有名なグラフィックデザイナーの刺激的なポートフォリオ14選

shunichi shiga

グラフィックデザイナーのポートフォリオは、自身の作品を提示してどのような能力があるのかを示し、仕事がもらえるようにクライアントを説得する必要がある人にとって必要不可欠なツールです。有名なグラフィックデザイナーのポートフォリオサイトは、ウェブデザインのインスピレーションを与えてくれる重要な情報源と言えるでしょう。

この記事では、刺激を与えてくれる事例をいくつかご紹介します。ポートフォリオサイトのデザイン自体が、そのデザイナーの作品の中で最も有名な作品と同じくらい革新的かつ刺激的で、閲覧者に彼らの伝説的なキャリアを思い出させます。

1. Milton Glaser

Milton_Glaser

ミルトン・グレイザーのポートフォリオサイトでは、この生きる伝説による一連の作品を明確かつ快活なインターフェースで紹介し、広く引用された彼の名言も特集しています。

グレイザーと彼の集学的なデザインスタジオは、今日に至るまで素晴らしい作品を生み出し続け、この美しいウェブデザイン自体が「コンタクト」ボタンを押さずにはいられなくなるほど説得力を持っています。

2. Bob Gill

Bob Gill portfolio website

多国籍デザイン事務所「Pentagram」の共同創設者であり国際的な講師のボブ・ギルは、NYアート・ディレクターズ・クラブの名誉殿堂に入り、生涯功績賞を受賞し、『ビートルマニア』の共同デザイナーという肩書を持っています。また、デザインに関する本を20冊出版している彼のポートフォリオサイトは、シンプルかつユーモアにあふれています。

このサイトに掲載されている作品すべてに同じユーモアのセンスが散りばめられており、サイトそのものを見るのが楽しくなります。

3. David Carson

Screen Shot 2014-12-09 at 11.39.53 AM

カーソンのポートフォリオサイトを見れば、彼の有名な“グランジ”美学は一目瞭然です。ほとんどのウェブサイトと違って水平スクロールを使っており、サイトを見るには角かっこをクリックするか矢印キーを使わなければなりません。有名なクライアントに対しても、それほど有名ではないクライアントに対しても同様に、膨大な数の目を見張るようなデザイン作品を提供しています。

4. Joshua Brewer

Screen Shot 2014-12-09 at 11.47.53 AM

かつてTwitterのヘッドデザイナーだったJoshua Brewerのレスポンシブポートフォリオサイトは、他の作品を掲載する必要がないほど、様々な会社がオンラインの世界で存在感を増すために、彼が素晴らしい成果を収めていることを示す見事な例の1つです。

5. Alan Fletcher

Screen Shot 2014-12-09 at 11.58.19 AM

デザイン界の巨匠アラン・フレッチャーのポートフォリオサイトは、これ以上できないくらい明確でシンプルです。前述の「ペンタグラム」の共同創設者でもあるフレッチャーは、2006年に亡くなった際、英国の新聞紙『デイリー・テレグラフ』の死亡記事で、“彼の世代において最も高い評価を受けたグラフィックデザイナー”と称されました。

6. Chip Kidd

Chip_Kidd

現在、世界でもトップクラスの本の表紙のデザイナーであるチップ・キッドのポートフォリオサイトは、型破りなウェブデザインとインスピレーションを与える多数のインタビュー、そして毎週更新する彼の見識を含めたブログを掲載し、閲覧者を驚かせると同時に楽しませています。

7. Marian Bantjes

Marian_Bantjes

メリアン・バンジェスのポートフォリオサイトは、彼女の有名な手書きのパターンデザインやイラストを使って、最も有名なプロジェクトやクライアントを掲載するだけでなく、閲覧者に自身の著書やアートプリントの購入も促しています。

8. Susan Kare

Susan_Kare

スーザン・ケアは初代マッキントッシュのアイコンをデザインしたことで有名で、それ以来、何百ものユーザインターフェースグラフィックをデザインしてきました。彼女の作品そのものが雄弁に物語っており、彼女のポートフォリオサイトに適した背景を作り出しています。

9. Ed Fella

Ed_Fella

エド・フェラのポートフォリオサイトは、デジタルピクセルではなく紙で作られているように見えます。人を楽しませ、かつ、立体的に見えるウェブサイトには、彼の有名な手書きのタイポグラフィーやデザインが掲載されています。

