PHSについての基礎知識!スマホや携帯との違いとは?

PHSについての基礎知識!スマホや携帯との違いとは?

スマホの普及によって、かつては会社員が携帯電話と2台持ちしたほど使用されていたPHSは、近年その姿を失いつつあります。しかし料金が安く、使いやすいことから、会社や医療機関、高齢者などの間でまだまだ需要があります。 若い世代には少し縁遠い存在となったPHSにはどんな機能があるのか、そしてスマホや携帯電話とどのような違いがあるのでしょうか? 今ではあまり見なくなった「PHS」とは一体何なのか — PHSとは「Personal Handy-phone System」の略で、簡易型携帯電話のことをいいます。 一般電話回線からPHS用のアンテナを引いて使用するため、家庭用のコードレスフォンを外出先でも使えるようにしたのがPHSの始まりです。 そのために、近距離での通話を得意としていて、携帯電話と比較すると音質も良く、料金も安く抑えられています。また端末が発する電磁波が微弱で、端末価格や基本料金、通話料金も安いので、スマホが普及した現代でも医療施設内や会社内などで利用されていて、まだまだ需要はあります。 スマホや携帯電話との違いは何? — 一方、スマホとは、多機能電話のことをいいます。2010年頃から一般向けに急激に普及し、今では日本人の2人に1人は持っていると言われています。電話やメール、インターネットは当然のことながら、指で操作ができるのが特徴で、アプリの種類もどんどん増えており、インターフェイス・デザインもさまざまです。携帯する小さなコンピューターのような存在として、世界中で広く使われています。 携帯電話は、スマホが普及してから「ガラケー」とも呼ばれています。 インターネットもできますが、電話とメールに特化していて、アプリに対応しないものがほとんどです。一見PHSとの区別がしにくい端末もありますが、電話する際に使用できるエリアがPHSよりかなり広いところが最も大きな違いといえるでしょう。 PHSはどんな場面で活躍するのか? — PHSは遠距離になるほど料金が高くなり、場合によっては携帯電話よりも通話料金が高くなってしまうので、近距離の連絡や長電話するときに活用されていることが多いのが現状です。例えば近所に住んでいる者同士が頻繁に長電話をするのなら、スマホや携帯電話よりもPHSの方がずっと安く使えるので、とても便利です。 また、端末から出る電磁波が微弱なので、電磁波に弱い医療機器が置かれている病院などの医療施設にはうってつけの通話機器となっています。 さらにスマホ1台の使用料金が月額10,000円以上かかるのに対して、PHSは月額2,000〜3,000円程度と非常に安いので、普段、頻繁にアプリやインターネットを使用することのない方や2台持ちしたい方に適しているでしょう。 進化するPHSのデザインとユーザーインターフェイス — Y!mobile「Heart 401AB」、プレスリリースより さて、PHSといえばモニターが小さめでテンキーが独立しており、スマホと違ってタッチパネルではないのが一般的なデザインなのですが、昨今、そのデザインに変化が訪れているようです。 2015年、通話のみの機種として発表されたPHS「Heart 401AB」は女性利用者をターゲットにしたハートのデザイン。テンキーがなく、タッチセンサーで操作するモデルで、ハート型からストレート型にひねるだけで通話ができるというとてもシンプルなものです。 このように、必要最低限の機能だけを搭載し、デザインを重視する機種があるのもPHSのおもしろみです。新たなデザインや技術をもって、PHSもスマホ同様に日々進化していくでしょう。 インターネットやゲーム、写真撮影など、さまざまなアプリに対応するスマホは、よりスマートなデザインに進化していくでしょう。一方で、PHSはよりシンプルに、より使いやすくなるようにデザインやユーザーインターフェイスがどんどん変化していくのかもしれません。

見やすく使いやすいスマホサイトを作る方法とは?

見やすく使いやすいスマホサイトを作る方法とは?

