LPの制作料金相場

ウェブ上のバナー広告やPR記事からのリンク先は、会社や店舗などのホームページではなく、売り込み内容を1ページにまとめたランディングページ(以下、LPと略)にするのが一般的になりました。

LPには、「成約につながりやすい」「効果の測定が簡単にできる」といった事が期待されていますが、そのようなLPの制作を依頼するとどれくらいの費用が必要なのかご説明しましょう。

どんなLPを作ってもらうかが決め手

効果のあるLPを真剣に作るとなると、マーケティングの知識が必要となってきます。
ターゲットとしている人々に訴求力のあるキャッチコピー、それに合った画像、下へ読み進めたくなるような文章、飽きさせない構成など、綿密なデータを積み重ねて制作しなければなりません。

LPの知識がなく、キャッチコピーすら用意できていないとなると、それらを全部、依頼先に任せるため必然的に費用は高くなり、200,000円以上は掛かるでしょう。

逆に、キャッチコピー、商品やサービスの的確な説明、口説き文句、利用者の声といった文章系を始め、商品やサービスの写真、案内図といった画像系もいくつか用意できていたら、LP向けのレイアウトパターンに慣れている所に頼むと50,000円以下で完成します。

ただ、そこまで行かなくても、やはり自分の商品やサービスを売り込みたいと考えているなら、ある程度のマーケティングに関する知識は必要なので、それを習得するのに伴って、キャッチコピーや口説き文句くらいは書けるようになるはずです。
それらを使って、レイアウト以降は依頼先に任せれば、A4サイズ3枚分くらいの大きさが80,000〜100,000円ほどで制作できるでしょう。

一方、最近はキャッチコピーや口説き文句の並んだLPが飽和状態になり、より目新しさを求めるために、デザイン性が高いLPも登場しています。
このようなLPは、マーケティングの知識よりも一目で興味を引き付けるポスターのようなセンスが大切なのですが、作業の手間だけを考えると前者のLPより工数が少ないので、依頼元が商品やサービスのざっくりとした説明しか準備しなくても50,000〜80,000円で制作できるでしょう。

デザイン会社のだいたいの相場

会社によって様々なプランが用意されており、また、その会社内でも様々なプランが用意されています。

A社では、依頼元が商品やサービスの参考資料だけ準備した場合は120,000〜250,000円、キャッチコピーや説明文の原稿を準備した場合は80,000〜200,000円、原稿と画像を含めたレイアウトを準備した場合は50,000〜150,0000円となっています。

B社では、有料の画像素材1点使用で長さが2,000pxまでの場合、物販や求人のものが39,800円、サービス系のものが89,800円、有料の素材3点と長さが5,000pxまでの場合、物販や求人が99,800円、サービス系が149,800円、有料の素材無制限と長さが10,000pxまでの場合、物販や求人が149,800円、サービス系が199,800円となっています。

このように、プランによって含まれているのものがまちまちなので、自分に必要なものは何か見極めなくてはなりません。
初めてLPを作る時は、そのデザイン会社の実績で判断したほうが良いでしょう。

フリーランスのだいたいの相場

フリーランスのデザイナーの中で、マーケティングの知識まで備えている人はそう多くないので、依頼元が丸投げするLP制作には不向きでしょう。

それ以降の、レイアウトから仕上げまでは対応できますが、デザイン会社の料金と変わらないのがほとんどです。

ただ、これから増えてきそうなポスターのようなLPだと、フリーランスのデザイナーのほうが力を発揮するかもしれません。

フリーランスの場合の相場

2009年ごろから登場して一気に数が膨れ上がったLPですが、現在は従来のキャッチコピーと口説き文句型のLPから変わっていく過渡期と言えるでしょう。

しかし、それを見越してより新しいLPを生み出せばトレンドを作れるかもしれません。