クライアントが使いやすい、テキスト編集が可能なファイルを作るための3つの方法

shunichi shiga

デザイン・プロジェクトの終盤に、クライアントからテキスト編集が可能なファイルを求められた場合は、少し注意が必要です。なぜなら、ほとんどのクライアントはAdobe Illustrator やInDesignなどの専門的なソフトウェアの使い方を知らないからです。これでは、あなたのプロフェッショナルなドキュメントデザインが、損なわれてしまうかもしれません。

そもそもクライアントが、使い方も分からない高価なソフトウェアを購入するのは道理にかなっていません。彼らが使い方を知っているソフトウェアと言えば、例えばMicrosoft WordやPowerPointですが、それらはプロ仕様のデザインファイルの作成には、あまり適していないでしょう。

そこで、ドキュメントのタイプや、クライアントが使用可能なソフトウェアに応じた3つの解決方法を紹介します。

  1. Microsoft Wordのテンプレートとしてドキュメントを作り直す
  2. Adobe Readerを使用してテキスト編集が可能なPDFファイルを作成する
  3. Adobe Acrobatを使用してテキスト編集が可能なPDFファイルを作成する(最もお勧めです)

それぞれの解決方法が、どのように役に立つのかを見てみましょう。

1.Microsoft Wordのテンプレートとしてドキュメントを作り直す

Text editable files: Microsoft Word

ほとんどのクライアントは、Microsoft Wordを所有しており、操作方法も知っています。とはいえ、このソフトウェアは、プロ仕様の印刷用ファイルを作成するためのものではありません。日常的に使うドキュメントなどに、より適しています。Microsoft Wordであなたのデザインを丸ごと作成し直すことは可能ですが、時間はかかってしまうでしょう。

あなたがドキュメントデザインをAdobe InDesign、Illustrator またはPhotoshopで作成したのであれば、手っ取り早い解決策は、そのデザインを高解像度のPNGファイルとしてエクスポートすることです。そして、その画像をWordドキュメントのヘッダー及びフッター部分に挿入し、テンプレートとして保存します。上のサンプル画像はレターヘッドのデザインですが、この他にもWordでは様々なタイプのドキュメントやサイズに対応できます。

手順をさらに詳しく知りたい方は、チュートリアル“オリジナルデザインの元データを、Microsoft Wordのレターヘッド・テンプレートに変換しましょう”をお読みください。

2.Adobe Readerを使用してテキスト編集が可能なPDFファイルを作成する

Text editable files: Adobe Reader

Adobe Readerは無料でダウンロードできる上、とても使いやすく、クライアントがあなたのデザインファイルを編集するのに適したソフトウェアです。IllustratorまたはInDesignで作成されたデザインをPDFファイルとして保存、さらにAdobe Acrobatを使って、編集可能なテキスト領域をファイルに追加することができます。クライアントはこのPDFファイルをAdobe Readerで開き、あなたが追加したテキスト領域を編集することができます。

ただし、Adobe Readerにはごく限られたテキストスタイルの機能しかないため、あなたがPDFファイルで設定したフォントやテキストサイズを、クライアントがあとから変更することはできません。しかし、クライアントにAdobe Readerで編集作業を行ってもらうことは、とても有効です。Adobe Readerはテキストのみを編集できるため、ドキュメントのスタイルを誤って変えてしまうことがないからです。

より詳しい説明は、チュートリアル“Adobe Acrobatの7つのステップで、編集可能な名刺のテンプレートを作成する”をお読みください。

3.Adobe Acrobatを使用してテキスト編集が可能なPDFファイルを作成する

Text editable files: Adobe Acrobat

クライアントがAcrobatでテキスト編集をするためのPDFドキュメントは、Adobe IllustratorまたはInDesignで作成したドキュメントデザインを、PDFファイルとしてエクスポートするだけで作れます。

