プロフェッショナルは、ロゴデザインにどのように取り組んでいるのでしょうか

shunichi shiga

Apple、マクドナルド、Twitter、コカ・コーラ、Nike…

これらのシンボルマークを、非常に特別で象徴的な存在にしているのは何でしょうか?
それは見た目の美しさや色使いでしょうか?その企業の業務内容が伝わるからもしれませんし、それは関係ないかもしれませんね。
 
そういった要素は、ロゴデザイン案件において考慮すべきではありますが、どれも特別に重要というわけではありません。有名なロゴの中には美しいものも、(多くの人に言わせれば)実に見苦しいものもあります。少ないながらも、その企業の業務内容を表すロゴもありますが、それを除けば、他のロゴはそこまでの配慮がなされていません。

では、卓越したロゴの制作を左右するのがこのような要素ではないとしたら、他に何が考えられるでしょうか?

それは、独自性です。

それこそが、プロフェッショナルが手がけるロゴとして、どんな時でも唯一にして最も重要な特性なのです。もし、そのロゴが真に群を抜く出来栄えで、ブランド自体を唯一無二で記憶に残るものにしていながら、同時にデザインの基本原則を守れていれば、卓越したロゴとしての基準を満たしていると言えます。

世界中のクライアントが、そういう作品を探していて、対価を支払ってくれます。そしてロゴデザインのプロフッェショナルなら、そういったロゴを確実に作り出す方法を知っているのです。

彼らがどうやっているのか、知りたいですか?

1.クライアントを知る

卓越したロゴは、その企業の価値観や、文化、そこで働く人々を表現しています。ロゴのことは、できる限り最善の方法で目立ち、その企業を象徴することを主な職務とした社員のようなものと思っていただければ良いでしょう。その社員はどんな見た目でしょうか?どんな感じの人ですか?上司ですか、それとも隣の家に住んでいるようなタイプですか?よく通る声をした、快活な人ですか、それとも聡明で物静かな人ですか?

このような質問をされても、正確に答えるのは無理ですよね。

ですから、プロフェッショナルは、クライアントとのしっかりとした対話を行うことからロゴ案件を開始します。プロフェッショナルは、企業の文化、価値観、仕事のやり方について、できるだけたくさん学ぼうと努め、そこから伝わってくるものを、ロゴのデザインを行う際に注ぎ込むのです。

ランドーは、BPの価値観と文化、そして彼らが伝えたいことを深く理解した上で、こちらの新しいロゴをデザインしました。

こうしたステップを踏むことで、クライアントや企業内の他の関係者に違和感ばかりを抱かせてしまうロゴの制作をせずに済みます。

そういうわけで、デザインブリーフを読むだけで終わらせないでください。ロゴデザイン案件の手始めとして、クライアントの仕事について知りたいことがあれば、具体的な質問をいくつか投げかけてみましょう。クライアントの価値観や魅力、顧客について聞いてみてください。

クライアントの考え方を知ることで、彼らにはどんなロゴがふさわしいのかが分かってきます。

2.業種を知る

クライアントのことが分かったら、次のようなことも詳しく知る必要があります。

  1. ロゴは誰に向けたものですか(オーディエンスの特定)
  2. 対抗する相手は誰ですか(競合の特定)

オーディエンスを知ることで、ロゴのスタイルをどういう方向に持っていくか、何らかのヒントが得られるでしょう。例えば、ティーンエイジャー市場向けの案件を扱う場合は、メインストリーム感があり、派手で覚えやすいものが良いということになると思います。しかしティーンエイジャーと言っても、コンピューター・プログラミングに精通した神童たちを対象とする場合は、もう少し考えてみる必要がありそうです。

GroovesharkはSpotifyのすぐ後から市場に参入しましたが、全く異なる、独自性の高いロゴが、より若いオーディエンスに好評で、独自の展開に繋がりました。

このように、クライアントから対象の顧客についてできるだけ多くのことを教えてもらう必要があります。どんな人々なのか、どこに住んでいるのか、何を買い、どんな服装をしているのか。ターゲットとなるオーディエンスについてあなたが知れば知る程、クライアントが気に入ってくれるロゴを、楽に作り出せるようになるのです。

