タトゥーデザインの基礎知識と決め方のコツ

shunichi shiga
タトゥーデザインの基礎知識

タトゥーは簡単に消すことができるものではないので、何か強い思いを込めて入れる方が多いようです。顧客に入れるタトゥーデザインを決めるコツは、その人がタトゥーに込める思いを把握しておくということ。ここでは、タトゥーを入れる際に知っておくべき基礎知識だけでなく、刺青とタトゥーの違いやデザインの種類、そしてデザイン別にタトゥーが持つ意味を紹介します。

タトゥーを入れる際の事前に知っておくべき知識

タトゥーの事前知識

まずは基礎知識として、タトゥーで入れられる色が何種類あるのか知っておくと良いでしょう。メーカーにもよりますが一般的には50種類~70種類ほどあり、既存の色だけでなく、絵の具と同様に混ぜることで新たな色を作ることもできます。また、タトゥーを入れた直後と時間が経った後では発色に変化があるので、そのことも計算しておく必要があるでしょう。

顧客とタトゥーの色味やデザインを入念に打ち合わせしておけば、後々のトラブルを防ぐことができます。色はタトゥーの印象を決める重要な部分でもありますので、イメージのすり合わせを綿密に行っておいた方がよいでしょう。 

何が違う?刺青とタトゥーの違いとは

刺青とタトゥーの違い

刺青とタトゥーの決定的な違いは、肌に入る「針の深さ」です。刺青は肌に針が深く入るのに比べて、タトゥーは浅く針を入れるのが特徴です。針を入れる深さによって、見た目に違いが出ます。深く針を入れる刺青は塗料を入れた部分の皮膚が盛り上がりやすくなり、針を浅く入れるタトゥーは肌の表面にペイントをしているようなイメージになる傾向があります。

「針を浅く入れるのだからタトゥーは簡単に消せる」と勘違いされやすいようですが、刺青もタトゥーも一度入れると簡単に消せるものではないということを認識しておきましょう。

また、刺青とタトゥーは、使用する染料にも違いがあります。一般的に刺青は墨汁や朱、ニワトリの血液などを使用するのに対して、タトゥーはインクを中心に使います。身体にどんなものを入れるのか、顧客に対してしっかり説明を行い、理解をしてもらってから入れ込むのが良いでしょう。 

「和彫り」はデザインの種類が豊富!

和彫りのデザイン

タトゥーのデザインには、和柄や漢字、キャラクターなど様々なものがあります。日本だけでなく世界中で支持されている「和彫り」は、タトゥーデザインの中でもスタンダードな存在なので、デザインの種類が豊富にあります。また、デザインの種類である「トライバル」や「ポートレート」といったデザインの中にも数多くの種類があるようです。「多くの種類からじっくり選びたい」という顧客にオススメです。

最近ではキャラクターのデザインを入れる方も増えてきているようなので、「人とは違う柄を入れたい」という顧客にオススメできるかもしれません。新しいキャラクターであればあるほどデザインの種類は少ないようですが、個性的なタトゥーになることでしょう。

デザインを決めるときは込める思いをヒアリング

デザインに込める想い

「タトゥーを入れたいけれど、どんなデザインにしたらいいのか」と迷っている方も多いようです。そのような顧客には、なぜ「タトゥーを入れたいのか」「どんな想いを込めて入れようと思っているのか」ということをヒアリングし、デザインを決定していくのがオススメです。

例えば、「太陽の柄」には成長や情熱、「蜘蛛の巣」には想像や美しきもの、「桜」には心の美や純血、「ライオン」には勇気や成功といった意味があります。タトゥーを入れたいと考えている多くの人が入れるタトゥーのデザインに強い想いを持っていることが多いので、それぞれの思いに合ったデザインをこちらから提案してみてください。

デザイン例

彫師に必要なのは技術だけではなく、タトゥーデザインの知識や、デザインを提案する力も求められます。基本的にタトゥーは一度入れてしまうと一生消えないものなので、顧客との打ち合わせがとても重要です。デザインを提案する際にぜひ参考にしてみてください。

関連記事

PHSについての基礎知識!スマホや携帯との違いとは?