上の画像は、2.と同じPDFドキュメントをAdobe Acrobatで開いたものです。ご覧のとおり、Adobe Readerに比べて、より高度な編集ツールがたくさんそろっています。これならクライアントは、フォントやレイアウトの変更、画像の追加、その他にも様々な編集ができるので、Adobe Acrobatはお勧めのソフトウェアと言えるでしょう。

Adobe Acrobatは使いやすいソフトウェアです。クライアントは、ほぼ自在にレイアウトを調整し、プロフェッショナルな仕上がりのドキュメントを作ることができます。また、Adobe Reader及びAdobe Acrobatで編集したPDFファイルは、印刷にも適しています。新しくソフトウェアを購入しなくても、Adobe Acrobatなら、すでに多くのクライアントが所有し、使い方を把握しているはずです。

まとめ

Adobe ReaderまたはAdobe Acrobatで、テキスト編集が可能なクライアント向けのPDFファイルを作成するには、デザインをPhotoshopではなく、IllustratorまたはInDesignで作っておくことをお勧めします。PhotoshopでPDFファイルを保存すると、テキストやフォントの情報が失われてしまうことが多々あり、その結果、編集ができなくなってしまう恐れがあります。

印刷用のファイルなど、クライアントが必要としているドキュメントの種類によっては、デザイナーが自らテキストを編集する方が良いかもしれません。ですが、そのドキュメントをクライアントが日常的に使用する場合は、テキスト編集が可能なファイルを用意するようにしてください。

また、クライアントが、あなたのドキュメントデザインに使われているフォントのライセンスを所有、または購入していることを常に確認することが重要です。

テキスト編集が可能なドキュメントの作成について他にアドバイスがあれば、ぜひコメントでシェアしてください!

関連記事

ユニークなヨガのロゴ30個

ユニークなヨガのロゴ30個

理由はどうあれ、ロゴデザインに関して言えば、ある一定の産業はクリエイティブさで損をしているようです。そのひとつにヨガスタジオが挙げられます。今まで何回、この最小努力の決まりきったロゴ―ハスの花の上にずんぐりした見た目の女性が足を交差しているシルエットのべた塗りのロゴ―を目にしたことがありますか?簡単で売れるのはわかりますが、クライアントとあなたのポートフォリオがたくさんのデザインの中に埋もれてしまうのは確実です。 ヨガは急速に拡大している産業で、すばらしく興味深いデザインの機会が完全に開かれています。これは傑出する良い機会です。これから30個のユニークで印象的なヨガのロゴをご紹介します。形象的なものもあれば、抽象的、もしくは活字体的な方法を取り入れたものなど、さまざまです。ロゴ作成の参考にしてみてください。 大阪新町にある女性限定ホットヨガスタジオ the BENEVOLAND Yogaのロゴです。デザイナー:Roxana.I Vasilis Magoulasによる“O”Yogaのブランドアイデンティティはすべてがサークルとサークルの断片で構成されています。 Roy Smith DesignによるYoga Australiaのロゴです。腕と脚のネガティブスペースを使用したことで有名で、オーストラリア大陸を形どっています。 Zync CommunicationsによるBlur Bamboo Yogaのロゴです。スタイリッシュな現代のミニマリズムになるよう、使い古された禅のイラストを避けています。 thedaniによるMichelle Millar Yogaのデザインです。ヨガで最も神聖なマントラ、「オーム」のシンボルをアレンジしたロゴです。 Jeremy Reissがデザインした、米ケンタッキー州にある小さなスタジオ、Moonshine Yogaのロゴです。魅力的な田舎の良さが表現されています。 カナダ、マニトバ州にあるNeuland Yogaのシンプルでミニマルなデザインです。デザイナー:lemon and lapis SilverPenDesignsによるWildflower Warriorのロゴです。説明を加えなくても、このデザイン自身が内容を物語っています。 gaga vastardによるYoga Cogiのデザインは、かわいいコーギー犬をキャラクターにして描いてます。 Lovers’ Yogaのデザインはシンプルで、素敵なエンブレムを使用しており、幅広いさまざまな実施の中で使えるでしょう。デザイナー:UndoRedo Capital Yoga Studioのロゴは英雄のポーズをしている人魚の身体に似せて描かれています。デザイナー:Flavia²⁷⁶⁷ Community Yoga Austinのロゴは顕著な効果のカラーを使用しています。 Byte&Pixelがデザインした、インドからのヨガインストラクター、Nandhiji氏のロゴです。ヒンドゥー教で神聖な動物とされている牛をモチーフに、ふさわしいエンブレムを描いています。 thedaniによるBodyBalance Christchurchのロゴです。ありふれたヨガのポーズにエレガントなツイストを描いています。 ドバイにあるRAWR YOGAのイメージにダイナミックさを加えています。デザイナー:KillerStarfish Harun Tanがデザインした米マイアミにあるAvion Yogaのロゴはすべて脚となっています。 oktagonによるUrbanCaveのロゴです。エレガントで単彩のシンボルは素敵な活字書体と組み合わさり、すばらしいアイデンティティを生み出しています。 Garuda Yogaのこの印象的なロゴも人間のシルエットを避け、装飾的なフェニックスのシルエットを描いています。デザイナー:Dara T. Yoga On The Coastのロゴは、また別の洗練されたクラシックヨガのポーズをしているシルエットのリミックスです。デザイナー:Kalore…

