思わず見て手に取ってしまうラベルをデザインするコツ

思わず見て手に取ってしまうラベルをデザインするコツ

食品や飲料をはじめとして、いろいろな場面で活用されているラベル。そして、そのデザインを考えるのが、デザイナーの仕事の一つです。 私たちの身の回りには、多くのラベルがありますが、ラベルを見て商品を思わず手にとってみたくなった、という経験はありませんか?一人でも多くの人にそういった経験をさせるようなデザインを作り上げたい、と多くのデザイナーが思うことでしょう。そこで本記事では、思わず手にとってしまう、ラベルデザインのコツを4つのポイントでご紹介します。 ラベルが使われる「場所」を考える — まず、ラベルをデザインする上で考えておきたいのが、「場所」です。 あなたのデザインしたラベルはどこで使われるのでしょうか? おそらくラベルである以上、何か商品などに貼り付けられることでしょう。では、その商品はどこに陳列されるのでしょうか? 食品であればスーパーマーケットの店頭かもしれません。 飲料であれば自動販売機かもしれません。使われる場面を想定しその場所に見合ったデザインを考える事が、見た人を引き寄せるラベルデザインの第一歩です。 ターゲットを理解し、ペルソナをとらえる — せっかくデザインしたラベルですから、手にとって見てもらいたいですよね。 そのためには、ターゲットを理解し、明確に決めることが大切です。ラベルを貼る商品には、必ずターゲットが存在するでしょう。その商品を最も知ってほしい人、購入してほしい人はいったいどういう人なのでしょうか。 デザインを始める前に、まずはそのターゲットをしっかりと意識しましょう。ターゲットの性別や年齢、ライフスタイルなどのぺルソナをきちんと理解したうえでデザインに取り組んでみてください。 日本酒ラベルに見倣う文字デザイン — もう少し具体的に、手にとってもらうラベルデザイン作成のコツをご紹介しましょう。 それは、商品の特徴を文字で表現すること、です。文字で表現するというのは「文章で説明する」ということではなく、「文字の表現でどんな商品なのかを伝える」ということです。 ぜひ参考にしていただきたいラベルデザインの1つが「日本酒」です。日本酒のラベルの、特に文字デザインを意識してみてください。太く力強く書かれているものもあれば、細く繊細に書かれているもの、スッキリとシンプルに書かれているものなど、様々な文字デザインがあることに気づくのではないでしょうか。日本酒にはそれぞれの香りや味に違いがありますが、それぞれの特徴を、文字を使って表現しているラベルデザインは非常に参考になります。ラベルデザインを見ただけで、その日本酒が気になるようになり、思わず手にとってしまう人も多いのではないでしょうか。このように、文字のデザインはその商品のイメージに直結します。イメージにあった文字デザインを選択するようにしましょう。 貼り付ける対象物との一体感を持たせる — 最後にご紹介するコツは、「一体感」を持たせることです。 ラベルは1つの単独な商品ではありません。あくまで貼り付ける対象物があって、その特徴を伝えることで、その商品のイメージを膨らませてもらうための「手段」です。 ですから、ラベルデザインにこだわる一方で、その対象物自体についても考えなければなりません。ラベルデザインが一人歩きして目立ってしまい、対象物の間違ったイメージを生んでしまっては本末転倒です。「一体感」を持たせるためにも、必ず対象物の特徴、ラベルの目的を意識するようにしましょう。 まとめ — 以上、思わず手にとってしまうラベルデザインを作るポイントを4つご紹介しました。ラベルをアピールする場所や場面を想像し、与えたいイメージを明確にし、実際の商品との一体感を崩さないようにデザインをすることで、デザインとしての精度はあがるので、これらを考えてデザインをすることはオススメです。ここでご紹介した4つのポイントを的確におさえることができれば、少しでも多くの人の手にとってもらえるようなラベルデザインを作り上げられるでしょう。