10. Herbert Matter

Herbert_Matter

ポートフォリオサイトにスプラッシュ/イントロページはあまり使われないのが一般的ですが、今は亡きデザイナーのハーバート・マターの人生と作品を祝福するには適切と言えます。彼の名前は、デザインの歴史のクラスを取った学生なら誰でも知っているでしょう。この写真家兼デザイナーは、モンタージュ写真使用の先駆者であり、1930年代にスイス観光局で使われた象徴的なモダニズムのポスターでも知られています。

11. George Lois

George_Louis

デザイナー兼広告マンのジョージ・ロイスのウェブサイトは、長年彼が受け取ってきた称賛や栄誉をうまく活用しており、デザインと広告業界における彼の伝説的な地位を思い出させます。

大胆なデザイン、キャッチフレーズ、そしてジョージ・ロイスをモデルにしたとされる米国TVドラマ『マッドメン』で有名なドン・ドレイパー風の写真を載せたウェブデザイン自体が、広告業界における彼の功績を証明しています。

12. Kate Moross

Kate_Moross

デザイン業界で人気急上昇中のケイト・モロスは、売れっ子のイラストレーター兼デザイナーです。彼女は、「アメリカン・エキスプレス」、「トップショップ」、「ナイキ」などの有名なブランドや、「ディスクロージャー」、「シミアン・モバイル・ディスコ」といったバンド向けに作品を手掛けて注目を集めました。

彼女はカラフルなイラストで知られており、その精神は彼女のポートフォリオサイトにも反映されています。

13. Kelli Anderson

Kelli_Anderson

アーティスト、デザイナー、そして「TED」のスピーカーであるケリー・アンダーソンのポートフォリオサイトは、グラフィックを活用して質感や奥行き感を生み出しています。

14. Jessica Hische

Jessica_Hische

映画『ムーンライズ・キングダム』に登場した“Should I work for free?”のインフォグラフィックと豪華な書体デザインが広く知れ渡ったことで、最近このイラストレーター兼レタラー兼書体デザイナーが話題になっています。彼女のポートフォリオサイトは、クライアントのために作られた、うらやましくなるほどの作品を掲載しており、グラフィックデザイナーの卵にとって最高のアイディアの宝庫です。

“Thoughts”のセクションにはデザイナーのためのアドバイスが多く記載され、“Resources”のセクションには、駆け出しのレタラー向けの情報と、高い評価を得た彼女のオンライン・スキルシェア・クラスのリンクが挿入されています。

まとめ

上記のポートフォリオサイトを作った有名なデザイナーは誰なのか、すでに多くの閲覧者が知っていると思いますし、彼らのサイトには他のポートフォリオサイトでは見られない、より革新的なデザインが使用されています。おそらく彼らはWixやWordPressを使ってはおらず、自分たちの作品の中で最も有名な作品と同じくらい独特なカスタム・ウェブサイトを作ろうとしているのです。

最近、素晴らしいグラフィックデザイナーのポートフォリオを見ましたか?ぜひコメントして教えてください!

