PhotoshopとFlashでアニメーションGIFを作成する方法

shunichi shiga

アニメーションGIFをご存知の方は多いでしょう。インターネット上で、ネコのバイラル動画や、ページの端でうんざりするくらいチカチカしているバナー広告などの形で、よく見かけます。99designsコンペでは、バナー広告のカテゴリの中でアニメーションGIFを数多く扱っています。

GIF(Graphics Interchange Format)は、圧縮画像形式のファイルフォーマットです。移植性が広く効率的に圧縮できるため、別のインターネットプラットフォーム間でも簡単に送信することができます。しかし、GIFのカラーパレットは256色程度なので、高画質写真などの色には十分に対応できません。

GIFが作られた一番の目的は、動画再生ソフトなしで見られる、シンプルなビデオアニメーションの圧縮ファイルを作成することです。

ここでは、アニメーションGIFをFlash とPhotoshop CS5で作成する方法を紹介します。

Simple_GIF

Photoshop でアニメーションGIFを作成する方法

Photoshopでは様々なアニメーションGIFを作ることができますが、今回はシンプルな、短い文章が入っただけのバナー広告を作成する方法を紹介します。

1. ファイルを並べる

まず、「新規作成画面」を立ち上げましょう。今回は、一般的なバナー広告のサイズである300 x 250ピクセルに設定します。

注:Photoshopを開く前に、のちにGIFを構成するJPGファイルをいくつか準備しておきましょう。画像はすべて同じ寸法で、同じフォルダに入れるようにします。

1

次に、「ファイル」 > 「スクリプト」 > 「ファイルをレイヤーとして読み込み」を選択します。「レイヤーを読み込む」のウィンドウが出てきたら、「参照」をクリックし、画像ファイルを選択して開いてください。そして「OK」をクリックします。これで、選択したファイルがプロジェクトに別々のレイヤーにインポートされるはずです。必要であれば、レイヤーの順番を再調整します。

2 copy

2. 「アニメーションウィンドウ」を開く

「ウィンドウ」 > 「アニメーション」(CS6をお使いの方は「ウィンドウ」 > 「タイムライン」)を選択します。

3. レイヤーからアニメーションフレームを作成する

すべてのレイヤーを選択し、アニメーションウィンドウの右上の端にあるタブをクリックして、「レイヤーからフレームを作成」を選択します。これで、アニメーションウィンドウにすべてのフレームが表示されます。

3 copy

4. フレームの表示時間を編集する

アニメーションウィンドウの右上の端にあるボタンを再度選択し、ドロップダウンメニューから「すべてのフレームを選択」をクリックします。

これですべてのフレームが選択されたので、一貫して編集をすることができます。それぞれのフレームは0秒になっているので、どれでもいいので黒い矢印をクリックし、リストから表示時間を選択するか、「その他」をクリックして自由に時間を設定してください。今回は、最後のフレーム以外をすべて0.5秒に設定し、最後のフレームのみ2秒にしました。

4 copy

5. アニメーションのループ数を決める

アニメーションウィンドウの右下の端にある「ループオプション」ボタンをクリックします。ドロップダウンメニューが表示されるので、アニメーションのループ数を選択してください。「3回」が一般的なバナー広告でよく使われている回数です。「無限」を選択する場合は、よく考えてからにしましょう。広告はターゲットとなる閲覧者の気を引くためのものです。それなのに、不必要な動きを延々と繰り返して、見る人を不快にさせてはいけません。今回は見本なので、このバナー広告では「無限」に設定します。

アニメーションが3回再生されると、アニメーションウィンドウでは最後のフレームで動きが止まり、そのフレームが静止画として表示され続けます。静止画となるフレームには、閲覧者に一番見てほしいものを選択するようにします。今回の動画では、最初のフレームを特に見てほしいので、フレーム1を選択し、アニメーションウィンドウの下にある「選択したフレームを複製」ボタンをクリックします。そして、複製された新しいフレームをドラッグして、シークエンスの最後のフレームにします。

#5 copy

6. 保存する

フレームの順番、表示時間、ループ数の編集が終わったら、「ファイル」 > 「Web およびデバイス用に保存」をクリックします。ファイルフォーマットを「.gif」に設定して、保存します!

