バナーの見積もり

インターネットでよく見るバナー広告。作成を依頼したいものの、一体どのくらいの費用がかかるのか想像もつかないという方が多いのではないでしょうか?初めてバナー広告制作を依頼する場合、「具体的な金額も、完成までのイメージや流れも分からない…」と不安な気持ちになるものです。ここでは、具体的にどのようなプロセスでバナー制作を進めていくのか、また料金の相場はどれくらいなのかをご紹介していきます。

実際に発注するとバナー広告料金はどれぐらい?

バナーの料金

そもそも「バナー」とは、ウェブサイトを紹介する役割を持つ画像のことです。そのバナーを広告として機能させることで、「バナー広告」と呼ばれるものになります。ではこの「バナー広告」は、制作するのに一体どのくらいの費用がかかるのでしょうか?バナー広告を掲載する際に必要な費用は、「デザイン費(制作費)」と「掲載費」の2つが挙げられますが、ここではデザイン費に着目します。

バナー広告には、いろいろなタイプが存在します。例えば、「静止画タイプ」「GIFアニメーションタイプ」「Flashタイプ」「タイトルバナータイプ」などです。種類によって料金設定も異なり、作業量が多くなる、またはサイズが大きくなるにつれて作業工数が増え、料金は上がります。

一般的な相場として、動きのない「静止画タイプ」バナーは3,000円〜5,000円前後、動きのある「GIFアニメーションタイプ」は8,000円〜10,000円前後、GIFアニメーションよりも複雑に動かせる「Flashタイプ」は18,000円〜22,000円前後が目安です。

ウェブサイトのメインとなるタイトルバナーは8,000円〜15,000円前後が相場ですが、背景の制作もセットに依頼するのか、バナーを特大サイズで作るのか等、条件によってはさらに予算が必要になる場合もあります。

発注してからバナー広告が完成するまでのプロセス

完成までのプロセス

それでは、バナー広告が完成するまでの一般的な流れを確認してみましょう。

1.見積り・依頼
まずは見積りからスタートです。デザイン事務所や制作会社によってデザイン料金が異なるため、複数の会社より見積りを依頼した方が良いでしょう。その後、制作してもらう会社を決定して依頼します。

2.支払い
一般的には、支払いを済ませてから制作をスタートすることが多いようです。
支払いに関しては、各社異なりますので、ご確認ください。

3.制作開始
広告バナーの制作を開始します。5〜7日ほどでデザイン案を提示する会社が多いようです。急ぎの場合は、追加で料金を支払うことでスピーディーなプランを利用できる会社もあります。

4.校正
出来上がったデザインを元に、修正を行います。会社によっては修正上限回数が決まっている場合もあり、上限回数を超えると追加料金が発生します。また、デザインを修正するではなく、別パターンのデザインを依頼した場合、別途発生するケースが多々ありますので、ご注意ください。

5.完成
納得のいく仕上がりになったところで完成、納品となります。

バナー広告の制作を依頼する際に確認すること

依頼の際の確認事項

バナー広告を制作する際に、確認しておきたい点が3つあります。

1.適切なバナー広告の数
伝えたい情報によって、必要となるバナー広告の数が変わります。宣伝する内容、設置場所、頻度、ストーリー性などをデザイナーと相談しながら、制作に必要な数を決定していきましょう。

2.適切なサイズ
バナー広告にどんな効果を求めるかで最適なサイズが変わります。認知してもらうのが目的なのか、クリックしてもらい利益に繋げるまでが目的なのか等、目的によって適切な大きさを選びましょう。

3.発生する追加料金
バナー広告の数やサイズによって料金が変わるので、数やサイズが途中で変更になった時に、追加で料金が発生するかどうかを事前に確認しておくことで、後々の費用面のトラブルを防ぐことができます。

事前に設置する場所を決定しておくことの大切さ

設置場所の確認

バナーの設置場所を決定していない状態でバナーをデザインすることは、オススメできません。なぜなら、あらかじめ設置場所を決めておかないと、最初からバナー広告の数やサイズの具体的な話をすることができません。もし設置場所が未確定のまま、具体的な話を進めてしまうと、デザイン後にサイズが合わなくなってしまうなどの事態が発生します。

例えば、バナーを設置する場所が「静止画タイプ」より、「アニメーションタイプ」の方が効果的に宣伝できる場合、それを知らずに「静止画タイプ」を注文し、後でアニメーションに変更しても、追加で予算が必要になってしまいます。

バナータイプ

今回、バナー広告の料金相場をご紹介しました。ウェブサイトのどこに載せるか、どれくらいのサイズ(大きさ)・数にするか、どのタイプのバナーにするかで料金が変わる点を理解しておきましょう。デザインの修正回数が重なることは、追加料金が発生する場合があるというのも、1つのポイントです。おおよその料金を認識しておき、ぜひバナー広告依頼の際に役立ててください。