PHSについての基礎知識!スマホや携帯との違いとは?

スマホの普及によって、かつては会社員が携帯電話と2台持ちしたほど使用されていたPHSは、近年その姿を失いつつあります。しかし料金が安く、使いやすいことから、会社や医療機関、高齢者などの間でまだまだ需要があります。 若い世代には少し縁遠い存在となったPHSにはどんな機能があるのか、そしてスマホや携帯電話とどのような違いがあるのでしょうか? 今ではあまり見なくなった「PHS」とは一体何なのか — PHSとは「Personal Handy-phone System」の略で、簡易型携帯電話のことをいいます。 一般電話回線からPHS用のアンテナを引いて使用するため、家庭用のコードレスフォンを外出先でも使えるようにしたのがPHSの始まりです。 そのために、近距離での通話を得意としていて、携帯電話と比較すると音質も良く、料金も安く抑えられています。また端末が発する電磁波が微弱で、端末価格や基本料金、通話料金も安いので、スマホが普及した現代でも医療施設内や会社内などで利用されていて、まだまだ需要はあります。 スマホや携帯電話との違いは何? — 一方、スマホとは、多機能電話のことをいいます。2010年頃から一般向けに急激に普及し、今では日本人の2人に1人は持っていると言われています。電話やメール、インターネットは当然のことながら、指で操作ができるのが特徴で、アプリの種類もどんどん増えており、インターフェイス・デザインもさまざまです。携帯する小さなコンピューターのような存在として、世界中で広く使われています。 携帯電話は、スマホが普及してから「ガラケー」とも呼ばれています。 インターネットもできますが、電話とメールに特化していて、アプリに対応しないものがほとんどです。一見PHSとの区別がしにくい端末もありますが、電話する際に使用できるエリアがPHSよりかなり広いところが最も大きな違いといえるでしょう。 PHSはどんな場面で活躍するのか? — PHSは遠距離になるほど料金が高くなり、場合によっては携帯電話よりも通話料金が高くなってしまうので、近距離の連絡や長電話するときに活用されていることが多いのが現状です。例えば近所に住んでいる者同士が頻繁に長電話をするのなら、スマホや携帯電話よりもPHSの方がずっと安く使えるので、とても便利です。 また、端末から出る電磁波が微弱なので、電磁波に弱い医療機器が置かれている病院などの医療施設にはうってつけの通話機器となっています。 さらにスマホ1台の使用料金が月額10,000円以上かかるのに対して、PHSは月額2,000〜3,000円程度と非常に安いので、普段、頻繁にアプリやインターネットを使用することのない方や2台持ちしたい方に適しているでしょう。 進化するPHSのデザインとユーザーインターフェイス — Y!mobile「Heart 401AB」、プレスリリースより さて、PHSといえばモニターが小さめでテンキーが独立しており、スマホと違ってタッチパネルではないのが一般的なデザインなのですが、昨今、そのデザインに変化が訪れているようです。 2015年、通話のみの機種として発表されたPHS「Heart 401AB」は女性利用者をターゲットにしたハートのデザイン。テンキーがなく、タッチセンサーで操作するモデルで、ハート型からストレート型にひねるだけで通話ができるというとてもシンプルなものです。 このように、必要最低限の機能だけを搭載し、デザインを重視する機種があるのもPHSのおもしろみです。新たなデザインや技術をもって、PHSもスマホ同様に日々進化していくでしょう。 インターネットやゲーム、写真撮影など、さまざまなアプリに対応するスマホは、よりスマートなデザインに進化していくでしょう。一方で、PHSはよりシンプルに、より使いやすくなるようにデザインやユーザーインターフェイスがどんどん変化していくのかもしれません。

最新のデザインコンペ

デザイナーとしてステップアップできるお仕事をご用意しています。
0%