スマホサイトをデザインするにあたり、見やすく使いやすいサイトにすることはとても大切です。しかし、そういうスマホサイトを作るのは難しいと思っている方もいるのではないでしょうか? 実は、見やすく使いやすいスマホサイトを作るコツは存在します。そんなユーザビリティの優れたスマホサイト作成のルールとテクニックをご紹介します。 ユーザエクスペリエンス(UX)を意識する 昨今、使いやすいスマホサイトを作る上で、UI(ユーザーインタフェース)デザインと同じく、UX(ユーザエクスペリエンス)デザインが重要視されています。 UXデザインとはどういう意味かご存知でしょうか?UXデザインとは、ユーザーがサービスを使用した時にポジティブな体験・満足を得られるよう、サービスの使い勝手を良くすることです。つまり、視覚的なデザインだけではなく、サービスを利用したときにユーザーが受ける印象(気持ち)まで考える必要があります。 難しそうに思えるかもしれませんが、UXにもトレンドがあります。トレンドを探るには現在人気のスマホサイトを観察することがとても大切です。人気のサイトをたくさん訪問して、流行っているUXデザインとはどういうものなのかを研究してみてください。   スマホの画面にコンテンツを最適化する スマホの画面はPCに比べると小さく、PCと同じ情報量を一度に表示させると見にくくなってしまいます。したがって、見やすく使いやすいスマホサイトを作るには、スマホの画面に最適化したデザインにすることが重要になります。 ではスマホの画面に最適化するとはどういうことでしょうか? それは、縦長であるスマホの画面に合わせ、それぞれの要素を縦に積み上げたデザインにすることです。こうすることで内容がわかりやすく、小さくて縦長の画面にぴったりのレイアウトになります。 これはスマホサイトをデザインするうえで基本的なテクニックになりますので、縦に積んでいくことを意識して最適化を試みてください。 表示スピードが速く、軽いスマホサイトに 使いやすいスマホサイトの条件の1つに、表示スピードが速く、軽いスマホサイトということがあります。軽いスマホサイトに仕上げるには、配置する画像素材は必要十分なサイズまで圧縮してすることが重要です。 また、動的なスクリプトを組み込みすぎても読み込みが遅くなる原因になるので、そういった演出は必要最低限に留めるのが得策といえます。どんなに面白い構造のスマホサイトをデザインしても、読み込みに時間がかかってしまっては、ユーザーにストレスがかかり本末転倒です。 やりたいことをすべて組み込むのではなく、不必要な要素は出来る限り省いて、表示スピードが速く、軽いサイトに仕上げることが、結果的にユーザーを満足させる使いやすいスマホサイトになるということは理解しておきたいポイントです。   ボタンの影は1ptに設定して浮き立たせる スマホサイトを見やすく使いやすいものにするデザイン手法として、ボタンには1ptのドロップシャドウを入れるのがオススメです。これにより、ユーザーはボタンの判別がつきやすくなります。スマホサイトでも他のオブジェクトとボタンにあまり大きな区別を付けず、出来る限りシンプルな見た目にするのが最近のトレンドのようですが、それぞれの要素を差別化してサイトの構造を見やすくすることはとても大切です。 トレンドを押さえるのも重要ですが、それに流されるばかりではなく、ユーザー目線でデザインすることを心がけていきましょう。 以上が見やすく使いやすいスマホサイトを作る方法になります。その時その時のトレンドばかりを追いかけるのではなく、操作性を良くすることこそがユーザーの満足度を向上させる近道になるので、今回ご紹介したルールとテクニックを日々意識して活用してみてください。

シンプルなスマホサイトを作って、ユーザビリティを高めよう!

シンプルなスマホサイトを作って、ユーザビリティを高めよう!

