ベクター画像とラスター画像の違い

shunichi shiga

ベクター画像を使うべきか、ラスター画像を使うべきか、それが問題です…そして実のところ、あなたがそのデザインを何に使おうとしているかによって違ってきます。本稿では、ベクターとラスターの重要な違いと併せて、各々どういう時に使うべきかを説明します。

ベクター画像

ベクター画像は点、線、曲線といったベーシックな幾何学的図形から成っています。図形同士の関係は数学的方程式として表現されるため、画像のサイズを拡大、縮小しても質の劣化を招くことはありません。

ロゴデザインや、パンフレットやポスターといった印刷物は、Adobe Illustrator、Corel Draw、Inkscapeといったベクター形式のドローソフトを使ってベクター画像としてデザインすべきです。

ベクター

ラスター画像

ラスター画像は、ピクセル(画素)と呼ばれる格子状のドットの集合体から成っており、それぞれのピクセルには色値(色調や階調などの色情報)が割り当てられています。ベクター画像とは違い、ラスター画像の画質は解像度(一定の長さあたりのピクセル数)に左右されます。

ラスター画像のサイズを変えると、ピクセル自体を縮めたり伸ばしたりすることになり、結果、鮮明さが目に見えて失われ、非常にぼやけた画像になります。PhotoshopやGIMPといったラスター形式のエディター(ペイントソフト)は、写真に最適であり、また影やテクスチャーといった様々な効果をデザインに加味するのに向いています。

ラスター

99designs登録デザイナーであるあなたにとって重要なのは、「その仕事にふさわしい画像を制作するには、それに合った編集ソフトを使う」ということなのです!

応用

下記を対象としたベクター画像を制作するには、Adobe Illustrator、Corel Draw、Inkscape、または同等のソフトを使いましょう:

  1. ロゴデザイン
  2. イラストレーション
  3. パンフレット
  4. ポスター
  5. Tシャツ
  6. その他プリントできる物

下記を対象としたラスター画像を制作するには、Adobe Photoshop、GIMP、または同等のソフトを使いましょう:

  1. ウェブデザイン
  2. 写真の編集/加工

関連記事

ロゴ制作の際に配慮すべき5つのポイント

ロゴ制作の際に配慮すべき5つのポイント

デザイナーがデザイン学校で最初に学ぶことのひとつが、ディテールに注意を払うことです。ただ見た目が良いだけでなく、どんな媒体でもうまく機能するように、デザインに特別な配慮をすることを教えられます。 そして、ロゴのデザインを行う時は、ディテールがとにかく大事になってきます。デザインに取り掛かる前に、次の質問をご自身に投げかけてみましょう。 ロゴはAdobe Illustratorで制作しているか? ロゴは完全にオリジナルか? フォントのライセンスについて調べ、クライアントに案内しているか? ドキュメントのカラーモードはCMYKに設定しているか? ロゴを正しいファイル形式で保存しているか? このような基本的な条件を満たしておくことは、大幅な時間の節約になりますし、長い目で見れば、ロゴ制作時の技術的な問題の発生を避けることにも役立ちます。それでは、詳しく見ていきましょう。 1.ロゴはAdobe Illustratorで制作しているか? — Adobe Illustratorは業界の標準的なソフトウェアとなっており、そのことを知らないのはデザイナーにとって深刻なデメリットです。何はさておき、Adobe Photoshopのようなラスター形式のアプリケーションを使っての、ロゴの制作はしないでください。なぜかというと、ロゴはベクター形式の画像でなければならないからです。 一部のデザイナーは、CorelDRAWを使ってロゴのデザインをすることもありますが、CorelDRAWはEPSやAIに変換しようとすると、深刻な問題を引き起こします。もしあなたが、CorelDRAWとIllustratorの両方の使い方を理解しているデザイナーではないのなら、CorelDRAWでのロゴ制作はやめておきましょう。 その他のお役立ち記事 ベクター画像とラスター画像の違い 2.ロゴは完全にオリジナルか? — 上の図は、デザイナーが自分のロゴに絶対に使ってはいけない、第三者の画像の例です。著作権の問題が発生するのを避けるため、ロゴには完全にオリジナルな要素だけを組み込んでください。また、下調べを行い、他のデザイナーの作品や、あらゆる第三者のロゴと似過ぎていないことを確認してください。これを行うのに一番良い方法は、あなたのロゴの白黒版をGoogle画像検索ボックスにドラッグし、類似の画像を検索することです。 99designsでは、いかなるロゴのコンペにおいても、第三者から派生した画像の使用を許可していません。例として、これだけには限りませんが、ストック画像、“無料”をうたっているベクター画像、クリップアート、絵文字フォント、商標登録済みロゴ、別のデザイナーの作品や既存のロゴがそれに該当します。 3.フォントのライセンスについて調べ、クライアントに案内しているか? — A.使用するフォントのライセンスを調べる サンプルのロゴに使われているフォントを調べてみたところ、myfonts.comで購入できることが分かりました。フォントとは、あなたのロゴにその活字を使用するためのソフトウェアであることを忘れないでください。ほとんどのフォントは、どこかのサイトから “無料” でダウンロードできますが、フォントのライセンス情報が公開されていないこともよくあります。そんな時は、調べることが大切です。 