ロゴ制作の際に配慮すべき5つのポイント

ロゴ制作の際に配慮すべき5つのポイント

デザイナーがデザイン学校で最初に学ぶことのひとつが、ディテールに注意を払うことです。ただ見た目が良いだけでなく、どんな媒体でもうまく機能するように、デザインに特別な配慮をすることを教えられます。 そして、ロゴのデザインを行う時は、ディテールがとにかく大事になってきます。デザインに取り掛かる前に、次の質問をご自身に投げかけてみましょう。 ロゴはAdobe Illustratorで制作しているか? ロゴは完全にオリジナルか? フォントのライセンスについて調べ、クライアントに案内しているか? ドキュメントのカラーモードはCMYKに設定しているか? ロゴを正しいファイル形式で保存しているか? このような基本的な条件を満たしておくことは、大幅な時間の節約になりますし、長い目で見れば、ロゴ制作時の技術的な問題の発生を避けることにも役立ちます。それでは、詳しく見ていきましょう。 1.ロゴはAdobe Illustratorで制作しているか? — Adobe Illustratorは業界の標準的なソフトウェアとなっており、そのことを知らないのはデザイナーにとって深刻なデメリットです。何はさておき、Adobe Photoshopのようなラスター形式のアプリケーションを使っての、ロゴの制作はしないでください。なぜかというと、ロゴはベクター形式の画像でなければならないからです。 一部のデザイナーは、CorelDRAWを使ってロゴのデザインをすることもありますが、CorelDRAWはEPSやAIに変換しようとすると、深刻な問題を引き起こします。もしあなたが、CorelDRAWとIllustratorの両方の使い方を理解しているデザイナーではないのなら、CorelDRAWでのロゴ制作はやめておきましょう。 その他のお役立ち記事 ベクター画像とラスター画像の違い 2.ロゴは完全にオリジナルか? — 上の図は、デザイナーが自分のロゴに絶対に使ってはいけない、第三者の画像の例です。著作権の問題が発生するのを避けるため、ロゴには完全にオリジナルな要素だけを組み込んでください。また、下調べを行い、他のデザイナーの作品や、あらゆる第三者のロゴと似過ぎていないことを確認してください。これを行うのに一番良い方法は、あなたのロゴの白黒版をGoogle画像検索ボックスにドラッグし、類似の画像を検索することです。 99designsでは、いかなるロゴのコンペにおいても、第三者から派生した画像の使用を許可していません。例として、これだけには限りませんが、ストック画像、“無料”をうたっているベクター画像、クリップアート、絵文字フォント、商標登録済みロゴ、別のデザイナーの作品や既存のロゴがそれに該当します。 3.フォントのライセンスについて調べ、クライアントに案内しているか? — A.使用するフォントのライセンスを調べる サンプルのロゴに使われているフォントを調べてみたところ、myfonts.comで購入できることが分かりました。フォントとは、あなたのロゴにその活字を使用するためのソフトウェアであることを忘れないでください。ほとんどのフォントは、どこかのサイトから “無料” でダウンロードできますが、フォントのライセンス情報が公開されていないこともよくあります。そんな時は、調べることが大切です。 フォント制作者側が、商業的な利用も無料である旨を明示していない場合、フォントを使うためには必ずライセンスを購入しなければなりません。