ作品を作ることを重視しました。彼女の場合、インスピレーションはたくさん湧いていましたが、好きなコンセプトを統合したデザインは思い付いていませんでした。ここで再び、Giulio Rossiの力の見せ所です。幾何学的な図形や自然なフォーム、テキストを組み合わせた彼の素晴らしい作品には、不思議で魅力的なイメージが漂っています。 タトゥーの世界に足を踏み入れようとしている、もしくはタトゥーを入れようと考えている方にとって、今はかつてないほど多くのクリエイティブな選択肢があります。ぜひ、思い切って行動してください!タトゥーに携わった経験のあるデザイナーにサイト上で話を聞いたり、地元の彫師に相談したりしてみるといいと思います。生身の人間をキャンバスにした永久に残る芸術作品として、素晴らしいアイデアに命を吹き込んでみませんか? タトゥーをデザインした経験があれば、ぜひコメントをしてシェアしてください! [ 翻訳:shunichi shiga ]

存在感のあるオシャレなイラストのあれこれ

存在感のあるオシャレなイラストのあれこれ

世の中にはありとあらゆる場所にイラストが溢れており、デザイナーやイラストレーターといった肩書を持っていたら、イラストを制作してほしいという依頼を受ける事も多いでしょう。 中でも「オシャレ」や「かっこいい」イラストを要望される事が多いと思いますが、そのようなイラストとは具体的にどんなものか、参考例を交えて考えてみましょう。 かっこいいイラストを依頼される場合 子猫をさらに丸く描くといった決定的に可愛いイラスト以外はすべて、「オシャレ」や「かっこいい」イラストと言えるのではないでしょうか。さらに、「可愛いイラスト」でも、どこか特異なセンスが感じられたら、「オシャレ」の範疇に入るかもしれません。つまり、「オシャレ」や「かっこいい」イラストを制作してほしいと依頼されても、そこは大前提の条件に過ぎないのです。依頼主の言う「オシャレ」や「かっこいい」は何を指しているのか、よくよく窺う必要があります。 オシャレなデザインはここを心がけよう 依頼主の言う「オシャレ」や「かっこいい」とは何かがしっかりと把握できたら、それを実現するために、絵柄、構図、配色などをとことん突き詰めましょう。 ただし、その結果、依頼主の要望と少し違う部分が出てくる場合がありますが、自分の作風とかけ離れてしまって、ちぐはぐな印象を与えるくらいならば、自分のセンスを信じて押し通したほうが良いかもしれません。 やはり、細部一つ一つよりも全体的な見栄えがイラストの出来に関わってきます。 クールなイラストを見てみよう 様々な方向性になっていますが、それぞれでクールなイラストを集めました。 コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック(現代的キリスト教音楽)の分野でデビューした歌手が発売するファーストアルバムのカバーイラストです。絵の世界に引き込まれる感じのイラストで、思わずジャケ買いしそうです。 フロリダのビール醸造所が作った新しいビールの瓶に貼るラベルのためのイラストです。ローズマリーやバニラを混ぜたインディアペールエールなので、女の子の魔女が大釜で液体を混ぜているイメージを要望し、それにぴったりのイラストが仕上がりました。 アンティークやヴィンテージ・グッズを見つける検索エンジンの背景イラストです。コレクターが集めているようなアイテムが所狭しと並べられ、「ここなら見つかりそう」という雰囲気を出しています。 ロックバンドが出すアルバム用のカバーイラストです。60年代や70年代にソ連で盛んに作られた、宇宙をテーマにしたポスターの趣向を踏襲しています。 ファンタジーやゴシックホラーといった分野のオリジナルまたはファンアートを販売するeコマースサイトのfacebookページに使うカバーイラストです。ドラキュラやチェシャ猫といった有名なキャラクターを配置し、重厚感あふれる幻想的なイラストに仕上がっています。 ポーランドのワルシャワにあるスシ・バーが依頼した、落書き風のイメージイラストです。魚介類が舞い踊り、野菜も盛りだくさんの楽しいイラストになっています。 海中の研究所を舞台にしたゲームのためのコンセプトイラストです。薄暗い室内を取り巻く、深い青色の澄んだ海の描写が美しいです。 Kindleで販売するホラー小説のための表紙イラストです。赤く怪しく光る理解不能な物体がそびえ立つ不気味なイラストが物語世界へ誘います。 同じ依頼でも、10人のイラストレーターが描いたら、それぞれのイラストが仕上がるように、その人しか描けないという個性は非常に大切です。 依頼の条件から少し外れても納得してもらえるくらいのセンスを是非磨いてください。

