シンプルで上品なメニューのデザイン参考集

シンプルで上品なメニューのデザイン参考集

レストランやカフェなどで欠かす事ができないメニューブックですが、そのデザインは店の印象を左右する一つと言って過言ではないでしょう。高級レストランで出てくるような革張りのもの、ファミリーレストランで見るような写真をふんだんに使ったもの、といった様々な種類があるうち、ここでは、文字を中心としたシンプルなメニューブックについてご説明します。 シンプルなメニューが合う依頼とは? ミシュランの星が付くようなランクの高い飲食店は、メニューブックはあえて文字だけのシンプルな構成にし、写真やイラストを使わないのが通例ですが、そのような店からの依頼は滅多にないので、もっと一般的な店を対象としましょう。 売れ行きを良くするにはメニューに料理の写真を載せるというのが鉄則です。 しかし、美味しそうに写っている写真でないと逆効果になってしまうため、料理の撮影はプロのカメラマンに頼む事になりますが、少し敷居が高いと感じる人も多いかもしれません。 そんな場合、シンプルでも興味を引き付けられるように、デザイナーの力が必要となってきます。   シンプルになるデザインのポイント 文字と少しのイラストだけのデザインにすれば問答無用にシンプルになりますが、それでいて味気ないデザインにならないようにしなければなりません。 ここで重要になってくるのが色使いです。 同じ赤でもビビッドだったり、スモーキーだったり、色味が違いますので、何色か使う場合は同じ系統でそろえるべきでしょう。 特に、店のロゴを入れる時、そのロゴに合った色を使うのは基本中の基本です。 また、フォントも明朝、ゴシックといったオーソドックスなものから、装飾性の強いものまでありますが、ちぐはぐな印象にならないように気を付けましょう。 シンプルなメニューのいろいろ ここに挙げたのは、いずれも写真を使っていませんが、目を引き付ける参考例です。 新しく開店したニューヨークのレストランのメニューです。表紙の野菜を使ったパターンが印象的です。 中は文字だけのメニューですが、表紙と裏表紙を少しずつ折り込むというふうに工夫がしてあります。 アメリカのソルトレイクシティ近郊にある、ビールの醸造所に併設されたガストロパブ(ビールや食べ物を供するバーとレストランを兼ねた飲食店)のメニューです。ロゴの黒色に合うオレンジを使い、味のあるイラストがあしらわれています。 ドイツを中心としたユースホステルチェーンのバーのメニューです。黒板風の下地に、チョークで書いたような文字やイラストを施しています。 シドニーにある、イートインを備えたデリカッセンのメニューです。お店が石材を使った中世風の内装で、ロゴもクラシカルなので、当時の羊皮紙に書かれた書物のような雰囲気を出しています。 ニューヨークのロングアイランドにある庭園内に建てられたレストランのメニューです。地元の家族連れや老夫婦が多く訪れるので、親しみやすく、少しヴィンテージ風なところもありながら、キャッチーなデザインを希望されました。こちらは、それらが見事にかなえられていると思います。 アメリカのニュージャージー州にある本格アイリッシュパブ&レストランのメニューです。ケルト文化の雰囲気を出すために、そのフォントや模様を多用しています。 アメリカのマサチューセッツ州にあるフレッシュジュース・バーを備えた自然食品店のメニューです。 倉庫を改造した店舗なので、むき出しになった鉄骨のブラックとグレーの色をメニューに生かしています。 ニューヨークにあるギリシャ風ファストフード店のメニューです。ユースホステルのバーと同じく、こちらも黒板風の下地に、ギリシャの国旗をイメージさせるホワイトとブルーの色で内容が書かれています。 料理の写真を使わず、文字とイラストのみでも、これだけ魅力的なメニューブックが作れます。このようなデザインこそが、デザイナーの力量を発揮できる場所と言えるでしょう。 シンプルなデザインを要望された以外に、もし写真が用意できなくて困っている店があったら、その力で助けてあげてください。

