見やすいパワーポイントを作る4つのコツ

見やすいパワーポイントを作る4つのコツ

見やすいパワーポイントとはどのようなものなのでしょうか。特徴として、ストーリーが明確で内容を把握しやすい、デザインがスッキリしているなど様々な要素が挙げられます。ここでは、その様々な要素を表現するための下準備の方法から山場の設定、余白の活かし方、無料素材を活用してデザインを充実させる事について解説をしていきます。見やすいパワーポイントを作りたいけれど行き詰まっている、という人は参考にしてみてはいかがでしょうか。 誰もが見やすいパワーポイントは下準備から 見やすいパワーポイントを作るためには下準備がとても重要です。伝えたい内容が定まっていないままパワーポイントを開いて作成に取り掛かっても手が止まったままになります。まずは下準備として何を伝えたいのか?という骨子や、どのような手法で伝えるのかを明確にする事で見やすいパワーポイントにグッと近づけることができます。この下準備が完成してから初めてパワーポイントに落とす作業を行いましょう。 伝えたい内容から山場を用意する パワーポイントでストーリー性を持たせて山場を用意するという手法はとても効果的です。ストーリー性もなく淡々と進んでいくと、人によっては見ていて飽きてしまうかもしれません。また、ゴールがぼんやりしたままだと、結局なにを伝えたかったのかよく分からないものになってしまいますので、骨子にストーリー性を持たせて最も伝えたいことを山場に当てはめましょう。ゴールを明確にさせてしっかりとした骨格を作ることで見ている人に伝えたい内容を訴えかけられます。 凝りすぎた編集はNG!?余白を上手に活用 パワーポイントの編集をしているとデザインに凝り過ぎてしまいますが、余白を上手に活用していく事も大切です。 パワーポイントを作ってみたけれど、見栄えが良くなかったり圧迫した感じでしたら、余白を入れて和らげてみましょう。また、強調したい文字やデザインの周りに余白を多く持たせるという手法もオススメです。見やすいパワーポイントは余白を上手に活用しているものが多いので、自分が見やすいと感じたパワーポイントは余白をどのように活用しているのかを参考にしてみるといいでしょう。 イラスト素材を活用して飽きさせないデザインを 見やすいパワーポイントとは飽きさせないデザインをするということにも繋がります。伝えたい内容やストーリーは明確に決まったけれど、デザイン的に何か物足りない時はイラスト素材などのアクセントとなるものを活用してみてはいかがでしょうか。 吹き出しや人のシルエット、建物や矢印のマーク、パソコンやスマートフォンのグラフィックなど、魅力的な素材が豊富にありますので、作成する内容のストーリーやデザインにマッチした素材を効果的に利用して飽きさせない工夫をしましょう。 見やすいパワーポイントを作る4つのコツをご紹介しましたが、いかがでしたか? 骨子で悩んだらまずは、色々なパワーポイントの例を探して、自分が見やすいと思ったパワーポイントを参考にしてみるという方法もオススメです。なぜこのパワーポイントは見やすいのか?色使いやデザイン、余白の使い方、ストーリー性などに着目して分析してみるのもよいでしょう。

シンプルでわかりやすい、スタイリッシュなパワーポイントのデザインはどう作る?

シンプルでわかりやすい、スタイリッシュなパワーポイントのデザインはどう作る?

