シンプルなロゴ制作

ロゴは、企業やお店のイメージを作る大切な役割を担っています。一目ロゴを見ただけで「あの企業だ!」と認識できるような、心に残るデザインが望ましいですね。「心に残るロゴ」の制作は、単純に多くの人に認知されれば、ビジネスとして成功したと言えるのではないでしょうか。ここでは、シンプルなのに印象的なロゴを作成するコツについて、4つの視点で考えていきます。

シンプルなのに忘れられないロゴの特徴とは?

忘れられないロゴ

世の中には、デザインとしてはとてもシンプルなのに、どこか印象に残るロゴがありますよね。
例えば有名ハンバーガーチェーン店が挙げられます。曲線で描かれた黄色のアルファベット「M」を見れば、多くの人がマクドナルドを想像するでしょう。また、同じ「M」のロゴでも、緑の看板に白抜きのMを見れば、モスバーガーを連想できます。シンプルなデザインでも、色や形で個性を出し、他社の差別化を図っているのです。
限りなくシンプルなデザインにすることで、逆に印象的なロゴを作れる場合があります。シルエットを見るだけで、何のロゴなのかわかるくらい特徴的であることが、印象的なロゴ制作の重要なポイントの1つです。

ロゴに文字を取り入れる大切さとは?

「ロゴだけ印象に残って、社名・店名が二の次になっては困る」という場合、ロゴに社名の一部を取り入れることをオススメします。ロゴ作りにおいてよく見られる方法のひとつとして、社名・店名の頭文字や略称を利用するものがあります。この方法を使えば、ロゴと社名・店名が頭の中でリンクしやすくなり、ロゴだけでなく社名自体も印象に残る可能性が高くなります。

さらに何度もロゴを見て、社名を意識することで、「単純接触効果」という心理効果が期待できます。これは、ロゴが目に触れる回数が多いほど、その対象への好感度や安心感が増すという作用ですので、ブランディング戦略としても有効かもしれません。

小さなアイコンがロゴの魅力になることも

クライアントの中には、より多くの情報を詰め込んだロゴにしたいという要望を持っている場合もあるでしょう。そういったときにオススメなのが、複数の小さなアイコンを寄せ集め、ひとつのシンプルなロゴにする方法です。
家庭用品メーカーとして有名な「ユニリーバ」のロゴがいい例です。魚、氷、波、鳥などのさまざまな小さなアイコンが、シンプルな「U」の形になるように細かく計算して配置されています。それぞれのアイコンには意味が込められており、ユニリーバのたくさんの想いを具現化しているのです。企業やお店から多くの情報をロゴに込めたいとの要望があった場合は、その情報を小さなアイコンとして寄せ集め、設置した際に、クライアントの要望が具現化できているか検証してみましょう。

多角的に見てロゴの修正を重ねて行こう

多角的なロゴ修正

ロゴは、多様なシーンで利用されることを想定しながら制作する必要があります。ロゴができあがったら、それが実際に商品やお店と馴染めそうか、さまざまな視点からチェックをすることも大切なポイントです。
例えば、飲料メーカーのロゴデザインなら、印刷したロゴを缶やペットボトルに貼り付けてみましょう。もし家電メーカーのロゴなら、冷蔵庫や掃除機に貼り付けることで商品化したイメージがリアルに思い描けます。PCの画面上では素晴らしいデザインに見えていても、対象物に貼り付けることで、どこか違和感が見つかるかもしれません。その上で修正を重ねていき、印象に残りやすいデザインを完成させましょう。

ロゴデザイン例

ロゴはコンセプトや経営理念を象徴したものであり、企業やお店の顔として長く使われることになります。それを押さえた上で、シンプルで人の心に残るロゴを制作することは、難易度の高いことかもしれません。しかし、今回ご紹介したロゴ作りの大切なコツをきちんと押さえれば、理想のロゴを作れる可能性が高くなります。クライアントにとって満足のいくロゴはもちろん、人々の心に残るロゴ制作を目指しましょう。