ロゴデザインでグラデーションを使用する際にすべきこと&すべきでないこと

Rebecca Creger

ロゴにグラデーションを使用することには、賛否両論の声があります。グラデーションを使用することが大嫌いで、安っぽいと思っている人もたくさんいれば、単に大好きな人も多いのです。

Microsoft WindowsとPepsiの歴代ロゴ

Microsoft WindowsPepsiの歴代ロゴ

ロゴのフラットなデザインスタイルは今のご時勢にぴったりですが、それは必ずしも、グラデーションが永遠に使用されなくなったということではありません。ただ、グラデーションをロゴデザインにたくさん使うと、以前よりも古臭く見えてしまうことがあるということです。このテクニックは上手く活用すれば効果的ですが、多くのデザイナーは出来の悪いデザインコンセプトをごまかすための助けとして使用する傾向にあるようです。

好き嫌いに関係なく、グラデーションの使い方には良いものと悪いものがあります。私たちは今回、少なくとも今の時代においてロゴにグラデーションを使用する際にすべきこととすべきでないことを示した短いリストを作成しました。

単色バージョンのロゴを作成する

Coco Starのロゴ、デザイナー:TinBacicDesign™

すべきこと:グラデーションを施す前に、人目を引くような単色バージョンのロゴを作成する。
すべきでないこと:ロゴを再現することや読むことが難しくなるようなグラデーションを施す。

上に挙げたのは、デザイナーのTinBacicDesign™によるロゴデザインと、それと比較するために私たちがオリジナルのものを変換したグラデーション版です。ロゴの単色バージョンは、スクリーン上ではない媒体での使用、例えばエンボス加工やレタープレスで紙へ印刷したり、看板や刺繍のある衣料へ入れたりしても太くはっきり見え、効果的に機能するでしょう。ロゴに不必要なグラデーション加工をすると、色あせて見えたり、必要以上に複雑になったり、パッと見て分かりづらいものになったりしてしまいます。では、実践上のカギは何なのでしょう? シンプルなままにしておけば良いのです。

ブランドに適したクリエイティブな方法でロゴにグラデーションを施す

すべきこと:そのブランドに適したクリエイティブな方法でロゴにグラデーションを施す。
すべきでないこと:ブランドに合っていない抽象的なイメージを作るためにグラデーションに依存する。

Airbnbのロゴにはグラデーションが施されていますが、これは旅行に関連しているこの会社には適したものです。濃い青色から水色へのグラデーションは、多くの人にバケーションを連想させる澄みわたった青空のように見えます。一方、右側の私たちが作成した架空のロゴは、深みやコントラストを与えるためにグラデーションに頼り過ぎています。ですが、それは何の意味ももたらしません。グラデーションを取り払って単色にしても、この四角形は同等に抽象的なものでしょうし、印刷した際にはもっと見やすいものになるはずです。

このことから得られる教訓:グラデーションがあなたのロゴを引き立たせるのに役立っていなければ、それは害を与えているだけです。他のソリューションを見つけましょう。

微妙なグラデーションを施す

すべきこと:デザインの品質を高めるために微妙なグラデーションを施す。
すべきでないこと:強いグラデーションを、とりわけロゴの小さな部分や細やかな部分に使用する。

Googleの新しいロゴは“フラットデザイン”のトレンドに合ったものですが、それでもとても微妙な線形グラデーションを使用しています。このエフェクトは、昔ながらの傾斜のあるエンボスルックに頼ることなく、クラシックなロゴに深みを与えています。しかし右のロゴでは、より細かな部分にまでグラデーションを使用することで、イメージよりもグラデーションの方が際立ってしまい、プロフェッショナルな仕上がり感がなくなっています。言うまでもなく、ほとんどのサイズにおいて上手く印刷できないでしょう。

きちんと考えられたグラデーションを施す

すべきこと:プロフェッショナルで、きちんと考えられたグラデーションを施す。
すべきでないこと:考えなしに作られたようなグラデーションを施す。

クライアントは、自分でも作れるようなものではなく、プロフェッショナルなデザインを求めてあなたに依頼します。ですから、あなたの使うグラデーションはプロフェッショナルに機能していなければなりません。もしグラデーションによってロゴに明るい光を表現するなら、その光の指す方向をきちんと決めてください。または、ロゴの特定の箇所を強調するためのグラデーションであるなら、1つで十分なところに異なるタイプのグラデーションを混在させないでください。意図を持ってグラデーションを使用しましょう。