イラストをデザイナーに依頼する時に掛かる費用

イラストをデザイナーに依頼する時に掛かる費用

書籍の表紙や解説書の挿絵から、ホームページを飾るメイン画像や手順を説明するカットに至るまで、イラストの需要は多く、また、その制作を依頼しようという人も多いでしょう。 その時、問題になるのが制作料金で、いくらが相場なのか、頭を悩ませる事になるかもしれません。 ここでは、イラスト制作の妥当な料金をご説明します。 能力と手間を考慮に入れて イラストは、リーフレットやカタログといった広告用の制作物と違って、少し芸術の領域に入っているものなので、標準の料金はあってないような話も聞かれます。 とは言え、それでは料金設定に困るので、プロのイラストレーターを支援する団体の「日本イラストレーター協会(JIA)」が定める相場をご紹介すると、パンフレットなどで使う、10cm角に収まるくらいの小カットはモノクロで1点3,000〜5,000円、カラーで5,000〜10,000円となっています。 また、株式会社宣伝会議が発行する『広告制作料金基準表』では、モノクロのカットが5,000円、カラーのカットが10,000円、モノクロのテーマが30,000円、カラーのテーマが50,000円というのが最も多い料金設定となっています。 (「テーマ」とは、広告やWEBサイトなどでメインとして使用される比較的大きなサイズのイラストの事です) ただし、これらは、イラストレーターの知名度、イラストのタッチ、依頼主の規模、使用媒体、発行部数などで変動します。つまり、高名なイラストレーターに依頼したり、実写に近いタッチや細かい描き込みがあるイラストを依頼したり、個人のWEBサイトではなく大手出版社が雑誌やポスターなどの大部数の紙媒体用を依頼すると、その分料金は高くなります。 デザイン会社で頼む場合の料金 前項で「『広告制作料金基準表』が掲載する最も多い料金設定」と書いた事から察せられる通り、デザイン会社によって料金はまちまちです。 A社は、カット5点までが1点5,000円から、カット10点までが1点3,500円から、カット10点以上が1点3,000円から、A4サイズのイメージイラストが20,000円から、A3サイズのイメージイラストが50,000円からと提示されています。 また、B社は1点10,000円から、C社は1点25,000円から、と提示されています。 すべて最低料金の提示ですが、著名なイラストレーターの個人事務所ではなく、標準的なデザイン会社の場合は、料金が上がる要因はイラストを仕上げる手間によると言えるでしょう。 フリーランスに頼む場合の料金 イラストレーターはフリーランスで活動する人が多く、こちらに依頼するのが一般的かもしれません。そうなると、さらに料金設定に困りそうですが、まずは『広告制作料金基準表』の相場から考えると良いでしょう。世間に名の知れたイラストレーターやデザイナーに依頼する事は滅多にないと思いますので、この場合はここでは除外します。 『広告制作料金基準表』では、モノクロのカットが5,000円、カラーのカットが10,000円と掲載されていましたが、構図が簡単で作業時間も短くて済みそうなイラストは、2割から3割、料金を抑えてもいいでしょう。逆に、サイズが小さくても、複雑な機械の部品1つ1つを描写するようなカットは、料金を上げるべきだと感じます。 一方、テーマのほうは、実質の作業時間よりも構想を練る時間が結構掛かると思いますので、料金を考える基準は手間ではなく、イラストレーターやデザイナーの力量を考慮に入れましょう。 なかなか難しいイラストの料金設定ですが、安い料金で済ませたいと考える前に、適正な価格はいくらぐらいかを把握して、イラストレーターやデザイナーといった能力を有する人と情報を共有してください。それがイラストの市場を健全な方向へ導く事になるでしょう。

