思わず手が伸びる!お菓子のパッケージデザイン例

思わず手が伸びる!お菓子のパッケージデザイン例

お菓子のパッケージにつられて、思わず手を伸ばして購入してしまうことってありますよね。 情報の80%は視覚によるものだと言われているので、商品のパッケージは売り上げを左右する要素の1つです。 人の心を魅了する、美味しそうに見えて、楽しさを感じさせるパッケージのアイデアはいったいどこから生まれるのでしょうか。今回は、パッケージの独自性や楽しさが際立っているパッケージをご紹介します。 かわいさ満点!カファレルの「きのこポット」 — Caffarelより ギフト用のチョコレートとして販売されているカファレルの「きのこポット」は、大きな「きのこ」型のビンに約170個の、「きのこ」型で専用の「きのこ」の包装されたチョコレートがビンに詰め込まれています。大きなきのこから、小さなきのこが生まれてくる、そんなワクワク感がある商品です。 この、遊び心があり、全てが「きのこ」であることが受けて、今ではパーティーなどでも利用される商品となっているようです。このように、自然にあるものを模り、遊び心を加えたことで選ばれる商品の1つです。 袋全体がキャラクター「キャラメルコーン」 — 1971年から販売され、日本全国で長く親しまれている東ハトの「キャラメルコーン」。このなじみ深いお菓子のパッケージは2003年に改良が加えられ、現在のパッケージとなりました。 その時に青い瞳と真っ赤な顔が特徴の「キャラメルコーン君」が誕生したのです。 当時からすると、袋の一部にキャラクターを描くのではなく、袋全体をキャラクターとしてデザインするという方法が斬新で人気を呼びました。季節のデザインを加えたり、コラボ企画をしたりとデザインを一辺倒にするのではなく、薄いピンクのパッケージではイチゴ味や、クリスマスシーズンはシルバーのパッケージを展開しフレーバーもその都度新しい商品を展開しています。 東ハト「キャラメルコーン」、プレスリリースより 世界で広く親しまれる「コカ・コーラ」 — Mike Mozart(Flickrより) 19世紀にアメリカで発明された初のコーラ飲料として知られるコカ・コーラは、ビン、カン、ペットボトルなど様々な容器で販売されています。とりわけ、自販機などで広くみられるカンやペットボトルのデザインは、赤いボディに白い文字と目につきやすいものとなっています。ペットボトルやビンは、キャップや王冠まで赤に統一することにより、イメージカラーとしての定着を早めたと言われています。人によっては、このカラーリングをみると、「コーラ」が連想される方もいるようです。 2色だけを使用したデザインは非常にシンプルでわかりやすく、サンタクロースの赤はコカ・コーラの赤ではないか?と噂されるほどに親しまれるようになりました。 Mike Mozart(Flickrより) ホントにお菓子?「レモンのお菓子の寿司桶」 — シトロンシュクレより 「これはいったい何だ」と思わせる、工夫が凝らされているこちらのお菓子は京都のケーキ屋さんが始めた「レモンのお菓子の寿司桶」です。 おいなり型のレモンシューが5個、巻き寿司に見立てたミニロールケーキが10個、3つの味から選べるマカロン10個、醤油が入る魚型の入れ物にはレモンシロップが入っています。 本物のお寿司のように、バランがついて寿司桶に入っているので、一見するとお寿司にしか見えません。もちろんパッケージは寿司桶を模しており、お寿司に似せた、お菓子デザインの特異性を最大限に引き出す、透明なパッケージを駆使しています。「お菓子屋さんにお寿司が並んでる!?」と思わず2度見してしまう、意外性と遊び心を備えたデザインです。 見た目がキャッチーであるため、手土産としてはもちろんですが、パーティーやイベント用にも購入されているようです。パッケージデザインを含め、みんなで楽しめるアイテムとなっていることが、特筆すべきところなのかもしれません。 99designersによるお菓子のパッケージデザイン — 99designsで商品パッケージのコンペ開催を通して、思わず食欲をそそられるデザインを選出しました。 デザイン by Holiday26 デザイン by Holiday26 デザイン by GenScythe デザイン by JianBranding™ デザイン by LanaD. デザイン by tachimaR デザイン by Martis Lupus デザイン by Odetta デザイン by JaimeeShenna まとめ — 食べてみたい、美味しそう、見てみたい、買いたいと思えるお菓子のパッケージをご紹介しました。 いくつか考えてみましたが、人を惹き込むパッケージには意外性と遊び心、そしてお菓子のコンセプトが一目でわかるようなデザインが多いようです。ですから、商品のコンセプトに合わせて、発想の範囲を狭めずに柔軟性の高いデザインを提案していきましょう。

