あらゆる古典的な様式はやがて再び時流にのる運命にあります。素晴らしいデザイナーはそのことを分かっており、偉大なデザイナーはその仕組みを知っています。 “レトロ”の提唱は恐らく今ほど声高に主張されたことはありません。1920年代の文化(TVドラマ『ダウントン・アビー』や映画『華麗なるギャツビー』)が旋風を巻き起こしている昨今の状況を見ると、私たちは、アール・デコはグラフィックデザイン界で本格的に復活するだろうと考えています。

アール・デコは力強く、そして美しい様式です。ここでは、その歴史と正しい使い方についてご紹介します。

アール・デコ

アール・デコは1925年にパリで初めて作り出された用語で、定義するのは難しい様式です。典型的な特性をリストアップすると、幾何学的な形、太い曲線、力強い垂直の直線、空気力学的な形、モーションライン、エアブラシの使用、そして多くのサンバーストなどがあります。しかし、これが本当にこの様式を十分に表現しているわけではありません。このリストを記憶するだけでは、あなたのデザインはまだアール・デコスピリットが十分ではないかもしれません。

アール・デコを取り入れるには、偉大な歴史的背景を知る必要があるのです。それでは、デコが形成された文化環境である1910年代、20年代、30年代のビジュアルツアーに出発しましょう。

(左から時計回りに)Jean Metzinger作のキュビスト絵画 「Table by a Window」(1917)、Henry Dreyfussのデザイン「20th Century Ltd. locomotive」(1938)、1927年のニューヨークシティのタイムズ・スクエア

1920年代は急速に文化的変化が起こった怒涛の時代でした。輸送技術(車、列車、飛行機)が発達し、高層の建築物が増え、都市は人であふれていました。特にアメリカでは、非常に裕福な時代でもありました。こうした背景の中、目が回るような断片化の思想が生まれます。その思想は、高級感やスピード、パワーに対する執着と結びついた、この時代のキュビストや未来派の作品に見ることができます。

一言で言えば、アール・デコです。

アール・デコ建築

シンガポールのパークビュー・スクエア・ビルの力強い垂直の直線、アール・デコ建築の最盛期に建てられた、ニューヨークシティの有名なクライスラー・ビルのサンバースト状のファサード、そして、ロサンゼルスのハリウッド・ブルバードにあるビルのメタリック装飾がその一例です。

(左から)パークビュー・スクエア・ビル(写真:Razmataz’)、クライスラー・ビルのファサード(写真:François Hogue)、 ハリウッド・ブルバード内のビル(写真:daryl_mitchell

アール・デコ模様

下の写真にあるニューヨークのラジオシティ・ミュージックホールはひとつの大きなサンバーストとなっています。クライスラー・ビルのエレベーターは幾何学的な形、曲線、メタル装飾、そして垂直の直線、とさまざまなデコが使用されています。入り口の右上のファサードは最もパワフルで・・・ほんの少し派手なデコとなっています。

(左から時計回りで) クライスラー・ビルのエレベーターの内装; アール・デコ調エントランスのファサードラジオシティ・ミュージックホールの内装

アール・デコの小物

下の写真では、建築物や装飾物のモチーフが、デコにインスパイアされたジュエリーや魅惑的なヘッドホンへと様変わりしています。

(左から) デコにインスパイアされた指輪ネックレスヘッドホン

アール・デコのポスター

建築物の次は、グラフィックデザインを見ていきましょう。フランス人デザイナーでグラフィックデザイン界の巨匠、A.M.カッサンドルの作品をご紹介します。

「L’Atlantique」から感じられる船の堂々としたパワー、「Nord Express」やミハエル・クンル作の「Clipper 314」にあるキュビストや未来派のインスピレーション、そして恐らく史上最も有名なアール・デコのポスターである「Pivolo」における平面上の幾何学的なクオリティをご覧ください。

A.M.カッサンドル作「L’Atlantique」;ミハエル・クンル作「Clipper 314

A.M.カッサンドル作「Nord Express」、「Pivolo
下記の映画ポスター、バズ・ラーマンの映画『華麗なるギャツビー』のイメージ画はアール・デコ調のスタイルを前面に押し出しています。

華麗なるギャツビー』(2012)のポスター;Guillermo Bolin作1926年11月雑誌『VOGUE』の表紙

アール・デコのロゴ

今日、アール・デコはロゴデザインの世界でもよく目にします。下の3つのデザインに描かれている垂直性、サンバースト、エアブラシ効果、そして活字書体をご覧ください。

Mel Gardner 作のNautilus Napier hotelのロゴ;GDS作のMiami Aesthetic SurgeryとStone Artのロゴ

当サイト99デザイナーたちのアール・デコ

もちろん、当サイトのデザイナーたちもデコに影響を受けた非常に素晴らしいロゴを作っています。下に挙げたデザインは説明など必要ないくらいアール・デコらしい作品です。

(左)Firekarma作のロゴデザイン; (右) The13thDesign作のロゴデザイン

sterling cooper作のロゴデザイン; dialfredo作のロゴデザイン

tockica作のウェブデザイン

アール・デコのタイポグラフィ

最後になりましたが、アール・デコはタイポグラフィで鮮烈な印象を与えました。A.M.カッサンドルが創作した、細いフィラーラインで装飾された太字をベースとしたBifurのフォントは、まさに見事としか言いようがありません。BroadwayとPeignotもよく使用されているアール・デコ調の書体です。

(左から時計回りで) BifurPeignotBroadway

アール・デコにインスパイアされたデザインをご覧になったことがありますか?コメント欄でシェアしてください!