クライアント意図が表現された、貼りたくなるステッカーを作るコツ

クライアント意図が表現された、貼りたくなるステッカーを作るコツ

ノベルティステッカーは貼ってもらうことで宣伝効果を発揮します。しかしながらせっかく貼ってもらっても、クライアントのアピールしたい商品やサービスについて、ステッカーを見た人の印象に残らなくては意味がありません。ここでは貼られたときに注目されやすく、クライアントの意図した情報が見た人に伝わりやすいステッカーを制作するコツを紹介します。 ヒアリングを丁寧に行いイメージの共有 — クライアントから「かっこいいステッカーを作ってください」と注文された場合、クライアントとデザイナーで感じる「かっこいい」が違うことがよくあります。クライアントの意図する要素を把握することが大切です。そのためにヒアリングを行います。内容は、告知対象商材、利用方法、配布方法、ターゲットの年齢層、性別を確認し、目的を明確にします。 次に、目的に合わせてデザインの方向性を決めていきますが、イメージを統一するために、参考になるステッカーやデザインがないかクライアントに確認してみましょう。 参考デザインをもとに「シンプルに、明るく、遊び心のある」などの単語を引き出し、双方でイメージを共有しながら制作に取りかかれば、クライアント意図を反映したステッカーに近づくことが可能になります。 余白や文字の表現を工夫する — クライアントの要望をヒアリングできたら、いよいよ制作に入ります。クライアントの意図を汲みとり制作する上で考えるのが構図です。構図を考える際にどの位置に何を置くかで印象がだいぶ変わってきます。一筆書きなどを用いると、力強い躍動感がありながらもシンプルで、ステッカーにしたときユニークで目に止まりやすいという特徴があります。そして、デザイン制作の過程で発生するステッカーのカットパスの制作が比較的簡単にできます。 カットパスとはステッカーの外形をカットするためのラインのことです。デザインの外形をオフセットすることでカットパスを作ることが出来るため、ムダな余白がない洗練されたステッカーデザインを簡単に作ることが可能になり、見た目のスタイリッシュさが上がりますので試してみてください。 ステッカーの形状で表現力を上げる — デザイン by Beatrice Menis & Mara Rodríguez ステッカーを制作するときに丸型・角型ばかりでデザインしていませんか?ステッカーの形状は丸型や角型にこだわる必要はありません。例えば、型抜きステッカーを採用することで、クライアントの要望に沿ったより魅力的なステッカーに近づけるかもしれません。 型抜きステッカーの利点は、ステッカーを好みの形状に出来ることです。丸型や角型のステッカーではデザインに制限がありますが、型抜きステッカーであれば、吹き出し型、人物の型、花の型、動物の型など自由に表現がすることが可能です。丸型や角型が多く陳列されている場では、注目される可能性は十分に高いでしょう。 形状、デザイン手法にとらわれず、貼りたくなるステッカーを制作しましょう。 お気に入りのアイテムにも貼りたくなるステッカーに — デザイン by ghozai ノベルティとして配布されるステッカーは、お客さんやファンの私物に貼ってもらい、それによる宣伝効果を期待して配られます。どこに貼ってもらえるかを想定し、手にした人が貼りたくなるデザインが求められます。商品の価格や、「株式会社◯◯」と大きく書かれた、広告と一目でわかるステッカーでは私物に貼ってもらえる可能性は低くなるかもしれません。 クライアントはもちろんのことデザイナー自身も、「自分の私物に貼りたくなる」デザインを十分ヒアリングを行い制作していきましょう。 クライアントの意図を具現化したステッカーを作るためには、ヒアリングをしっかりと行いその上でステッカーを手にした人が貼りたくなるデザイン・形状を心がけましょう。ステッカーは貼ってもらうことでその役割を果たすということを忘れないようにしてください。