シンプルでスタイリッシュなデザインのパワーポイントを作ろうと思っても、ついいろんなデザインや素材を詰め込んでしまうという人も多いのではないでしょうか?シンプルなパワーポイントに仕上げるには見る人の目線で作っていくことが大切です。どうしたら文字が読みやすいか、図形を認識しやすいか、伝えたいことがシンプルにわかりやすく伝わるか、という点に注意しながらデザインをしていきましょう。ここではシンプルでわかりやすいパワーポイントの作り方を紹介していきます。 見る人の気持ちになって、わかりやすさを追求する パワーポイントは作る側と見る側では捉え方が異なります。作る側は情報を既に理解した上でデザインを行います。ところが、見るにとっては初めて見る情報ばかりです。そのためデザインに凝りすぎたり、情報を必要以上に増やし過ぎると、逆に理解し難いものになってしまう可能性があります。焦点を必要な情報に絞り、余白を上手に使ってデザインを洗練させましょう。あくまでパワーポイントとはプレゼンなどで相手に情報を伝えるツールですので、見る人の目線になってデザインすることが大切です。 大事なポイントは抽出し、目を引くデザインに パワーポイントのデザインで気を付けたいのは起伏です。 常に同じようなデザインのままページが進んでも見ている人が飽きてしまいます。シンプルなデザインを基調しながらも、大事なポイントや絶対に見逃してほしくない箇所は目を引くデザインにすると効果的です。こうすることで強調したい部分をより際立たせる事ができるのです。具体的な手法としてはモノトーンでストーリーを進ませていき、強調したいポイントで原色や目立つ色を使うことで見る人の目を引くことができます。色のみならず文字の大きさで表現してもいいでしょう。 文字や図形が見やすい背景を作る 見やすいパワーポイントを作るには見る人の目線となってデザインをする必要があります。例えば、写真を背景に使っている場合、上から文字を載せると読みにくくなってしまいますが、どうしても文字を載せなければならない場合は文字の枠を白く縁取るなどの対処を行いましょう。 可能な限り文字の背景は無地で、文字と対照的な配色の背景が理想です。文字のみならず図形などにも同じようなことが言えます。図形が出てくる所は特に重要な説明が含まれているケースが多く、この図形を際立たせることが出来る背景を作りましょう。例えば、カラフルな図形であれば、背景は白やグレーなどのモノトーンを取り入れることが望ましいです。 写真や色を多用しすぎないのがポイント! 内容を理解しやすくまとめたのにも関わらず、「結局何が言いたかったのか分からない」とならないようにデザインで余計な情報を与えてしまったり、情報を掴みにくくしてしまわないように気を付けましょう。そのためには写真や色を使い過ぎないのもポイントです。 写真を多用することで一見キレイなパワーポイントに仕上がったように感じますが、写真は視覚的なインパクトが強いため、文字などの情報が薄まってしまう可能性があります。色に関しても、様々な色を多用し過ぎると見る人にとっては分かりにくい内容になってしまうかもしれません。シンプルで伝わりやすいデザインにしたいのであれば、写真は強調したい部分にだけ使用して、使う色も限定したほうがスタイリッシュなデザインが完成しやすいです。 シンプルでわかりやすく、スタイリッシュなパワーポイントのデザインについて触れてきました。 シンプルなパワーポイントにするには、まず伝わりやすいものを作るという所にフォーカスを当ててみてください。余白を上手く活かしながら必要な箇所に色や写真などを加え、メリハリを付けたデザインにしていくという考え方をもって取り掛かると見る側に伝わりやすいものができるかもしれません。

まわりと差をつける!オシャレでかっこいいパワーポイントのデザイン

まわりと差をつける!オシャレでかっこいいパワーポイントのデザイン

オシャレなかっこいいパワーポイントでまわりと差を付けたいのなら、デザインにこだわり抜く事が不可欠です。デザインにこだわるだけではなく、見る人の目線になって飽きさせない工夫をするのも大切です。ここではかっこいいパワーポイントを作るために必要なノウハウをご紹介していきますので、他のデザイナーと差を付けたいという人は是非とも参考にしてみてください。 表紙から手を抜かない、おしゃれなタイトルの作り方 オシャレなかっこいいパワーポイントを作りたいと思っているのであれば、表紙のタイトルページから勝負していくつもりで作成しましょう。表紙は全体的なテーマを象徴した画像や写真などがふさわしいです。またタイトルもフォントの種類によっても受け手のイメージは大きく違ってきます。ポップな丸ゴシック体などを使用すれば、柔らかみのある感じになります。クールに伝えたいのであれば明朝体などにしましょう。もちろんプレゼン時にそれを見る人たちの対象や内容に沿ってどうするのかも吟味しましょう。 また、ページの所々で使用する画像やポイントなども、表紙に沿ったもので統一しなくてはアンバランスになってしまいます。例えば表紙が西洋の風景なのに、理由もなくページの中では和風であったりすると変になってしまいますので、表紙に利用している素材が他のページに悪い影響を与えていないか事前にチェックして利用しましょう。   背景を変更することでパワーポイントを演出する パワーポイントを見ていて変化を持たせたいと思った時に効果的なのが背景の色やデザインを変更することです。 常にモノトーンで背景を敢えてシンプルにするという手法もありますが、特に長尺のパワーポイントになるとどうしても単調になりがちです。プレゼンではここが重要な部分というところで、背景の色を変えたり画像などを入れると効果のある演出ができます。また表紙で使った画像の関連したものを背景やワンポイントに添えれば一貫性が生まれます。まわりと違う資料に仕上げたいのでしたら、まずは背景のデザインにも気を使ってみてはどうでしょうか。 編集力UP!抑えておきたい、カッコイイ魅せ方 カッコイイパワーポイントを作るにはレイアウトやフォントなどのデザインが重要となってきますので、ここでは抑えておきたい魅せ方のポイントを紹介します。 一番取り入れやすいのが端を揃えるというテクニックです。端を揃えるとは、タイトルや説明文、写真の端をピタッと揃えるという事です。端が揃っていないとバランスが悪く見えてしまいますので、ここを整えるだけで全体にすっきりとした印象を与えスマートでかっこよく魅せられます。加えて、フォントにこだわるのも重要です。内容やデザインに合ったフォントを選び、1つのパワーポイントの中で何種類ものフォントを使うと、いくら端を揃えていても統一感がなくなってしまい、オシャレでカッコイイ雰囲気が損なわれてしまいますので注意しましょう。 インパクトで勝負!パワーポイントは説明ツールじゃない 文章で説明するのはとても大切ですが、パワーポイントでは文章が多くても飽きられてしまう可能性が高いので、文章を読ませるのではなくインパクトがある図形やグラフィックを使って視覚的にアピールしていきましょう。 すべてを文章にしてしまうよりも、自身の言葉で説明して相手に感動を与えるのが一番効果的です。文字の大きさを変えるという方法も効果的で、例えば伝えたい言葉や文字を画面一杯に表示するという手法はとてもインパクトがあります。 参考にしたいひとつにテレビ番組があります。ニュース番組やバラエティなどで、フリップや液晶画面に表示されたイラストや簡単な一文をもとに、アナウンサーやタレントが解説やコメントをしている姿をよく見ると思います。必要最小限の言葉や文字によって、伝えるべきことをシンプルかつ印象的に伝えることができるでしょう。 オシャレでかっこいいパワーポイントの作り方について解説しましたが、いかがでしたか? オープニングを飾る表紙の画像やテキスト、そしてフォントの書体だけで見ている人たちにどのようなプレゼンが始まるのだろうかと、想像や期待を膨らませることが最初の掴みになります。 そして、一番伝えたい場面では、プレゼンに抑揚を出したり図形や画像を用いて飽きさせないような見栄え作りをすることで大きく変わります。またプレゼンターはただ読むだけではなく、インパクトのある言葉で見ているものの心を掴むのが大切ではないでしょうか。 最後に、文字や写真の軸を揃えるなどの基本的な部分を忘れずに、デザインしてみてくださいね。

