新技術がタトゥーデザイナーのクリエイティブ性を高める

新技術がタトゥーデザイナーのクリエイティブ性を高める

素晴らしいタトゥーは、その人の個性を際立たせる手作りの芸術作品です。つまり、タトゥースタジオで一般的なデザインを選ぶ必要などないのです。今は手作業でなくても、独創的なタトゥーをデザインできます。近年、技術が進化したおかげで、複雑なデザインをデジタルで作成できるようになったからです。 彫師は今なお手作業で皮膚にタトゥーを入れていますが、その技法は近年飛躍的に進化しています。ボディーアートの施術者として最も名高いSailor Jerryは、1920年代にタトゥーの施術を始めた当時、手作業で針を刺していました(彼は後に、回転式の装置を使うようになりました)。そして現代の彫師たちは、より安全で、針が複数本付いた装置を使っています。それらは高性能で、さまざまな用途に対応しています。つまり、Photoshopのスキルを持った彫師やデザイナーは、単なるスケッチを超越したレイヤー状の画像を作成し、そのデザインを新たな装置を使って実際のタトゥーとして入れられるのです。 その一例が、ドイツにあるタトゥースタジオBuena Vista Tattoo Clubで、彼らはヨーロッパにおける”Trash Polka”スタイルブームの火付け役です。このスタイルでは、テキストやグラフィティアート、重みのあるシェーディングを織り交ぜて、写実的でありながらも絵画的で、独創的なデジタル画像を作成します。コンピュータ上でデザインされているにもかかわらず、完成したタトゥーは生き生きとしていて、入り組んだデザインが人目を引きます。 Buena Vista Tattoo Clubより タトゥーの絵柄をデジタルでデザインすれば、テキストと画像をいろいろ組み合わせることができます。これにより、かなり昔からボディアートに使われていたテーマは、今、新たな展開を見せています。フランスの小さな街トノン=レ=バンにあるNeedles Side Tattoosで働くXoilは、タトゥーのグラフィックデザインで一躍有名になりました。XoilはPhotoshopを使って、テキストに非対称のラインと抽象的な絵を重ね合わせています。この効果によって、イラストやスケッチ、絵画を混ぜたコラージュのような雰囲気が出ます。 Needs Side Tattooより しかしデザイナーは必ずしも、タトゥーのデザイン作成と施術の両方をできなければいけないわけではありません。彫師の多くは、さまざまなスタイルを描画できます。優秀な彫師(自分の得意分野以外でも進んで仕事をする人)と組めば、デザイナーは自身の作品を彫師に渡して、施術を任せることが可能です。 このデザインプロセスにおける成功のカギは、クライアント側が非常に具体的なアイデアを持っていて、かつ特定の絵柄は頭に浮かんでないことです。以下に、99designsの社員がコンペ中に入れてもらったタトゥーをいくつか紹介しましょう。これらの絵を描いた人々は、最先端の複雑なタトゥーデザインのアイデアを的確に汲み取ることに成功しています。 デザイン by Ilustreishon 99designsのスタッフであるGarrettは、(シーシュポスの神話に刺激を受けて)丘で大きな石を押し上げている男のタトゥーを入れたいと思っていました。彼が求めていたのは、今までに見た絵とは異なる独自性のある絵柄です。これに対してデザイナーのIlustreishonは、シェーディングやシェイプ、幾何学模様、テキストを織り交ぜた詳細なスケッチを提供しました。実物のタトゥーを見ると、素晴らしい出来栄えです。 デザイン by Giulio Rossi デザイナーコミュニティチームメンバーのFloydは、自らの経歴をPink Floydと結び付けようと考えていました。彼の頭の中には具体的なイメージがたくさん浮かんでいたのですが、それをどう関連付けたらよいか迷っていました。ボディーアートの要素を1つに統合したいけれど、イメージをごちゃ混ぜに継ぎ合わせるのは嫌だったのです。デザイナーのGiulio Rossiは、それらの要素を統合して、複雑な曲線やライン、シェーディングを織り交ぜたデザインを見事に完成させました。 デザイン by Ilustreishon Kevinの希望は、グラフィック要素を取り入れたタトゥーで、故郷のサンフランシスコに敬意を表すことでした。その期待に応えたのがIlustreishonです。彼はサンフランシスコを象徴するイメージをありのままに描写し、何種類かの色付け技法を使って、大胆で個性あふれるタトゥーを仕上げました。 デザイン by Giulio Rossi カスタマーサポート担当の非凡なMonicaは、テキストと絵を組み合わせて、隠れた意味を持つ作品を作ることを重視しました。彼女の場合、インスピレーションはたくさん湧いていましたが、好きなコンセプトを統合したデザインは思い付いていませんでした。ここで再び、Giulio Rossiの力の見せ所です。幾何学的な図形や自然なフォーム、テキストを組み合わせた彼の素晴らしい作品には、不思議で魅力的なイメージが漂っています。 タトゥーの世界に足を踏み入れようとしている、もしくはタトゥーを入れようと考えている方にとって、今はかつてないほど多くのクリエイティブな選択肢があります。ぜひ、思い切って行動してください!タトゥーに携わった経験のあるデザイナーにサイト上で話を聞いたり、地元の彫師に相談したりしてみるといいと思います。生身の人間をキャンバスにした永久に残る芸術作品として、素晴らしいアイデアに命を吹き込んでみませんか? タトゥーをデザインした経験があれば、ぜひコメントをしてシェアしてください! [ 翻訳:shunichi shiga ]