購買意欲を掻き立てるパッケージを作る4つのコツ

購買意欲を掻き立てるパッケージを作る4つのコツ

お店で買い物をするとき、パッケージのデザインに惹かれて、必要ではない商品をつい買ってしまうことはありませんか?このように消費者の購買意欲を掻き立てるパッケージのデザインを製作する上で、共有したコツがあります。 今回は、どのような商品のパッケージデザインにも活かすことのできる基本的な4つのコツを紹介します。 パッケージのターゲット層を絞る 商品パッケージをデザインするときにまず考えることは、「ターゲットは誰か」ということです。ターゲットを先に絞らなければデザインが曖昧になり、購買意欲が促進できない可能性があります。年齢層や性別、職業だけでなく、一個人としてのペルソナを設定し、その人物ならどのようなパッケージを好むのか、どのようなコピーに惹かれるのかなど考えましょう。 より細かくターゲットを絞り込むことでデザインの方向性が自然と決まります。デザインの目的を意識してパッケージを仕上げることで、該当する消費者にピンポイントでアピールすることができるでしょう。  商品の1番のメリットが明確になっている 多くの特徴を持つ商品のパッケージをデザインする際、クライアントから「商品のすべての良さをアピールしてほしい」と依頼されることがあるかもしれません。しかし、パッケージのデザインは特徴を1つに絞り込むことでその特徴にインパクトが出て、目立つ場合が多いです。 なぜなら、アピールしたい特徴を1つに絞り込んでデザインすることで、その商品がどのような魅力を持つのかスムーズに伝わり、消費者の手に取りやすくなるからです。どうしても絞り込めないならば、その中で最もアピールしたいポイントを決定し、色や文字、形や大きさなどを調整して、消費者に伝えたいことをかりやすくデザインすることが大切です。   ロゴやカラーが企業のイメージと結びついている クライアントとなる企業には、理念や信念などを示すCI(コーポレート・アイデンティティー)があり、そのCIがカラーやロゴに表れています。例えばマクドナルドでは、赤い背景に黄色い「M」のロゴがCIとなっていて、これを見れば一目でマクドナルドだとわかるようになっています。 商品パッケージをデザインするときは、文字や背景色、または差し色にその企業のCIカラーを使うことで、企業のイメージと結びつけることができます。また、ロゴを起用することで企業のイメージをダイレクトに伝えられるため、消費者に認知してもらえると同時に、商品に対する安心感を与えることができ、購買意欲につなげられる可能性があります。   一目見れば商品の魅力を伝えられる パッケージのデザインはグラフィックだけでなく、形や素材、商品のネーミングなど、さまざまな要素が含まれています。いずれも商品の魅力を伝えるために、こだわりをもってデザインする必要があります。そのこだわりとは、「商品の魅力を消費者に瞬時に伝える」ということです。 パッケージを一目見て、①どのような商品なのかを瞬時に理解できる事、②商品名で正確に特徴が表現されている事、③形や素材、そこに加えて、④心に残るようなデザインが理想です。そうすれば他の商品と差別化でき、思わず手にとってしまうパッケージとなることでしょう。 パッケージのデザインは、商品の売り上げを左右するコツの1つです。そのためには、消費者の目に止まり、心を掴むデザインであることが必須条件です。ターゲットは誰か、商品のメリットは明確であるか、企業のイメージと結びついているか、一目で商品の魅力が伝わるかを慎重に確認しながらパッケージデザインをしていくことが大切です。