6 copy

これをウェブ上に貼るとアニメーションが再生されます。動きを確認したい場合は、ファイルをブラウザウィンドウにドラッグします。あなたの傑作を楽しんでください。

Simple_GIF

以上が、アニメーションGIF作成の基本です。この技術を学んでおけば、そのうちさらに手の込んだ作品を作れるようになりますよ! では、次はAdobe FlashでGIFを作成してみましょう。

Flash でアニメーションGIFを作成する

Photoshopと同様、Adobe FlashでもアニメーションGIFを作成することができますが、どちらにも良い点と悪い点がそれぞれあります。最近では、Flashは時代遅れだと言われる傾向がありますが、99designsのお客様の多くが、いまだにFlashアニメのバナーを好んで買い求めています。

ただし、我々のサイトはFlashをサポートしていません(デザイン譲渡時を除く)ので、デザイナーがコンペに参加するためにはGIFファイルでアップロードする必要があります。ここでは、コンペに必要な作業である、Flashファイルを.gifファイルとしてエクスポートする方法を紹介します。

1. ファイルをまとめる

まず、Adobe Flash > 「ファイル」 > 「新規」を開いてください。

1 copy

Flashには、Illustratorと同様にペンツールがあります。ですから、Flash上で文字を描き、アニメーション化することもできます。しかし、今回のチュートリアルの目的は、既存のPNGファイルをインポートし、アニメーションにすることですので、省略します。ここでは、背景と金魚の2つの要素を使っていきたいと思います。

「ファイル」 > 「読み込み」 > 「ライブラリに読み込み」 > 「開く」で両方のファイルを選択します。

2

ライブラリウィンドウに2つのファイルが表示されます。ここでPNGファイルはシンボル(これをカンバスにドラッグします)に変換されます。

これで、作業に使うファイルがそろいました。ライブラリウィンドウからこの2つのファイルをカンバスにドラッグして、必要であれば、サイズを調整したり場所を移動したりしてください。2つのファイルは別のレイヤーで編集してください。

3 copy

2. アニメーションを作成する

では、アニメーションの尺を決めます。今回は5秒間、もしくは120フレームのアニメーションにしましょう。

背景のレイヤーはアニメーション全体を通して表示されているように選択しておいてください。次に、タイムラインの120の表示のところで右クリックして、ドロップダウンメニューから「フレームの挿入」を選択します。

そして、アニメーション化したい素材(今回は金魚)を選択してタイムラインにいき、タイムライン上の後ろのフレームのところで右クリックして、ドロップダウンメニューから「キーフレームの挿入」を選択します。

4

そして、素材を次に動いてほしいところにドラッグします。

5

2つの動きの間の適当なフレームを右クリックし、表示されるドロップダウンメニューから「クラシックトゥイーンを作成」を選択します。そしてこのアニメーションを再生すると、“金魚ちゃん”が最初の場所から次のポイントまでスムーズに動いているのが確認できます。

6

金魚ちゃんの命を絶やさないように、何度か上下に泳がせてあげましょう。では、今やったことを30フレームごとに2回ずつ繰り返していきます。「右クリック」 > 「キーフレームの挿入」 > 「右クリック」 > 「クラシックトゥイーンを作成」

アニメーションの動きのタイミングを調整したければ、キーフレームの端にある黒いドットの辺りにドラッグします(正しく選択されれば、小さな白い四角が表示されます)。

Enterを押すか、「再生」をクリックし、アニメーションを再生してください。

4. アニメーションをテスト・編集する

「制御」 > 「ムービープレビュー」 > 「テスト」をクリックすればウィンドウが表示されるので、あなたが作った、映画のような傑作を再生してみてください!