タトゥーデザインの基礎知識と決め方のコツ

タトゥーデザインの基礎知識と決め方のコツ

タトゥーは簡単に消すことができるものではないので、何か強い思いを込めて入れる方が多いようです。顧客に入れるタトゥーデザインを決めるコツは、その人がタトゥーに込める思いを把握しておくということ。ここでは、タトゥーを入れる際に知っておくべき基礎知識だけでなく、刺青とタトゥーの違いやデザインの種類、そしてデザイン別にタトゥーが持つ意味を紹介します。   タトゥーを入れる際の事前に知っておくべき知識 まずは基礎知識として、タトゥーで入れられる色が何種類あるのか知っておくと良いでしょう。メーカーにもよりますが一般的には50種類~70種類ほどあり、既存の色だけでなく、絵の具と同様に混ぜることで新たな色を作ることもできます。また、タトゥーを入れた直後と時間が経った後では発色に変化があるので、そのことも計算しておく必要があるでしょう。 顧客とタトゥーの色味やデザインを入念に打ち合わせしておけば、後々のトラブルを防ぐことができます。色はタトゥーの印象を決める重要な部分でもありますので、イメージのすり合わせを綿密に行っておいた方がよいでしょう。  何が違う?刺青とタトゥーの違いとは 刺青とタトゥーの決定的な違いは、肌に入る「針の深さ」です。刺青は肌に針が深く入るのに比べて、タトゥーは浅く針を入れるのが特徴です。針を入れる深さによって、見た目に違いが出ます。深く針を入れる刺青は塗料を入れた部分の皮膚が盛り上がりやすくなり、針を浅く入れるタトゥーは肌の表面にペイントをしているようなイメージになる傾向があります。 「針を浅く入れるのだからタトゥーは簡単に消せる」と勘違いされやすいようですが、刺青もタトゥーも一度入れると簡単に消せるものではないということを認識しておきましょう。 また、刺青とタトゥーは、使用する染料にも違いがあります。一般的に刺青は墨汁や朱、ニワトリの血液などを使用するのに対して、タトゥーはインクを中心に使います。身体にどんなものを入れるのか、顧客に対してしっかり説明を行い、理解をしてもらってから入れ込むのが良いでしょう。  「和彫り」はデザインの種類が豊富! タトゥーのデザインには、和柄や漢字、キャラクターなど様々なものがあります。日本だけでなく世界中で支持されている「和彫り」は、タトゥーデザインの中でもスタンダードな存在なので、デザインの種類が豊富にあります。また、デザインの種類である「トライバル」や「ポートレート」といったデザインの中にも数多くの種類があるようです。「多くの種類からじっくり選びたい」という顧客にオススメです。 最近ではキャラクターのデザインを入れる方も増えてきているようなので、「人とは違う柄を入れたい」という顧客にオススメできるかもしれません。新しいキャラクターであればあるほどデザインの種類は少ないようですが、個性的なタトゥーになることでしょう。   デザインを決めるときは込める思いをヒアリング 「タトゥーを入れたいけれど、どんなデザインにしたらいいのか」と迷っている方も多いようです。そのような顧客には、なぜ「タトゥーを入れたいのか」「どんな想いを込めて入れようと思っているのか」ということをヒアリングし、デザインを決定していくのがオススメです。 例えば、「太陽の柄」には成長や情熱、「蜘蛛の巣」には想像や美しきもの、「桜」には心の美や純血、「ライオン」には勇気や成功といった意味があります。タトゥーを入れたいと考えている多くの人が入れるタトゥーのデザインに強い想いを持っていることが多いので、それぞれの思いに合ったデザインをこちらから提案してみてください。 彫師に必要なのは技術だけではなく、タトゥーデザインの知識や、デザインを提案する力も求められます。基本的にタトゥーは一度入れてしまうと一生消えないものなので、顧客との打ち合わせがとても重要です。デザインを提案する際にぜひ参考にしてみてください。

