PHSについての基礎知識

スマホの普及によって、かつては会社員が携帯電話と2台持ちしたほど使用されていたPHSは、近年その姿を失いつつあります。しかし料金が安く、使いやすいことから、会社や医療機関、高齢者などの間でまだまだ需要があります。

若い世代には少し縁遠い存在となったPHSにはどんな機能があるのか、そしてスマホや携帯電話とどのような違いがあるのでしょうか?

今ではあまり見なくなった「PHS」とは一体何なのか

「PHS」とは

PHSとは「Personal Handy-phone System」の略で、簡易型携帯電話のことをいいます。

一般電話回線からPHS用のアンテナを引いて使用するため、家庭用のコードレスフォンを外出先でも使えるようにしたのがPHSの始まりです。

そのために、近距離での通話を得意としていて、携帯電話と比較すると音質も良く、料金も安く抑えられています。また端末が発する電磁波が微弱で、端末価格や基本料金、通話料金も安いので、スマホが普及した現代でも医療施設内や会社内などで利用されていて、まだまだ需要はあります。

スマホや携帯電話との違いは何?

スマホや携帯電話との違い

一方、スマホとは、多機能電話のことをいいます。2010年頃から一般向けに急激に普及し、今では日本人の2人に1人は持っていると言われています。電話やメール、インターネットは当然のことながら、指で操作ができるのが特徴で、アプリの種類もどんどん増えており、インターフェイス・デザインもさまざまです。携帯する小さなコンピューターのような存在として、世界中で広く使われています。

携帯電話は、スマホが普及してから「ガラケー」とも呼ばれています。

インターネットもできますが、電話とメールに特化していて、アプリに対応しないものがほとんどです。一見PHSとの区別がしにくい端末もありますが、電話する際に使用できるエリアがPHSよりかなり広いところが最も大きな違いといえるでしょう。

PHSはどんな場面で活躍するのか?

PHSの活用場面

PHSは遠距離になるほど料金が高くなり、場合によっては携帯電話よりも通話料金が高くなってしまうので、近距離の連絡や長電話するときに活用されていることが多いのが現状です。例えば近所に住んでいる者同士が頻繁に長電話をするのなら、スマホや携帯電話よりもPHSの方がずっと安く使えるので、とても便利です。

また、端末から出る電磁波が微弱なので、電磁波に弱い医療機器が置かれている病院などの医療施設にはうってつけの通話機器となっています。

さらにスマホ1台の使用料金が月額10,000円以上かかるのに対して、PHSは月額2,000〜3,000円程度と非常に安いので、普段、頻繁にアプリやインターネットを使用することのない方や2台持ちしたい方に適しているでしょう。

進化するPHSのデザインとユーザーインターフェイス

PHSのデザインとUI

Y!mobile「Heart 401AB」、プレスリリースより

さて、PHSといえばモニターが小さめでテンキーが独立しており、スマホと違ってタッチパネルではないのが一般的なデザインなのですが、昨今、そのデザインに変化が訪れているようです。

2015年、通話のみの機種として発表されたPHS「Heart 401AB」は女性利用者をターゲットにしたハートのデザイン。テンキーがなく、タッチセンサーで操作するモデルで、ハート型からストレート型にひねるだけで通話ができるというとてもシンプルなものです。

このように、必要最低限の機能だけを搭載し、デザインを重視する機種があるのもPHSのおもしろみです。新たなデザインや技術をもって、PHSもスマホ同様に日々進化していくでしょう。

まとめ

インターネットやゲーム、写真撮影など、さまざまなアプリに対応するスマホは、よりスマートなデザインに進化していくでしょう。一方で、PHSはよりシンプルに、より使いやすくなるようにデザインやユーザーインターフェイスがどんどん変化していくのかもしれません。