シンプルだけどインパクトが大きいラベルデザイン

シンプルだけどインパクトが大きいラベルデザイン

商品のイメージを決定づけるといっても過言ではない、ラベルデザイン。 私たちの身の回りには、たくさんのラベルが存在しています。それぞれにデザイナーや対象物を作った人の想いがこめられていて、魅力的なものもたくさんありますよね。 そんな中で、あなたがインパクトを受けたラベルはありますか? 意外と、シンプルなデザインのラベルが印象に残っている人も多いのではないでしょうか? 実はシンプルなラベルでも、見た人に強いインパクトを与えることができるのです。 本記事では、そんなシンプルなラベルデザインについてご紹介します。 一目でわかるシンプルなラベルデザイン シンプルなデザインなのに、どうしてインパクトがあるのか?そんな疑問を持たれた方もいるのではないでしょうか。 確かに、複雑で凝ったデザインのほうが、インパクトがあるような気がしますよね。しかし、ことラベルに関しては必ずしもそうとは限りません。 シンプルなラベルでも印象に残る理由、それは「わかりやすさ」にあるのです。 例えばワインを探すとき、私たちはたくさんのワインが並ぶ棚から選びます。 すると、最初に目に入るのは、各ワインのラベルではないでしょうか。そして、たくさん並んだラベルの中では、複雑なものよりも、一瞬見ただけでパッとわかるシンプルなデザインのほうが、目に入ってくるものです。シンプルなラベルはわかりやすいからこそインパクトが大きく、イメージとして残りやすいのです。   見慣れた記号から生み出すシンプルなデザイン では、シンプルなラベルデザインを作るためにはどうしたら良いのでしょうか? 意外にもヒントは日常生活のいたるところに隠れています。 その1つに、見慣れた記号を参考にする、という方法があります。 記号と言っても私たちの周りにはたくさんありますが、数字や丸、四角、三角といった図形、クエスチョンマークやビックリマークなどの記号などの日常生活でも身近な記号がラベルデザインにおいても多用されています。身の回りにあるラベルを意識して見てみると気がつくはずなので、ベーシックな記号をどのようにラベルデザインに取り入れているかを観察してみてください。 シンプルなラベル作りはキッチンから学ぶ シンプルなラベルデザイン、そのヒントはまだまだ私たちの周りに隠れています。意外だと思うかもしれませんが、キッチンはラベルデザイナーにとってたくさんの気づきを与えてくれる、とても有意義な場所です。 なぜなら、キッチンにはたくさんの調味料や小物が置かれているからです。それら一つ一つには、必ずと言っていいほどラベルが貼り付けられています。それらの小さな容器に貼り付けられたラベルのデザインは、キッチンでたくさんの調味料や小物の中に置かれることが念頭にあるので、シンプルながらも一目見て判別できるデザインになっています。シンプルでインパクトのあるデザインをつくるデザイナーにとって非常に参考となるはずです。 いかがでしたか?シンプルなラベルデザインについて、インパクトが残りやすい理由と、デザインするうえでのヒントをご紹介しました。店頭に並んだ商品の中ですぐに目に入ってくるような、インパクトのあるシンプルなラベルデザインを作り上げるヒントは、日常生活の中にたくさん転がっていることに気づいていただけたでしょうか。記号をラベルデザインに適用するという意識を持つ、あるいはキッチンにあるラベルデザインを注意深く観察するなどと、いろいろなアイデアが思い浮かぶことでしょう。 ぜひ、日常のいろいろなところからヒントを得て、シンプルでインパクトのあるラベルデザインを作り上げてみてください。