シンプルでかわいいタトゥーにはどんなデザインがある?

シンプルでかわいいタトゥーにはどんなデザインがある?

何十種類もあるタトゥーデザインの中でも、シンプルなデザインのものは人気が根強く、星やハートや好きなフレーズなど、ちょっとしたポイントを入れるのが密かなブームとなっています。メッセージ性が高いものも多く、グラフィックデザインにも共通している部分がたくさんあります。シンプルだけれど、かわいくてオシャレなタトゥーには、どのようなデザインがあるのか見ていきましょう。 シンプルなデザインは見え隠れする部分に入れるのが効果的 首の後ろや肩、手首や足首、手足の指など、服やアクセサリーによって隠れて見えなくなるような普段気付きづらいところにタトゥーが入っていることで、ちょっとした遊び心を演出できるという理由から人気が出てきています。 また、服を着ても一部だけ見えるようなデザインになっていると、「見えない部分はどのようなデザインになっているのだろう」と見る人の想像力を駆り立たせられる点も魅力の1つです。 人気のワンポイントタトゥーはシンプルなデザインで タトゥーは実際に身体に墨を入れていきます。それゆえ簡単には消えないものなので、極力失敗したくないですよね。しかし、どんなに腕のいい彫り師に依頼しても、100%失敗しないとは限りません。入れるタトゥーの面積が大きければ大きいほど、そのリスクも高くなるかもしれません。 もし心配なら、タトゥー面積の小さい「ワンポイントタトゥー」から始めてみるのがオススメです。小さいタトゥーなので比較的気軽に入れることができ、さらに身体のどんな部位にも似合うので、特に女性からの人気が高いです。 また、複雑なものよりもシンプルなデザインの方が失敗する可能性が低く、さりげなくオシャレな印象を与えることができます。中でも、星やハート、蝶々や花などをモチーフにデザインしたシンプルなワンポイントタトゥーがとても人気です。 デザイン by Alyoha   シンプルデザインのジオメトリックタトゥーとは 「ジオメトリック」とは、幾何的な形を形容した語で、ジオメトリックデザインは線や円形、多角形などの図形を組み合わせて作り出される象形デザインのことです。 もっともシンプルなデザインだと、三角形や四角形、また線を数本並べたものがあります。少し複雑なジオメトリックタトゥーは、これらの図形や線を自由に組み合わせて作ります。オリジナルのデザインを楽しめる点も魅力の1つです。 幾何学的なデザインは人体の曲線と対照的であるがゆえに、オシャレな印象を与えやすくなります。また、イラストや柄ほど目立たず、文字のようにダイレクトにメッセージを発信しない分、「隠れた存在感」を持っているのがこのデザインの特徴です。 デザイン by Jetta デザイン by Fifulik デザイン by Pauna デザイン by winbrand デザイン by LaBecass’   単純な図柄にもメッセージを込めてデザインする タトゥーは人の体に刻むものなので、その人が除去しない限り一生残ります。そのため、絵や図柄を単に入れるだけでなく、そこにメッセージを込める人もたくさんいます。例えば、「LOVE」や「PEACE」といった言葉をそのまま文字にして入れる人もいれば、図形やイラストで表現したいという人もいます。 タトゥーは、単にファッションとして楽しむだけでなく、それを入れる人の考え方や願い、メッセージなどを示す手法の1つとしても活用されています。何を発信したいのか、どのようにして表現したいのかによってそれぞれデザインが異なるので、顧客からタトゥーに込める思いをヒアリングしておきましょう。 いかがでしたか?イラストでも幾何学模様でも、そのタトゥーをどのように見せたいのか、またどのように見えるのかを考えてデザインすることがとても大切です。タトゥーだけを見るのではなく、全体のバランスを見てシンプルにデザインすることで、さらにハイクオリティーなものに仕上げることができるでしょう。

