ロゴのデザイン譲渡手続きページの変更にお気づきですか?以前、99designsでは、.epsファイルまたは少なくとも.aiファイルをお願いしていましたが、現在はその他のタイプのファイルに加え、.epsファイルの代わりにPDFファイルでの作成をお願いしております。以下がロゴのデザイン譲渡手続きで規定となるファイルです:

  • Adobe Illustrator (.ai) file
  • 編集可能なPDFファイル
  • PNGファイル
  • JPGファイル

ご覧のとおり、私たちはとても具体的な指示のあるPDFファイルをお願いしていますが、あなたの人生に複雑なことを増やそうとしている訳ではありません。むしろその逆です!この変更を行ったのは、.epsファイルは廃れてきており、PDFファイルが世界的に主流になってきているためです。

Handover

さらに、クライアントに合ったPDFロゴファイルを譲渡するためのチェックリストに従えば、クライアントは譲渡されたデザインをすぐに使用することができるため、クライアントがサイトに再びアクセスして、あなたに別の形式のファイルを提供するよう依頼する必要がなくなります。私たちはこの変更が功を奏すると期待しており、すべての人にとってデザイン譲渡手続きのプロセスが一段とスムーズになると確信しています。

それでは、PDFファイルのチェックリストを詳しく見てみましょう:

1.PDFファイルのフォーマット

Editable2

PDF(ポータブルドキュメントフォーマット)は、Adobe Systemsが開発したファイルフォーマットで、世界中でダウンロードすることができ、Adobe Readerプログラムがインストールされたコンピュータで閲覧可能です。PDFはさらに編集可能なファイルとして保存することができるため、デザイナー及びクライアントの両方が作業するのに適しています。

すべてのロゴデザインは、まず、Adobe Illustratorのようなベクター形式で作成される必要があり、その後編集可能なPDFとしてそのファイルを保存します。この操作は、ファイル > 名前を付けて保存 > Adobe PDF > 保存 > [Illustrator編集機能を保持]にチェック > PDFを保存をクリックすることで可能になります。

各ファイルタイプの詳細な情報については、こちらの記事をご覧ください: PDF、PNGその他のファイルフォーマットの説明

2.100% ベクター形式で作成

100vector

ベクター画像は、点や直線、曲線などの基本的な幾何学的図形で作られています。この図形同士の関係は数学的方程式として表されるので、品質を損なわれることなく画像の拡大、縮小が可能になります。ラスター画像はピクセルと呼ばれるドットのグリッドで構成されており、無限に拡大することはできません。すべてのロゴはまず、Adobe Illustrator のようなベクター形式で作成される必要があります。

ベクター及びラスターの詳細な情報はこちらの記事をご覧ください:ベクター画像とラスター画像の違い

3.編集可能

ファイルをデザイン譲渡手続きへと移行する際、クライアントへは、常に編集可能なファイルを引き渡さなければなりません。つまり、それがAdobe Illustratorで作成したファイルでも、または同様のベクター形式のものでも、作業ファイルをクライアントに引き渡すということです。

さらに、クライアントには編集可能なPDFを引き渡す必要があります。そのために必要なのは、保存時に[Illustrator編集機能を保持]のボックスにチェックを入れることだけです。

4.背景は透明に

transparent

Adobe Illustratorのようなベクター形式の編集プログラムでは、デフォルト設定でアートボードが透明な背景になっています。背景の色や必要のない画像がファイルに含まれないよう確認しましょう。それらはご自分のモックアップにだけ保存してください。引き渡し用のPDFにはロゴだけが入っていれば十分です。

5.ロゴは1つずつファイルを分ける

single

クライアントが使用する際、すぐに実行できるようにするため、デザインの違うバージョンは常に別のファイルに分けてください。クライアントはそのデザインをプリントしたり、ドキュメントへの挿入に使用したりする可能性があり、ファイル内の1つのアートボードに複数のバージョンが含まれていると、その作業ができません。1つのファイルに1つのデザインです。

6.カラーモードはCMYKで(RGB.pngに加えて)

RGB

ロゴは様々な媒体で使用されることが多いため、デザインをCMYK及びRGBカラーモードの両方でクライアントに引き渡すことが大切です。簡潔に言うと、CMYK形式は印刷されるデザインに、RGB形式は画面上に表示されるデザインに使用されます。

あなたのロゴをまずCMYK形式で作成し、その後RGB形式に変換することをお勧めします。RGB形式への変換はファイル>ドキュメントのカラーモード>RGBカラーをクリックして行います。その後、その画面から適切な色彩調整を行ってください。

それでもカラーモードでお困りのことがあれば、色を調整するときによくある8つの間違いとその修正方法をご覧ください。

終わりに

私たちは、クライアントとデザイナーの皆さまがデザイン譲渡手続きをスムーズにできるよう、改善し続けることをお約束します。Tシャツに印刷するあなたのデザインの作成プレビューや、クライアントに見せる文房具のように、今後もなされる変更をお見逃しなく。そして今後、より大きな改善が施される可能性がありますので、こまめにチェックしてください。

全体を通して、この変更やデザイン譲渡手続きについてご意見がありますか?コメント欄で提案をお聞かせください!