次に、この段階において、もしかするとより重要かもしれないこととして挙げられるのは、クライアントの競合を調べることです。市場には他に誰が存在して、どんなロゴを使用しているのかを確認する必要があるでしょう。そうすることにより、似通ったものを制作してしまうことや、更にまずいことに、まったく同じものを制作してしまうといった事態を防げるからです。あなたが作るロゴは、クライアントをどの競合よりも際立たせなければいけないことを、忘れないでください。そのためにも、気を付けておかなければいけない重要な競合の一覧を、クライアントからもらえるようにお願いしてみてください。

3. ロゴのアプリケーションを知る

この段階は、次の非常に単純な質問に答えることで説明できます。ロゴは主に、どのように使われ、またどこに使われるのでしょうか?ロゴの色々な使用方法のことを、一般的に「ロゴのアプリケーション」と呼んでいます。

これは、ロゴデザインの過程において、極めて重要な意味を持つものです。その理由は、デザイン的な観点から、何ができて何ができないのかを、デザイナーに示してくれるものだからです。

航空会社は、機体の尾翼にロゴを表示する必要があります。これは、慌ててデザインに取り掛かる前に検討しなければいけない重要な点です。

例えば、航空会社には非常に明確なロゴアプリケーションの要望があり、それは飛行機の垂直尾翼にロゴを配置しなくてはならないというものです。これは極めて縦長かつ幅の細いスペースを扱うことを意味するので、デザイナーは、そこに収まらない図案は避けねばなりません。もしくは、この部分での使用に限定したグラフィックを作る必要があるでしょう。

別の例として、ビジネスの大半がオンライン上で行われる、ウェブ系の企業を見てみましょう。この場合、デザイナーはロゴにRGBフルレンジの使用を選ぶかもしれません。それはデジタル機器上では問題なく表示可能であると同時に、ロゴを目立たせることに役立つかも知れないからです。反対に、ビジネスはオフラインで行い、大量の印刷物が発生する企業にとっては、それは非常にまずい選択となります。

以上のことから、毎回、ロゴが主にどんな風に使われるのかを慎重に考えるようにすると、実際には使うことのできない図案に時間を浪費せずに済みます。

4. 下絵を(たくさん)描く

多くのデザイン学校では、生徒に対して、良い案を決定する前にアイディアを100案も提出するように求めることを存知でしたか?そうする理由は簡単です。良作と駄作を振り分けるたった1つの方法は、選択肢を多く持つことだからです。

この単純な事実のために、ブランディングを行うプロフェッショナルのデザイナーは通常、ブレインストーミングの段階で、何十ものロゴ案の下絵を描き、そこからひと握りだけを選んで、クライアントに見せています。

デザイナーのデイビッド・エイリーは、人々の記憶に残るHenri Ehrhartのロゴを完成させるまでに描いた下絵を公開しています。

大変そうに感じるかもしれませんが、実際にはそれほど時間かかる作業ではありません。紙の上にペンでロゴの下絵を描くのは1分もかかりません。ひとつひとつを考える時間を入れても、1時間もしない内に10案くらいは簡単に下描きが完成します。

くれぐれも、最初の案が1番良いはずだと思い込まないようにしてください。

まず、下絵を描いてみましょう。そして更にもっと描いてみてください。そうすれば、本当に良いものを選び出すことができるのです。

それこそが、プロフェッショナルのやり方です。

5.ラフ案をデザインする

下絵が完了したら、その中からベストなものを5から7案選び、Illustratorもしくは他のベクター形式のアプリケーションで第一弾のデザインを作っていきましょう。念を押しておきますが、ベストな案というのは、見た目のかっこいいものや、他社とそっくりで無難なもののことではありません。あなたのクライアントを市場で十分に目立たせる可能性を持つものこそが、ベストな案です。

ジェイコブ・キャスはUKEのロゴのラフ案を公開しています。

モノクロで簡易的なデザインを制作して、クライアントに手始めに見せてみましょう。色を付けたり、細部を描き込むことはする必要ありません。シンプルなままの方が、取るに足らないディテールよりも発想そのものに注意を向けてもらえるため、この段階ではその方が望ましいからです。