料金は彫り師の言い値?タトゥーの基礎知識と料金相場

料金は彫り師の言い値?タトゥーの基礎知識と料金相場

近年、タトゥーはファッションやアートの1つとして、海外だけでなく、日本国内でも人気が広まりつつあります。中にはタトゥーに対して抵抗感を持っている方もいるかもしれませんが、芸能人などトレンドに敏感な人を中心に、タトゥーをファッション感覚で入れる人が増えてきています。今回はタトゥーに興味を持っている方にぜひ参考にしてほしい、基礎知識と料金相場を紹介します。   入れる前に確認したい!タトゥーって何種類あるの? そもそも「タトゥー」とは、針や刃物を使って皮膚に傷をつけ、塗料を入れながら描く文字や絵のことを指します。その歴史は古く、日本では「縄文時代の土偶の文様からその存在が推定されている」という一説があります。 タトゥーを入れるのが初めてだと、どんな種類があるのか気になりますよね。現代において、タトゥーの種類は大きく分けて6種類あります。タトゥーについて知るために、まずはその種類を確認してみましょう。 和彫り:海外で「irezumi」と呼ばれる日本の伝統図柄をモチーフにしたスタイルです。デザインの種類が豊富にあります。 オールド・スクール:「アメリカントラディショナル」とも呼ばれています。星や錨など、航海に関係するモチーフを取り入れたデザインで、アメリカの水兵が起源とされています。 ニュー・スクール:近代のアーティストたちが、保守的だった図柄を昇華させたスタイルのことをいいます。どくろや花など、さまざまなものがモチーフとなり、ファッションやアートとして楽しみやすいデザインの1つです。 トライバル:元は太平洋諸島の部族が入れていた伝統的な文様のことを指します。現在ではさまざまなモチーフを抽象的に表現したスタイルのことをいいます。 ブラック・アンド・グレイ:「シェーディング」という手法によって、モノトーンで表現したデザインのことを指します。 ポートレート:モチーフや写真をリアルに描くデザインのことです。家族や憧れの人物の写真、また動物などが多いようです。   失敗しない彫り師の選び方とその料金 タトゥーは彫り師によって料金もクオリティーも大きく異なります。経験豊富で技術のクオリティーが高い彫り師は、比較的に料金も高くなる傾向があります。一般的に500円玉サイズのタトゥーで約10,000円からと料金設定されているところが多いので、これより安い料金を求めるなら経験が浅い彫り師にお願いすることになるでしょう。 ただ、タトゥーは一度入れてしまうと消せないものなので、トラブルを防ぐためにも、評判のいい彫り師や経験豊富な彫り師にお願いしたいものです。経験豊富かどうかは、その人の作品集を見せてもらうのが一番わかりやすいでしょう。