独創性のあるパッケージデザインから読み解く4つのコツ

独創性のあるパッケージデザインから読み解く4つのコツ

オシャレでかっこいいパッケージデザインには大胆さがあって、ユニークなものが多いですよね。独創的でわかりやすく、かつ面白い見せ方をしたパッケージは、消費者にその商品の魅力をダイレクトに伝えます。そんな見る人の目を奪うパッケージはどのようにしてデザインすればいいのでしょうか?そのコツを読み解いていきましょう! デザインにメリハリがついている パッケージデザインを行うとき「もっとも伝えたいこと」、「もっとも打ち出したいもの」は何かを把握する必要があります。商品の魅力は一つとは限らないのですが、あれもこれもデザインに取り入れてしまっては、印象の薄いパッケージになってしまいます。強調したい一番の魅力をドンと大きく表現して、他の情報を小さくしたり、ときには削除することでメリハリが生まれます。 インパクトのある独創的なパッケージデザインはむしろ、一番の魅力だけを表現していることが多く見受けられます。細かい情報などを思い切って削除することで、商品の魅力が際立ち、人目を惹くデザインを作ることができるでしょう。 インパクトのある色調になっている パッケージデザインを考えていく上で、色の選択は重要な要素のひとつです。可愛いイメージを与える赤やピンク、明るいイメージがある黄色やオレンジ、高級感を表す黒色など、それぞれの色が持つイメージを理解することで、訴求したい内容によって使い分けることができます。 使う色を決めたら、次に色調を決める必要があります。色調とは、色の明度と彩度の組み合わせによって表した系統のことを指しています。例えば、例えば、同じ赤でも「明るくて鮮やかな」もしくは「暗くてぼやけた」といったような多くの種類がありますよね。色調によって、消費者が受け取るイメージは変わってくるのです。 商品のイメージやターゲットの年代層などにマッチした色調にすることで、ダーゲットにフォーカスしたインパクトのあるパッケージデザインを作ることができるでしょう。 写真が効果的に使われている パッケージデザインに写真を使用することで、その商品の内容を視覚的によりインパクトのある形で伝えることができます。写真の大きさやレイアウト、アングルや余白、商品名などのバランスを考慮して配置します。 例えば、フレッシュジュースのパッケージなら、フルーツの写真を使うことで、手にとる人が何のジュースなのかをひと目でわかるのと同時に、新鮮でさわやかなイメージを印象付けることができるのではないでしょうか。サングラスのパッケージなら人の顔写真を使うデザインにすることで、サングラスを着用したときの雰囲気を、見る人がイメージしやすくなるでしょう。 また、消費者に与えたい印象次第では、写真をモノクロにしたり、カラフルな色に変えたりするなど遊び心を加えることで、ユニークなパッケージとなることでしょう。 ユニークデザインのキャラクターを取り入れる パッケージデザインの中には、思わずハッと注目してしまったり、笑ってしまうようなユニークなキャラクターがデザインされていることがあります。 キャラクターを活用することで商品に明るい印象が生まれ、消費者に親近感を湧き立たせることができるので、日本や海外でも多くの企業や団体、商品などに起用されています。 キャラクターのイメージがそのまま商品に紐付けられるため、ユニークなキャラクターを取り入れて、消費者の心をがっちり掴みたいですね。 いかがでしたか? デザインのメリハリ、色調、写真の使い方にキャラクターの活用。この4つのコツを活用することで個性的で独創性が高く、かつオシャレなパッケージを作ることができるはずです。他のパッケージデザインとの差別化にもきっと役立てられるので、ぜひ活かしてみてくださいね。

商品パッケージを作りたい!知りたい料金相場とは?