5. GIFフォーマットにエクスポートする

「ファイル」 > 「パブリッシュ設定」で「GIFイメージ」にチェックを入れ、「パレットタイプ」を「アダプティブ」にし、「最大カラー数」を「99999」にして、「パブリッシュ」を選択します。

8

「パブリッシュ設定」の調整をしないままGIFを単純にエクスポートしてしまうと、非常に粗くてブロックノイズの載ったGIFになってしまいます。解像度の点では、この設定をしたからといって、ものすごくいい画質になるというわけではありませんが、かなり改善されるのは間違いありません。

完璧とは言えませんが、これでGIFのバナー広告のコンペに提案するには最適のデータが出来上がります。もしあなたのデザインが採用された場合には、譲渡手続きページでオリジナルのFlashファイルをアップロードすることが可能です。

コンピュータでファイルを開くと、以下のように表示されます。

9 copy

でも、オンラインで開けば以下のように動きます。

Fish_Flash

まとめ

これだけは注意をお願いします。99designsでは、Flashはサポートしていませんので、代わりにGIF形式での提出をお願いします。

Flashはベクター形式のアニメーションなどを作る時にはとても使い勝手のいいプログラムですが、写真や他の種類の画像には、あまり適していません。GIF形式で使える色は256色しかないため、色数は減り、解像度は確実に低くなってしまいます。

もちろんGIFにはすばらしい点もありますが、活用するには注意が必要です。チカチカするネオンのような、目障りなアニメーションを作ることはやめましょう。また、基本的なGIFを作れるようなら、より難易度の高いものもすぐに作れるようになります。バイラル動画や、シネマグラフなども作れますよ! 今のあなたの可能性は、大空のごとく無限に広がっています。なぜなら、すでにあなたは空の画像を作って、それをアニメーション化できる技術を持ち合わせているのですから。

アニメーションGIFについて質問やアドバイスがあれば、ぜひコメントをしてシェアしてください!

関連記事

パッケージの3Dモックアップを作る

パッケージの3Dモックアップを作る

パッケージデザインをプレゼンテーションする際に3Dモックアップを使えば、他のデザイナーに大きな差をつけることができます。正しく使いこなせれば、デザインの質が上がるだけでなく、実際に形になった時の見え方をクライアントに分かりやすく説明することができます。 以下のチュートリアル動画では、簡単な箱の3DモックアップをPhotoshopで作成する方法を解説しています。 今回は、作成方法を段階的に解説します。以下をご覧ください。 1. ファイルを配置する — モックアップの作成に取りかかる前に、まずはIllustratorで展開図を作り、箱のそれぞれの面をjpgファイルにしておきます。 はじめに、Photoshopのドキュメントに3つのファイルを配置します。リストの上から3つが、取り込んだjpgファイルです。箱の上部と前面と右側面のファイルです。「ファイル」>「配置」をクリックし、それぞれのjpgファイルを選択してドキュメントに配置します。すべてのファイルがドキュメントに表示されたら、Enterを押します。 2. ファイルをラスタライズする — Photoshopに3つのファイルをすべて配置できたら、のちに編集が加えられるように今度はそれらをラスタライズします。3つのレイヤーを選択し、タブの「レイヤー」から、「ラスタライズ」>「レイヤー」をクリックします。 3. 自由変形ツールを使う — それでは、準備した3つの面を3Dの箱の形に組み立てましょう。 「編集」>「自由変形」をクリックしてください。すると、画像の周りにバウンディングボックスが表示されます。Macであればcommandキー、その他の場合はCtrlキーを押しながら、編集したい画像の辺上の中央にある四角形をドラッグし、少し上に動かします。これで箱の前面に角度をつけることができました。 上部と右側面の画像も同じように編集します。「編集」>「自由変形」→ commandキー(Ctrlキー)を押しながら→ ドラッグする、の順です。この時、画像の辺と辺がピッタリと合わさるようにしましょう。 4. 後部の角をトリミングする — これで基本の箱の形が出来上がったので、仕上げにいくつかのエフェクトを加えます。 よりリアルにするために、なげなわツールを使って後部の角をトリミングします。箱の上部の、後ろ側と左側の辺の辺りを少しだけなげなわツールで選択し、「削除」をクリックします。そして、「選択範囲」のタブから「選択を解除」を選択します。 5. ドロップシャドウをつける — 箱の下にドロップシャドウをつけましょう。長方形ツールで黒の四角形を作り、再度commandキー(Ctrlキー)を使って変形させます。この黒い四角形のレイヤーは箱のレイヤーの一番下に移動させます。そうしたら、「レイヤー」>「レイヤースタイル」>「ドロップシャドウ」を選択し、ドロップシャドウの設定を調整したら、「OK」をクリックします。 6. 反射を加える — 反射を加えるには、「レイヤー」>「レイヤーを複製」をクリックし、箱の前面と右側面を複製します。 複製ができたら、「編集」>「自由変形」>「回転」をクリックして回転させ、元の画像の下に反転させた状態で配置します。これができたら、画像に一方向のフェードをかけ、反射を表現していきましょう。 まず、前面の複製を選択します。「レイヤーマスク」ボタンをクリックしてから「グラデーション」ボタンをクリックし、複製のレイヤーの上をクリック&ドラッグします。これで反射が加わりました。右側面の複製も同じようにします。 7. ブラシツールで仕上げる — 最後に、ブラシツールを使って背後に影をつけましょう。ブラシツールボタンをクリックし、柔らかくてフワフワした感じの濃い灰色のブラシを使って、レイヤーの背後に影を描きます。これで箱の後ろに淡い影をつけることができました。 箱の背面も同じ手順で作成すれば、完璧なモックアップの完成です! 3Dモックアップを作る際は、より凝った背景をつけたり、さらにエフェクトを加えたりすることもできます。しかし、今回のような簡単なものであっても、プレゼンテーションの効果に大きな差が出るのは間違いありません。 3Dモックアップを作る上で、工夫していることはありますか? [ 翻訳:shunichi shiga ]

