思わず目が奪われるシンプルデザインの看板を作ろう!

思わず目が奪われるシンプルデザインの看板を作ろう!

街の中にはさまざまな看板があふれていて、どれも色や形、素材など、さまざまな工夫が施されています。カラフルな看板が立てられている賑やかな街では、逆にシンプルなデザインの看板の方が、その中で人目につきやすいこともあります。では、シンプルな看板をデザインするためのポイントを紹介します。   どうしてシンプルデザインの方が目立つのか? 看板は人や建物が集まっている場所に設置されていることが多く、そのデザインは様々です。看板がたくさん設置されている場所では、「カラフルな看板がたくさんあるな」とひとまとめに認識されてしまい、どれも同じような看板だと思われやすくなってしまうので、結果カラフルなのに目立たないということになりかねません。 一方シンプルなデザインの看板は、内容が明確に表現されていることもあり、周囲の看板と差をつけることによって人々の目を引き、注意をひきやすくなります。ただ単に「シンプルであればいい」というわけではなく、掲載されている内容や色使いなど伝えたいことが明確なデザインであることが大事です。   一目で内容がわかる看板づくりを心がける 人が看板を見る時間は、車の運転中で約3〜5秒と言われています。また、歩行者は自分にとって必要な情報しか見ないという調査結果も出ており、ほとんどの人は視界に看板が入ってもその内容までを見てはいないとされているのです。 そんな状態の中では、いかに情報をキャッチしてもらうかが重要となるので、一目見ただけでその看板がどのような内容なのかわかるようにデザインする必要があります。 わかりやすいシンプルなデザインにするためには、内容を1つに絞り込むことがポイントです。例えば企業の認知度を上げたいという依頼ならば、極端なことを言えば、その企業の会社名やロゴを掲載するだけでも十分です。ただし、ロゴだけとは言っても、ロゴの色やフォント、余白のバランスなどを考えながら、より広告として効果的なデザインにする必要があります。   ムダなものを省いて必要最低限の情報を載せる 看板にはたくさんの情報は必要ありません。前述したように、人が看板の内容を捉えるのはほんの一瞬です。たくさんの情報を載せたところで、そのすべてを捉え切れるはずもなく、それどころか一体何を伝えたい看板なのかさえわからなくなってしまいます。 看板というメディアの役割は、人により詳しい情報を伝えるためにあるのではなく、見た人にインパクトを与えることで興味をひくためのツールとして使われることが多いです。クライアントから得た多くの情報の中から「絶対に必要」と判断した情報以外を削除していき、内容や見た目をよりシンプルにすることで、効果的で印象に残る看板に仕上げていくことができるでしょう。   街の景観に配慮した色使いで印象づける 看板や屋外広告を制作したことがある方なら、少なからず「マンセル値の制約」を受けたことがあるのではないでしょうか?1905年にアルバート・ヘンリー・マンセルさんによって考案された「マンセル・カラー・システム」では色を、色相、明度、彩度の三属性に分類しています。現在日本国内で、景観を損なわないために、看板デザインに対してこの三属性に規定を設けている自治体が増えてきています。 「目立つ色を使いたい」とデザイナーが思っていても、看板を設置する場所によってはその色が使えないことがありますので、事前に各自治体のホームページなどで調べておくのがオススメです。 シンプルな看板は、「看板を見る人の立場や心情を想像しながら、より効果的にデザインする」ことが大切なポイントとなります。また、「いかに多くの情報をわかりやすく簡潔にまとめられるか」という面でデザインの訓練にもなるので、ぜひ積極的に挑戦していきましょう。

人を惹きつけるオシャレな看板のデザインとは?

人を惹きつけるオシャレな看板のデザインとは?