この時点での目的は主に、クライアントからラフ案に対するフィードバックをもらうことと、彼らがリファインを希望するものがどれかを知ることになります。

6. リファインする

リファインと呼ばれるこの段階が、一番長い時間を要します。それはクライアントに提示したロゴの草案に改良や変更を加え、一進一退を繰り返すことになるからです。

クライアントは1つの案しか選ばない時もあるでしょうし、2つか3つの案を同時に進行させることで、それぞれどのようになるかを見てみたいと言われる時もあるでしょう。

しかし、ここは楽しい時間でもあります。

Helvetic Brandsはロゴ開発とリファインの一連の過程を公開しています。

リファインの段階で、ロゴには色やディテール、様々な装飾が加えられ、変更され、そして淘汰されます。異なる環境ごとにロゴの見え方を確認するため、数々のアプリケーションの試作が行われます。時に、紙の上に描かれたロゴのディテールが、建物に表示されたときはあまり映えないこともあります。

このようなプロセスを経て、ついにロゴの完成版が決まり、承諾を経て、ブランディングの準備が整います。

7.ブランディングの実施

お察しいただけると思いますが、卓越したロゴは終着点ではなく、優れたブランディングの出発点です。

ビジネス用のステーショナリーや看板、乗物のブランディングを初め、その他たくさんのコミュニケーションツールは、どれを取っても同一のブランドメッセージを発信しているようにデザインされなければいけません。ブランディングを実施することにより、それが実現します。

この段階では、「ブランドブック」と簡潔に呼ばれる、ブランドのガイドラインにまとめるための、重要なロゴ展開例すべてがデザインされ、規格化されます。

ブランディング開発は、ロゴからさらに一歩踏み込んで、日常的に使われるマーケティング用、販促用のツールすべての表示規格を定めます。

このガイドラインはロゴの扱い方を示すもので、一般的なマーケティング用素材に使用するための基準となるレイアウトや色、画像、そしてタイポグラフィを定めています。これがあれば、企業側が広告代理店やデザイナーを変更した場合でも、ブランドのアイデンティティーは同じ指針に則ったまま確実に保護され、また、方向性が分かるのです。

ブランディングの実施はオプションとなりますが、通常は、ブランディングデザインセットの一部として提供されることを知っておきましょう。大抵のクライアントは、最低でもビジネス用のステーショナリーと看板のデザインを統一したいと考えています。

この手法はあなたにとって、どのようなメリットがあるのでしょうか?

お分かりのように、プロフェッショナルによるロゴデザインの手法は、7つの段階から構成された、とても本格的な作業です。その全ては企業の価値を高め、市場で目立つための唯一無二で記憶に残る記号を生み出すことを目指すものです。

だからと言って、これは大手の広告代理店や有名デザイナーだけの仕事ではないと知っておくことも大切です。今回ご紹介した段階を踏むことで、誰もがメリットを得られますし、そうすることによって、クライアントはあなたに対して更に感謝することでしょう。

次回あなたがデザインコンペに参加する時は、真剣に取り組むことから始めてみましょう。デザインブリーフを読むだけで済まさないでください。クライアントに、仕事のことや、オーディエンスのこと、競合やロゴ展開に対するニーズについてできる限り質問しましょう。下絵を描いて、デザインの初期段階でクライアントに見せてみます。 その時にもらう意見を元に、リファインします。コンペに優勝したら、ブランドブックの制作をオファーし、1-to-1請求システムを活用しましょう。

プロフェッショナルな姿勢で仕事を行えば、成功はあなたのものです。

ロゴデザインの手順について、質問はありませんか?私がお答えします!