いくらで依頼すればいい?パワーポイント作成の相場

いくらで依頼すればいい?パワーポイント作成の相場

パワーポイントの作成を依頼したいけれど、いくらで依頼すればいいのか相場が分からないという人も多いようです。最近ではパワーポイントの無料テンプレートが数多くありますが、大事なプレゼン資料を作りたいという事であればプロのデザイナーに発注した方が安心です。ここでは無料テンプレートには無いパワーポイントの魅力から、気になる料金の相場、あると嬉しいパワーポイントのオプションサービスまで詳しく解説をしていきます。 無料テンプレートにないプロのデザイナーの魅力とは パワーポイントには無料テンプレートが充実しているので、誰でも簡単にパワーポイントを作れる時代ですが、やはり詳細な機能や操作に長けたプロのデザイナーに依頼した方がクオリティは高くなるでしょう。無料テンプレートでは既に型が決まっているので、これ以上のデザインに融通は利きませんが、デザイナーに依頼すれば伝えたい内容にマッチしたプレゼン資料などに仕上がる可能性が高まるでしょう。このように無料テンプレートに無い魅力とは、伝えたい内容をデザイナーに説明して情報の共有でイメージを擦り合わせ、それを汲み取ったうえで分かりやすくデザインしてもらえるということです。 依頼するページ数とアニメーションの有無を確認しよう パワーポイントの単価は主にページ数によって料金が変わってくるので、予めどのくらいのページ数が必要なのか計算してから依頼しましょう。 また、使う場面や内容によってはアニメーションをつけた方がいい場合もあると思います。パワーポイントにアニメーションを使って動きを付けたいという場合は、発注する際にアニメーション作成が可能なのかも確認しておきましょう。相場はページ単位での料金が多く、1ページにつき1,000円~2,000円程度の価格帯が多いようです。中にはアニメーションに対応していないというデザイナーやデザイン事務所もあるようなので、後にトラブルとならないように事前に把握しておくといいでしょう。 用途によって異なる料金の相場は… パワーポイントにはプレゼン資料をはじめ、企画書やパンフレットなどがありますが、それぞれの用途によって料金相場も変わってきます。 まずプレゼン資料ですが、スライド1ページ辺りが4,000円~5,000円というのが相場です。 次にパンフレットですが、こちらも相場として1ページ辺りが3,000円~5,000程度です。 発注する所によって違いもあるかもしれませんが、全体の相場を見てみると料金的にはこれくらいが相場のようです。 パワーポイントの魅力的なオプションサービスとは パワーポイントは視覚的に表現するものですが、オプションサービスとして「ナレーション」を付けるサービスもあります。 これで伝えにくい内容もナレーションによって理解が深まるという効果もあります。相場は15,000円~20,000円程度で、ナレーションの料金はページ数と同様に時間によって料金が加算されていくことが多く、長なるほど料金も加算されていきます。また、「BGM」として音楽を付けるサービスもあります。パワーポイントに合ったBGMを流す事によって無音の場合とは異なる雰囲気を演出する事ができます。BGMの料金はナレーションとは異なり、時間で計算するのではなく1曲ごとの単位で算出される事が多く1曲10,000~20,000円前後のようです。   パワーポイント作成の依頼について料金からオプションサービスに至るまで解説をしてきましたが、いかがでしたか?プロのデザイナーに依頼した方が納得のいくプレゼン資料などに仕上がりやすいですが、気になるのは料金です。ナレーションやBGMなどのオプション料金を追加することで、資料の魅力を更に上げる事ができます。その資料で成し遂げたい目標と予算を照らし合わせて、求めるデザインクオリティになるようにデザイナーと相談しながら、より良いものを作ってみてください。

最新のデザインコンペ

デザイナーとしてステップアップできるお仕事をご用意しています。