関連記事

レスポンシブデザイン:秘策とアプローチ法

レスポンシブデザイン:秘策とアプローチ法

少し前まで、デザイナーは、本の表紙であれ、ポスターであれ、新聞であれ、作っている物の明確な寸法を把握していました。 しかし、スマートフォン、iPad、その他様々なアスペクト比や解像度を持つモニタの出現により、ビジュアルのコントロールが難しくなりました。 レスポンシブデザインが新しく話題になったことは当然でしょう。これはファッションなどのトレンドとは異なります。インターネット閲覧に様々なデバイスが使われるようになったために持ち上がった、ユーザビリティの問題を解決しようとする試みです。 この記事では、様々なデバイスに合わせた、デザインのアプローチ法を紹介します。スクリーンサイズや解像度を含め、レスポンシブデザインはどのように機能するのかをデザイナーの視点から見ていきましょう。 Photo: Brad Frost (via flickr) レスポンシブデザインのアプローチ法 すべてのモニタスクリーンにフィットするウェブサイトを作る場合、最も一般的な方法は標準的なスクリーンの幅と高さの範囲内でデザインすることです。モニタスクリーンの標準サイズは1024 x 760ピクセルなので、Webのセーフエリアはそれ以下、989 x 548ピクセルということになります。 ウェブサイトがそれよりも大きなモニタで表示された場合は、ページレイアウトに占める背景が大きくなります。90%以上のウェブサイトはこの方法で作られていますが、モバイルデバイス向けにデザインする場合は適切ではありません。320 x 2000ピクセルのスクリーンで、同じレイアウトを使うことはできないのです。 複数のデバイスのためにデザインする別の方法をいくつか挙げます。 メディアクエリ:CSSを使って、サイトが表示されるデバイスの特徴によってページのスタイルを変えることができます(コンテンツを隠すことも含む)。 可変グリッド:ページ要素を相対的な(%)ユニットとグリッドカラムの数でサイズ設定すれば、スクリーンの幅によって表示が変わります。 最もよく使われるテクニックは可変グリッドに基づいたものです。これはレスポンシブデザインの動きの原型であり、adobeもサポートしています。Dreamweaverの最新バージョンでは、可変テンプレートを使って自動的にレイアウトを作成、編集できます。 Website: Lancaster University ランカスター大学のウェブサイトでは、コンテンツセクションの幅は960ピクセルより広がることはありませんが、400ピクセル以下まできちんと縮小されます。トップのコンテンツがどのように徐々に小さくなるか、スクローラの動きに注目してください。ページ幅は420ピクセル以下になります。 モバイルデバイススクリーンの解像度(それらをターゲットにする場合の問題点) 世間には多様な解像度のグラフィックディスプレイが出回っています。以下はウェブデザイナーにとって重要な、いくつかのデバイスの解像度一覧です。 見て分かるとおり、解像度(1インチ内のピクセル数)だけでなく寸法にも多くの種類があります。解像度(ppi)は、重要な要素です。例えば、iPhone 5のアイコンはデスクトップモニタで表示した場合、4倍のサイズになります。 コンテンツを小さなサイズに合わせる時に、いくつかの問題にぶつかるはずです。以下のことを覚えておきましょう。 可読性を保つ:2000ピクセル幅のスクリーン上の14ピクセルのフォントは、300ピクセル幅のスクリーンでは2ピクセルまで小さくなります。これでは読めません。