視線を釘づけにするオシャレなラベルデザイン

視線を釘づけにするオシャレなラベルデザイン

私たちの身の回りには、たくさんのラベルデザインがありますが、かっこいい、可愛い、素敵、面白い、そんなラベルにしばらく見入ってしまった経験はありませんか。デザイナーであれば、一人でも多くの人にそういった経験をしてもらいたいと思いますよね。人を魅了するラベルデザインを作成するためには、いくつかのポイントがあります。本記事では、デザイナーがラベルのデザインをする際に、お客様の視線を釘づけにするようなオシャレなラベルデザイン作りのポイントを4つに分けてご紹介します。 商品のイメージは一目見て決まる 「一目見て、美味しそうと思ったら買わずにはいられない。」 「かっこいいと思ったデザインが頭から離れない。」 あなたもこのような経験をしたことがあるのではないでしょうか。 商品のイメージが決まる時。それは、お客さんが初めてその商品を目にした瞬間の時が多いです。 そしてラベルは、お客さんが商品を見ようと視線を動かしたときに、最初に目に飛び込んでくる可能性が高いです。したがって、ラベルによって商品のイメージが決まってしまうと言っても、過言ではないでしょう。ラベルデザインを作るときには、ラベルがこういった重要な役割を持っていることを認識しておく必要があります。 良いイメージを生むラベルデザイン どうすればラベルに良いイメージを持たせることができるのでしょうか。 「良いイメージ」と言っても、人によって異なるため1つに決めるのは難しいと感じるかもしれません。 そこで、まずは多くの人がかわいい、あるいはかっこいいと共感しやすいデザインを採用してみてはいかがでしょうか。 例えば、動物のデザイン。動物を見て、「憎い、大嫌い、イライラする」などとマイナスのイメージを持つ人は少ないでしょう。同じように、楽器やスポーツも、マイナスのイメージはつきにくいとされています。 このように、多くの人に共感されやすいデザインを用いることで、良いイメージを与えるのも一つの方法です。 デザイン by Martis Lupus インテリアにもなるラベルを目指して ラベルは商品の特徴を単純に説明するためだけのものではありません。魅力的なラベルは、貼り付ける対象物のイメージを作りだします。つまり、「対象物のイメージ=ラベル」となる場合が多いです。そのためには「魅力的なラベル」でなければなりません。 「魅力的なラベル」には様々な評価基準がありますが、わかりやすい例としての基準は、例えば、「インテリアにもなるラベル」ではないでしょうか。家の中に飾っておきたい、何度も目にしたいと思ってもらえるほど、お客さんの心を捉えるラベルデザイン、デザイナーとして目指すべき目標にするとよいでしょう。   デザイン by Constanza B デザイン by Jelena M 想像をかきたてるラベルデザインを作ろう ラベルデザインでは、それを目にした人の「想像をかきたてる」ことが大切です。 商品の特徴やストーリー、商品の作り手やラベルデザイナーの想い、そういったことを凝縮させて表現したものがラベルです。このような想いが詰まっているが故に、お客さんにも、単にかっこいいな、かわいいな、だけではなく、もっと多くのことを想像させ、伝えられることが理想的なデザインでしょう。「どのようなデザインなら見た人の想像をかき立てることができるだろう」、こんなふうに考えながらラベルデザインを作成するとより良いアウトプットにつながる可能性が高いです。     デザイン by ZKris デザイン by Steve Hai デザイン by Lucadia   デザイン by b.eci いかがでしたか? ラベルデザインは奥が深く、簡単に「こうしたら良い」という答えを見つけることは難しいです。 しかし、ここで挙げた4つのポイントを意識して、お客さんの視線を釘付けにできるようなラベルを作っていきましょう。