知っておきたいメニュー制作のデザイン料金

知っておきたいメニュー制作のデザイン料金

飲食店を始める時、最後の仕上げとして欠かせないのがメニューブックです。メニューブックは、その店が用意できる料理を並べた単なる献立表ではなく、お客さんの興味を引くための一番重要な販促手段と言えるでしょう。このメニューブックの出来が売り上げを左右する事もあるので、制作はプロのデザイナーに任せたいものです。その際の料金を詳しくご説明しましょう。 こんなメニューはこれぐらいが相場 メニューブックと言っても、「ブック」とは呼べない1枚だけのものから、ちょっとした小冊子になるほどのボリュームがあるものなど様々ですが、やはり、デザイン料金の決め手となるのはページ数です。 だいたい1ページ10,000〜20,000円くらいで、表紙や最初に持ってくる料理の写真付きのページは20,000円、その他のパターンが決まったページは10,000円、そのページが多かったら少し割引といった設定にしている場合が多いでしょう。 ちなみに、メニューブックのページ数は多くても12ページまでに収めるほうが良いので、それ以上になる場合はドリンクメニューは別にするといった方法を採ります。 また、料理の名前や、そのキャッチコピーを考える料金は1ページ10,000〜20,000円くらい、料理の撮影は撮影時間で決めている所が多くて1時間20,000〜30,000円くらいです。 料理が全部用意されていれば、2時間で50カットは撮影できます。 さらに、印刷まで請け負う場合は、B5やA4といった寸法、部数の数、モノクロかカラーかなどで料金を決めている所もあります。 デザイン会社で作った時の料金 「メニュー制作を請け負っている」という会社は、まず、「デザインだけ請け負っている」所と「印刷やラミネート加工といった仕上げまで請け負っている」所に分けられると思います。「デザインだけ請け負っている」会社は、前述の相場通りの所が多いでしょう。「仕上げまで請け負っている」会社は実に様々なプランが用意されています。 代表的な例を3つ挙げますと、 8ページのメニューブックでA4のデザイン料とデータ制作料が184,000円、10部印刷加工して28,000円 メニューブック1ページ2,000円、企画デザイン費30,000円、A4の印刷180円 A4両面フルカラー8ページ216,000円(印刷データまで受け渡す場合は266,000円) となっています。 このように様々な条件が出されていますので、何を基本としたらいいか迷うかもしれませんが、何が含まれていて、何が含まれていないか、一つ一つ確認していきましょう。 写真を使ったメニューを作りたい場合は、料理の撮影をプロに任せたほうが良いため、撮影料込みのプランがお勧めです。その際、エリア以外では出張費や交通費が必要になってくる場合が多いので、店の近くのデザイン会社が良いでしょう。 また、メニューは毎日様々な人が使う事から分かるように、丈夫な材質で作っていないとすぐにヨレヨレになってしまいます。これではいくら素敵なデザインでも、魅力が半減です。 ラミネート加工、ポリプロピレン(PP)加工 など表面を保護する方法を用意しているか、その種類は何か、折り筋を入れるところまで対応しているか、といった仕上げの段階まで注意して選びましょう。   フリーランスのデザイナーが作った時の料金 よほど高名なデザイナーに頼まない限り、一般的なデザイナーの制作料金は、デザイン会社のものとほぼ同じです。ただし、レイアウトや装飾を担当するデザイン専業の人が多いので、印刷・加工はもちろん、写真撮影やライティングの対応も難しい場合が多いでしょう。 それでも、個性的なメニューを望むなら、フリーランスのデザイナーに依頼すると、ほかにはない唯一無二のデザインが仕上がると思います。 料理を頼む決め手の1つとなるメニューブックは、是非、力を入れたいところです。 自分の理想とする既存のメニューブックを参考に、これを実現するためには、いくら掛かるのか、どのような手間が必要なのか、賢く見極めてください。