グラデーションを最適化

すべきこと:可能な限り最良の印刷を実現するためにグラデーションを最適化する。
すべきでないこと:印刷の事は考えない。

グラデーションは常に奇麗に印刷されるという訳ではなく、プリンターの性能によっては見苦しいバンディングが現れる可能性もあります。ですから、デザインする段階から、ベストの結果が出せるようにファイルを準備することが大切です。Adobeが説明している、この現象を修正する数種類のテクニックをご覧ください。

結論を言えば、ロゴにグラデーションを使用する際は、よく考えて使用するべきだということです。クライアントの会社は、あなたが作ったロゴを大きく引き延ばしたり、本社の大理石の床に掘り込んだり、またはバットシグナルのように空に輝かせたりするかもしれません。そして、それらの媒体ではグラデーションはうまく伝わらないことは確実でしょう。最後に、グラデーションはデザインにおけるその他すべてのエレメント同様、意味を持っていなければならず、そうでなければ使用すべきではないのです。

グラデーションを適切に使用するヒントはありますか?

[ 翻訳:shunichi shiga ]

Rebecca Creger
Rebecca Creger

Rebecca was born and raised in the Bay Area, where she currently lives. She has a BFA in Design with a Visual Communications emphasis from UC Davis. Her passions include travel, design, pasta, and hanging out with her Beagle, Spud.

関連記事

成功する企業ロゴデザインの5つのコツ

成功する企業ロゴデザインの5つのコツ

経営者にとって、企業のロゴを新しくデザインすることは難しいプロセスです。色、フォントの種類、イメージ、サイズ、形など、考えなければいけないことが山積みです。この記事では、企業ロゴのデザインで成功するための5つの重要なポイントをご紹介しましょう。 シンプルさ — ロゴはシンプルにしましょう。これは企業ロゴのデザイン以外でも、多くのことに当てはまる確かなアドバイスです。潜在顧客の関心を引き、既存顧客に思い出してもらいたいのなら、複雑でゴチャゴチャしているロゴはビジネスに何の利益も生み出しません。大きく成功したロゴのいくつかは、非常にシンプルです。すっきりとしていて太い線が使われています。視線を散らしたり、メッセージの効果を損なわせたりするような多くの要素がありません。マクドナルドの”金のアーチ”や、アパレルブランドUNIQLOの”赤と白の四角”は、素晴らしい例でしょう。しっかりとした太い線が使われていて、認識しやすく、企業ブランドを思い起こさせるシンプルなデザインです。 オリジナリティー — 画家のエドゥアール・マネは、不幸なことに、同時期に活躍し、より高く評価されていたクロード・モネと間違えられることがありました。作品の展示を頼まれたけれど、実はギャラリー側はモネに依頼したと思っていた、なんてこともあるほどでした。かわいそうに!企業のロゴにおいて何よりも避けたいのは、競合企業と間違えられることです。ロゴのデザインを考える場合、オリジナル性を持たせることが重要というわけです。周りをよく見て、新しいものを考え出すきっかけを見つけましょう。他のブランドとの混同を避けたいのなら、色や形、象徴するものなどをよく考えてください。Taco Bellのロゴの色選択は良い例です。認識しやすいものを、オリジナルのブランドロゴとして際立たせる方法の1つです。 覚えやすさ — 東急ハンズの”手のロゴ”と、Appleの”かじられたリンゴ”に共通することは何でしょうか?それは、この2つのロゴは覚えやすいということです。最近の消費者は、広告の波にのみ込まれています。テレビから流れるコマーシャルや道端の広告板から、ウェブのバナー広告やゲームアプリのポップアップ広告にいたるまで、まるで宣伝メッセージを叫び続けているかのようです。結局のところ膨大な宣伝情報の中では、記憶に残りやすいメッセージ以外はノイズとなり、脳がフィルターをかけてしまいます。では、そのような心理的なフィルターを通り抜けるようなロゴにするには、どうしたらいいのでしょう?成功の鍵の1つは、覚えやすさと分かりやすさの両方を満たした印象的なデザインを選ぶことです。 明確さ — 企業のロゴを選ぶ際は、顧客のことを理解しましょう。どんな人々で、企業に何を望んでいるのかといったことです。企業のロゴが、あなたのビジネスに関してどんなことを発信しているのか、自分自身に問いかけてみてください。パワー、歴史、スピード、柔軟性、健康、楽しさ、それとも接続性を強調しているのでしょうか?これらの特徴(これ以外にも多くのものがあります)のどれもが、効果的なデザインの主要なメッセージになり得ます。例えば自動車会社のフォードは、”ブルーオーバル(青い楕円形)”の有名なロゴを1世紀近く維持しており、自動車技術の先駆者としてのフォードの名前を強固にしています。一方、ナイキの有名な”スウッシュ”は、スピード感と前へ進む動きを強調しています。東京ディズニーリゾートは、お馴染みのミッキーマウスとシンデレラ城をモチーフにしたデザインを使用し、子供時代の遊園地での記憶を思い出させます。ここで挙げたロゴのどれもが、企業の中心となるメッセージと結び付けられたポジティブな感情を呼び起こすのです。 ブランド力 — ロゴは企業の顔です。それゆえ、企業のブランドを紹介するあらゆる媒体に対応できるものでなければいけません。企業のトラックやパッケージング、ウェブ広告やソーシャルメディアといったものすべてにおいてです。効果的なロゴは、白黒でもカラーでも、そしてどんなサイズでも、ひと目見ただけで認識できます。幹線道路の広告板でも、Twitterのアイコンでも効果を発揮するのが良いロゴです。小さな文字を使ったロゴだと、問題が生じます。どんな形式になってもブランド力を示している企業ロゴの例は、マクドナルドの”金のアーチ”、UNIQLOの”赤と白の四角”やです。消費者につながるあらゆる媒体の形式を考え、選んだロゴデザインがすべての場合でうまく機能するようにしましょう。 Ads of The Worldより マクドナルド公式Twitterより Randomwireより Openより 原宿サン・アドより 東急ハンズ公式Facebookページより 成功するロゴを作成するために重要なのは、シンプルさ、オリジナリティー、覚えやすさ、明確さです。そして、どんなマーケティング媒体でも認識しやすいロゴにしましょう。 ここで紹介した基準を満たすロゴの例を他にも知っていますか?ぜひ教えてください! 本記事は、2013年9月13日に掲載された記事を翻訳・再編集したものです。