ホームページに作品の画像を掲載している彫り師も多くいるので、相談をしに行く前にチェックしておくのもオススメです。 また、青少年育成条例によって「タトゥーは18歳未満の人には彫ってはいけない」と定められているため、彫ってもらうには身分証明書の提示が必要です。明らかに18歳以上だとわかる方なら別ですが、そうでない場合、もし彫り師から身分証明書の提示を求められなかったなら、条例違反をしている可能性が高いので依頼をするかどうか考えた方がいいかもしれません。 さらに彫り師選びのポイントとして、衛生管理を適切に行っているかどうかもチェックしたいところです。タトゥーは皮膚に傷をつける施術なので、感染症にかからないように衛生管理にも気を配っている彫り師を選びましょう。   どこにでも彫れるの?タトゥーを入れる人気の部位とは タトゥーは身体のほとんどの皮膚に入れることができます。肩や背中、胸や腰などに大きめのタトゥーを入れる人もいますし、手や足の指、または耳の中や裏側などにワンポイントタトゥーを入れる人も増えています。特殊な部位としては、口の中や舌、歯に入れることもできます。中でも、服を脱いだ時に見える背中などの部位に人気が集まっているようです。 また、タトゥーを入れる際、皮膚に傷をつけるので当然痛みが生じます。頭や首、手、足、肘や膝などは皮膚表面近くに神経が通っているため、比較的痛みが強くなります。さらに、横隔膜がある部分や脇の下などの皮膚の薄い部分は痛みを感じやすいエリアと言われています。痛みが怖い場合は、比較的痛く感じない二の腕やふくらはぎに入れてもらうのがオススメです。   合わせて知っておきたい、タトゥー除去の料金相場 タトゥーは簡単に消せるものではありませんが、どうしても消さなくてはならないこともあるかもしれません。そんな時のためにも、タトゥーを除去する際の料金相場を知っておきましょう。 タトゥーの除去にはいくつかの方法があり、それによって料金が異なりますが、ポピュラーなレーザー照射による除去は、名刺サイズで1回につき約50,000円。それを5~10回ほどくり返して除去するので、少なくとも25万円以上の費用がかかります。 手術で除去する「切除法」の場合は、10cm四方で10万円以上、皮膚を移植する「植皮法」は20〜50万円が相場とされています。さらにタトゥーを入れた部位の皮膚を剥ぐ「剥削法」では、10cm四方で30〜50万円ほどの費用がかかります。 タトゥーは一度入れてしまうと簡単には消せないので、事前に料金の相場や彫り師の評判を確認することがとても大切です。ファッションとして楽しみたい場合は、彫り師の技術だけでなく、デザイン力も合わせてチェックすると失敗を防ぐことができるかもしれません。ぜひタトゥーを入れる際の参考にしてみてくださいね。