関連記事

成功する企業ロゴデザインの5つのコツ

成功する企業ロゴデザインの5つのコツ

経営者にとって、企業のロゴを新しくデザインすることは難しいプロセスです。色、フォントの種類、イメージ、サイズ、形など、考えなければいけないことが山積みです。この記事では、企業ロゴのデザインで成功するための5つの重要なポイントをご紹介しましょう。 シンプルさ — ロゴはシンプルにしましょう。これは企業ロゴのデザイン以外でも、多くのことに当てはまる確かなアドバイスです。潜在顧客の関心を引き、既存顧客に思い出してもらいたいのなら、複雑でゴチャゴチャしているロゴはビジネスに何の利益も生み出しません。大きく成功したロゴのいくつかは、非常にシンプルです。すっきりとしていて太い線が使われています。視線を散らしたり、メッセージの効果を損なわせたりするような多くの要素がありません。マクドナルドの”金のアーチ”や、アパレルブランドUNIQLOの”赤と白の四角”は、素晴らしい例でしょう。しっかりとした太い線が使われていて、認識しやすく、企業ブランドを思い起こさせるシンプルなデザインです。 オリジナリティー — 画家のエドゥアール・マネは、不幸なことに、同時期に活躍し、より高く評価されていたクロード・モネと間違えられることがありました。作品の展示を頼まれたけれど、実はギャラリー側はモネに依頼したと思っていた、なんてこともあるほどでした。かわいそうに!企業のロゴにおいて何よりも避けたいのは、競合企業と間違えられることです。ロゴのデザインを考える場合、オリジナル性を持たせることが重要というわけです。周りをよく見て、新しいものを考え出すきっかけを見つけましょう。他のブランドとの混同を避けたいのなら、色や形、象徴するものなどをよく考えてください。Taco Bellのロゴの色選択は良い例です。認識しやすいものを、オリジナルのブランドロゴとして際立たせる方法の1つです。 覚えやすさ — 東急ハンズの”手のロゴ”と、Appleの”かじられたリンゴ”に共通することは何でしょうか?それは、この2つのロゴは覚えやすいということです。最近の消費者は、広告の波にのみ込まれています。テレビから流れるコマーシャルや道端の広告板から、ウェブのバナー広告やゲームアプリのポップアップ広告にいたるまで、まるで宣伝メッセージを叫び続けているかのようです。結局のところ膨大な宣伝情報の中では、記憶に残りやすいメッセージ以外はノイズとなり、脳がフィルターをかけてしまいます。では、そのような心理的なフィルターを通り抜けるようなロゴにするには、どうしたらいいのでしょう?成功の鍵の1つは、覚えやすさと分かりやすさの両方を満たした印象的なデザインを選ぶことです。 明確さ — 企業のロゴを選ぶ際は、顧客のことを理解しましょう。どんな人々で、企業に何を望んでいるのかといったことです。企業のロゴが、あなたのビジネスに関してどんなことを発信しているのか、自分自身に問いかけてみてください。パワー、歴史、スピード、柔軟性、健康、楽しさ、それとも接続性を強調しているのでしょうか?これらの特徴(これ以外にも多くのものがあります)のどれもが、効果的なデザインの主要なメッセージになり得ます。例えば自動車会社のフォードは、”ブルーオーバル(青い楕円形)”の有名なロゴを1世紀近く維持しており、自動車技術の先駆者としてのフォードの名前を強固にしています。一方、ナイキの有名な”スウッシュ”は、スピード感と前へ進む動きを強調しています。東京ディズニーリゾートは、お馴染みのミッキーマウスとシンデレラ城をモチーフにしたデザインを使用し、子供時代の遊園地での記憶を思い出させます。ここで挙げたロゴのどれもが、企業の中心となるメッセージと結び付けられたポジティブな感情を呼び起こすのです。 ブランド力 — ロゴは企業の顔です。それゆえ、企業のブランドを紹介するあらゆる媒体に対応できるものでなければいけません。企業のトラックやパッケージング、ウェブ広告やソーシャルメディアといったものすべてにおいてです。効果的なロゴは、白黒でもカラーでも、そしてどんなサイズでも、ひと目見ただけで認識できます。幹線道路の広告板でも、Twitterのアイコンでも効果を発揮するのが良いロゴです。小さな文字を使ったロゴだと、問題が生じます。どんな形式になってもブランド力を示している企業ロゴの例は、マクドナルドの”金のアーチ”、UNIQLOの”赤と白の四角”やです。消費者につながるあらゆる媒体の形式を考え、選んだロゴデザインがすべての場合でうまく機能するようにしましょう。 Ads of The Worldより マクドナルド公式Twitterより Randomwireより Openより 原宿サン・アドより 東急ハンズ公式Facebookページより 成功するロゴを作成するために重要なのは、シンプルさ、オリジナリティー、覚えやすさ、明確さです。そして、どんなマーケティング媒体でも認識しやすいロゴにしましょう。 ここで紹介した基準を満たすロゴの例を他にも知っていますか?ぜひ教えてください! 本記事は、2013年9月13日に掲載された記事を翻訳・再編集したものです。