フォントのライセンスを確認するために、Googleで次のような検索をかけてみましょう。“フォント名” + “制作” または“デザイナー”といった、簡単な言葉を入れるだけです。そして、フォントのライセンスを読み、商業的な利用が許可されているか及びフォントの加工が許可されているかを確認してください。もし、上記のどちらも許可されていれば、ダウンロードして使っても問題ないでしょう。 ライセンス関連の問題を避けるための最善の策は、ロゴ用にオリジナルの字体を1から作ってしまうことです。でも、既存の字体を使うのであれば、カスタマイズしてあなた独自のものにしましょう。あなたのロゴ用に、既存のフォントを大幅に改変するという方法があります。 B.フォントをアウトライン化する あなたのロゴ用にフォントの選択や改変を行ったら、書式>アウトラインを作成をクリックして、そのフォントがアウトライン化されているかを確認しましょう。フォントをアウトライン化することは重要です。それによって、クライアントがファイルを開くためにフォントのソフトウェアを自分のPCにインストールする必要がなくなり、また、ロゴデザインを常に意図した通りに表示できるようになります。加えて、大抵のフォントのライセンスは、ソフトウェアをシェアすることを禁じています。そのためアウトライン化が必須であり、フォントのファイルのアップロードやクライアントとの共有を避ける必要があるのです。 C.クライアントにライセンス取得について案内する デザイナーは、フォントのライセンスについて、クライアントに毎回必ず案内をしなければなりません。そうすることにより、もし必要があればクライアントはフォントを購入することができるからです。フォントのライセンスを購入する責務は、デザイナーでなく、クライアントにあります。デザイナーが購入したフォントを、クライアントが副次的に使用することについて許可を出しているフォントは多くありません。クライアントに、ライセンス取得に関する重要な情報を案内するため、ロゴデザインの説明書に次のような文章を記載してはいかがでしょうか。 「こんにちは。あなたのロゴ用に選んだフォントを気に入っていただいていると良いのですが。あなたのロゴでの使用を商標登録できるように、フォントのライセンス購入を希望される場合は、こちらのリンクからライセンス及び購入に関する情報を確認していただくことができます。(リンク)」 その他のお役立ち記事 デザインに使っていいフォントはどれですか? 4. ドキュメントのカラーモードはCMYKに設定しているか? — ロゴは、印刷される可能性が高いものと相場が決まっていますので、CMYKのカラーモードで制作を行うのが1番良いでしょう。中にはRGBで制作するデザイナーもいますが、CMYKをRGBに変換する方が、RGBからCMYKに変換するより総じて簡単です。CMYKで作業を行っているかを確認するにはファイル > ドキュメントのカラーモード > CMYKカラーを選択してください。 その他のお役立ち記事 RGBとCMYKの違いを理解し、正しいファイルを作成する 5.ロゴを正しいファイル形式で保存しているか? 上の図は、クライアントに納品する必要があるすべてのファイルと、その整理法を示したものです。ロゴは、印刷物やウェブといった媒体で使用されますから、デザイナーは常に次のファイル形式をクライアントに提供するのが良いでしょう。 AI EPS JPG…