フォント制作者側が、商業的な利用も無料である旨を明示していない場合、フォントを使うためには必ずライセンスを購入しなければなりません。フォントのライセンスを確認するために、Googleで次のような検索をかけてみましょう。“フォント名” + “制作” または“デザイナー”といった、簡単な言葉を入れるだけです。そして、フォントのライセンスを読み、商業的な利用が許可されているか及びフォントの加工が許可されているかを確認してください。もし、上記のどちらも許可されていれば、ダウンロードして使っても問題ないでしょう。 ライセンス関連の問題を避けるための最善の策は、ロゴ用にオリジナルの字体を1から作ってしまうことです。でも、既存の字体を使うのであれば、カスタマイズしてあなた独自のものにしましょう。あなたのロゴ用に、既存のフォントを大幅に改変するという方法があります。 B.フォントをアウトライン化する あなたのロゴ用にフォントの選択や改変を行ったら、書式>アウトラインを作成をクリックして、そのフォントがアウトライン化されているかを確認しましょう。フォントをアウトライン化することは重要です。それによって、クライアントがファイルを開くためにフォントのソフトウェアを自分のPCにインストールする必要がなくなり、また、ロゴデザインを常に意図した通りに表示できるようになります。加えて、大抵のフォントのライセンスは、ソフトウェアをシェアすることを禁じています。そのためアウトライン化が必須であり、フォントのファイルのアップロードやクライアントとの共有を避ける必要があるのです。 C.クライアントにライセンス取得について案内する デザイナーは、フォントのライセンスについて、クライアントに毎回必ず案内をしなければなりません。そうすることにより、もし必要があればクライアントはフォントを購入することができるからです。フォントのライセンスを購入する責務は、デザイナーでなく、クライアントにあります。デザイナーが購入したフォントを、クライアントが副次的に使用することについて許可を出しているフォントは多くありません。クライアントに、ライセンス取得に関する重要な情報を案内するため、ロゴデザインの説明書に次のような文章を記載してはいかがでしょうか。 「こんにちは。あなたのロゴ用に選んだフォントを気に入っていただいていると良いのですが。あなたのロゴでの使用を商標登録できるように、フォントのライセンス購入を希望される場合は、こちらのリンクからライセンス及び購入に関する情報を確認していただくことができます。(リンク)」 その他のお役立ち記事 デザインに使っていいフォントはどれですか? 4. ドキュメントのカラーモードはCMYKに設定しているか? — ロゴは、印刷される可能性が高いものと相場が決まっていますので、CMYKのカラーモードで制作を行うのが1番良いでしょう。中にはRGBで制作するデザイナーもいますが、CMYKをRGBに変換する方が、RGBからCMYKに変換するより総じて簡単です。CMYKで作業を行っているかを確認するにはファイル > ドキュメントのカラーモード > CMYKカラーを選択してください。 その他のお役立ち記事 RGBとCMYKの違いを理解し、正しいファイルを作成する 5.ロゴを正しいファイル形式で保存しているか? 上の図は、クライアントに納品する必要があるすべてのファイルと、その整理法を示したものです。ロゴは、印刷物やウェブといった媒体で使用されますから、デザイナーは常に次のファイル形式をクライアントに提供するのが良いでしょう。 AI EPS JPG…