目的ごとに変わる「ラベル」の料金相場

目的ごとに変わる「ラベル」の料金相場

基本的に販売されているどんな商品にもついているラベル。商品にラベルを付けることにより、それが一体どんなものなのかを伝えることができます。一般的に、ラベルのデザインが集客に大きな影響を与えると言われています。では、製作したいラベルの価格をどの程度にしたら注文が入り、利潤が出るのでしょうか。今回は、ラベルの費用対効果に焦点を当て、ラベルの料金相場について考えます。 ラベルの提案を集めるために考える料金バランス ラベルそのものをデザインしてもらう場合と、ラベルに使用する1つのイラストをデザインしてもらう場合では難易度が大きく変化します。難易度が高いのに料金設定を低くしてしまっては「割に合わない」と判断されてしまい、提案が集まりにくくなってしまいます。ですから、難易度やデザインの複雑性などを考慮に入れた料金設定が大切です。 発注側が求めるデザインのクオリティ次第で料金設定可能な「99designs」では「シルバー」プランが最も人気のある料金設定となっており、53,099円となっています。この「シルバー」プランが価格の基準となるでしょう。「99designs」が厳選したトップデザイナーのみがデザイン案を出す最上位のプラン「プラチナ」は127,999円です。この金額はバランスが取れている金額なのでベースに検討するのが良いでしょう。しかし、せっかくバランスの取れた料金設定にしたとしても、具体的な仕事内容がわからなければデザイナーにとっては判断材料が少なく、やり応えのある仕事なのかどうかがわかりません。ですから、描いてほしいデザイン内容も明確にしましょう。 ラベルに担がせる「テーマ」を明確に! デザイナーは漠然と「デザインしてください」と依頼されても、何をどのようにデザインしたらよいのかわかりません。どんなデザインを求めているかを明確にし、デザイナーに依頼するようにしましょう。 例えば、食品保存用のジップパックを入れる外箱のデザインを依頼するとしましょう。これだけの情報でデザイナーに依頼することもできますが、より詳しくどんなデザインを作ってほしいのかを具体的に示します。一人暮らしの人をターゲットにしたデザインですか?それとも子供のいる家庭をターゲットにしたデザインでしょうか?前者であれば当たり障りがなく気軽に購入できるようなシンプルなデザイン、後者であれば、動物をイラスト化させ子供が気に入るようなデザインを考えるかもしれません。 このように付加的な情報を伝え、ラベルの「テーマ」を明確にすることにより、デザイナーが作詞すべきデザインのイメージを持ちやすいでしょう。   注力してほしい部分を詳細に伝える さらに、デザインするラベルの特にどこに注目してほしいのかということを知らせれば、デザイナーはさらにデザインしやすくなります。 先ほどの例で考えると、どんな動物をデザインしてほしいかということを伝えるのです。ニンジンのイラストとウサギのイラストを描いてほしいと伝えれば、デザイナーはより深い段階の「どんなウサギとニンジンのイラストにするのか」ということに集中することができるのです。 デザイナーに依頼するときには、できる限りデザイン内容を詳しく伝えるようにしましょう。そうすることで、きっとデザイナーにとっても作りやすくなり、依頼主とってもイメージに近い提案が増えるはずです。 修正に対する料金設定 何かを作るときに修正は起こりうるものです。一回で理想形が出てくれば良いのですが、実際はそんなにうまくはいかないです。予算を管理するため、希望のデザインを作ってもらうために、一つの手法として知られているのが二段階支払い法です。 これは、一度デザインしてもらったことに報酬を支払い、さらにそのデザインを加筆修正してもらった後に追加報酬を支払うというシステムです。その場合、あらかじめ二段階の支払いシステムがあることを明記しましょう。そうすることで、最初の報酬で良いデザインを作り上げることに集中してもらうことができ、さらに追加報酬というインセンティブによって、修正依頼を出した際にも、よりクライアントの目線に立ったデザインを行ってもらいやすくなるようです。 二段階で支払いを行うことで金額の管理もしやすくなり、当初の予算との調整もつけやすでしょう。 デザイナーにラベルのデザインを注文する際には、何をデザインしてほしいのか、どんな人を対象にしているのかを特に明確にしておきましょう。そうすることで、理想のデザインと近いものが出来上がってきます。修正を少なく、かつデザイナーのモチベーションを高く保つ、持つ力を余すことなく発揮してもらうなどデザインに対して本気で向かってもらうためのコントロールが必要です。二段階支払い法を活用すれば、より良いラベルデザインを想定内の金額で依頼することができることでしょう。

最新のデザインコンペ

デザイナーとしてステップアップできるお仕事をご用意しています。