暑中見舞い作成のコツ

暑中見舞いをデザインするからには、もらった人が楽しい気持ちになり、送り手への好感度が上がる魅力的な内容にしたいものですよね。
しかし、どうすればそういった効果の上がるデザインに仕上げることが出来るのかあまり知らない方が多いのではないでしょうか。もらった人を楽しくさせる暑中見舞いをデザインするための4つのコツについてご紹介します。

目を引くキャラクターを取り入れる

昨今、ゆるキャラブームの影響もあり、自社のキャラクターやサービス内容を擬人化したマスコットを取り入れることがデザイン的にも多く用いられています。効率的に目を引くという点で有効な表現となるからです。

もし、クライアント側に自社のイメージキャラクターがある場合はそのキャラクターを積極的にデザインへ取り入れてみるとよいでしょう。また、キャラクターやマスコットを持っていない場合でも、安価なライセンス料を支払うだけで使用権を得られるキャラクターサイトやクラウドソーシングサイトもあります。そうしたWebサイトを利用してキャラクターデザインをデザイナーへ依頼することが容易になっていますので、最大限に活用して、好みのキャラクターを是非とも取り入れてみてください。

メインとなるデザインを決める

メインとなるデザインを決める場合は、送り手側が「受け取った人にどういう印象を持たれたいか」ということを理解する必要があります。流行のデザインをとりいれて今風のデザインにするのもいいのですが、暑中見舞いは受け取った人に良い印象を持ってもらうためにアピールできる絶好の機会です。より送り手側が受ける側に持ってもらいたい印象が伝わるデザインに落とし込んであげることが大切になってきます。

例えば、ファミリー層をターゲットにする美容室からお得意様へ送る暑中見舞いの場合は、スタッフの顔をメインに配置した親近感の持てるデザインを採用し、アットホームなイメージを前面に打ち出すといった方法もあります。
メインとなるデザインを決めることは全体のバランスを設計する上でとても重要なことです。時間をかけてじっくりと考えていきたいものです。

全体的に使用する文字を揃えておく

クライアント側が日頃の感謝の気持ちやアピールしたい内容などをすべて文章化したいと要求するケースがよくあります。しかし、そうした文章をすべて落とし込んでしまうと、文字組などの関係から全体的なバランスが崩れてしまいかねません。文字組も立派なデザインの要素なので、時には引き算の感覚で要らない文章を省いたりして揃えておくことも大切なコツとなってきます。

見る人を楽しませるにはまず、受け取った暑中見舞いが美しく好感を持てることが大前提ですので、そこを念頭に置いてデザインに落とし込むようにしましょう。

強調したいところだけ崩してみる

見る人を楽しませるデザインを制作するコツの1つとして、強調したいところだけ崩してみるという手法があります。この崩してみる手法は他のデザイン要素が綺麗にまとまっていればいるほど、その部分にギャップが生まれ、強烈なインパクトが生まれます。文字の変化により誠実で普通になりすぎない面白い効果を生み出してくれるのです。

しかし、これには注意も必要で、崩すポイントの面積が大きすぎたり、複数崩すポイントを作ったりすると、素人が作ったようなただの奇抜なデザインになりかねません。その点でデザインの駆け引きが必要となってきます。

強調部分

見る人を楽しませるには、まず全体のデザインがきれいに整っていて好感を持ってもらえることが第一条件になることが分かっていただけたのではないでしょうか。また、キャラクターを用いることや崩しのデザインテクニックを少しだけ取り入れてみることで、デザインにアクセントを加えることができます。これら4つのコツを実践して効果的な暑中見舞いのデザインを作成しましょう。