IllustratorによるロゴのPNGファイルの作り方

IllustratorによるロゴのPNGファイルの作り方

PNG(Portable Network Graphics)ファイルはラスターで、圧縮による画質の劣化がないウェブをベースとするファイルです。PNGファイルはウェブで画像を表示するのに最適です。またロゴデザインをクライアントに引き渡す際に必要なファイル形式の1つです。 クライアントは、Adobe Illustratorのような高度な画像編集用のソフトウェアを使わなくても、自分のブランディング素材にロゴデザインを簡単に組み込めるように、(他の必須ファイル形式に加えて)PNGファイルが必要なのです。 このチュートリアルではAdobe Illustratorで、透明な背景を用いたPNGファイルの作り方を説明します。ロゴの作成を依頼しているクライアントにはこの形式のファイルを送ることになっています。 1. Adobe Illustratorでロゴを作る — 拡大、縮小しても画質が劣化しないように、ロゴは全てベクター画像編集用ソフトウェアで作らなければいけません。またベクターシェイプとパスで構成されている必要があります。Adobe Illustratorはベクター画像編集用ソフトウェアの業界標準なので、何よりもまずこのソフトウェアを推奨します。ファイルには背景を加えないよう気を付けてください。 2. ロゴをPNGファイルとして書き出す — ベクター画像としてロゴを作成したあと、メニューバーのファイル>書き出し…>PNGを選択してください。ファイルに名前を付け、書き出しをクリックします。すると、“PNGオプション”というウインドウが表示されます。背景のカラーが透明になっているのを確認してOKをクリックしてください。この書き出しのオプションが素晴らしいのは、作業領域の空白部分を透過してロゴだけが残るようになっているところです。こうして出来上がったPNGファイルはより用途が広がり、デザインそのものだけを含んだものとなります。 3. 新しいPNGファイルを開き、送信する — 新しく作ったPNGファイルは、開いた時にこんな風に見えます。PNG画像そのものが灰色なのではありません。これは、ただ単にPNG画像を参照する際に背景が灰色で表示されることがあるためです。さあ、これでロゴをクライアントに送信する準備ができましたね。 PNGファイルの作り方についてアドバイスがあれば、ぜひコメントして教えてください。   [ 翻訳:shunichi shiga ]