逆に、10ピクセルのテキストを7倍にすると、常識を超えた大きさになってしまいます。閲覧しているスクリーンの幅に合わせてレイアウトを調整することで、どのデバイスにおいても、合理的で読みやすいフォント比を保たなければなりません。 閲覧のしやすさを保つ:閲覧者にたくさんスクロールさせるのは絶対に避けましょう。膨大な量のコンテンツを1カラムに押し込むと、ページが長くなり過ぎ、目的のコンテンツにたどり着きにくくなります。 タップのしやすさを保つ: モバイルスクリーンはタッチで動かすことができ、それは大抵、人間の指で行われます。ですから、ボタンは小さ過ぎてはいけません。Appleが提示している、快適にタップできるUI要素の最小サイズは44 x 44ピクセルです。しかし、現実にはこの限りでないことが多く、実際の目安は約25ピクセルとなっています。 可読性があり、閲覧しやすく、快適にタップできるインターフェースを達成する方法が分かりました。次は、レスポンシブデザインの作成に必要なことを見ていきましょう。 レスポンシブデザインを作る秘策 レスポンシブデザインを作る際、いくつか気を配るべきことがあります。特に重要なのは次の点です。 Webデザインは、複数のブラウザ幅に合わせた3つのバージョンを用意する:320-480ピクセル、480-768ピクセル、768ピクセル以上。これらの幅の間でコンテンツが自由に拡大縮小されるようにする、あるいはレイアウトが固定されるようにします。3つ(またはそれ以上)の固定レイアウトに必要に応じてマージンを加える方法は、大抵の場合、可変スケーリングと比べて、デザインと実装が簡単です。しかし、可変スケーリングの方が多くのデバイスでより良いエクスペリエンスを提供できます。 解像度によって、どのコンテンツを表示するかを決める:例えばある記事のリード部分を隠したり、ボックス全体を1つのボタンにまとめたり、コンテンツを完全に隠してしまう、などです。 CSSの制約に注意する:多くのページ要素が純正なCSSの制御下にあるようにデザインしましょう。そうすることで、ページ要素をリサイズする際に柔軟に対応ができ、読み込み時間を減らすことができます。CSSに慣れていない多くのデザイナーにとっては簡単なことではないかもしれませんが、これはつまり「標準」以外のオーバーレイモードの使用を避け(レイヤーを統合できる場合は除く)、単純にシャドウとグラデーションを使うことです。 すべての解像度に、同じコンテンツと全く同じHTMLを使う:同じグラフィック要素をすべてのページバージョンに使い回すべきだということです。多くの場合、最大のスクリーン用のデザインを最初に作り、その後に必要ならば小さい解像度のために要素を減らすことが多いでしょう。 優れたレスポンシブデザインを作るには、これらの秘策とあなたの想像力、そしてコーダーのスキルが必要です。以下の例でレスポンシブデザインを作る様々な方法を紹介します。 レスポンシブデザインの例 Website: Fork Forkは、固定レイアウトに可変スケーリングを組み合わせた驚くべきサンプルです。固定レイアウトは4つ(ピクセル数は、ブロック要素のサイズです)。波のイメージの背景は可変スケーリングで、ページを770ピクセル以上にすると見ることができます。コンテンツが適宜隠れることに注目してください。 Website: Daniel Vane Daniel Vaneの個人サイトは可変の四角モジュラーグリッドをうまく活用しています。これはどんなサイズのスクリーンにも対応します。768ピクセルほどの小さめのスクリーンでは、レイアウトは5カラムから3カラムになります。480ピクセル以下では、1カラムです。 Website:…