商品パッケージを作りたい!知りたい料金相場とは?

商品開発のステップとして必要不可欠なパッケージのデザイン。せっかく生み出した商品も、パッケージの印象の良し悪しで売上に大きなインパクトを与えることがあります。この記事では、顧客との大切な接点であるパッケージデザインの料金相場について解説します。また、料金相場だけでなく、実制作のキーポイントまで、売りにつながるパッケージデザインのキーポイントについても紹介します。 初めての依頼!パッケージデザインの相場は、どれぐらい? ひと口に「パッケージ」といっても、たばこや牛乳パック、家電製品など、大きさや形状も千差万別です。デザインを依頼する際の相場についても、1点あたり数千円から数万円までさまざまな価格が考えられます。そこで基準になるものとしては「パッケージの大きさ」「種類」「工数」「スケジュール」「作業の難易度」「デザイナーのランク」などがあり、これらの基準の掛け合わせで最終的なコストが算出されます。このポイントを頭に入れた上でデザイナーの選定や見積もり依頼をすれば、スムーズに発注できるでしょう。   実際に発注するとどのように完成する? 商品パッケージとは最終的に立体物として完成するものがほとんどとなります。発注の打ち合わせからはじまり、デザインの提案から決定、入稿、校正までが完了した段階で初めて見本の完成となります。 そして、その見本を基に印刷・成型を行い制作完了となります。また、デザイン案の修正や微調整など随時変更をかけることも可能です。その場合、デザイン事務所やデザイナーによって修正回数の上限が設定されている場合がありますので、必ず最初に確認しておきましょう。 パッケージを依頼する前に準備すべきこと デザイン作業に関する大まかな流れをつかんだら、いよいよ実際の制作がはじまります。発注者側が出来上がりのイメージをできるだけ明確に持っておくことが重要です。 発注者は購入者に対してパッケージで「いつ」「どこで」「誰に」「何を」「どのように」伝えたいのか、できるだけ言語化、具体化した状態でデザイナーと打ち合わせをしましょう。そうすれば、その後の制作工程がスムーズに進行していきます。大切なのは完成したときのイメージを明確化することです。既成のパッケージや参考となる資料なども準備することも有効的です。仮にデザインが難しいオーダーになってしまっても気にする必要はありません。発注者側の具体的なイメージがあることでデザイナーにも伝わり具体的な作業に取り掛かれるのです。 パッケージ制作者との大切な打ち合わせの仕方 繰り返しになりますが、まずは発注者側の意図やコンセプトを明確に伝えて、発注者とデザイナー双方の完成イメージに相違が無いようにすることが何より大切です。 また、パッケージだけでなく、その商品の説明に関しての時間もきちんと確保しましょう。デザイナーが商品の魅力や作り手の想いなどを共有することでパッケージデザインの精度が高まり、発注者の想像を超える完成イメージを提案してくれるかもしれません。大切なのはいかにデザイナーとコミュニケーションをとって完成イメージを共有できるかであり、細部のデザインについては次の話、と心得ておくとデザイナーとのやりとりが円滑になるはずです。 デザインというとイラストレーションや細部に目がいき、細部の話からデザイナーへ発注を行いがちです。しかし、もうすこし大きな視点でパッケージを作る商品そのものの魅力やコンセプトを伝えることが、結果的にはデザイナーのポテンシャルを引き出す要因となります。単なる受発注の関係というよりは、商品開発の重要な一部を担うチームのメンバーとしてデザイナーに相談しましょう。売り上げにつながるパッケージデザインを作るために、デザイナーとのコミュニケーションを始め、事前に準備すべきこと、完成までの流れを参考にしてみてください。

