オシャレなタトゥーデザイン

グラフィックデザインやwebデザインだけでなく、タトゥーにおいても魅力的なワンポイントデザイン。今、「大きな絵柄を肌に入れるのは抵抗があっても、ワンポイントなら挑戦しやすい」などの理由から、タトゥーを楽しむ若い女性たちの間で、この「ワンポイントタトゥー」が流行っています。ここでは、ワンポイントタトゥーをはじめ、今どきの女性たちがどのようなタトゥーデザインに注目しているのか紹介します。ぜひタトゥーデザインのバリエーションを広げる参考にしてみてください。

女子の間で流行っている「ワンポイントタトゥー」

ワンポイントタトゥー

かっこいい海外セレブから日本のオシャレ女子まで、ワンポイントタトゥーは世界中の女性に人気があります。その理由の1つは「さりげなく自己表現できる」こと。オシャレに敏感な女性は、主張しすぎずパーソナリティを表現できる小さなタトゥーに注目しているようです。

商品やサービスの魅力をビジュアルで語るという点で、彼女たちのセルフプロデュースは商業デザインに通じるものがあります。小さな絵柄でメッセージや生き様を表現するワンポイントタトゥーは、単純に好きな絵柄を入れれば良いというわけではなく、「コンセプトを絞って、伝えたいメッセージを形にする」というデザインワークの真髄にもつながるのかもしれません。

羽や星などの絵や模様に思いを込める

羽や星などのデザイン

女性が入れる小さなタトゥーモチーフとしてポピュラーなのは、星、羽、ハート、王冠をベースにデザインしたもので、これらのモチーフにはそれぞれ意味があります。例えば、星は「人生の道標」、ハートは「愛」、王冠は「権力」を意味します。他にも、妖精は「夢を叶える」、鎖は「約束、永遠」、鍵は「解放、自由、秘密」、ネコは「縁起物、ラッキーシンボル」、リボンは「人や心を結ぶ」を意味しています。

オシャレな女性は、自分の願いや思いを込めてタトゥーのモチーフをセレクトしています。デザイナーで言えば、「何をターゲットに伝えるのか」のコンセプトを練る段階です。タトゥーのセレクトもデザインも、あらゆる表現はコンセプトから始まっています。

同じモチーフでもタッチが異なると印象がガラリと変わるので、タトゥーの絵柄をデザインするときは顧客から希望イメージをヒアリングすることが大切です。角張ったハードなタッチ、手書き風の優しいタッチ、立体的な表現、デコレートさせたもの…1種類のモチーフでテイストの違うワンポイントを数多く考える練習をすれば、デザインのバリエーションが広がります。

文字や文章で思い出や記憶を残す

文字や文章

絵柄だけでなく、文字を入れることで大切な思い出などを残そうとする女性もいます。抽象的な絵柄タトゥーよりも、文章の方が具体的な意味が込められるのが人気の理由かもしれません。座右の銘や好きな言葉、好きな映画の台詞や曲の歌詞、記念の日付、愛する人の名前やイニシャルなど、入れる文字は十人十色です。

特に人気なのは、ステンシル風のアルファベットや英文です。フォントデザインの勉強をすれば、種類豊富にメニューが用意できますね。文字のデザインはタトゥー以外でも活躍するので、積極的に学んでいきたいところです。

オシャレなタトゥーの秘訣は「ワンポイント」

ワンポイントタトゥー

タトゥーをオシャレに魅せるポイントのオススメは、ワンポイントで絵柄を入れることです。デザインに慣れないうちはつい派手なデザインになりがちですが、余計なものは削り、「デザインの引き算」をすることが大切です。「さりげないオシャレを楽しむ若い女性たちは、今どのようなものを求めているのか?」ということを考え、デザインを追求したいですね。

ワンポイントで適度に目立たせるのは難しいかもしれませんが、見方を変えれば、一点だけに集中できるということでもあります。ハート、星など、同じモチーフのタトゥー参考例をたくさん見て勉強することで、表現が豊かになっていくでしょう。わずかな曲線やテイストの違いに敏感になることが、デザイン力をつけるポイントです。

タトゥーのモチーフ

今どき女子に人気の「ワンポイントタトゥー」はデザイン参考例の宝庫なので、たくさんチェックしてみてください。「デザインの引き算」は、タトゥーに限らずどんなジャンルのデザインでも通用する基礎力になるかもしれません。オシャレ女子のタトゥーを参考に、かっこいいデザインを見てはアイデアストックすることをくり返し、ワンポイントデザインにも強いデザイナーを目指してみてください。

【参考URL】
Lucky Round Tattoo:
http://www.luckyroundtattoo.com/tattoo.html