Photoshopで金属や木目のテクスチャを作成する

Photoshopで金属や木目のテクスチャを作成する

私は日々、素晴らしいデザインの数々を目にしていますが、中には「何かが足りない」と感じるデザインもあります。それは私が「最後のひと仕上げ」と呼んでいるものです。 つまり、テクスチャの話です。ここでは、自分でテクスチャを作成する方法について説明していきます! テクスチャ効果を付ける方法 — 例えば、ゴールドの質感のあるデザインを作りたいとしましょう。これには、色々なやり方があります。 カメラで金属素材のものを撮影して、その画像を取り込む スキャナで金箔片を取り込む ライブラリにあるストック画像をテクスチャに使う Photoshopを使って、自分でテクスチャを作成する! おすすめは最後の方法です。それでは、自分で作成する手順を説明していきましょう。 ゴールドのテクスチャを作成する — すてきなテクスチャを作る手助けをしてくれる最も力強いツールは、Photoshopのフィルター機能です。使い方は簡単で、少しの調整だけで様々な種類のユニークなテクスチャがたくさん作れます。 まだPhotoshopを操作していないのなら、まずは起動させましょう。「背景レイヤー」をダブルクリックすると、ロックが解除されて変更を加えることができます。 1. ベースを作る 前景色を#eddf87に、背景色を#7f6623にします。そしてメニューから「フィルター」>「描画」>「雲模様」を選択してください。すると、上の画像のようになるはずです。まだリアルな質感は出ていませんが、これが最初のステップです。 2. フィルターギャラリー — フィルターメニューから、「フィルターギャラリー」を開きます。「フィルターギャラリー」のウィンドウは3つに分かれています。左側がプレビュー、真ん中でフィルターを選択、そして右側で選択したフィルターを調整することができます。 真ん中の「ブラシストローク」のグループから、「ストローク(スプレー)」のフィルターを選択します。このフィルターの設定をいじれば、テクスチャのカスタマイズが可能です。私は長さ1、半径25の小さいストロークを使いました。 ここで「フィルターギャラリー」を閉じてしまわないでください。まだ完成ではありませんよ!最初のフィルターは適用されましたが、想像したような仕上がりにはなっていません。2つ目のフィルターを追加してみましょう。 「フィルターギャラリー」のウィンドウの右下にある、「新しいエフェクトレイヤーアイコン」をクリックしてください。次は「変形」のグループから、「ガラスフィルター」を加えます。私は次のような設定を使用しました。 変形 18 滑らかさ 1 霜付きのテクスチャ 拡大・縮小 117% これと全く同じ設定を使用する必要はありませんが、手始めとしては良いと思います。少し操作してみて、自分が一番良いと思う設定を見つけるのがベストな方法です。満足のいく結果になったら、「OK」ボタンを押しましょう。 3. 最終調整 悪くありませんが、私が思い描くような鮮やかな色ではありません。 作成したゴールドのレイヤーを選択し、Ctrlキー+J(commandキー+J)を押してコピーします。「レイヤーパレット」で描画モードを「ソフトライト」に変更し、「不透明度」を70%に下げます。そうすると上の画像と似たような仕上がりになるでしょう。 おめでとうございます!初めてテクスチャを自作できましたね。完成までどれだけの時間を要しましたか?恐らく5分もかからなかったと思います。この方法は、様々なデザインで活用できます。 木目のテクスチャを作成する — 完成したゴールドのテクスチャを保存して、次へ進みましょう。今度は木目のテクスチャです。 1. ベースを作る 「フィルター」>「描画」>「雲模様」を選択。私は上の画像のようになりましたが、皆さんは少し違う見た目になるかもしれません。 2. 最初のフィルター メニューから「フィルター」>「ぼかし」>「ぼかし(移動)」を選択してください。角度を90度に、距離は最大値の999ピクセルに設定します。すると、次のようになります。 3. 重要なのは色 この状態では、木目のようには全く見えません。大きな問題は色にあります。 「イメージ」>「色調補正」>「カラーバランス/色相・彩度」(Ctrlキー+U、Macではcommandキー+U)を選択します。このダイアログでは、「色彩の統一」のボックスをチェックして、必ずアクティブにしてください。次のような設定にします。 色相 40 彩度 30 明度…

