集客力をUPさせる看板作りの4つのコツ

shunichi shiga
看板作りのコツ

看板は通行人に店舗の存在を知ってもらい、興味を持ってもらい、足を運んでもらうためのものです。しかし、闇雲に作っても効果はあまり期待できないでしょう。看板を制作する際には設置するのに事前準備など想定しておく必要があり、集客をアップさせるためには戦略的な考え方が必要になってきます。ここではそういった看板作りのコツを丁寧に解説していきます。

看板を制作する前に準備しておきたいこと

看板を制作する前に準備しておく事はいくつかあります。まずは設置場所ですが、設置する場所によって大きさやデザインも変わってくるので、看板を何処に設置するのかを予め考えておきましょう。設置場所の次はそこで何をアピールするための看板なのかを明確にしましょう。看板と一口で言ってもその種類は様々です。お店を宣伝するためのものなのか、それともメニューや料金表を伝えるためのものなのか、事前にハッキリさせておくと作業もスムーズに行えるでしょう。

文字やデザインをお店のイメージに結びつける

看板のデザインとお店のイメージを合致させるのはとても大切な事です。

デザインとイメージを合致

看板の雰囲気を見てお店に入ったのに、想像していたお店と全く違ってガッカリした経験はありませんか?そういう事にならないためにも、お店のイメージに合った看板を制作することを心がけましょう。

ナチュラルな雰囲気のお店なのにカラフルな看板ではイメージと大きくかけ離れてしまうので、看板は黒板を使ったシンプルなのものを選んでもいいでしょう。文字も硬い明朝体などではなく、手書き風の柔らかい書体を選ぶなどして看板のデザインとお店のイメージを結びつけるように心がけましょう。

看板のメリット・デメリットを上手に利用する

看板の制作に関してはメリットとデメリットがあります。まずメリットですが看板を見ればどんなお店なのか、すぐに知ってもらえるということです。

メリットデメリットを意識

例えばカフェであればコーヒーカップを型取った看板を設置していることがあります。歯医者さんであれば歯をモチーフにしたキャラクターの看板を出せば歯医者であることが一目で認識できます。このように通行人に対して業態を知ってもらえる、魅力を感じてもらい誘導できるという大きなメリットがあります。 これに対してデメリットは、コストがかかるということです。自分で設計から型取りまで全て行えば費用もそれほど掛かりませんが、加工する機材などが無ければもちろん用意しなくてはなりません。その場合は業者へ看板のレイアウトや形取りを依頼するという方法を取れば負担も抑えられます。他店と差別化を図った魅力的なデザインの看板でお客様を誘導すれば、看板製作にかかったコストは回収することへ繋がるでしょう。

看板を見て欲しい人のことを考える

どんな人に看板を見て欲しいのか、しっかりとターゲットを絞る事も大切です。若い層をターゲットにしたお店であれば、看板のデザインも流行を意識したりして若い人が好みそうにするのが理想です。

見てほしい人を考える

逆に、年配の人をターゲットにしたお店であれば看板のデザインも落ち着いたものにして、文字の大きさにも気を配り内容はシンプルで分かりやすく明記した方がいいでしょう。このように看板を見て欲しい人の目線で看板を制作することが、狙ったターゲットに対してお店をアピールすることにおいてとても大切です。

集客をアップさせるために必要な看板作りのコツを4つ紹介しましたが、いかがでしたか?
お店の自己アピールだけでなく、お店のイメージを正しく伝え、お客様の目線になって考え、お店に足を運んでもらいたいターゲット層にあったデザインをする。そんな客観的な視点が必要になってきます。これらを事前に考えながら制作していくと集客力のある看板として成功する可能性も高まるのではないでしょうか。

最新のデザインコンペ

デザイナーとしてステップアップできるお仕事をご用意しています。
0%