Illustratorを使った5つの簡単なステップで、オリジナルのパターンスウォッチを作成しましょう

Illustratorを使った5つの簡単なステップで、オリジナルのパターンスウォッチを作成しましょう

装飾的なパターンは、非常に強く視覚に訴えかけるデザインです。有名な芸術作品、建築、消費者向け製品を引き立てる装飾的なパターンは、今日の技術を用いればデジタル処理であっという間に作成することが出来ます。 装飾的なパターンを使えば、布地、カード、ブックカバー、パンフレット、ウェブサイト、iPhoneケース他、いろいろな物の見栄えが良くなり、どんなデザインもちょっと気の利いた感じになります。パターンをストックしておけば便利ですし、ただ単に作るのが楽しいとも言えます。 それでは、Illustratorでオリジナルのパターンスウォッチを作成する5つの簡単なステップを見ていきましょう。 1. ベクター要素を正方形の上に並べる メニューバーの「表示」から「グリッドにスナップ」を選択すると、先ほど描いた正方形がグリッド線にそろいます。正方形のレイヤーをロックすれば、パターンを作っている時にうっかり動かしてしまうこともありません。 次に、パターンに使うベクター画像を作ります。ここではIllustratorで描いたベクター形式の花を配置してみました。 正方形の左端と下端からはベクター画像がはみ出ていることを確認してください。 2. ベクター要素を配置する 背景にしている緑の正方形、および正方形の左端からはみ出しているすべての花を選択します。 選択した要素を「Option」キーを押しながら(そうすると要素がコピーされます)正方形の反対の端にドラッグします。optionキーを押しながらshiftキーを押すと、選択した要素がきっちりと正方形の端に並びます。 Mac以外を使用の場合: optionキー=Altキー 注:背景の正方形は後で不要になりますが、パターンを作る間は、作業を分かりやすくするため使用しています。 今度は先ほどと同じことを、正方形の下端からはみ出している花を使って行います。花と正方形を選択してoptionとshiftを同時に押しながら、正方形の上端に並ぶようにドラッグします。Mac以外を使用の場合: Alt + Shift 緑の正方形を削除すると(もう用済みなので)、連続する柄の元となるパターンができました! 3. 「透明な枠」を作る まず、緑の正方形をコピーし、それを最下層に作った新しいレイヤーに貼り付けます。一番簡単な方法はcommandキー + Cキー + Fキーです。Mac以外を使用の場合: Ctrl + C + F 何も起きていないように見えますがちゃんと出来ています。これで緑の正方形がもう一つ作られ、背景にしている元の正方形と全く同じ位置に配置されました。 最下層の正方形にパターンを乗せたいので、正方形の線と塗りを消しますが、そうすると正方形は「透明な枠」になります。この透明な枠の用途はクリッピングマスクの用途と似ています。スウォッチの作成の時には、Illustratorはこの透明な枠をパターンの境界線と見なし、透明な枠の中にパターンを保持することになります。 正方形が同じレイヤーに出来ていたら、1つは最下層に持っていく必要があります。下記の例では2番目の緑の正方形を元の正方形のすぐ下のレイヤーに配置しました。しかしもし2つの正方形を同じレイヤーに置いておきたいなら、レイヤーパネルをクリックして正方形のレイヤーを拡張します。そうするとメインのレイヤーと2つのパスレイヤーが出来ます。 これで、最下層のパスレイヤーを選択して線と塗りを消すことが出来るようになりました。 4. スウォッチパネルにドラッグする すべてを選択してスウォッチパネルにドラッグします。あなたが作ったパターンの新しいスウォッチが表示されます。あなたのスウォッチが出来ました! パターンがちゃんとひとまとまりで扱えるか、また要素間に隙間がないか確認すると、要素を適宜調整する必要もあるかもしれません。イメージ通りのパターンが出来るまでいろいろ試してみましょう。 5. 完成と保存 作成したスウォッチをスウォッチメニューで選択し、長方形ツールを使って長方形を作りましょう。スウォッチは要素内で継ぎ目なく繰り返され、どんな形にも適用することが出来ます。 ある形に入れる柄をもっと小さく、あるいはもっと大きくしたい場合は、元の柄のサイズを変えて新しいスウォッチを作り、スウォッチパネルにドラッグすればOKです。 ここまで相当頑張ってパターンを作ってきましたから、後で使えるようにそろそろ保存しましょう。パターンスウォッチを選択したら、パネル右の矢印をクリックして、スウォッチライブラリメニューから「スウォッチを保存」を選択します。 パターンに名前を付けたら、ai形式で「スウォッチフォルダ」の下に保存されたことを確認してください。 これでスウォッチは保存されました。ウィンドウをクリックして、スウォッチライブラリから「その他のライブラリ」をクリックすれば、ai形式で保存したスウォッチにアクセスすることができます。 保存したパターンスウォッチのスウォッチライブラリが開きます。 とうとうあなた独自のパターンスウォッチを作成し、保存しました。使い方は無限です! ここまでのようなシンプルな演習が、下に紹介するアーティストのように素晴らしい作品を生み出す一歩となります。 Book cover: Marian Bantjes Wallpaper…