ユーザインターフェースデザインの7つの掟

ユーザインターフェースデザインの7つの掟

Webデザイナーは、ユーザインターフェースのデザイナーでもあります。そして、近い将来、Webデザイナーにとってその役割はますます重要になるでしょう。 今のWebデザインのユーザインターフェースはナビゲーションと連絡先フォーム程度のシンプルなものですが、新しい技術と標準の台頭によって、より動的でカスタマイズされた体験が求められるようになっていきます。 これは必然的に、ユーザインターフェースのデザインの仕事が増えるということを意味します。そのために覚えておくべき「掟」を紹介しましょう。 1. 明確性の掟 意味が曖昧なインターフェース要素はユーザに避けられる。 Gmailを使っていますか? 最新アップデートの前には、Gmailのページのトップにはテキストによる非常に分かりやすいナビゲーションがありました。カレンダー、ドライブ、シートなどのGoogleサービスを、ボタンのクリック1つで利用できました。 その後、Googleは「シンプル化」を目指し、なにもかもを抽象的なアイコンの裏に隠してしまいました。結果として、ほとんどの人はそのアイコンに気付かず、Gmailにはサポートリクエストが殺到するようになりました。 人は、自分に理解できないものを避けがちだし、ときには無視したりします。人間の本来の性質です。人を戸惑わせるようなインターフェース要素をデザインするのは避けましょう。それが何なのか知るために悩みたい人などいません。 2. 推奨操作の掟 何をすべきか分かれば、ユーザは安心する。 このTwitterの画面を見て何をすべきか、新規ユーザに分かると思いますか? 当然、ユーザはツイートを始めるでしょう。でも、画面右上の「ツイート」ボタンは意味が曖昧だし(明確性の掟)、左のサイドバーの入力ボックスは周囲にまぎれ込んでいます。これはデザインの立場から見れば、Twitterがユーザに何かを検索させようとしているか、一番目立つインターフェース要素である左のナビゲーションメニューからオプションを選ばせようとしているように見えます。 ユーザに次に何をすべきか考えさせてはならないのです。推奨される操作が明確に示されるべきです。 3. コンテクストの掟 ユーザは、自分が使いたいオブジェクトの近くにインターフェースコントロールがあるだろうと考える。 Facebookで名前を編集するにはどうするでしょうか? 右端の「設定」に進んで、「アカウント設定」をクリックし、「名前」を探してから、「編集」をクリックします。LinkedInで同じことをするにはどうするでしょう? 名前の右側の鉛筆マークをクリックします。 ユーザはいつでも、使いたいオブジェクトの近くにインターフェース要素があるだろうと期待します。実生活でも同じことです。ポップコーンを作りたいときは、電子レンジの前に行って、レンジに付いているスイッチを回します。 電子レンジが、「階段を降りて地下室のドアを開けて電気回路ボックスを探し、スイッチG35を引いてポップコーンのプログラムを起動しなさい」と命令するなんてあり得ません(でも、Facebookの名前変更の例はそんな感じです)。 ユーザにとっての使いやすさを考えましょう。編集、変更などが可能なもののコントロールは、その近くに配置しましょう。 4. デフォルトの掟 ユーザは滅多にデフォルト設定を変えない。 Video: danielgill6 (via YouTube) この着信音に聞き覚えがありますか? もちろんですね。かつて世界で最も人気のあった着信音です。なぜなら、これがデフォルトの着信音であり、人々がデフォルト設定を変えなかったからです。 デフォルトはパワフルです。 ほとんどの人は携帯電話の背景画像と着信音をデフォルトにしています。 ほとんどの人(あなたも含めて)は、テレビの購入時の設定を変えません。 ほとんどの人は、冷蔵庫の温度をデフォルト設定のまま変えません。 人々はデフォルトに気付きませんが、デフォルトが世界を支配しているのです。ですから、デフォルト値は、できる限り有用で実用的になるようにしましょう。人は決してデフォルトを変更しない、と仮定するのが安全策です。 5. ガイド付き操作の掟 ユーザは、頼まれれば、おそらくそのとおりにする。 ユーザが自力で何かをすることを期待するのと、具体的に指示してやってもらうのとでは、雲泥の差があります。 例えば、LinkedInは推薦機能を導入したとき、その使い方をユーザに考えさせるのではなく、プロフィールページの真上にとても目立つ行動誘引バナーを表示しました。このバナーが「人は推薦という行為を好む」という事実と結びついて、推薦機能は大成功しました。 教訓:ユーザに何かをしてもらいたかったら、迷わずお願いすること。 6. フィードバックの掟 明確で誠実なフィードバックがあれば、ユーザは自信をもつ。 簡単な論理です。インターフェースが操作を通知してくれていると感じれば、ユーザは自信をもちます。 良い例がGmailです。ユーザが何かの操作を行うたびに、Learn more(詳細)やUndo(取り消し)のリンクなど、明確な通知がフィードバックされます。人は自分の行動を掌握しているという気持ちになり、次も自信を持って、この製品を使おうと思います。 7. 緩和の掟 複雑な操作も、細かいステップに分かれていれば、やる気になる。 左のフォームと右のフォームを比べてみてください。どちらも入力フィールドの数は同じぐらいですが、右の方がずっと使いやすいのです。 長ったらしくて複雑なフォームに入力するのは退屈で面倒だし、見直すのも大変なので、誰でも嫌なものです。でも、フォームをいくつかのステップに分けて進捗状況バーを表示すれば、かなり操作しやすくなります。 これが緩和の掟です。大きな仕事を1つやり通せなくても、小さな仕事を10個ならできるのです。小さな仕事なら気後れせずにできるし、それができれば達成感が得られます。 掟かガイドラインか? 私がこの記事で「掟」という言葉を使ったのには理由があります。この掟を破って好ましい結果を得られたケースを見たことがないからです。…