初めてのパッケージ作成でシンプルなものを完成させる方法

初めてのパッケージ作成でシンプルなものを完成させる方法

シンプルなパッケージデザインは、商品の魅力を最もわかりやすい形にして消費者に伝えなければいけません。見た目の印象では簡単そうに見えるかもしれませんが、実はマーケティング効果を考えた上で、色や形などの細かいところにまで気を配る必要があります。では、そのようなデザインはどのように制作すればいいのか、その方法をご紹介していきます。 シンプルだけど伝わる!パッケージデザインとは? シンプルなデザインを制作するときには、デザインに込めたいメッセージをシンプルにまとめることがポイントです。商品のいろいろな特徴の中からフィーチャーするポイントを絞り込むことで、強いインパクトを持ったパッケージをデザインすることができるでしょう。 しかし、フィーチャーするポイントを捉えることはそう簡単なことではございません。「明るい、可愛い、かっこいい」など、デザインイメージとしてのキーワードではなく、商品の根本にあるコンセプトを表現することが大切です。クライアントから商品について詳しくヒアリングを行い、商品を開発した所以などを聞き出すことで大きなヒントを得ることができるでしょう。 様々な商品の中で、目立つパッケージとは? どんなに優れたデザインでも他の商品と似たようなパッケージとなってしまっては、商品が店頭に並んだ際に目立たず、商品の売り上げに貢献することができないでしょう。 たくさんある商品の中でパッケージを目立つものにするには、ターゲットを絞り込んだデザインになっていることが重要です。男性なのか女性なのか、若い人なのか年配の人なのか、もっと言えばどんな職業の人に、どんなときに買ってもらいたい商品なのかを突き詰めてパッケージをデザインしてみましょう。 消費者が商品棚の前に立った時に、「これは私のためにある商品だ」と思えるようなパッケージこそが人の目に止まりやすく、目立つデザインといえるのです。 ロゴのようなパッケージで企業をイメージさせる 商品を開発・製造する企業にはそれぞれの理念やコンセプトがあり、企業ロゴがそれらを表現しています。パッケージデザインをする際に、そのロゴをうまく用いることで企業の認知度UPにつなげることができます。企業側から、認知度アップやイメージ定着を狙ってロゴの使用を希望してくる場合もあります。こういった場合も、むやみに使ってしまうのではなく、その企業の代表的な商品にのみ採用するなど、きちんと意味を持たせることが大切です。 また、ロゴを使用する際の注意点として、ロゴを商標登録している企業も多く、CI(コーポレート・アイデンティティー)マニュアルが設定されていることがあります。アレンジする場合は事前に企業側に確認を取るとトラブルを未然に防げるでしょう。 パッケージで商品の魅力を伝える 商品を消費者の手元に届けるためには、まずは店頭で消費者の目に留まる必要があります。つまり、その商品の魅力が最大限に引き出されたパッケージ作りになっているかどうかが非常に重要だと言えるのではないでしょうか。 魅力的なパッケージを作るためには、商品の強み、他社との差別化、色や形など、考えうる限り多くの角度からその商品を見つめ魅力を捉えます。そうして抽出された数多くの魅力をベースに、さまざまな表現方法やデザインを考え、その中からもっとも伝えたいポイントがフィーチャーされるものを選ぶのです。 最初は大変かもしれませんが、こうしたパッケージデザインの工程に慣れてくれば1つの商品に対して10案も20案もパッケージのデザインを考案することができ、より魅力的なパッケージを作ることができるでしょう。 消費者に伝えたいメッセージをシンプルなパッケージのデザインにするのは容易なことではございません。しかし、より多くの視点を持って商品と向き合いアイデアを出すことで、仕上がるデザインはきっとどんどんシンプルで魅力的なものになっていくはずです。 「Less is More」という言葉があるように、多くの視点から抽出した要素を、フィーチャーしたいポイントに沿ってそぎ落としていくことで、シンプルかつ魅力が伝わるパッケージデザインを目指してみてはいかがでしょうか。

最新のデザインコンペ

デザイナーとしてステップアップできるお仕事をご用意しています。