メニューをデザインする時に役立つ素敵なコツ

メニューをデザインする時に役立つ素敵なコツ

レストランやカフェなどに必ず置いてあるメニューブック。という事は、店の数だけメニューブックの種類が存在し、それぞれのデザインが必要になります。従って、デザイナーを続けていると、メニューブックのデザインを依頼される場合も多いでしょう。ここでは、メニューブックのデザインに役立つコツをお届けします。 メニューの内容をしっかり把握 料理の種類自体は、お店の人しか分かりませんので、そこは漏らさず教えてもらうしかありません。 料理の名前など必要項目を並べるだけで良いという希望でしたら、そこはその通りにして、シンプルでもセンスのあるデザインで仕上げましょう。 ただ、わざわざデザイナーにメニューブック制作を頼むという事は、お店の人もメニューブックが売り上げに貢献してほしいと期待しているはずなので、そこはデザインの力で助けたいものです。 そのようなメニューブックを作りたいという要望が少しでもあれば、まず、料理の写真を掲載する事を勧めましょう。しかし、この写真は美味しそうに撮れていなければならないので、腕に自信がある場合以外は、プロに頼んだほうが良いと思います。 写真が用意できたら、次はお店の売りにしたい料理を聞きます。 デザインする時は、この料理の写真をメニューブックで一番最初に目にする場所に大きく載せましょう。 「こだわりの」「とろける」「野菜たっぷり」などのキャッチコピーも付けたほうが良いので、お店の人に考えてもらうか、予算に余裕があればコピーライターに頼むというのも手です。 店の雰囲気に合ったデザインを 文字だけのシンプルなメニューブックも、写真をふんだんに使ったメニューブックも、どちらもお店の雰囲気に合ったデザインでなければ良い効果が生まれないでしょう。それは、色、フォント、罫線や飾り、グループの配置といった細部まで影響します。 和風、洋風、中華だけでなく、庶民的なのか高級志向なのか、若者向けなのか年配向けなのかに加えて、お店の内装、特に壁やテーブルの色、照明の具合など、詳しい情報から総合的に判断しなければなりません。 また、メニューブック自体の大きさもデザインの考慮に入れるべきでしょう。一般的には、食事主体の店は大きめに、雰囲気重視の店は小さめにしています。 メニューブックをスタッフが持っていくのか、テーブルに置いたままにしているのかも、テーブルの寸法を含めて、メニューブックの大きさを決める重要なポイントです。 その形態も、メニューブックという名の通りの冊子状のものから、2つ折りや3つ折りの見開き1ページのもの、観音扉のように左右に開くものなど様々です。 さらに、ページ数を考える必要もあります。文字や写真を詰め込み過ぎると読みにくくなるので、1ページに余裕を持たせるべきですが、料理数が多くてページ数が増えてしまうかもしれません。 しかし、そんな場合でも12ページくらいを上限にし、その際はドリンクメニューは別にするなど、お店の人と相談しましょう。 テンプレートや素材の活用術 依頼を引き受けた以上は、細部までこだわって仕上げたいところですが、メニューブックのデザイン単価が低いのも事実です。 そこで、既存のテンプレートや素材を活用してみましょう。 ただ、現在、日本のサイトで提供されている無料のメニュー用テンプレートはデザイン的に満足できるものが少ないと言えます。 しかし、レストラン、そば屋、中華料理店といった業種による傾向を知るのに良い材料かもしれません。 と言うのも、横並びのデザインを好むとまでは行きませんが、イメージから掛け離れた奇抜なデザインは避けられる風潮があるからです。 一方、海外のサイトにあるテンプレートや素材は、かなり高いレベルのものが入手できます。 いずれの場合も、商業利用可能か、よく調べて使ってください。 何とか工夫すればお店の人でも自作できるメニューブックですが、そこをデザイナーに依頼するのですから、できるだけ力になりたいものです。 依頼した側も依頼された側も満足できるようなデザインを目指しましょう。

最新のデザインコンペ

デザイナーとしてステップアップできるお仕事をご用意しています。