洗練されたシンプルなイラスト事例

洗練されたシンプルなイラスト事例

一口に「イラスト」と言っても、実に様々な種類があります。油絵のように色を塗り重ねたもの、水彩画のように明快な線と透明感のある色で描かれたもの、コンピューターグラフィックによるもの、枚挙に暇がありません。 ここでは、絵の描き方や使用する道具などは問わずに、「シンプル」と感じられるイラストをご紹介しましょう。 シンプルなイラストを依頼される場合 「シンプルな感じのイラストを」という要望を出された時、依頼主にはどのような意図があるのでしょうか。 一つは、依頼主が明確な考えを持っている場合でしょう。 下記に挙げた例で言うと、ファイナンシャル・アドバイザー養成団体のイラストは、来たるべき時に備えて的確な能力を持っていなければ上手に波に乗れないという様子を表現してほしいとの確固たる依頼内容になっています。 二つ目は、子供を対象とした場合です。 下の例では、児童文学の表紙や子供のコミュニケーション能力向上を図る団体の教材に代表されます。 シンプルなデザインはここを心がけよう 上で述べたように、シンプルなイラストは意図がダイレクトに伝わります。しかし、その意図を満たす条件が足りていなければ、たちまち魅力がなくなってしまいます。 例えば、下の一番目のイラストは、赤鼻のトナカイだけでは、まったく魅力的にはなりません。ワイヤレスインフラ・プロバイダーのクリスマスカードという前提条件があり、赤鼻にワイヤレスのアイコンを追加しているからこそ、著しく魅力的になっているのです。 シンプルなイラストを見てみよう 様々なジャンルのシンプルなイラストをご覧ください。 ワイヤレスインフラ・プロバイダーのために作ったクリスマスカードです。赤鼻のトナカイの赤鼻を、ワイヤレスのアイコンに見立てています。簡素ながら、「おっ」と目を引くイラストです。 特に中小企業を対象としたマーケティング・エージェンシーが依頼したイラストです。小さな投資で大きな効果を生む事を説明するのに、自動車との共存を果たした自転車のレーンに象徴させています。 地域の活性化に関する事業を専門にしたクラウドファンディングサイトのメインイラストです。アメリカを代表するランドマークが見事に凝縮されています。 ファイナンシャル・アドバイザーを養成する団体のためのイラストです。アメリカでも2016年以降、団塊の世代が大量に退職する現象が起こるので、その退職金を押し寄せる波に例え、資産運用を上手にアドバイスするプランナーをサーファーに例えています。そして、確かな実力がなかったら、波に飲まれてしまう様子もイラスト化しています。 自作の児童文学に付ける表紙のイラストです。ロボットを巡る男の子と女の子の冒険活劇のワクワク感が伝わってきます。 子供のコミュニケーション能力の向上を支援する団体のためのイラストです。その際に使う教材のキャラクターを依頼し、ユーモラスで少し頼りなさそうなこちらに決まりました。 屋根に特化した建設会社で使う感謝祭用グリーティングカードのイラストです。愉快な仲間たちが屋上で作っているのは、七面鳥の丸焼きでした。フロリダの会社なので、南国の雰囲気も出ています。 マサチューセッツ工科大学(MIT)のオープンコースウェア(OCW)のためのイラストです。OCWではMITの講義で使用される教材のすべてを公開しています。教室に出向かなくても勉強できる様子をイラスト化しました。 細かく描き込んだイラストや色を塗り重ねたイラストは、欠点を少し誤魔化す事ができますが、シンプルなイラストはその余地がほとんどありません。 満足した出来にするには、確かな技術とセンスが必要になってくるでしょう。

