シンプルだけどインパクトが大きいラベルデザイン

shunichi shiga
シンプルなラベルデザイン

商品のイメージを決定づけるといっても過言ではない、ラベルデザイン。
私たちの身の回りには、たくさんのラベルが存在しています。それぞれにデザイナーや対象物を作った人の想いがこめられていて、魅力的なものもたくさんありますよね。

そんな中で、あなたがインパクトを受けたラベルはありますか?
意外と、シンプルなデザインのラベルが印象に残っている人も多いのではないでしょうか?

実はシンプルなラベルでも、見た人に強いインパクトを与えることができるのです。
本記事では、そんなシンプルなラベルデザインについてご紹介します。

一目でわかるシンプルなラベルデザイン

シンプルなデザインなのに、どうしてインパクトがあるのか?そんな疑問を持たれた方もいるのではないでしょうか。 確かに、複雑で凝ったデザインのほうが、インパクトがあるような気がしますよね。しかし、ことラベルに関しては必ずしもそうとは限りません。 シンプルなラベルでも印象に残る理由、それは「わかりやすさ」にあるのです。
例えばワインを探すとき、私たちはたくさんのワインが並ぶ棚から選びます。 すると、最初に目に入るのは、各ワインのラベルではないでしょうか。そして、たくさん並んだラベルの中では、複雑なものよりも、一瞬見ただけでパッとわかるシンプルなデザインのほうが、目に入ってくるものです。シンプルなラベルはわかりやすいからこそインパクトが大きく、イメージとして残りやすいのです。

ひと目でわかるデザイン

見慣れた記号から生み出すシンプルなデザイン

では、シンプルなラベルデザインを作るためにはどうしたら良いのでしょうか? 意外にもヒントは日常生活のいたるところに隠れています。
その1つに、見慣れた記号を参考にする、という方法があります。 記号と言っても私たちの周りにはたくさんありますが、数字や丸、四角、三角といった図形、クエスチョンマークやビックリマークなどの記号などの日常生活でも身近な記号がラベルデザインにおいても多用されています。身の回りにあるラベルを意識して見てみると気がつくはずなので、ベーシックな記号をどのようにラベルデザインに取り入れているかを観察してみてください。

シンプルなラベル

シンプルなラベル作りはキッチンから学ぶ

シンプルなラベルデザイン、そのヒントはまだまだ私たちの周りに隠れています。意外だと思うかもしれませんが、キッチンはラベルデザイナーにとってたくさんの気づきを与えてくれる、とても有意義な場所です。
なぜなら、キッチンにはたくさんの調味料や小物が置かれているからです。それら一つ一つには、必ずと言っていいほどラベルが貼り付けられています。それらの小さな容器に貼り付けられたラベルのデザインは、キッチンでたくさんの調味料や小物の中に置かれることが念頭にあるので、シンプルながらも一目見て判別できるデザインになっています。シンプルでインパクトのあるデザインをつくるデザイナーにとって非常に参考となるはずです。

キッチンから学ぶ

いかがでしたか?シンプルなラベルデザインについて、インパクトが残りやすい理由と、デザインするうえでのヒントをご紹介しました。店頭に並んだ商品の中ですぐに目に入ってくるような、インパクトのあるシンプルなラベルデザインを作り上げるヒントは、日常生活の中にたくさん転がっていることに気づいていただけたでしょうか。記号をラベルデザインに適用するという意識を持つ、あるいはキッチンにあるラベルデザインを注意深く観察するなどと、いろいろなアイデアが思い浮かぶことでしょう。
ぜひ、日常のいろいろなところからヒントを得て、シンプルでインパクトのあるラベルデザインを作り上げてみてください。

最新のデザインコンペ

デザイナーとしてステップアップできるお仕事をご用意しています。
0%