ロゴデザインでグラデーションを使用する際にすべきこと&すべきでないこと

ロゴデザインでグラデーションを使用する際にすべきこと&すべきでないこと

ロゴにグラデーションを使用することには、賛否両論の声があります。グラデーションを使用することが大嫌いで、安っぽいと思っている人もたくさんいれば、単に大好きな人も多いのです。 Microsoft WindowsとPepsiの歴代ロゴ ロゴのフラットなデザインスタイルは今のご時勢にぴったりですが、それは必ずしも、グラデーションが永遠に使用されなくなったということではありません。ただ、グラデーションをロゴデザインにたくさん使うと、以前よりも古臭く見えてしまうことがあるということです。このテクニックは上手く活用すれば効果的ですが、多くのデザイナーは出来の悪いデザインコンセプトをごまかすための助けとして使用する傾向にあるようです。 好き嫌いに関係なく、グラデーションの使い方には良いものと悪いものがあります。私たちは今回、少なくとも今の時代においてロゴにグラデーションを使用する際にすべきこととすべきでないことを示した短いリストを作成しました。 Coco Starのロゴ、デザイナー:TinBacicDesign™ すべきこと:グラデーションを施す前に、人目を引くような単色バージョンのロゴを作成する。 すべきでないこと:ロゴを再現することや読むことが難しくなるようなグラデーションを施す。 上に挙げたのは、デザイナーのTinBacicDesign™によるロゴデザインと、それと比較するために私たちがオリジナルのものを変換したグラデーション版です。ロゴの単色バージョンは、スクリーン上ではない媒体での使用、例えばエンボス加工やレタープレスで紙へ印刷したり、看板や刺繍のある衣料へ入れたりしても太くはっきり見え、効果的に機能するでしょう。ロゴに不必要なグラデーション加工をすると、色あせて見えたり、必要以上に複雑になったり、パッと見て分かりづらいものになったりしてしまいます。では、実践上のカギは何なのでしょう? シンプルなままにしておけば良いのです。 すべきこと:そのブランドに適したクリエイティブな方法でロゴにグラデーションを施す。 すべきでないこと:ブランドに合っていない抽象的なイメージを作るためにグラデーションに依存する。 Airbnbのロゴにはグラデーションが施されていますが、これは旅行に関連しているこの会社には適したものです。濃い青色から水色へのグラデーションは、多くの人にバケーションを連想させる澄みわたった青空のように見えます。一方、右側の私たちが作成した架空のロゴは、深みやコントラストを与えるためにグラデーションに頼り過ぎています。ですが、それは何の意味ももたらしません。グラデーションを取り払って単色にしても、この四角形は同等に抽象的なものでしょうし、印刷した際にはもっと見やすいものになるはずです。 このことから得られる教訓:グラデーションがあなたのロゴを引き立たせるのに役立っていなければ、それは害を与えているだけです。他のソリューションを見つけましょう。 すべきこと:デザインの品質を高めるために微妙なグラデーションを施す。 すべきでないこと:強いグラデーションを、とりわけロゴの小さな部分や細やかな部分に使用する。 Googleの新しいロゴは“フラットデザイン”のトレンドに合ったものですが、それでもとても微妙な線形グラデーションを使用しています。このエフェクトは、昔ながらの傾斜のあるエンボスルックに頼ることなく、クラシックなロゴに深みを与えています。しかし右のロゴでは、より細かな部分にまでグラデーションを使用することで、イメージよりもグラデーションの方が際立ってしまい、プロフェッショナルな仕上がり感がなくなっています。言うまでもなく、ほとんどのサイズにおいて上手く印刷できないでしょう。 すべきこと:プロフェッショナルで、きちんと考えられたグラデーションを施す。 すべきでないこと:考えなしに作られたようなグラデーションを施す。 クライアントは、自分でも作れるようなものではなく、プロフェッショナルなデザインを求めてあなたに依頼します。ですから、あなたの使うグラデーションはプロフェッショナルに機能していなければなりません。もしグラデーションによってロゴに明るい光を表現するなら、その光の指す方向をきちんと決めてください。または、ロゴの特定の箇所を強調するためのグラデーションであるなら、1つで十分なところに異なるタイプのグラデーションを混在させないでください。意図を持ってグラデーションを使用しましょう。 すべきこと:可能な限り最良の印刷を実現するためにグラデーションを最適化する。 すべきでないこと:印刷の事は考えない。 グラデーションは常に奇麗に印刷されるという訳ではなく、プリンターの性能によっては見苦しいバンディングが現れる可能性もあります。ですから、デザインする段階から、ベストの結果が出せるようにファイルを準備することが大切です。Adobeが説明している、この現象を修正する数種類のテクニックをご覧ください。 結論を言えば、ロゴにグラデーションを使用する際は、よく考えて使用するべきだということです。クライアントの会社は、あなたが作ったロゴを大きく引き延ばしたり、本社の大理石の床に掘り込んだり、またはバットシグナルのように空に輝かせたりするかもしれません。そして、それらの媒体ではグラデーションはうまく伝わらないことは確実でしょう。最後に、グラデーションはデザインにおけるその他すべてのエレメント同様、意味を持っていなければならず、そうでなければ使用すべきではないのです。 グラデーションを適切に使用するヒントはありますか? [ 翻訳:shunichi shiga ]