現在スマホサイトのトレンドはシンプルなデザインに流れており、ウェブ系デザイナーにとっては押さえておくべき基本だと言えるのではないでしょうか。 シンプルなデザインはユーザビリティに優れており、利用者にとって好感度の持てるデザインだとされています。本記事では、そんなデザイナーとして絶対に習得しておきたい、シンプルなスマホサイトを作成するコツをご紹介します。 ユーザーはシンプルなものを求めている 現在シンプルなのがトレンドだということもありますが、一般的にシンプルなデザインのスマホサイトはユーザーにとっても操作がしやすく、親しみやすいものだと言えます。操作がしやすく、親しみやすければ自然とそのサイトに好感が生まれます。その結果、訪問者数が増えリピート率も高まるのではないでしょうか。 アーティスティックで色々な仕掛けを施した、独創的なスマホサイトもとても魅力的ですが、ユーザーのニーズに応えたシンプルなデザインに仕上げることが必要なのではないでしょうか。   わかりやすいデザインのコツはユーザーの立場に立つこと スマホサイトを作成するに当たり、絶対に押さえておきたいポイントが、ユーザーが操作しやすいものを作り上げるということです。もちろんデザインも重要なのですが、サイトの目的はユーザーに情報を提供することなので、操作性の良さが一番重要だと言えます。そういった、ユーザーが操作しやすく、わかりやすいデザインにするには、ユーザーの立場に立って考えてみる必要があります。 「デザインを作った本人がわかりやすいサイト」=「ユーザーがわかりやすいサイト」ではないことを念頭に置いて、一度デザインができた後に、家族や友人などの出来るだけデザインの知識がない人に一度見てもらうのがよいでしょう。制作側が見落としがちなユーザー目線の意見を聞くことができるので、とてもオススメの方法です。 気をつけたいのはフォントのサイズとボタンの配置 シンプルでわかりやすいスマホサイトを目指すのであれば、フォントのサイズとボタンの配置に気を付けなければいけません。そのために必要なのは、他のシンプルでわかりやすい優れたスマホサイトを観察し、どのようなフォントを採用していて、それぞれの要素の配置はどうなっているのか、ある一定の規則が存在しているはずです。つまりルールを設けて、それにそって制作することが大切なのです。 フォントのサイズやボタンの配置はもちろんのこと、その他のオブジェクトのマージンやパディングなどについても、一定のルールを作るのがよいでしょう。   シンプルで使いやすいスマホサイト参考例 シンプルで使いやすいスマホサイトを作る上で大切なことは、優れたデザインのスマホサイトをよく研究することです。 では、どういったスマホサイトを研究すればいいのでしょうか。優良な参考資料として、ITサービスや大手機器メーカーなどのスマホサイトが挙げられます。こういった業界はシンプルでわかりやすいスマホサイトを積極的に採用している傾向があります。前述で触れたように、しっかりと要素ごとのルール決めがされているので、細かい部分までよく観察してみてください。 参考企業 GMOインターネット株式会社:https://www.gmo.jp/ また、デザイン会社のサイトも見てみるといいでしょう。デザイン会社のサイトは、それ自体がポートフォリオのような役割を果たしているため、各社かなり力を入れて制作しています。よって自然とクオリティの高いものが多く、とても参考になります。 参考企業 Cuna Design:http://www.cuna-design.com/ いかがでしたか?以上がシンプルでわかりやすいスマホサイトを作るコツになります。 ユーザー目線でデザインを決めていき、要素ごとにルールを決めることが大切です。積極的に色々なスマホサイトを観察し、是非わかりやすく利用者からの好感度が高いスマホサイトを作ってみてください。

気になる!スマホサイトのデザイン制作料金の相場はどのくらい?

気になる!スマホサイトのデザイン制作料金の相場はどのくらい?

スマホユーザーの増加と共に、スマホ対応サイトを立ち上げる企業や店舗も増えてきています。スマホサイトを作りたいけれど、どんなメリットがあるのか?また、発注から完成までどの位の費用がかかるのか?作成依頼をした時に陥りやすいトラブルや回避のためのポイントなどをご紹介していきます。   スマホサイトを制作するメリットとは 最近ではスマホを使ってインターネットを閲覧するユーザーがPCユーザーを上回りました。特に若年層はスマホの利用率が高く、この世代をターゲットにしている場合スマホサイトの制作をオススメします。SEO対策としてもスマホサイトは有効で、Googleは2015年4月から検索ランキングを決めるアルゴリズムの要素の1つとして、スマホに対応している必要があると発表しました。これをモバイルフレンドリーと呼び、スマホから閲覧した時にユーザーが使いやすいサイトなのかどうかを判断するものです。例えばスマホで見た時にPCページの状態だったり、文字が小さすぎるという場合にはスマホでの閲覧に支障をきたすため、モバイルフレンドリーではないという判断が下されます。その結果、検索ランキングを下げる要因の1つになってしまいます。今後も更にスマホからの利用者が増加すると考えられておりますので、スマホ対応のサイトを制作して他社との差をつけましょう。 スマホ非対応だとPCサイトが縮小されて表示されてしまう PCサイトとスマホサイトでは設計が異なります。スマホ非対応のサイトをスマホで閲覧するとページがPCサイトのまま画面に収まって表示されます。 このようなページでは閲覧者がズームしたり、ページ全体を追ったりするなど煩わしい操作が必要になる為、サイトを離脱してしまう可能性が高まります。これに対してスマホに対応しているサイトは、予めスマホで閲覧するという事を前提に設計されており、上下へスクロールするだけの操作がしやすいレイアウトとなっています。 見出し発注から完成まで、依頼料はどのくらいかかる? スマホサイトの制作を依頼した時にまず気になるのは依頼料ですが、おおよその相場は以下になります。 企画費用(50,000~180,000円程度) サイトデザイン費用(50,000~150,000円程度) 下層ページ1Pあたり(15,000~25,000円程度) 業者によって料金設定などの違いがあり、例えば1つ目の「企画費用」だと、業者によっては費用が発生しないところもあります。業者の選定には単に料金だけで判断せず、過去の実績などを考慮して見積もり相談するとよいでしょう。 トラブル回避のためのポイントとは スマホサイト作成を依頼後、製作中によく発生するトラブルとして挙げられるのは料金です。デザインの追加や修正等で追加料金がかかる事の説明を受けていない、聞き逃していたなどがあり、トラブルになってしまう例があります。見積もり時にデザインの追加や変更、修正などで料金が変わるのかを必ず確認しておきましょう。 納期に関してのトラブルも注意が必要です。追加や修正等が発生して当初予定していた納期を過ぎてしまった時、どのような対処を行うのかを予め話し合っておくといいでしょう。 また、サイトが完成した後の運用や維持についても、見積もりの段階で確認しておくことがトラブル回避に繋がります。   スマホサイトを作るメリットや費用の相場、トラブル回避のポイントなどを紹介してきましたが、いかがでしたか?これからスマホサイトの依頼を考えているけれど、料金の相場が分からないという方は是非この記事を参考にしてみてください。まずは幾つかの業者の実績や作品などを見て、納得のいくデザインやイメージを考えた上で、予算とすり合わせていくとより良いスマホサイトが完成するでしょう。