2015年Webデザイントレンド

2015年Webデザイントレンド

Webデザインを制作する時は必ず、インターネットが生み出すあらゆる可能性を考慮しましょう。デザイナーの斬新なアイデアは、人々の交流や想像力の範囲を世界規模へと広げていきます。そうした例は、広告制作会社のWebサイトなど、時代の最先端をいく業界ではよくあることです。 この記事では、2015年に流行しそうな注目のWebデザイントレンドを厳選してご紹介します。これを読めば、真のイノベーションを理解し、新たなチャンスを見い出せるはずです。中には、”モダンなWebサイト”という概念を完全に覆すトレンドもあるかもしれません。 1. 大きく作る “大きく作る”というのは、今日のWebデザインにおいて最も重要な原則でしょう。とはいえ、この種のホームページに抵抗がある人は多くいます。具体的には、アバブ・ザ・フォールド(スクロールせずに閲覧可能な領域)。このタイプのデザインでは、画像や動画の上に短い言葉を並べたものだけをに表示します。中にはナビゲーションすら取り除いたものや、(少なくとも)小さなアイコンとして隠しているものもあります。 このWebデザインのトレンドは、”映画風”と”ブックカバー”の2種類に分類されます。映画やテレビの広告に着想を得た前者に対し、後者は書籍やカタログの表紙といった昔ながらのコンセプトを進化させたものです。 このトレンドを支えているのは、視覚的効果と実用性です。まず、サイトを訪れたユーザに、一瞬にして最大級のインパクトを与えることができます。さらにコーディングがしやすく、モバイル端末でもデスクトップパソコンのモニタでも正常に動作します(表示デバイスの画面サイズによらず、レイアウトは一定に保たれます)。 このような画像の全画面表示がはやり出したのは去年のことです(「2014年のwebデザイントレンド」という記事で紹介しました)。そして、高画質画像や高速化した技術の利用が増えるにつれ、Webサイトは”ブックカバー”のレイアウトから、さらなる進化を遂げようとしています。 “映画風”のトレンドで重要なのは、全画面(または、ほぼ全画面)に映し出された動画と、その上に表示される短い言葉や要素です。このスタイルを初めて取り上げたのは「2013年のWebデザイントレンド」という記事ですが、当時はまだ少数の代理店のWebサイトにしか使われていませんでした。 そのトレンドが今、勢いに乗っています。つい昨年、Paypalはホームページをアップデートして、背景に動画を全画面で表示するようにしました。これがきっかけとなり、このコンセプトは主流になっていったのです。 2. マルチメディアを体感させる マルチメディアのコンセプトは、かなり古いものです。マルチメディアという言葉自体が使い古され、誤用された結果、もはや本来の意味はほとんど残っていません。それにもかかわらず、デザイナーやプログラマーの多くは、もっと魅力的なマルチメディアを体感してもらおうと日々努力しています。 かつて、こうした手法にはFlashをプラットフォームとして使用していました。それが今ではHTML5のcanvas要素に変わり、いずれはこれでWebサイト上の視覚効果を、ほとんど作り出せるようになるでしょう。 HTMLのcanvasを使って作成したインターフェースの例として、注目のサイトをもう1つ紹介しましょう。こちらはブルックリン在住のミュージシャンJonathan Dagan(j.viewz)が運営する、コミュニティー主導型のDNA projectのサイトです。視覚に訴える背景動画を始め、j.viewzが試作した曲(ユーザがダウンロード可能)や、コラボしている人たちがアップした動画や音楽、フィードバックなどがあり、j.viewzの新アルバムの制作予定が分かるようになっています。 Website via Raise the River さらにもう1つ、すばらしい例を挙げましょう。このRaise The RiverのWebサイトの特長は、最適な視覚的メタファーと、情報の見せ方にあります。程よい速度でアニメーションが進み、スクロールが無効になっていると、ユーザは必然的に一息ついて、このページの進行にペースを合わせることになります。 インターフェース設計においては、ユーザ側ですべて操作できるように設計するのが一般的です。しかし、このWebサイトを見ると、あえて一定時間ユーザ操作を無効にすることで、より良いユーザエクスペリエンスを実現できるケースもあることが分かります。 3. 視差効果で動きを生み出す/h3> 視差効果は、さまざまなアニメーションへと進化を遂げました。そのすべてに共通して言えるのは、「スクロールやマウスの動きに応じて、ページ内の要素やプロパティを動かす」ということです。よく見ると分かると思いますが、この記事で紹介しているWebサイトのほとんどに、この手法が使われています。では、もう少し他の例を挙げましょう。 スクロールイベントと手書きのアニメーション このMint Design Companyのサイトを見ると、昔のCSSスプライトの技術が独創的な手法で使われていることに気付くでしょう。その効果によって、簡素な企業Webサイトが、魅力あふれる個性的なサイトに見えるのです。 斬新なスクロール Website via QUO+ QUO+のヘッドセットのページは、縦にも横にもスクロールします。このサイトを見ていると、まるで迷路の中を進んでいるようなワクワクした気分になります。さらにスクロールをすると、製品の色が変わっていく部分も楽しめます。 4. 動き出す絵本 このタイプのページは上の1つ目の例のように、ユーザが所定の位置までスクロールするとアニメーションのシーケンスが始まります。たいていは、数個の要素がページ内に滑り込んできたり、フェードイン効果で浮かび上がったりします。 BOLDKINGの製品ページ(上のサイト)では軽量化したSVGとJavaScriptを使い、視覚的メタファーを用いて製品の流れを説明しています。そのアイデアやアニメーションもさることながら、これを1.5メガバイト以下のページ容量で実現しているというから驚きです。JavaScriptのライブラリ1つで、そのくらいのサイズになるものもあります。なお、このアニメーションシーケンスの中には、操作できるものも1つあります。 Colin and DewiのウェディングWebサイトは、単純ながらも効果的な方法で、ユーザに集中して物語を読んでもらえようにしています。一度に表示されるのは物語の一節のみです。次のパートを読むにはスクロールする必要があります。 普通のスクロール機能と変わらないような気もしますが、実際は3DのCSSアニメーションを使って、テキストの一部を表示したり隠したりすることで、話の続きを読みたいと思わせているのです。 ヘッダーとページに、マウス操作に連動した視差効果を使う Website via HábitatWeb この効果を使うと、3次元空間を見ているような錯覚を作り出すことができます。Habitat Web(上のサイト)やArchéologie de la Grande…

最新のデザインコンペ

デザイナーとしてステップアップできるお仕事をご用意しています。
0%