Illustratorのペンツールでスケッチをベクター画像に変換しよう

Illustratorのペンツールでスケッチをベクター画像に変換しよう

スケッチは便利です。いつでもどこでも描くことができ、デザイナーにとって貴重な”ひらめき”の時間となります。スケッチは簡単で便利なだけでなく、デザインのプロセスにおいては非常に重要で有益な工程です。 「なるほどスケッチか。よし!」とは言っても、デザイン案が固まった後はどうすればいいのでしょうか? 最も重要なAdobeソフトの基本ツールの1つは、ペンツールです。このペンツールを使って(そして色も塗って)、デザインを完成させることができます。 Illustratorのペンツールでベクター画像を作成する方法について、次のチュートリアル動画を見てください。その後で順を追って説明していきます。 ブレインストーミング 多くの場合、初期のコンセプトは明確ですが、最初のアイデアだけで満足しないでください。アイデアを膨らませるのです! 「でも、絵を描くなんて無理!」と思う人もいるでしょう。絵を学ぶということは、その他のスキルを学ぶのと同様に、時間と練習が必要です。真剣に学びたいのであれば、専門の教室に通ってください。上達の鍵は、練習、練習、そして練習なのです。 あなたの持つスキルに関わらず、ブレインストーミングの段階を省略してはいけません。最初のステップは、アイデアをあふれさせることです。自分にしか理解できないようなものだとしても、簡単なスケッチをいくつも描いてみましょう。この段階はリラックスして、楽しんでやってください。どんなに”奇抜な”アイデアに見えても、思いついたものは何でも自由に描いてみましょう。 ブレインストーミングには、クライアントの業界に関係する言葉を書き出してリストにするということも含まれます。ここでも、どんなに無関係と思われるような単語でも、思いついたものはすべて書いてみましょう。 スケッチを完成させる コンセプトが決まったら、ラフスケッチを始めます。より独創的なデザインを生み出すために、イメージの特徴を強調したものを描きたいと思うでしょう。基本となる形をいくつか描き出しながら、全体の構図を確認します。見た目は気にしなくても結構です。 かなり大まかな構図が決定したら、細部の追加、削除に取り掛かります。ロゴのスケッチの場合は、不必要な要素を取り除きましょう。縮小した場合でも分かりやすいロゴを意識してください。 装飾が必要な場合は、スケッチの段階で加えておきましょう。その方がベクター画像の段階で加えるよりも簡単です。部分的に良くない箇所があれば、納得できるまで別の紙に描き直してみてください。 スケッチが出来上がったら、パソコンに取り込みます。ベクター画像への変換中に拡大する必要も出てくるので、300dpi(1インチあたりのドット数)か、それ以上でスキャンしましょう。 スケッチをベクター画像に変換する Adobe Illustratorを使用して、ペンツールで実際にベクター線を描く方法を説明していきます。 今回の例では、Yummie’s Ice Creamという店のロゴにペンギンの絵を使います。まずは新しいドキュメントを開いて名前を付けてください。そして次に「File(ファイル)」>「Place(配置)」をクリックし、300dpiでスキャンした画像をIllustratorに配置します。 人によって色々なやり方があるので、自分にとってベストな方法を見つけていくことになると思います。私個人としては、レイヤーでの作業がお気に入りです。ペンギンの絵を下のレイヤーに置いてロックをかけます。これで作業中の固定が可能です。そして上に新規レイヤーを作成し、ペンツールでベクター線を描いていきます。 ここでは、線ごとの太さを頭に入れておいてください。ベクター線の太さのバリエーションが増えるほど、より立体的な絵が完成します。近くにあるように見せたいオブジェクトの線は太くして、遠くに見せたいものは細くしましょう。背景の木や丘ならば、細い線ということになります。 今回作成するロゴでは、線はシンプルにします。 Illustratorのペンツール ペンツールは、Illustratorで一般的に使われている絵を描くためのツールの1つです。このペンツール(または、あなたが使っている、似たようなツール)の効果的な使い方を知れば、デザインの作成に非常に役立つことでしょう。 最初のポイントを決めたら、ペンツールをクリックして線のパスを作成していきます。直線を引きたい場合は、次のポイントをクリックしてください。曲線を引きたい場合は、次のポイントをクリック後、更にドラッグすることで、何度でも調整可能な滑らかなベジェ曲線が描けます。 両方のポイントからベジェ曲線のハンドル(方向線)が現れます。このハンドルを動かして、曲線の形と方向を調節することができるのです。 作業を続ける前にベジェ曲線のハンドルを解除すると、次のパスは直線になります。Shiftキーを押しながらクリックし、ベジェ曲線のハンドルを解除します。 次のポイントに進みましょう。またShiftキーを押しながらクリックし、ベジェ曲線のハンドルを解除します。 できるだけ少ないポイントを使ってデザインを作成したいものです。ポイントを追加したり削除したりする必要がある場合は、ペンツールのアイコンをクリックすれば変更可能です。アンカーポイントの追加か削除を選べます。 黒色と白色だけで、絵の残りの輪郭を描いていきましょう。モノクロの状態で良いと思えるデザインは、色が付くと更に良く見えるということを覚えておいてください。 ベクターのプログラムは素晴らしいものです。絵の作成を力強く後押ししてくれる、いくつものデザインツールがあります。このIllustratorのペンツールは、数多く存在する優れたツールの中の1つでしかありません。自分の持つデザインプログラムを、できるだけ効果的に使用する方法を学ぶことは重要です。そうすれば、自分のスケッチに命を吹き込めるのです。ぜひ色や階調もいじってみてください。 スケッチの大まかな線とベクター画像の滑らかな線が組み合わされば、実にユニークなペンギンのデザインが出来上がります。 ペンツールを使ってスケッチをベクター画像に変換する方法について、ご質問やアドバイスをお寄せください!

最新のデザインコンペ

デザイナーとしてステップアップできるお仕事をご用意しています。
0%