シンプルなステッカーで人を引き付けるには

シンプルなステッカーで人を引き付けるには

ステッカーは、色々な企業で使われる販促ツールの1つです。企業の特色が強く出るためブランドアピールにはとても効果的で、収集家も多いのが特徴といえます。 カバンやスケートボード、スノーボード、PCや手帳など様々な場所に貼られ、愛されるステッカーの多くはシンプルである傾向が強く、それを貼ることで好みを主張できるものである場合が多いです。今回は、シンプルでありながら人を惹きつけ愛されるステッカーを作成するコツをご紹介していきます。   ワンポイントで作るシンプルなステッカー ステッカーの中でもポピュラーなワンポイントステッカー。こちらは企業ロゴやブランドロゴ、アニメキャラクターなどをモチーフに、1つの絵や模様でシンプルにステッカーを作る方法です。このワンポイントステッカーの優れた点は、どんな絵や模様でも違和感なく作成できる点です。ノベルティや企業の配布物で配られるステッカーで一番多いタイプでもあります。 また、アイキャッチが良く手にした人が気軽に貼ることが出来るため、宣伝効果も高く人の目に触れる機会が多いのも特徴の1つです。   装飾を削ぎ落としすぎないシンプルなデザイン ワンポイントのステッカーがあれば、色々な情報を盛り込んだステッカーも存在します。そんな様々な種類の中で手にとってもらうためには、シンプルな装飾であることが条件の1つと言えます。しかし、あまりにシンプルすぎると、今度は伝えたい情報が不十分だったりちょっと物足りないデザインになってしまう場合があります。そうならないためにも、「絶対に削ってはいけない情報」を先に決めておく必要があります。 模様1つでステッカーを制作することでシンプルさを演出できます。しかし、そこに文字を当てはめることでよりステッカーとしての魅力が増す場合があります。文字と模様や絵柄のバランス、色、大きさなど考慮したうえでデザインすることで、伝えたい情報が盛りこまれたシンプルかつスタイリッシュなステッカーを作ることができます。   ステッカーチューンを考えてシンプルなデザインへ 実際にステッカーを貼る人たちの特徴として、自分好みの作品に仕上げたいという方が多く存在します。このステッカーを貼ることで自分独自の表現をすることを、ステッカーチューンといいます。周りからは適当に貼っているように見えるステッカーも、実は色や全体のバランスなどを熟考して配置されている場合が多いです。つまりデザイナーは人の手に渡るところまでではなく、渡ったあと、どういう場所に貼られ、その場合どういう見栄えになるのかをイメージしながら制作する必要があるということです。 有名人でも私物などに貼る方も多く存在し、その人たちが使用する事でとてつもない宣伝効果を生みます。実際に制作してみて物に貼った時にどういう風に見えるのか、どういう印象を与えたいのかをしっかりイメージし、デザインに起こしてみると実際に使用される頻度も高まるでしょう。   フラットデザインでシンプルなステッカーを Webデザインなどでよくあるフラットデザインの技術を、ステッカーでも利用することができます。 文字や絵柄を一緒に入れたいとき、注意をひいて何かを訴えたいときによく使われます。このフラットデザインの特徴は、色々な表現を1枚に収めシンプルに見せることが出来る点にあります。他の形式ではごちゃごちゃしてしまうデザインも、フラットデザインにすることですっきりしたシンプルなデザインにまとめることができます。文字や模様、絵柄など色々取り入れたいときに是非とも試してみてください。 今回、シンプルでありながら人を惹きつけるステッカーの種類と制作のコツをご紹介致しました。実際に貼られた際のイメージや他のステッカーと合わせた時のことも考慮するとより良いデザインが仕上がると思います。また、伝えたい内容をシンプルにまとめることで、人をひきつけ手にとってもらいやすくなることでしょう。是非ステッカー作りの際の参考にしてみてください。

思わず二度見してしまうオシャレなステッカーデザインとは?

思わず二度見してしまうオシャレなステッカーデザインとは?