Photoshop CS6の調整レイヤーの使い方

Photoshop CS6の調整レイヤーの使い方

Photoshopの調整レイヤーには、非常に便利な非破壊的画像編集ツールがまとめられており、ピクセル自体を変えずに画像の色彩や色調の補正を行うことができます。 調整レイヤーを使えば、補正内容の編集や破棄が可能となり、また、いつでも元の画像を復元することができます。フォトショップを使った作業を、より自由自在で効率的なものにしてくれますので、絶対に知っておくべきです。 このガイドでは、CS6における初期設定の状態で操作しながら、調整レイヤー各種の基本を復習していきます。 画像に調整レイヤーを追加すると、新規レイヤーが画像の上に現れ、あなたが選んだ特定の調整レイヤーの属性パネルがポップアップします。属性パネルで調整レイヤーに変更を加えることができ、その結果が画像に反映されます 1. 明るさ・コントラスト 明るさ・コントラストを使うと、画像の色調範囲を調整することができます。明るさのスライダーは画像のハイライトを調節し、コントラストのスライダーは画像のシャドウを調節します。 2. レベル補正 レベル補正を使うと、画像のシャドウ、中間調、ハイライトの照度レベルを調整することができます。このツールは、調整レイヤーの中でも最も頻繁に使われる部類に入り、ほんの少し使うだけでも画像の修正に大きな効果が得られます。   3. トーンカーブ トーンカーブ を使うと、画像の色調範囲内に配置されたポイントを、いくつでも調整することができます。画像の色調を補正するツールとしては、最も強力かつ正確なツールです。トーンカーブ調整をクリックすると、グラフ上に画像の色調を示す対角線が現れます(左)。横軸は元の画像の値を表し、縦軸は補正後の新しい値を表します。それぞれの軸に沿って、黒から白のグラデーションを表示したバーがありますが、これは画像の色調範囲を表しています。 全体のクオリティーやコントラストを上げるには、グラフ上の線をクリックして、ポイントを作ってください。ポイントができたら、マウスで上下にドラッグすることができます。ポイントを押し下げると画像が暗くなり、押し上げれば明るくなります。上の図では、グラフ上に2つのポイントを作っており、片方の点は押し上げて画像のハイライトを明るくし、もう片方は押し下げてシャドウを暗くしていますが、この時トーンカーブは緩く“S字”を描いています。ここでご説明したのはあくまで基本的な機能に過ぎませんが、トーンカーブはほんの少し使うだけで画像の質を大幅に改善してくれます。 4. 露光量 露光量 を使うと、3つのスライダーによって露光の度合いを調節することができます。スライダーには 露光量、オフセット、ガンマという名前がついています。露光量のスライダーは、ハイライトのみを調節し、オフセットは中間調を、そしてガンマは強い影のみを調節します。 5. 自然な彩度 この調整レイヤーを使うと、2通りの方法で画像の自然な彩度を調整することができます。彩度のスライダーは、画像内の色すべての彩度を均一に上げます。自然な彩度のスライダーもすべての色の彩度を調節できますが、より選択的に行います。具体的には、最も彩度の低い色を重点的に取り扱い、また肌の色については彩度を上げ過ぎないようになっています。 