看板はお店の場所を知らせるため、そして興味を持ってもらうためにもとても重要な存在と言われています。看板のデザインをより魅力的にするためには、お店のアピールポイントや人気メニューをわかりやすく伝えると同時に、思わず入りたくなるような工夫をすると良いでしょう。今回はオシャレな看板にはどのような種類があるのかを紹介致しますので、看板のデザインを考えている方はぜひ参考にしてみてください。   通行人にアピール!人気メニューは店頭看板で お店の人気メニューをオシャレな店頭看板でアピールすることは、通行人に商品の情報を伝えるだけでなく、お店自体の宣伝にも繋がります。アピールしたい情報を看板にたくさん詰め込みたくなるかもしれませんが、オシャレで人を惹きつける看板はデザイン全体のバランスが重要なので、余分な文章はカットした方がいいかもしれません。 惹きつけられるような見た目の商品なら写真やイラストを使用して仕上げる、もしくは、あえて文字だけを使用してシンプルに仕上げるなど様々なデザイン方法がありますが、一番のポイントはそのお店の雰囲気やコンセプトにマッチした看板であるということです。 お店のイメージカラーが赤なら看板にも赤を取り入れる、または、新鮮なミルクが看板メニューなら清潔感のあるデザインにするなど、看板とお店に大きなイメージのずれがないようにすることがオススメです。   活躍の幅が広がる、A型スタンド看板の使用例 比較的場所を選ばずに使用できるA型スタンド看板は、以下のようなメリットがあります。 店舗から離れた場所に看板を置ける スペースを確保することができれば、店舗から離れた場所でも簡単に設置でき、普段お店の前を通らない人にもアピールすることができます。 両面で広告ができる A型サインの看板は片面のみのタイプもありますが、両面タイプもあります。両面のA型スタンド看板なら、両方向からの通行人にアピールすることができます。また、片面ずつ内容を変えることで、1つのスペースで2つ分の広告を置けることにもなります。 光るA型スタンド看板なら暗い時間帯にも対応 LEDライトが搭載されているA型スタンド看板なら、昼間だけでなく夜の時間帯でも看板が見やすく、広告の効果がアップします。   憧れの黒板を上手に使った手書き看板 カフェやイタリアンレストランなどでよく見かける黒板タイプの看板の魅力は、手書きできる点と、頻繁に内容を変えられる点です。様々な色のチョークでイラストを描いたり、黒板に写真を貼ってチョークで商品の説明をしたり、幅広く使うことができます。 また、外壁に貼る、A型スタンド看板にする、店内に貼るなど、同じ黒板タイプでも使用する場所や黒板の形の種類によって印象が変わります。加えて、店内の壁一面すべてを黒板にするのか、黒板ボードを壁に貼るのかというような、「黒板面積」でも雰囲気が違ってきます。アピールをしたい内容を踏まえて、適切な内容が適切なお客様にアピールできるよう設置するようにしましょう。 いずれにしても、頻繁に看板メニューが変わる、手書き看板のぬくもりが好き、カフェ風な看板に憧れているといったクライアントにオススメできる看板です。   オシャレな突き出し看板で注目度UP オシャレな看板で店の名前をもっと広めたいという要望があるなら、突き出し看板も1つの手法になります。突き出し看板は遠く離れた場所からでも認識することができるので、広告としての効果が比較的上がりやすいです。看板というと四角というイメージを持つ方もいるかと思いますが、丸や三角の突き出し看板もあり、高いデザイン性を求める方や、他の看板と差をつけたい方にオススメです。 また、突き出し看板は基本的に高い位置に取り付けるので、安全面は十分注意して設置をしたいです。定期的に看板をチェックし、ネジの緩みがないか、看板が古くなっていないかを確認しましょう。 A型スタンド看板や黒板タイプの看板、突き出し看板まで紹介してきましたが、いかがでしたか?看板と一口に言っても様々なタイプがあります。店をアピールするためには、まず、どのタイプの看板が効果的なのかを考え、店に通行人を誘導できるようなデザインの看板を作るようにしてみてください。

