シンプルなパワーポイントデザイン

シンプルでスタイリッシュなデザインのパワーポイントを作ろうと思っても、ついいろんなデザインや素材を詰め込んでしまうという人も多いのではないでしょうか?シンプルなパワーポイントに仕上げるには見る人の目線で作っていくことが大切です。どうしたら文字が読みやすいか、図形を認識しやすいか、伝えたいことがシンプルにわかりやすく伝わるか、という点に注意しながらデザインをしていきましょう。ここではシンプルでわかりやすいパワーポイントの作り方を紹介していきます。

見る人の気持ちになって、わかりやすさを追求する

パワーポイントは作る側と見る側では捉え方が異なります。作る側は情報を既に理解した上でデザインを行います。ところが、見るにとっては初めて見る情報ばかりです。そのためデザインに凝りすぎたり、情報を必要以上に増やし過ぎると、逆に理解し難いものになってしまう可能性があります。焦点を必要な情報に絞り、余白を上手に使ってデザインを洗練させましょう。あくまでパワーポイントとはプレゼンなどで相手に情報を伝えるツールですので、見る人の目線になってデザインすることが大切です。

大事なポイントは抽出し、目を引くデザインに

パワーポイントのデザインで気を付けたいのは起伏です。

大事なポイント

常に同じようなデザインのままページが進んでも見ている人が飽きてしまいます。シンプルなデザインを基調しながらも、大事なポイントや絶対に見逃してほしくない箇所は目を引くデザインにすると効果的です。こうすることで強調したい部分をより際立たせる事ができるのです。具体的な手法としてはモノトーンでストーリーを進ませていき、強調したいポイントで原色や目立つ色を使うことで見る人の目を引くことができます。色のみならず文字の大きさで表現してもいいでしょう。

文字や図形が見やすい背景を作る

見やすいパワーポイントを作るには見る人の目線となってデザインをする必要があります。例えば、写真を背景に使っている場合、上から文字を載せると読みにくくなってしまいますが、どうしても文字を載せなければならない場合は文字の枠を白く縁取るなどの対処を行いましょう。

わかりやすい背景

可能な限り文字の背景は無地で、文字と対照的な配色の背景が理想です。文字のみならず図形などにも同じようなことが言えます。図形が出てくる所は特に重要な説明が含まれているケースが多く、この図形を際立たせることが出来る背景を作りましょう。例えば、カラフルな図形であれば、背景は白やグレーなどのモノトーンを取り入れることが望ましいです。

写真や色を多用しすぎないのがポイント!

内容を理解しやすくまとめたのにも関わらず、「結局何が言いたかったのか分からない」とならないようにデザインで余計な情報を与えてしまったり、情報を掴みにくくしてしまわないように気を付けましょう。そのためには写真や色を使い過ぎないのもポイントです。

色や写真の多用

写真を多用することで一見キレイなパワーポイントに仕上がったように感じますが、写真は視覚的なインパクトが強いため、文字などの情報が薄まってしまう可能性があります。色に関しても、様々な色を多用し過ぎると見る人にとっては分かりにくい内容になってしまうかもしれません。シンプルで伝わりやすいデザインにしたいのであれば、写真は強調したい部分にだけ使用して、使う色も限定したほうがスタイリッシュなデザインが完成しやすいです。

シンプルでわかりやすく、スタイリッシュなパワーポイントのデザインについて触れてきました。 シンプルなパワーポイントにするには、まず伝わりやすいものを作るという所にフォーカスを当ててみてください。余白を上手く活かしながら必要な箇所に色や写真などを加え、メリハリを付けたデザインにしていくという考え方をもって取り掛かると見る側に伝わりやすいものができるかもしれません。