6. 色相・彩度 色相・彩度を使うと、画像全体または特定の色相において、色相、 彩度、明度を調整することができます。 最初の例では、画像全体の彩度を上げるためにスライダーを調節しました。次の例では、“プリセット”のプルダウンメニューをクリックし、表示されたオプションから “グリーン系”を選びました。グリーン系を選んだのは、画像内のグリーン系の色に限定して彩度を下げ、目に優しい印象にしたかったからです。 通常の場合、画像全体を彩度変更するのは避けた方が良いでしょう。全体の色調を弱めることになるからです。代わりに、画像内の特定の色系統を選んで彩度の調整を行えば、画像にあなたの好みをより正確に反映することができます。このツールは、グレースケールの画像に色を足す時にも役立ちます。 7. カラーバランス カラーバランスを使うと、色の混合率を調整することができます。この例では、蝶の羽だけを指定し、混合率スライダーを調節して羽のレッドとマゼンタを強調しています。 8. 白黒 白黒を使うと、画像をグレースケールに変換することができます。左の画像は、初期設定が反映されている状態です。右の画像はプリセットを“カスタム” に変え、スライダーで調節することにより、蝶の羽のレッドが白黒画像に変換された時の見え方をより精密にコントロールしています。 9. レンズフィルター レンズフィルターを使うと、元の画像の上に、様々な色のフィルターを乗せることができます。上のどちらの例でも、“輝度を保持”には初めからチェックがついており、私の方で“適用量”のスライダーを調節し、フィルターの効果を高めています。また、それぞれのカラーフィルターをカスタマイズするには、属性パネルで色を示している四角いマスをダブルクリックして、ポップアップしたカラーピッカーウインドウで調整します。 10. チャンネルミキサー チャンネルミキサーでは、手彩色のような見え方の画像や、グレースケールの画像を作成するために、元の画像の色を変更することができます。左側の図では、レッドのチャンネルを使い、画像内のレッドを強めています。右側の図では“モノクロ”にチェックを入れ、スライダーを調節し、より良い状態でグレースケールに色変換されるようにしています。このツールで最善の効果を上げるためには、各チャンネルの数値の合計が100%となるように設定してください。 11. カラールックアップ この調整レイヤーには、あらかじめ搭載された“ルック”が集められており、画像に適用することができます。“ルック”は3つのオプションから読み込まれます(3D LUTファイル、抽象、デバイスリンク)。各“ルック”は、ルックアップテーブル(LUT)を用いて、元の画像の色を置き換えます。これらのエフェクトは非常に面白く、 adobe Speedgradeで独自のLUTを作ることさえできます。 12. 階調の反転 階調の反転を使うと、元の画像の色を反転させることにより、写真のネガのようなエフェクトを表現できます。 13. ポスタリゼーション ポスタリゼーションを使うと、元の画像の階調数(明るさの度合い)を減らすことによって、フラットで、ポスターのように見える画像を作成することができます。 14.…

最新のデザインコンペ

デザイナーとしてステップアップできるお仕事をご用意しています。
0%