シンプルなステッカーデザイン

ステッカーは、色々な企業で使われる販促ツールの1つです。企業の特色が強く出るためブランドアピールにはとても効果的で、収集家も多いのが特徴といえます。
カバンやスケートボード、スノーボード、PCや手帳など様々な場所に貼られ、愛されるステッカーの多くはシンプルである傾向が強く、それを貼ることで好みを主張できるものである場合が多いです。今回は、シンプルでありながら人を惹きつけ愛されるステッカーを作成するコツをご紹介していきます。

ワンポイントで作るシンプルなステッカー

ワンポイントのステッカー

ステッカーの中でもポピュラーなワンポイントステッカー。こちらは企業ロゴやブランドロゴ、アニメキャラクターなどをモチーフに、1つの絵や模様でシンプルにステッカーを作る方法です。このワンポイントステッカーの優れた点は、どんな絵や模様でも違和感なく作成できる点です。ノベルティや企業の配布物で配られるステッカーで一番多いタイプでもあります。
また、アイキャッチが良く手にした人が気軽に貼ることが出来るため、宣伝効果も高く人の目に触れる機会が多いのも特徴の1つです。

装飾を削ぎ落としすぎないシンプルなデザイン

装飾とシンプルデザイン

ワンポイントのステッカーがあれば、色々な情報を盛り込んだステッカーも存在します。そんな様々な種類の中で手にとってもらうためには、シンプルな装飾であることが条件の1つと言えます。しかし、あまりにシンプルすぎると、今度は伝えたい情報が不十分だったりちょっと物足りないデザインになってしまう場合があります。そうならないためにも、「絶対に削ってはいけない情報」を先に決めておく必要があります。
模様1つでステッカーを制作することでシンプルさを演出できます。しかし、そこに文字を当てはめることでよりステッカーとしての魅力が増す場合があります。文字と模様や絵柄のバランス、色、大きさなど考慮したうえでデザインすることで、伝えたい情報が盛りこまれたシンプルかつスタイリッシュなステッカーを作ることができます。

ステッカーチューンを考えてシンプルなデザインへ

ステッカーチューンを意識

実際にステッカーを貼る人たちの特徴として、自分好みの作品に仕上げたいという方が多く存在します。このステッカーを貼ることで自分独自の表現をすることを、ステッカーチューンといいます。周りからは適当に貼っているように見えるステッカーも、実は色や全体のバランスなどを熟考して配置されている場合が多いです。つまりデザイナーは人の手に渡るところまでではなく、渡ったあと、どういう場所に貼られ、その場合どういう見栄えになるのかをイメージしながら制作する必要があるということです。
有名人でも私物などに貼る方も多く存在し、その人たちが使用する事でとてつもない宣伝効果を生みます。実際に制作してみて物に貼った時にどういう風に見えるのか、どういう印象を与えたいのかをしっかりイメージし、デザインに起こしてみると実際に使用される頻度も高まるでしょう。

フラットデザインでシンプルなステッカーを

フラットデザインのステッカー

Webデザインなどでよくあるフラットデザインの技術を、ステッカーでも利用することができます。
文字や絵柄を一緒に入れたいとき、注意をひいて何かを訴えたいときによく使われます。このフラットデザインの特徴は、色々な表現を1枚に収めシンプルに見せることが出来る点にあります。他の形式ではごちゃごちゃしてしまうデザインも、フラットデザインにすることですっきりしたシンプルなデザインにまとめることができます。文字や模様、絵柄など色々取り入れたいときに是非とも試してみてください。

ステッカーの種類

今回、シンプルでありながら人を惹きつけるステッカーの種類と制作のコツをご紹介致しました。実際に貼られた際のイメージや他のステッカーと合わせた時のことも考慮するとより良いデザインが仕上がると思います。また、伝えたい内容をシンプルにまとめることで、人をひきつけ手にとってもらいやすくなることでしょう。是非ステッカー作りの際の参考にしてみてください。