魅力的に見えるイラストを描くためのコツ

魅力的に見えるイラストを描くためのコツ

現在は趣味でイラストを描いているけど将来は仕事にしたい、または、イラストで少しばかり収入があるけど生活できるだけに増やしたいと考えている人は多いと思います。それには「魅力的なイラスト」を描けるようになるのが早道ですが、何が「魅力的」かは十人十色ですし、さらに実現はなかなか難しいでしょう。 「魅力的なイラスト」になる前の段階の、「魅力的に『見える』イラスト」についてご説明します。 仕事で描くイラストは別個のもの 趣味や個人的に描くイラストは、自分の好きなものばかりを選べば良いですが、仕事となるとそうは言っていられません。一度も描いた事がないものを、依頼を受けたら描かなければならないかもしれないのです。 それに備えて、イラストを描き始めて日が浅い人は特に、自分の好きなもの以外でも描けるように、日頃から鍛錬しておきましょう。とは言え、世の中にあるものすべてを描き尽くすのは到底無理です。幸い、現在はインターネットが発達して、参考になる画像を簡単に見つける事ができるようになりました。 著作権があるものを丸写しするのは当然認められませんが、写真なり画像なりを見て、それがどういうものか把握するのは、頭の中で想像して描くより、ずっと存在感が出て「魅力的に見えるイラスト」に仕上がります。 また、有料無料の著作権フリー素材も増えましたので、それらを使用するのも良い方法でしょう。 公募で選ばれるデザインとは 最近はクラウドソーシングサイトが増加して、多くの依頼主からイラストの依頼を直接受ける事も可能になりました。それらのサイトで、駆け出しのデザイナーやイラストレーターが挑戦したいのは、「公募」や「コンペ」と呼ばれる依頼方法です。ただ、人気のある依頼はたくさんの応募があるので、選ばれるのはかなり至難の業です。 その中で勝ち抜くには、どうすれば良いでしょうか? まず、依頼の希望内容にできるだけ忠実に仕上げるのが第一です。どんなに優れた品質のイラストでも、内容から大きく外れてしまっては、希望のイラストが欲しくてわざわざ依頼したのが無駄になります。 ところが、「できるだけ忠実に」と書いたように、少し希望を満たしていないけれども、完成度の高いイラストは意外に選ばれる傾向にあります。 希望通りに仕上げるよりも一部変えたほうが良くなると感じた場合は、自分のセンスを信じて堂々と描けば「魅力的に見えるイラスト」が生まれるでしょう。 と、ここまで色々述べてきましたが、残念ながら、会心の作が完成しても依頼主に選ばれない事が多々あります。実力が拮抗している作品が複数あったら、最終的には依頼主の好みで選ばれるからです。 そんな時は落ち込まず、次に挑戦する心の強さも、プロとしてやっていくには必要になるでしょう。 完成品に一手間掛けよう 直前まで細部を熱心に描き込んでいた時はなおさら、作業を終了する前に、一度イラスト全体を眺めてみましょう。そうすると、例えば、意図せず影の付け方が甘い部分があったり、何やらぽっかり空いた部分に気付く場合があります。 そんな時は「まあいいか」で終わらせず、納得が行くまできっちりと仕上げなくてはなりません。その一手間が「魅力的に見えるイラスト」に近づく重要な一歩なのです。経験を重ねる事によって気づく部分が多くなり、より完成度が増すでしょう。 人物の描写で言うと、顔のバランスが取れていたり、骨格に基づいたポーズが作れるなどの基本的な技術が身に付いた後は、前述のような小さな積み重ねが「魅力的に見えるイラスト」につながっていきます。 そして、そのうち、「魅力的に見えるイラスト」が「魅力的なイラスト」に変わるはずです。

最新のデザインコンペ

デザイナーとしてステップアップできるお仕事をご用意しています。