企業プロモーションにおけるステッカーは、①手に入れた人が貼りたくなる、②それを見た人の印象に残るという2つのステップかクリアできて成功と言えるでしょう。思わず二度見してしまうようなインパクトのあるステッカーデザインは少し難しく感じる方もいるかもしれません。今回はオシャレでかっこいいステッカーのデザイン例を紹介するので、ぜひアイデアソースとしてぜひご活用ください。 奇抜で印象に残るステッカーのデザイン 「印象に残る」ステッカーにするなら、まず考えたいのは単純にインパクトの強い奇抜なデザインです。道ですれ違う人が「ねえ、今の見た?」と思わず話題にしてしまうようなデザインが理想的でしょう。こういったデザインは、まさにアイデア勝負と言えるかもしれません。 ホラーテイストやお笑い路線、意図的に昭和レトロなデザインにするのも1つの手法。アメリカンコミックのような躍動感あふれる文字や、キャラクターの表情を強烈にしてみるなど、いろいろなバリエーションに挑戦してみましょう。   駄洒落調の韻を踏んだステッカーデザイン 「話題になる」という側面にフィーチャーするなら、韻を踏んだ駄洒落をステッカーで表現するのもオススメです。このようなステッカーをデザインする際は、駄洒落となるコピーとキャラクターデザインのバランスをうまくとることがポイントです。 例えば、「捨てッカー」というステッカーなら、ゴミ箱のイラストを添えて汚れたイメージの文字デザインをレイアウトすれば、その統一感が面白さを引き立てます。よく知られている企業名やブランド名をステッカーにするなら、そのネーミングを駄洒落にしても良いかもしれませんが、まだブランディングができていない場合は駄洒落が通じにくいので、この案は避けた方が賢明でしょう。   ステッカーチューンを考えたオシャレなデザイン 今、車やバイク、スノーボード、パソコン、カメラ、スーツケースなど、手持ちのアイテムにステッカーをコラージュしてカスタマイズする「ステッカーチューン」が一部の男性の間で人気です。どんなステッカーを集めてどう貼るかによって、まったく違った表情を見せられます。このようなステッカーチューンの愛好家に使用されれば、露出機会が増え、プロモーションとしても効果が期待できるかもしれません。 ステッカーチューンには「オリジナルデザインを活かしてきれいに貼る」パターンと、「あくまで素材として重ね貼りする」パターンがあります。プロモーションを目的とするならば、前者として活用してもらう方が望ましいでしょう。 ステッカーチューン愛好家をターゲットとして意識する場合は、車やカメラといったハードなアイテムに似合うロゴや、男性が好みそうなかっこいいステッカーデザインが適しています。また愛好家の方は、貼る時に色のバランスを見てステッカーをチョイスする傾向があるため、ステッカーデザインの際に他社のステッカーであまり使われていない色をセレクトするのもオススメです。   グラフィティ・タギングから学ぶステッカーデザイン ニューヨークのブロンクスで発祥したヒップホップカルチャーの中でダンスや音楽と並ぶ「グラフィティ・タギング」というものがありますが、これはスプレー缶やペイントで壁に絵やロゴなどを描いていくアートの1つです。 タギングで描かれた個性的な文字は、ファッションブランドのロゴのモチーフになっていることも多く、「オシャレでかっこいい図案」として一部の層から根強い人気があります。Tシャツやキャップのワンポイントとしても愛されているタギング風のロゴステッカーは、タギングが好きな人に使ってもらえる可能性が高いので、企業やブランド名をタギング風にレタリングしたデザインにしてもいいでしょう。 いくつかステッカーデザイン例を紹介しましたが、「思わず二度見するステッカー」のアイデアソースにしていただけたでしょうか?ステッカーをプロモーションのツールとする際は、ユーザーに「かっこいいと感じてもらい、貼ってもらう」ことが肝心なので、身近にある人気モチーフを参考にしたデザインがオススメです。自分も身につけたくなるような、オシャレなステッカーを生み出してみてください。