オリジナルデザインの元データを、Microsoft Wordのレターヘッド・テンプレートに変換しましょう

オリジナルデザインの元データを、Microsoft Wordのレターヘッド・テンプレートに変換しましょう

レターヘッドのデザインプロジェクトの最後によくあることですが、クライアントがこんなことを言う場合があります。「これを、Microsoft Wordで編集可能なレターヘッドのテンプレートとして作ってほしい」と。大抵の場合、クライアントはAdobeのIllustratorやInDesign、Photoshopといった、高度なグラフィック編集アプリケーションを持っていないか、使い方を知らず、また単に、そのような高価なアプリケーションを購入するのは割に合わないと思っているのでしょう。 Microsoft Wordは、IllustratorやInDesignに比べると、かなりローテクです。でも、それがクライアントの使っているアプリケーションである以上、クライアント自身が内容を編集したり追加したりできないとなれば、あなたのレターヘッドのデザインは役に立たないものになってしまいます。ですから、Microsoft Wordのレターヘッド・テンプレートの作り方を知っておくことは非常に大切です。それでは、始めましょう。 1. レターヘッドのデザインを作成する 今回の例はIllustratorを使って作成していますが、Photoshopや InDesignでもレターヘッドのデザインを作成することができます。また、この例では1/8インチの塗り足しを設けたデザインを採用しており、仕上がり寸法は8.63 x 11.13インチとなります。 デザインを作成する際は、カラーモードをCMYKに設定してください。写真や複雑なグラフィックを使用する場合は、300ppi以上あるものを用意してください。Microsoft Word上では、すべての画像が圧縮されるからです。使い勝手の良い塗り足し付きのレターヘッド・テンプレートは、こちらからダウンロードできます。 2. レターヘッドのデザインを、高解像度のPNGファイルとして書き出す これを行うには、ファイル > 書き出し > PNGをクリックし、解像度は300ppiを選んでください。デザインはJPGかTIFFで保存してもいいですが、TIFFファイルは、Microsoft Word上ではサイズが劇的に大きくなり、読み込みにも大変な時間がかかってしまいます。 3. Microsoft Word文書の設定をする レターヘッドのデザインを配置するためのWordの設定に移りましょう。 ファイル > 新規作成をクリックします。Word文書が開いたら、ファイル > ページ設定 > 用紙サイズ > カスタムサイズを管理をクリックします。用紙サイズを 8.75 x 11.13に設定し、塗り足し付きのデザインデータに対応させるために、すべての余白を “0” に設定します。そして、プリントされない領域という項目は “ユーザー定義” とします。これでレターヘッドは、Wordのデフォルトの余白設定ではなく、塗り足し付きで設定されます。 4.レターヘッドのデザインをMicrosoft Word文書に配置する レターヘッドのデザインは、Word文書のヘッダーとフッターの領域に配置され、ページが増えれば、自動的にそのすべてに反映されます。表示 > ヘッダーとフッターを選んでください。すると、文書上にヘッダーとフッターの場所を示すガイドラインが現れるはずです。今度は挿入 > 写真 > ファイルからの画像をクリックします。先ほどのPNGファイルを指定しましょう。するとPNGファイルがページの中心に現れます。PNGの画像を選択し、 書式 > 図をクリックします。 “図の書式設定”のメニューが表示されます。まず、サイズを選びます。Wordは、読み込まれた画像を自動的に縮小してしまうのですが、高さと幅を100%に設定すれば、元々の大きさに戻すことができます。 次に、レイアウトと表示されたタブをクリックし、“背面”を選びます。“詳細設定”ボタンをクリックして、横位置、縦位置の距離をそれぞれページに設定してください。そしてOKを押して、図の書式設定で行ったこれらの変更を反映させます。これで、レターヘッドのデザインは、100%の大きさで表示されているはずです。必要に応じて、位置を調整してください。…

最新のデザインコンペ

デザイナーとしてステップアップできるお仕事をご用意しています。
0%