看板制作を依頼したい!種類別でわかる料金の相場

看板制作を依頼したい!種類別でわかる料金の相場

看板には「屋上看板」「袖看板」「ポールサイン」など十数種類あり、目的や設置番所によって適したものが異なります。屋号を掲載するためか宣伝するためか、設置場所や方法はどうするかによって看板の種類を選ぶことをオススメします。看板の制作を依頼する際、看板の種類や料金相場を事前に把握しておくことで、スムーズに看板制作を進めることができます。そこで今回は、看板制作にかかる料金の相場をご紹介します。   まずは知っておきたい看板の種類と目的 「看板」というと、多くはビルの屋上にある広告の看板や、店舗や会社の屋号が掲げられた看板を思い描くかもしれません。まずは看板の目的と種類を紹介します。 看板を設置する目的は、大きく分けて3パターンあります。①店舗や会社名を掲載するためのもの、②広告宣伝するためのもの、③商品サービスの紹介や来客を誘導するためのものです。 ①店舗や会社名を掲載する看板には、「屋上看板」「袖看板」「ポールサイン」「自立看板」「壁面看板」の他、「木彫看板」や「チャンネル文字」などがあり、②広告宣伝するための看板には「屋上看板」「野立て看板」「壁面看板」「のぼり旗」「アドバルーン」などがあります。そして③商品サービスの紹介や誘導するための看板には「ポールサイン」「スタンド看板」「横断幕」や「タペストリー」が代表的です。   大きさや設置場所によって差がある看板の料金 一口に看板と言っても、種類や大きさ、設置する場所、掲載する内容によって依頼料金が大きく異なります。例えば屋号の場合、ロゴデザインが既にあるのならデザイン料金はさほどかからず、看板の印刷や製作費用、設置費用などがかかる程度でしょう。 一方、広告や宣伝の場合は撮影などが含まれることがあり、10〜50万円程度と制作する内容や広告会社によって見積もり金額に幅が生じます。その他デザイン制作費以外に、看板制作や設置費用、撤去費用、さらに掲載費がかかります。 人通りが多い場所に目立つ看板を設置するとなると料金は高くなりますし、看板を設置する場所や大きさによっては一週間の掲載で数百万円の費用が必要になってくる場合もあるので、事前にしっかりと市場調査や見積もりをして決めましょう。   デザインから設置工事までをスムーズに進めるポイント いざ看板製作を依頼するとき、依頼主が看板について何も決めていない状態で制作会社に見積もってもらうと、想像以上に高い金額となってしまう可能性があります。そこから要件を絞り込んでいくとなると、時間と手間がかかってしまうので、具体的に依頼内容が決まっていない状態の見積もりはオススメできません。 掲載する内容やテーマが既に決まっていて、どんな看板にするかというイメージも考えているのであれば、制作会社からそのイメージや目的に合った提案を受けられます。また予算も事前に伝えておくことで、よりスムーズに制作を進めていくことができます。 例えば、宣伝のための看板ならば、設置したい場所や予算を伝え、掲載したい時期があれば合わせて伝えておくことで、広告場所を押さえやすくなるだけでなく、看板がその設置場所で活かされるようなデザインにしてもらえる可能性が高くなります。 もし作りたい看板のイメージや場所、方法が定まらないのであれば、制作会社と打ち合わせをする際にそれらの提案も依頼しておくことで、効果的な看板づくりにつながります。   費用対効果が高い看板を設置するために 看板を掲げるのは、自社やその商品の認知度アップを図り、売り上げにつなげるという目的があるからです。その目的を果たすためにはどのような看板がもっとも効果的なのか、じっくりと考える必要があるでしょう。場合によっては1枚の看板を作るために高額な費用が生じてくるので、情報収集や市場調査は欠かせません。 「これだけの掲載期間でこれくらい売り上げをアップさせる」など、看板を作る目的をより具体的な数値にして表記することによって、どのような場所にどのくらいの大きさの看板を設置すればいいのかが見えてきます。制作を依頼する前に、看板を設置することで得たい効果を明白にしておくことが、費用対効果の高い看板づくりにつながるのです。   看板は目的や目指す結果によって種類や設置場所を変える必要があり、それによって金額が変わってきます。看板設置の効果は数値にして表しにくいため、具体的にどれくらい効果があるのか、わからないかもしれません。しかし目的に合った場所に看板を設置することで、広告効果は得られやすくなります。今回ご紹介した相場感を基に、目指す結果などと合わせて制作会社やデザイナーに相談してみてはいかがでしょうか。