こんなスマホサイトを作りたかった!ハイクオリティデザインの4つのポイント

こんなスマホサイトを作りたかった!ハイクオリティデザインの4つのポイント

デザイナーなら「より多くの人の目に触れるものをデザインしたい」と一度は思ったことがあるのではないでしょうか。今やスマートフォンは多くの人が所有しており、私たちの生活になくてはならないものとなりつつあります。優れたスマホサイトを作ることができれば、多数のアクセスを獲得できる可能性が高くなります。本記事では、多くの人の注目を集めるハイクオリティなデザインのための、スマホサイト作りの4つのポイントをご紹介します! ユーザー目線を意識したレイアウト まず、最も基本的なポイントがこちら。デザイナーとして必ず意識しておきたいのは、「ユーザー目線」ではないでしょうか。 スマホサイトの場合、ユーザーはスマートフォンからアクセスし、サイトを閲覧します。 では、そのユーザーはどういった環境、心情でそのサイトを閲覧するのでしょうか? 例えば通勤電車の中で閲覧されるサイトと、カフェでゆっくりと過ごしながら閲覧されるサイト。 ユーザーの求めているデザインは異なりそうですよね。 このように、デザイナーにはターゲットとなるユーザーを想像しながら、それぞれのニーズに合わせたデザインをつくることが求められます。   一目でテーマがわかるデザインにする 二つ目のポイントは、一目でテーマが伝わるデザインにすることです。 スマートフォンで閲覧できる画面は、PCや雑誌などよりも小さなサイズに限られてしまうため、そのサイトのテーマがひと目でわからないと、ユーザーは混乱してしまいます。「このサイトは何の情報をくれるのだろう」とひと目でわかるようなデザインであれば、 ユーザーが利用しやすいのでサイトのアクセス数は増加し、滞在時間も長くなるのではないでしょうか。 画像とコピーのテーマは一致させる 三つ目のポイントは、コンテンツについてです。 スマホサイトをデザインするときには、多くの人が画像を使うのではないでしょうか。 ビジュアルによってユーザーの理解を助けるためにも、非常に効果的ですよね。 ここで大切なのが、画像とコピーのテーマをしっかりと一致させることです。画像とコピーとの間にテーマのズレがある場合、ユーザーには違和感や混乱が生じます。画像を使う場合、「コピーのテーマを的確に表現できているだろうか」という点から客観的に見直して、デザインに一貫性のあるサイトを作りましょう。   トレンドサイトはモジュール式で作る 最後は、トレンドサイトのデザインについてのポイントです。 スマホサイトは大きくいくつかに分類することができますが、最近注目されている中の1つが、トレンドサイトではないでしょうか。トレンドサイトを作る場合は、ブロックのようなグリッドで構成するモジュール式で作るのがオススメです。なぜなら、ユーザーが容易にコンテンツを理解できるようになるからです。トレンドサイトは頻繁に新しい情報が追加されていきます。これらの情報を追加する度にバラバラのフォーマットで掲載していては、ユーザーが1つ1つのコンテンツのテーマや内容を理解するのに時間がかかり、ストレスを感じてしまいます。 整理し、型を決めてデザインすることで、ユーザーはストレスなくコンテンツを選び、閲覧できるようになるのです。 いかがでしたか。ハイクオリティなデザインのスマホサイトを作るために、知っておくべき4つのポイントをご紹介しました。これらをベースにそれぞれのデザイナーの好みや特徴を活かすことで、オリジナリティのあるスマホサイトになっていくでしょう。 これらのポイントをおさえ、よりハイクオリティなスマホサイトを目指して設計を考えてみましょう。

最新のデザインコンペ

デザイナーとしてステップアップできるお仕事をご用意しています。