アプリデザインの相場

スマホがライフスタイルにすっかり根付いた今、アプリは自社商品やサービスをユーザーとつなぐ心強い存在です。アプリのUIデザインを発注する機会が増えてくる一方で、まだ新しいジャンルであるが故に、アプリデザインの料金相場がわかりにくいかもしれません。今回は、アプリのUIデザインを適正価格でスムーズに発注できるノウハウを紹介します。

自分が求めるアプリデザインの料金相場を知ろう

「できることならコストは抑えたい…」というのが発注者の本音ではないでしょうか。確かにリーズナブルでハイクオリティなデザインが納品されれば一番いいのですが、アプリに限らずデザイン発注の大前提として、適正価格より低過ぎる予算では「プロ」と呼べるデザイナーは確保しづらくなります。

まずは、発注したいUIデザインの分量(画面数・精度など)を明確にすることで、料金がどの程度かかるのか確認することができます。また、制作会社に頼むかデザイナーに頼むかによって費用も違ってきます。制作会社に頼む場合は、プロジェクト単位での発注が多く、基本料金を150,000円~200,000円程度で設定している会社が多いです。そこから、画面数や精度、オプションなどカスタマイズすることによって金額が変わっていきます。

デザイナーに頼む場合の料金相場はクラウドソーシングなどのマッチングサイトで調べることができます。ただマッチングサイトのデザイン費は対面で発注するよりも低めに設定されているので、実際に発注する場合は、その1.2倍程度を目安にするといいでしょう。

依頼するときはアプリの「テーマ」を明確に示す

よりイメージに近いアプリデザインを納品してもらうためにも、料金交渉をスムーズに行うためにも大切なのが「要件定義」です。「デザイナーはデザインするだけだから、素材とビジュアルイメージだけを指定すればいい」という発想は、トラブル回避のためにも避けた方がいいでしょう。

アプリのUIデザインはユーザビリティと密接に結びついているものなので、いくら見た目がかっこよくてもナビゲーションが悪ければ意味がないですよね。「どんなユーザーが、どんなシーンで使うアプリなのか?どういった機能がアピールポイントなのか?」といったアプリのコンセプトも含めた要件定義をデザイナーに伝えることが肝心です。

正確に要件定義をし、細かいイメージまで伝えることができれば、デザイナーも「自らがユーザーになった際にどうデザインされていれば使いやすく、わかりやすいか?」という視点でデザインすることができ、より質の高いものができあがる可能性が高くなります。

妥協しない!アプリデザインを依頼する際の料金設定

デザイナーの方が「この案件をこの料金で受けるか」を判断する基準は、その方のクオリティレベルだけではなく、「作業工数」も重視します。「それほど高いレベルのセンスは求めていないから、ビギナーのデザイナーに安くやってもらおう」と考えたとしても、それがデザイナーの方にとって手間と時間のかかる業務であれば、安い料金設定は適正でないと言えます。

反対に「ビジュアルのクオリティを求めるから、高いデザイン費が必要かも…」と考えていても、作業工数があまりかからない場合、デザイナーの方からの見積もりが思ったよりも安価だったという場合もあるでしょう。

また、アプリの場合は見た目だけで作業工数を判断しづらいこともあるため、数人のデザイナーに相見積もりを取るのがオススメです。デザイナーの選定は提示料金だけでなく、「求めるビジュアルクオリティ、分量、作業範囲を明確にした上で、双方の認識にずれがなく納得できる料金で発注できるかどうか」を基準にするといいでしょう。

「依頼内容の明確さ」と「作業工数に見合った料金設定」があってこそ、妥協のないアプリデザインがスムーズに納品されるのです。

明確なアプリテーマと納得の料金で依頼を

アプリデザインの料金相場にばらつきがある理由として「デザイナーの守備範囲がそれぞれ異なる」ことも挙げられます。デザイナーと一口に言っても、技術寄りのフロントエンドデザイナーもいれば、クリエイティブ寄りのデザイナーもいます。

アプリの専門デザイナーに企画やナビゲーションまで丸投げした場合と、丁寧なワイヤーフレームを提供してビジュアルだけ作成してもらった場合では当然料金相場は異なります。アプリのテーマを示すとともに、デザイナーにどこまで制作を求めるのか?を明確にするのもポイントです。アプリデザインの料金相場は、クラウドソーシングのフリーデザイナーで一画面あたり5,000円〜10,000円が目安になりますので、こちらを参考に予算を検討してみてください。

もし社内にノウハウやマンパワーが足りていなければ、報酬を多く払って要件定義から発注するのも手段の1つ。デザインだけをプロに依頼したいのならば、素材やワイヤーフレームをしっかり揃えて、デザイナーの作業負担を軽減させることが安価な発注につながります。

テーマと料金

アプリのデザインは実例も少ないため、料金相場がわかりにくいかもしれませんが、「テーマ」「作業工数」「ビジュアルイメージ」を明確にし、適正価格で発注することがスムーズな納品へつながります。アプリデザインについて特筆するなら、「制作をどこまでをお願いするか?」によってデザイナーを選定することがポイントです。デザイナーの専門分野と依頼内容で適正料金を見極めましょう。