初めてのパッケージ作成

シンプルなパッケージデザインは、商品の魅力を最もわかりやすい形にして消費者に伝えなければいけません。見た目の印象では簡単そうに見えるかもしれませんが、実はマーケティング効果を考えた上で、色や形などの細かいところにまで気を配る必要があります。では、そのようなデザインはどのように制作すればいいのか、その方法をご紹介していきます。

シンプルだけど伝わる!パッケージデザインとは?

シンプルなデザインを制作するときには、デザインに込めたいメッセージをシンプルにまとめることがポイントです。商品のいろいろな特徴の中からフィーチャーするポイントを絞り込むことで、強いインパクトを持ったパッケージをデザインすることができるでしょう。
しかし、フィーチャーするポイントを捉えることはそう簡単なことではございません。「明るい、可愛い、かっこいい」など、デザインイメージとしてのキーワードではなく、商品の根本にあるコンセプトを表現することが大切です。クライアントから商品について詳しくヒアリングを行い、商品を開発した所以などを聞き出すことで大きなヒントを得ることができるでしょう。

シンプルだけど伝わるデザイン

様々な商品の中で、目立つパッケージとは?

どんなに優れたデザインでも他の商品と似たようなパッケージとなってしまっては、商品が店頭に並んだ際に目立たず、商品の売り上げに貢献することができないでしょう。
たくさんある商品の中でパッケージを目立つものにするには、ターゲットを絞り込んだデザインになっていることが重要です。男性なのか女性なのか、若い人なのか年配の人なのか、もっと言えばどんな職業の人に、どんなときに買ってもらいたい商品なのかを突き詰めてパッケージをデザインしてみましょう。
消費者が商品棚の前に立った時に、「これは私のためにある商品だ」と思えるようなパッケージこそが人の目に止まりやすく、目立つデザインといえるのです。

目立つパッケージ

ロゴのようなパッケージで企業をイメージさせる

商品を開発・製造する企業にはそれぞれの理念やコンセプトがあり、企業ロゴがそれらを表現しています。パッケージデザインをする際に、そのロゴをうまく用いることで企業の認知度UPにつなげることができます。企業側から、認知度アップやイメージ定着を狙ってロゴの使用を希望してくる場合もあります。こういった場合も、むやみに使ってしまうのではなく、その企業の代表的な商品にのみ採用するなど、きちんと意味を持たせることが大切です。
また、ロゴを使用する際の注意点として、ロゴを商標登録している企業も多く、CI(コーポレート・アイデンティティー)マニュアルが設定されていることがあります。アレンジする場合は事前に企業側に確認を取るとトラブルを未然に防げるでしょう。

ロゴのようなパッケージ

パッケージで商品の魅力を伝える

商品を消費者の手元に届けるためには、まずは店頭で消費者の目に留まる必要があります。つまり、その商品の魅力が最大限に引き出されたパッケージ作りになっているかどうかが非常に重要だと言えるのではないでしょうか。
魅力的なパッケージを作るためには、商品の強み、他社との差別化、色や形など、考えうる限り多くの角度からその商品を見つめ魅力を捉えます。そうして抽出された数多くの魅力をベースに、さまざまな表現方法やデザインを考え、その中からもっとも伝えたいポイントがフィーチャーされるものを選ぶのです。
最初は大変かもしれませんが、こうしたパッケージデザインの工程に慣れてくれば1つの商品に対して10案も20案もパッケージのデザインを考案することができ、より魅力的なパッケージを作ることができるでしょう。

商品の魅力

消費者に伝えたいメッセージをシンプルなパッケージのデザインにするのは容易なことではございません。しかし、より多くの視点を持って商品と向き合いアイデアを出すことで、仕上がるデザインはきっとどんどんシンプルで魅力的なものになっていくはずです。
「Less is More」という言葉があるように、多くの視点から抽出した要素を、フィーチャーしたいポイントに沿ってそぎ落としていくことで、シンプルかつ魅力が伝わるパッケージデザインを目指してみてはいかがでしょうか。