何を入れたらオシャレ?いまどき女子のタトゥーデザイン

何を入れたらオシャレ?いまどき女子のタトゥーデザイン

グラフィックデザインやwebデザインだけでなく、タトゥーにおいても魅力的なワンポイントデザイン。今、「大きな絵柄を肌に入れるのは抵抗があっても、ワンポイントなら挑戦しやすい」などの理由から、タトゥーを楽しむ若い女性たちの間で、この「ワンポイントタトゥー」が流行っています。ここでは、ワンポイントタトゥーをはじめ、今どきの女性たちがどのようなタトゥーデザインに注目しているのか紹介します。ぜひタトゥーデザインのバリエーションを広げる参考にしてみてください。   女子の間で流行っている「ワンポイントタトゥー」 かっこいい海外セレブから日本のオシャレ女子まで、ワンポイントタトゥーは世界中の女性に人気があります。その理由の1つは「さりげなく自己表現できる」こと。オシャレに敏感な女性は、主張しすぎずパーソナリティを表現できる小さなタトゥーに注目しているようです。 商品やサービスの魅力をビジュアルで語るという点で、彼女たちのセルフプロデュースは商業デザインに通じるものがあります。小さな絵柄でメッセージや生き様を表現するワンポイントタトゥーは、単純に好きな絵柄を入れれば良いというわけではなく、「コンセプトを絞って、伝えたいメッセージを形にする」というデザインワークの真髄にもつながるのかもしれません。   羽や星などの絵や模様に思いを込める 女性が入れる小さなタトゥーモチーフとしてポピュラーなのは、星、羽、ハート、王冠をベースにデザインしたもので、これらのモチーフにはそれぞれ意味があります。例えば、星は「人生の道標」、ハートは「愛」、王冠は「権力」を意味します。他にも、妖精は「夢を叶える」、鎖は「約束、永遠」、鍵は「解放、自由、秘密」、ネコは「縁起物、ラッキーシンボル」、リボンは「人や心を結ぶ」を意味しています。 オシャレな女性は、自分の願いや思いを込めてタトゥーのモチーフをセレクトしています。デザイナーで言えば、「何をターゲットに伝えるのか」のコンセプトを練る段階です。タトゥーのセレクトもデザインも、あらゆる表現はコンセプトから始まっています。 同じモチーフでもタッチが異なると印象がガラリと変わるので、タトゥーの絵柄をデザインするときは顧客から希望イメージをヒアリングすることが大切です。角張ったハードなタッチ、手書き風の優しいタッチ、立体的な表現、デコレートさせたもの…1種類のモチーフでテイストの違うワンポイントを数多く考える練習をすれば、デザインのバリエーションが広がります。   文字や文章で思い出や記憶を残す 絵柄だけでなく、文字を入れることで大切な思い出などを残そうとする女性もいます。抽象的な絵柄タトゥーよりも、文章の方が具体的な意味が込められるのが人気の理由かもしれません。座右の銘や好きな言葉、好きな映画の台詞や曲の歌詞、記念の日付、愛する人の名前やイニシャルなど、入れる文字は十人十色です。 特に人気なのは、ステンシル風のアルファベットや英文です。フォントデザインの勉強をすれば、種類豊富にメニューが用意できますね。文字のデザインはタトゥー以外でも活躍するので、積極的に学んでいきたいところです。   オシャレなタトゥーの秘訣は「ワンポイント」 タトゥーをオシャレに魅せるポイントのオススメは、ワンポイントで絵柄を入れることです。デザインに慣れないうちはつい派手なデザインになりがちですが、余計なものは削り、「デザインの引き算」をすることが大切です。「さりげないオシャレを楽しむ若い女性たちは、今どのようなものを求めているのか?」ということを考え、デザインを追求したいですね。 ワンポイントで適度に目立たせるのは難しいかもしれませんが、見方を変えれば、一点だけに集中できるということでもあります。ハート、星など、同じモチーフのタトゥー参考例をたくさん見て勉強することで、表現が豊かになっていくでしょう。わずかな曲線やテイストの違いに敏感になることが、デザイン力をつけるポイントです。 今どき女子に人気の「ワンポイントタトゥー」はデザイン参考例の宝庫なので、たくさんチェックしてみてください。「デザインの引き算」は、タトゥーに限らずどんなジャンルのデザインでも通用する基礎力になるかもしれません。オシャレ女子のタトゥーを参考に、かっこいいデザインを見てはアイデアストックすることをくり返し、ワンポイントデザインにも強いデザイナーを目指してみてください。 【参考URL】 Lucky Round Tattoo:http://www.luckyroundtattoo.com/tattoo.html