人を惹きつけるステッカーを依頼するときの料金相場

人を惹きつけるステッカーを依頼するときの料金相場

企業やサービスのブランディングからノベルティまで、プロモーションでの応用範囲が広いツールである「ステッカー」。人々が貼りたくなるデザインであることが前提のツールであるため、発注する仕様やデザイン費用の設定がプロモーションの成果を左右します。今回は、人を惹き付けるステッカーのデザインを依頼する際の料金相場について紹介します。 ステッカーの相場はサイズで変わる? ステッカーのデザイン費は制作会社やデザイナーの方によって異なり、ステッカーのサイズを基準にすることもありますが、必ずしも大きさだけで料金が決まるというわけでもありません。ステッカーの加工業者への費用は仕様や大きさと連動することが多いようですが、デザイン発注の適正価格は「プロのセンスやデザインクオリティに払う対価」と「作業工数(デザイナーの手間と時間)」に比例します。 パンフレットなどのグラフィックデザインの料金が、「A4サイズ1ページでいくら」というようにサイズやボリュームが単位としてよく使われているのは、作業工数が関係しているのが理由の1つです。 ステッカーデザインの場合は、よほど特殊な例でない限り、サイズが異なっても作業工数は大きく変わりません。サイズよりも「作業工数がわかるように要件定義を明確にする」ことがスムーズな価格交渉のコツとなります。料金相場の目安としては、1つのデザイン案で10,000円前後を想定しておくとよいでしょう。   「どこに」「どんなふうに」を明確にする ステッカーと一口に言ってもその目的は様々ですが、企業プロモーションにおいてステッカーが活用される場合は、一般的に「ブランディング」と「ノベルティ」の2つに分けられます。 「ブランディング」の場合はイメージアップやブランド認知が主な目的となり、企業や商品のロゴ、キャラクターなど、企業に関連したイメージをユーザーに印象づけられるデザインであることがポイントです。ロゴやキャラクターなどのデータをデザイナーの方に提出できるのであれば、デザイナーによる完全なオリジナルビジュアルよりも、料金相場は低くなります。 一方「ノベルティ」の場合は、キャンペーン特典やPRなどに使われるため、人々がより「欲しくなる、貼りたくなる」デザインにすることが大切です。その場合、デザイナーの方にロゴやキャラクターをデザインしてもらうことが必要となってくるかもしれないので、高めに予算を設定するといいでしょう。 どのような目的でステッカーを制作するのかをデザイナーの方に明確に伝えることで、より目的にマッチしたステッカーデザインにつながっていきます。   コンセプトをきちんと伝えて誤解のないデザインに 「このステッカーはブランディングなのか?ノベルティなのか?」と言った目的を明確にするのはもちろん、その他に「ターゲットと配布方法」についてもデザイナーの方に伝えましょう。どのような人にどう渡されるステッカーなのか、そしてそのコンセプトは何かをデザイナーと共有することで、スムーズに打ち合わせができるでしょう。 例えば、IT業界で働くビジネスマンをターゲットにしたブランディング目的のステッカーであれば、ノートPCに貼れるようなかっこいいステッカーを駅で配布する。また、女子高生をターゲットにしたノベルティ目的なら、スマホやノートに貼れるかわいいキャラクターのステッカーをアンテナショップとのコラボで進呈するなどです。 これらの例のように具体的にプランが決まっていれば、「ノートPCに貼る」「スマホに貼る」というイメージから、ステッカーのサイズや形もスムーズに決まります。このようなコンセプト立案から相談に乗ってくれるデザイナーに依頼するのであれば、相場よりも高めのデザイン費を提示してもいいかもしれません。   デザイナーに受けてもらいやすい料金設定とは? 「適正価格よりやや割高」に料金を設定することで、デザイナーの方に仕事を受けてもらいやすくなります。あまりに安すぎると「割に合わない仕事」と避けられますし、逆に高すぎると「修正回数が多いのかも」「無理難題が多いのでは」と敬遠されてしまうかもしれません。前述したように、ステッカーの料金相場はサイズなどの仕様で一概に決めることは難しく、案件の内容によって大きく異なります。 もしコンペなどで提案を募るのであれば、デザイナーに向けて提供素材や作業工数を具体的にイメージできるよう、明確に情報を記述しておくのがオススメです。社名ロゴやキャラクターデータは支給するのか、ステッカー内に入れたい要素は何か、何案くらい必要かなどを明確に示し、さらに料金の幅を持たせれば、より提案が集まりやすくなるでしょう。 いかがでしたか?ステッカーのデザイン料金は、サイズよりも内容や提供素材に影響されるため、事前に依頼の条件を伝えておくのが発注のポイントです。揃えられる素材は自社で用意するなど、デザイナーの手間を減らすほどコストを抑えられるかもしれません。ぜひステッカーデザインを発注する際の参考にしてみてください。

最新のデザインコンペ

デザイナーとしてステップアップできるお仕事をご用意しています。