IllustratorによるロゴのPNGファイルの作り方

IllustratorによるロゴのPNGファイルの作り方

PNG(Portable Network Graphics)ファイルはラスターで、圧縮による画質の劣化がないウェブをベースとするファイルです。PNGファイルはウェブで画像を表示するのに最適です。またロゴデザインをクライアントに引き渡す際に必要なファイル形式の1つです。 クライアントは、Adobe Illustratorのような高度な画像編集用のソフトウェアを使わなくても、自分のブランディング素材にロゴデザインを簡単に組み込めるように、(他の必須ファイル形式に加えて)PNGファイルが必要なのです。 このチュートリアルではAdobe Illustratorで、透明な背景を用いたPNGファイルの作り方を説明します。ロゴの作成を依頼しているクライアントにはこの形式のファイルを送ることになっています。 1. Adobe Illustratorでロゴを作る — 拡大、縮小しても画質が劣化しないように、ロゴは全てベクター画像編集用ソフトウェアで作らなければいけません。またベクターシェイプとパスで構成されている必要があります。Adobe Illustratorはベクター画像編集用ソフトウェアの業界標準なので、何よりもまずこのソフトウェアを推奨します。ファイルには背景を加えないよう気を付けてください。 2. ロゴをPNGファイルとして書き出す — ベクター画像としてロゴを作成したあと、メニューバーのファイル>書き出し…>PNGを選択してください。ファイルに名前を付け、書き出しをクリックします。すると、“PNGオプション”というウインドウが表示されます。背景のカラーが透明になっているのを確認してOKをクリックしてください。この書き出しのオプションが素晴らしいのは、作業領域の空白部分を透過してロゴだけが残るようになっているところです。こうして出来上がったPNGファイルはより用途が広がり、デザインそのものだけを含んだものとなります。 3. 新しいPNGファイルを開き、送信する — 新しく作ったPNGファイルは、開いた時にこんな風に見えます。PNG画像そのものが灰色なのではありません。これは、ただ単にPNG画像を参照する際に背景が灰色で表示されることがあるためです。さあ、これでロゴをクライアントに送信する準備ができましたね。 PNGファイルの作り方についてアドバイスがあれば、ぜひコメントして教えてください。   [ 翻訳:shunichi shiga ]

最新のデザインコンペ

デザイナーとしてステップアップできるお仕事をご用意しています。