知っておくべき10のクラシックタトゥースタイル

知っておくべき10のクラシックタトゥースタイル

現在タトゥーには恐らく何千ものスタイルがあり、才能あふれる彫師によって日々新たなスタイルが生み出されています。しかし彼らが彫るデザインの多くは古来より根付いていた特定のスタイルをベースにしています。それは何十年、あるいは何世紀も前のスタイルです。 こちらの記事では10のクラシックなタトゥースタイルを紹介します。タトゥーのデザインに関心を持ち始めた方に、ぜひ知ってもらいたいスタイルを厳選しています。クライアントは希望するデザインを正確な専門用語で伝えられないことがあります。しかしデザインを依頼する時、クライアントの頭の中にこの10のスタイルのいずれかがイメージされていることは間違いないでしょう。そのためクライアントのイメージを的確に反映するためには知識として控えておく必要があります。 1 アメリカン・トラディショナル タトゥーと聞いてまずイメージするのがこのスタイルではないでしょうか。アウトラインがはっきりしていて、似たような色やイメージで描かれており、オールドスクール・スタイルとも呼ばれます。海、航海にまつわるモチーフやピンナップの女性、どう猛な捕食動物の他に、ハート、バラ、短刀を組み合わせたデザインが主流です。1930年代、ノーマン“セイラー・ジェリー”コリンズによって世に広まったスタイルですが、今でもその人気は廃れていません。画像はタトゥーショップ「Kings Avenue Tattoo」の彫師フランキー・カラッチョリの作品です。 2 ニュースクールタトゥー ニュースクールタトゥーとは全身に奇抜な漫画を描いたようなスタイルのことです。このスタイルではジェシー・スミスの作品が有名で、ビビッドな色を使って個性的な動物が登場するカオスのような架空世界が描かれています。 3 ジャパニーズスタイル 他の記事でも取り上げましたが、世界中のタトゥースタイルには数世紀に及ぶ歴史があります。その中でも不動の人気を誇るのが日本伝統の「刺青」です。今でも彫師はこれらのクラシックな傑作をベースに、伝統的かつ斬新なデザインを描きます。このスタイルの特徴は背中や腕、脚を覆う大きな絵です。画像はニューヨーク州のクリス・オドネルが描いた伝統的な動物、花、サムライのタトゥーです。 4 ブラックアンドグレー 画像はロサンゼルスにあるタトゥーショップ「East Side Ink」の彫師ジェシカ・マチェッティの作品です。ブラックアンドグレーはジャンルにとらわれない幅広いスタイルで、描く対象物に制限はありません。グレーの色合いによって何でもリアルに仕上げることができます。元々は色調の幅を出すため、黒のインクを水で薄めて使っていました。 5 ポートレートタトゥー シェーン・オニールの作品は、そのポートレートリアルさが特徴です。ポートレートタトゥーはリアリズムを追求しています(まさにイメージを現実的に表現したようなデザインです)。クラシックな印象を与える黒のアウトラインを使うことなく、彫師は一見不気味ともとれるほど正確にカラーとブラックアンドグレーで人物を描きます。 6 Stick and poke 7 トライバルタトゥー・ブラックワーク ブラックワークはトライバルタトゥーを起源とし、元々は黒を基調とした太いラインで様々な幾何学模様を描くスタイルでした。その後、彫師たちはこのタトゥースタイルをさらに進化させ続け、あらゆる題材の柄や絵を組み合わせて身体の至る所に様々なフォームで渦を巻くように模様を配置する、魅惑的なスタイルへと発展しました。ナザレノ・ツバロがこのスタイルのタトゥーを専門としており、画像も彼の作品です。 8 バイオメカニカルタトゥー バイオメカニカルタトゥーは人が本来持つ独特のボディラインに合わせて、フリーハンドで描かれています。腕の内部に機械が埋め込まれたようなデザインです。このスタイルのタトゥーと言えばローマン・アブレゴの名は外せません。クライアントの腕や脚を覆う、エイリアンや機械を想起させる彼の作品は見物です。 9 リアリスティック・トラッシュ・ポルカ リアリスティック・トラッシュ・ポルカはドイツの「Buena Vista Tattoo Club」のシモーヌ・プラフ、ボルコ・メルシュキーによって生み出されました。写真やハンドライティングの絵、スプラッシュペイント、タイピングした文字など様々な印刷物から引用した素材を複雑に組み合わせ、コラージュ風のスタイルとして瞬く間に認知されました。 10 シュルレアリスム シュルレアリスムを表現する場合、膨大な種類の題材を使用することができます。スタイルやテーマもその都度変化します。タトゥーを見た人が崇高なファンタジーの世界観にひきこまれたのなら、彫師はシュルレアリスムなデザインを仕上げたと言えるでしょう。画像のタトゥーはミランのタトゥーショップ「The Saint Mariner」の彫師ピエトロ・セッダの傑作です。 どのタトゥースタイルがお気に入りですか?ぜひコメントでシェアしましょう!

最新のデザインコンペ

デザイナーとしてステップアップできるお仕事をご用意しています。