ソール・バス:グラフィック・デザインに革命を起こした男

ソール・バス:グラフィック・デザインに革命を起こした男

歴史上、最も成功したグラフィック・デザイナーと言えば、ソール・バスかもしれません。彼は、グラフィック・デザインの重要性が著しく増していた20世紀中盤に活躍し、独自の象徴的で余計なものを削ぎ落としたデザインで、驚くほど多くの大企業のブランディングに成功しています。 Bell、クリネックス、AT&T、すべてソール・バスの作品です。もしあなたが、50年もの間、輝きを失わず廃れることなく続いていくデザインを探し求めていたのなら、ソール・バスこそがそれらを作った男でした。 ソール・バスのデザイン。左からBell(1969年)、クリネックス(1980年代)、AT&T(1986年) ソール・バスが知られているのは、ロゴデザインだけではありません。というよりも実際は、ロゴは彼の芸術的な遺産のほんの一部なのです。それでは、現在まで続く、彼の最も素晴らしいグラフィック・デザインの作品を見てみましょう。 キャリアのスタート — ソール・バスは1920年、ユダヤ系移民の子どもとしてニューヨークに生まれました。創造力にあふれた子どもで、いつも絵を描いていました。アート・スチューデンツ・リーグ・オブ・ニューヨークの夜間クラスに通い、幸運なことに、機能的で美しいデザインで知られるバウハウスの巨匠・ジョージ・ケペッシュの下で学ぶことになりました。 映画のグラフィック・デザイン — 1940年代にソール・バスは、ニューヨークからカリフォルニアに拠点を移しました。広告デザインの仕事をメインとしていた彼は、1954年公開の映画『カルメン』の仕事で初めてブレイクすることになります。映画の製作会社は、ソール・バスのデザインしたポスターに大変感動し、タイトル・クレジットのデザインも依頼します。これが彼のその後を大きく変えることになるのです。 ソール・バスのデザインしたポスター。左から『或る殺人』(1959年)、『昼下りの情事』(1957年) ソール・バスのデザインしたポスター。左から『黄金の腕』(1955年)、『めまい』(1958年) ソール・バスは、不要なものを削ぎ落とした独自のスタイルで、映画ポスターを洗練されたものにレベルアップさせ、タイトル・クレジットの役割に革命を起こしたのです。それまでタイトル・クレジットは単調で面白みのないものでした。その重要性がまったく認められていなかったため、実際にタイトル・クレジットが放映される時には幕が閉まっていて、映画のシーンが始まってから幕が開くということが当たり前だったのです。 しかしソール・バスは、これらのグラフィックに命を吹き込み、他のものと同様に映画を観るという体験の一部として楽しめるようにしたのです。その後、彼のアイコンともなる「キネティック・タイポグラフィ」を初めて導入しました。バスの文字はスクリーン上で大きく躍動し、しばしば文字以外のビジュアルと組み合わせて表現されました。 こうして、タイトルは映画鑑賞の楽しみのひとつになったのです。ソール・バスのデザインしたクレジットが使われたフィルムは、「映写技師の方へ。タイトルの前に幕を開けてください」という注意書きとともに映画館に配給されました。 長く色あせないロゴ — ソール・バスのデザインしたロゴの平均使用年数は、なんと34年です。さらに、コーセー(1959年)や紀文食品(1964年)、Warner Communications(1972年)、Girl Scouts(1978年制作、2010年にマイナーチェンジ)、そしてGeffen Records(1980年)のように、彼のデザインがいまだに使われているケースもあります。堅実で思慮深く、時代を超えるデザインであるため、これからもずっと使われていくのかもしれません。 ソール・バスのデザイン。左からコーセー(1959年)、紀文食品(1964年)、Warner Communications(1972年) 左からソール・バスのデザインしたGirl Scoutsのオリジナル・ロゴ(1978年)、OCD Agencyによってマイナーチェンジされたバージョン(2010年) ソール・バスのGeffen Records (1980)のロゴデザイン ロゴデザイナーのウィリアム・ヘイグは、コンチネンタル航空のロゴデザインでソール・バスと仕事をした時のことを回顧し、彼の呼ぶところの「信頼性に基づいたロゴデザイン」を初めて体現したものだったと言っています。ヘイグは、次のように語っています。 私は1500のスライドを持っていきました。夜遅いミーティングで、私とソールは、コンチネンタルの外観がどのような意味をもつのか、新しいビジュアルを作成する段階として、我々が新しいロゴデザインで表現できるものは何なのかを話し合っていました。その時ソールがこんなことを言ったんです。「もしこれがウェスタン航空だったら、カウボーイの衣装を連想させるような“ウェスタンな外観”を利用して“ウェスタン”らしく見えるロゴを作ればいいだろう」って。でもそれは、当時高いサービスレベルが売りのコンチネンタルだったんです。 ソール・バスの有名なコンチネンタル航空“jetstream”のロゴ(1968年) このロゴ自体は、他のソール・バスの制作物とともに1991年に変更されてしまいましたが、この独特なデザインは、グラフィック・デザインの歴史の中で生き続けることでしょう。 あなたはどのデザインが好きですか?   [ 翻訳:shunichi shiga ]

最新のデザインコンペ

デザイナーとしてステップアップできるお仕事をご用意しています。