集客力をUPさせる看板作りの4つのコツ

集客力をUPさせる看板作りの4つのコツ

看板は通行人に店舗の存在を知ってもらい、興味を持ってもらい、足を運んでもらうためのものです。しかし、闇雲に作っても効果はあまり期待できないでしょう。看板を制作する際には設置するのに事前準備など想定しておく必要があり、集客をアップさせるためには戦略的な考え方が必要になってきます。ここではそういった看板作りのコツを丁寧に解説していきます。 看板を制作する前に準備しておきたいこと 看板を制作する前に準備しておく事はいくつかあります。まずは設置場所ですが、設置する場所によって大きさやデザインも変わってくるので、看板を何処に設置するのかを予め考えておきましょう。設置場所の次はそこで何をアピールするための看板なのかを明確にしましょう。看板と一口で言ってもその種類は様々です。お店を宣伝するためのものなのか、それともメニューや料金表を伝えるためのものなのか、事前にハッキリさせておくと作業もスムーズに行えるでしょう。   文字やデザインをお店のイメージに結びつける 看板のデザインとお店のイメージを合致させるのはとても大切な事です。 看板の雰囲気を見てお店に入ったのに、想像していたお店と全く違ってガッカリした経験はありませんか?そういう事にならないためにも、お店のイメージに合った看板を制作することを心がけましょう。 ナチュラルな雰囲気のお店なのにカラフルな看板ではイメージと大きくかけ離れてしまうので、看板は黒板を使ったシンプルなのものを選んでもいいでしょう。文字も硬い明朝体などではなく、手書き風の柔らかい書体を選ぶなどして看板のデザインとお店のイメージを結びつけるように心がけましょう。 看板のメリット・デメリットを上手に利用する 看板の制作に関してはメリットとデメリットがあります。まずメリットですが看板を見ればどんなお店なのか、すぐに知ってもらえるということです。 例えばカフェであればコーヒーカップを型取った看板を設置していることがあります。歯医者さんであれば歯をモチーフにしたキャラクターの看板を出せば歯医者であることが一目で認識できます。このように通行人に対して業態を知ってもらえる、魅力を感じてもらい誘導できるという大きなメリットがあります。 これに対してデメリットは、コストがかかるということです。自分で設計から型取りまで全て行えば費用もそれほど掛かりませんが、加工する機材などが無ければもちろん用意しなくてはなりません。その場合は業者へ看板のレイアウトや形取りを依頼するという方法を取れば負担も抑えられます。他店と差別化を図った魅力的なデザインの看板でお客様を誘導すれば、看板製作にかかったコストは回収することへ繋がるでしょう。 看板を見て欲しい人のことを考える どんな人に看板を見て欲しいのか、しっかりとターゲットを絞る事も大切です。若い層をターゲットにしたお店であれば、看板のデザインも流行を意識したりして若い人が好みそうにするのが理想です。 逆に、年配の人をターゲットにしたお店であれば看板のデザインも落ち着いたものにして、文字の大きさにも気を配り内容はシンプルで分かりやすく明記した方がいいでしょう。このように看板を見て欲しい人の目線で看板を制作することが、狙ったターゲットに対してお店をアピールすることにおいてとても大切です。   集客をアップさせるために必要な看板作りのコツを4つ紹介しましたが、いかがでしたか? お店の自己アピールだけでなく、お店のイメージを正しく伝え、お客様の目線になって考え、お店に足を運んでもらいたいターゲット層にあったデザインをする。そんな客観的な視点が必要になってきます。これらを事前に考えながら制作していくと集客力のある看板として成功する可能性も高まるのではないでしょうか。

最新のデザインコンペ

デザイナーとしてステップアップできるお仕事をご用意しています。